惑星撮影

火星 2020/08/06-07

 昨夜と同じような透明度の悪さですが、今夜は完全に薄雲の通過です。
 シーイングも今日は低速機流ではありませんが、良くありません。
 しかし、昨夜と同じように午前1時を過ぎると若干シーイングが良くなりましたが、乱高下激しく疲れました。
Kmm2020080615h51mut

 ずーっと薄雲の通過で火星の明るさが都度都度変化します。
 どうしようもできません。
Dsc_3210w800
 ちゃんと晴れることを待つことにします。

| | コメント (0)

火星 2020/08/05-06

 月が黄色オレンジで、透明度が悪く、シーイングも酷くて、乱視で月が何個も見えるのと同じ状態で火星が見えていました。
 高層は東から、中層低層は西からあるいは北西からですが、気流の速度はめちゃ遅く、超低速のメラメラ気流で、大ボケの繰り返しでした。
 しかし、午前1時を過ぎるころから急速にシーイングが良くなってきて、ピント合わせができるようになりました。
 それ以前に撮影したものをボツにして、2セット撮影することができました。
 サバ人の湾、子午線の湾あたりです。
Kmm2020080516h13mut
 撮影中、蒸し暑いので団扇で自分を扇いでいたら、モニター上の火星像が同期して揺れていました。
 決して望遠鏡を扇いだわけではありません(笑)

| | コメント (0)

火星 2020/08/03-04

 木星の後、一寝入りし起きてみると火星はちゃんと輝いていました。
 しかし、撮影に入るころから雲が湧いて来ました。
 北東の方からゆっくり、じわじわと火星を覆っていきました。
 折角なので、雲が薄いところを縫ってがんばして、やっとこさLRGB画像を得ることができました。
 サバ人の湾が見えていますが、眼視ではなかなか見づらいのでした。
Kmm2020080316h31mut

 462MCとFireCapture2.7betaに少しずつ慣れてきました。
Dsc_3091w800

 北東からやって来た雲は、濃くなりながら朝まで空を覆い尽くしました。
Dsc_3096hdr08w800
 中々まともに晴れませんね。

| | コメント (0)

木星 2020/08/03-04

 晴れてはいるけど透明度が悪く、月が黄色い、木星も黄色い。
 シーイングも不安定で、高速気流は無いけれども、低層から高層までメラメラ気流で時折大ボケも入る。
 まぁ、大赤斑があるので、なんとか粘って撮影。
Kmj2020080313h18mut

 後半には高層の気流が西から東の気流の変わって、上空の気流はしっちゃかめっちゃか。
 でも、大赤斑があるので忍耐のみ。
Kmj2020080313h55mut

 透明度の悪い空ですが、月があるので、「月の右側に光ってる星は?」と問い合わせがありました。
 一般の人はやはり月が中心でしょうか。
Dsc_3035w800

 FireCapture2.7betaのADC支援は、教えていただいた通り、ズルズル拡大するとドラッグできて見やすくなりました。
Dsc_3057w800
 まともに晴れて欲しい。

| | コメント (0)

火星 2020/08/01-02

 木星の後、曇ったので一寝入りし、午前1時ごろ起きるとなんとか晴れているので、火星撮影。
 快晴でなく、雲がパラパラ流れていく合間を縫って1セット撮影することができました。
 南極冠は明るいモノの、模様は全体的に淡く、まだダストが残っているように見えます。
Kmm2020080116h18mut

 Quanminの赤外カットフィルターも、なんとなく分かってきました。
 赤を抑え気味でのキャプチャです。
Dsc_3013w800

 相変わらず雲です。
Dsc_3002hdr08w800

 ひまわりの画像を見てみると、微妙な雲が近畿地方を覆っています。
Dsc_3022w800
 ちゃんと晴れないと疲れます。

| | コメント (0)

木星 2020/08/01-02

 日本海に上がった梅雨前線から流れ落ちてくる雲が多く、天気予報では曇りでしたが、雲が疎らになったのかなんとか晴れました。
 シーイングも北西からの気流で木星がうねっていましたが、模様はそこそこ見える状態で、写りはまずまずでした。
Kmj2020080112h43mut
 ちゃんと晴れきれないので、結構苦しい撮影でした。

| | コメント (0)

火星 2020/07/31-08/01

 近畿地方もようやく梅雨が明けましたが、天気は不安定です。
 夜に上手く晴れません。
 木星をパスして、火星狙いで準備したのですが、撮影途中で雲がやって来て、LRGBが1画像しか撮れませんでした。
 やはりというか、全体的にダストが浮遊しているのか模様が淡いです。
Kmm2020073116h09mut

 昨夜と同じような雲です。
Dsc_2983hdr08w800
 ちゃんと晴れて欲しいです。

| | コメント (0)

火星 2020/07/30-31

 木星の後、一寝入りして起きましたが、空はほとんどが雲。
 雲のホンの隙間から撮影で、隙間の足し算でDerotationしました。
 時間がかかってる割にショット数は足りません、
 太陽湖あたりが見えています。
 ZWO ASI462MCのカラーカメラのみです。
Kmm2020073017h27mut

 赤緯が高くなって、ベランダからは苦しくなってきました。
 みなさんは喜んでいるのでしょうね。
Dsc_2943hdr03w800
 それでも晴れて欲しい。

| | コメント (0)

木星 2020/07/30-31

 今日も昼間は青空があって陽射しは厳しい夏の太陽でしたが、夕方近くになって曇りのち雨。
 夕立みたいですが、天気予報では夕立ではなく梅雨前線による雨だそうです。
 雨の後、じわっと晴れてきたのですが雲多く撮影できるか分かりませんでしたが、いちおうエアコン室外機対策などは準備しました。
 木星時間になんとか大きな晴れ間があって、撮影を始めましたが、シーイングは昨夜より酷く、折角の大赤斑が見えているのにボケボケでした。
 仕方なく赤外カットフィルターのテストを兼ねて土星を写していると、途中からシーイングが良くなってきたので、慌てて木星に戻って撮影。
 しかし、L画像3ショットで曇られてしまいました。
 特徴のない経度ですが、シーイングが良くなった分、まずまずの写りになりました。
Kmj2020073013h37mut

 雲の多い晴れです。
Dsc_2926hdr08w800

 ZWO ASI462MCのキャプチャにはFireCapture2.7betaを使っているのですが、今までとちょっと違うところがあって、イライラしています(笑)
 これはその一つ、ADC支援ですが、表示位置が変わってコントロールパネルの上に出てきます。
 露出オーバーにしてリムの色合いを見ようとすると、シャッター速度のスライダーがADC支援の下にあってシャッター速度を触ることができないのです。
 いちいちADC支援をOFFにしてシャッター速度を変更しなくてはいけません。
 ドラッグして動かそうともしたのですが動きません、他に方法があるのかもしれませんが、イラッとしています。
Dsc_2936w800
 まぁ、晴れたら文句も言えるので晴れて欲しい。

| | コメント (2)

木星 2020/07/29-30

 昼間は梅雨明けかと思わせる青空でしたが、夕方は曇って雨でした。
 天気予報も曇りだったので油断してましたが、ちらっと空を見ると木星が見えているので慌てて準備、撮影。
 1セットの最後は雲がいっぱいやってきました。
 シーイングは西や北西からの気流で川底状態ですが、冬場のシーイングよりは遥かにましです。
 大赤斑も見えたしまずまずでしょうか。
 STBのところにある小さな暗斑二つの間に、小さな白斑が並んでいますね。
Kmj2020072914h10mut

 ASI462MCの赤外カットフィルターは、先日購入した赤外カットフィルターに交換してみました。
 彩度を上げていますが、赤外を多めにカットしている分、彩度が上がりやすいような気がします。
 火星でテストしたかったのですが、曇ってしまったので詳しいテストは次の機会へとです。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧