惑星撮影

火星、この2ヶ月 2017/11/21

 今朝までの2ヶ月間の火星を一つに纏めてみました。
 むりやりカラー化したのものあるので、イメージ画像ですね(笑)
 視直径4秒角前後ですから、それなりに良く写っていると思います。
 来年の大接近は、この6倍の視直径ですからね!!!
 メチャ楽しみですね!!!
Mars201710091121b

 日付はUTです。

 一番シャープなのは11月16日の画像です。

 もちろんC14での撮影です。
 

| | コメント (0)

火星 2017/11/20-21

 昼間は冷たい雨が降り続いていましたが、夜になってようやく晴れてきました。
 火星時間の明け方には、少し雲があるものの火星撮影可能でした。
 地上はほぼ無風状態になっていましたが、上空は北風が流れていて、シーイングはかなり厳しい。
 特に青色光が収束せず、カラー画像もガックリ状態で、まともに色を捉えられずでした。
Kmm2017112020h55mut

 赤色光ではまずまずの姿を捉えていますが、なかなか苦しいですね。

 合成Fが少し大きくなりました。F/35→F/40です。

 気温は5℃台になり、本格的な冬ですね。

片付け中に雲が増えてきました。
Img_3516hdr08w800

 際どくセーフです。

| | コメント (0)

火星 2017/11/16-17

 移動性高気圧がやって来て快晴になりました。
 日本海の冷たい雲も弱くなり、こちらにはやってきません。
 北からの冷たい風も夜には治まり、地上はほぼ無風です。
 シーイングはまずまずで、空が明るくなって高度が上がると模様の見えてる時間が増えてきました。
 ようやくカラー化できるようになりました。
 まだ、薄明中ですが、カラーカメラ画像とL画像でLRGBカラー化すすことができました。
Kmm2017111620h57mut_2

 ブルー画像も撮ることができました。
 R画像はちょっとDerotationのやり過ぎかもしれません。

 高度はもう少し欲しいですが、贅沢は言ってられません。

 東の低空に細い月が見えていました。

| | コメント (0)

火星 2017/11/12-13

 昼間は相変わらず北からの低い雲が流れて、天気予報は快晴なるも晴れたり曇ったりで、夕方ごろからようやく北からの雲が来なくなったら、西からの雲がやって来て夜半まで曇り状態でした。
 夜中を過ぎてようやく快晴になってきました。
 Windyを見てると3000m以下はまずまずの予想だったのですが、低空に強い東風が流れており、火星はほとんどボケボケ状態でした。
 今回も、日の出直前に少し良くなり、何とか模様を捉えることができました。
Kmm2017111221h31mut

 モニターで見ていると、ほとんどの時間は大シルチスの模様さへ見えておらず、ピント合わせも大変でした。
 それでもここまで写っていますから、デジタル画像処理のおかげです。

 雲一つない快晴でした。気温は7℃で一番寒くなりました。
Img_3408hdr08dfw800

 東の低空には金星と木星が並んでいるのですが、私の壊れかけた眼には金星しか見えませんでしたが、メモ写真では木星も写っていました。
 ちょっとピンボケですけどね。
Img_3402hdr08dfw800

 なかなか寒い朝で、ダウンを着始めているのですが、それでも寒い・・・

| | コメント (0)

今朝の火星キャプチャ動画 2017/11/10

 今朝、11月10日朝の火星キャプチャー動画を纏めてみました。
 視直径 4秒角の、ちっちゃな火星が暴れている姿です。
 シーイングでも揺れていますが、午前6時には直ぐ隣を走る道路には重機を載せたトラックが走り、タンクローリーや、大型トラックが仕事に出かけて揺れています。
 仕事もしないで星見ているので、何とも言えませんがよく揺れます・・・m(_ _;)m
その道路の下には地下鉄御堂筋線が走り、これまた突然よく揺れます。
 まぁ、結局のところ、揺れの原因がどれか特定はできませんがよく揺れます。
 それでも今朝の火星はは良く写りました。

 来年、2018年の火星大接近に向けて、少しがんばです。

| | コメント (0)

火星 2017/11/09-10

 昼間は北からの低い雲が流れて天気予報よりは雲が多くありました。
 夜に入ってほぼ快晴状態になり、透明度も良く火星も低高度から見えていました。
 地上は東からの風が吹いていましたが弱く、望遠鏡で見ると北西の気流ですがそれほど激しくは流れていません。
 ただ、低高度の火星はぼやけていてピント合わせも難しかったのですが、空が明るくなって日の出を迎えようとしたころにシーイングが良くなりました。
 北極冠も写り、そこそこのディティールも捉えることができました。
Kmm2017110921h18mut

 視直径も、ようやく4秒角に到達しました。

 カラー化をしたいと思っているのですが、まだもう少し先でしょうか。

| | コメント (0)

火星 2017/11/04-05

 午後に弱い寒冷前線が通過し、黒い雲と北風が激しく通り抜けました。
 夜に入って晴れ始め満月が昇ってくるのが見えましたが、黄色くもやっとしていました。
 明け方、ほぼ快晴かと思われたのですが、淡い雲があり中天の月も相変わらず黄色く輝いていました。
 寒冷前線通過後なのでシーイングは悪そうに思えたのですが、明け方の火星時間にはまずまずのシーイングになっていました。
Kmm2017110420h57mut

 北極冠もそれなりに写っているし、模様もまずまずです。

 もう少し高く昇るようになればカラー化もできるようになると思います。
 まだまだ、明るい薄明中での撮影です。

| | コメント (0)

火星 2017/11/01-02

 晴れが続き、今日こそはシーイングが良くなっていると、眼視では期待に近い火星の円盤像が見えていました。
 ところが、撮影を始めようとするころから薄雲が流れてきて、も一つ良く見えません。
 薄雲を通しての撮影となりました。
Kmm2017110121h04mut

 そこそこは写りましたが、期待が大きかった分だけも一つでした。

 薄雲は綺麗なパステルカラーになって流れていました(笑)
Img_3306hdr08w800

 少しずつ高度は上がってきましたが、まだまだですね。

| | コメント (2)

火星 2017/10/31-11/01

 一寝入りしてから火星にアタックです。
 今日は晴れて、良シーイングを期待したのですが、思ったより東の風が上空強く、小さな火星が暴れていました。
 しかし、ホンの一瞬ですが模様が見える時もあり、画像処理をするとけっこう模様が出てきました。
Kmm2017103121h05mut_2

 R画像のみで、Derotationを31分と、目一杯やっています。
 空が明るくなってからでないとまだ高度が足りず、明るい空ではカラー撮影は難しく、カラー化はもう少し先になりそうです。

| | コメント (0)

火星 2017/10/26-27

 これまた久しぶりに明け方の火星にトライしてみました。
 前回よりは少し高度が上がりましたが、撮影時で高度27°、世の中はすっかり明るくなっている状態です。
Kmm2017102620h58mut

 模様らしいものはほとんど見えませんが、北極冠を何とか捉えています。
 左上が少し薄暗いのは、太陽湖の一部が見えているのだと思います。

 それにしてもまだまだシーイングが安定しません。
 撮影中のモニターでも、ほとんどの時間火星が丸く見えません。

 まだまだ厳しいようですね。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧