惑星撮影

木星 2020/02/23-24

 火星の合間で1ショット、カラーカメラのみです。
 大赤斑が出ているので、どちらかと言うと無理矢理でした。
Kmj2020022321h05mut

 まだ、火星より木星の高度が低いのでADC調整が忙しい。
Img_0956w800
 まともに撮せるのは、火星を追い抜いてからでしょうね。

| | コメント (0)

火星 2020/02/23-24

 昼間は日本海から南下する雲で覆われていましたが、夜になるとその雲も消え、明け方の火星時間はほぼ快晴でした。
 昨日に比べて地上の風は無くなったので、シーイングを期待したのですが、思ったより乱高下が激しく大ボケの時もありました。
 低層は東からのメラメラ気流、中層から高層は西からの殴り込み気流で不安定でした。
 それでも赤外域での撮影はディティールが出てきました。ちょっとモコモコになってしまいましたが嘘では無いと思います。
Kmm2020022320h39mut

 火星が東寄りにある木星に随分と近づいて来ました。
Img_0933w800

 気温3℃と、かなり寒い夜明けになっています。
Img_0974hdr25w800
 もう少し安定したシーイングが欲しい・・・

| | コメント (0)

火星 2020/02/22-23

 良く晴れたのですが、地上でも風があり、望遠鏡がよく揺れました。
 低層から高層まで西からの気流で火星は飛び回り、思ったより写りませんでした。
Kmm2020022221h09mut

 快晴の空ですが、少しもっやとしており良い雰囲気に思えたのですが。
Img_0919hdr07w800
 イイシーイングが欲しいですね。


 

| | コメント (0)

木星 2020/02/20-21

 火星撮影の合間に1ショットだけ木星を撮してみました。
 まだ高度が低いですが、大赤斑も何とか写っています。
Kmj2020022021h13mut
 火星時間と完全に被っているので暫くは難しいですね。

| | コメント (0)

火星 2020/02/20-21

 久しぶりの快晴です。
 ただ、シーイングは思ったほど良くなりませんでした。
 解像度も今イチですが、大シルチスが何とか見えていました。
Kmm2020022020h52mut

 火星より木星の方が目だってます。
Img_0862w800
 静かな夜明けです。

| | コメント (0)

火星 2020/02/19-20

 ようやく晴れました。
 正確に言うと雲、薄雲は流れていたのですが、完全に曇ることはなく火星を撮影することができました。
 穏やかそうに晴れてシーイングも期待したのですが、低層の北東からのメラメラぼやぼや気流でぼけぼけアメーバ状態でした。
 でも、午前6時ごろから少し良くなってきました。
 何とか大シルチスが見えています。
Kmm2020021921h03mut_20200220201401  

 明け方の月と木星が並んでいますが、C14はあくまで火星です。
Img_0770w800

 ひまわりの画像を見ると雲は微妙ですね。
Img_0814w800

 赤外を撮影するころには、周りはすっかり明るくなっています。
Img_0806w800

 日の出の太陽は、またまた東側に寄ってきました。
Img_0827hdr03w800
 これくらい晴れてくれると良いですね。

| | コメント (0)

火星 2020/02/10-11

 北からの寒い高気圧が移動性となって日本を覆って来るはずで、天気予報は夜中から晴れマークが並んでいました。
 午前5時ごろはほぼ雲が見えなかったのですが、撮影準備を始めると北から雲、シーイングも悪いし、やる気を消失しかけたのですが、6時を過ぎて空が明るくなった6時半ごろ、雲が取れてシーイングも少し良くなりました。
 青色光は撮影できずでした。
Kmm2020021021h29mut

 ひまわりの画像を見ても、この雲はほとんど写っていないので判断できません。
Img_0594w800

 ちょうど火星方面に良く流れます。
Img_0631hdr03w800

 日の出を迎えるころには、ほぼ雲はなくなりました。
Img_0662hdr03w800
 もうちっと早めに消えて欲しい。

| | コメント (0)

火星 2020/02/08-09

 寒気に伴う日本海から流れ落ちてくる雲は、午前6時ごろにはほぼ消えてしまいました。
 透明度良く晴れましたが、シーイングはこれぞ冬の気流とばかり乱れていました。
 今日も結局、赤外画像のみとなりました。
Kmm2020020821h56mut

 北からの気流は高度2~3kmあたりが一番、筋すじに見えていました。
Img_0533w800

 この高度からの低い気流も激しく流れていたので、火星はボケて千切れ飛んでいました。
Img_0535w800

 シーイング以外は健やかな朝なんですが、気温は3℃を切っていました。
Img_0541w800
 ちょっと地上も風が吹いていたので、体感温度はこの冬一番の寒さでしょうか。

| | コメント (3)

火星 2020/02/03-04

 久しぶりに快晴の火星時間でした。
 ただ、シーイングは低層の南東や東からのメラメラ気流でズーーっとぼけている状態で、まともな火星は見えませんでした。
 最後の赤外を撮影している終わりごろ、低層の気流が北からのメラメラに変わりシーイングがこの時だけ少し良くなりました。
 空は明るくなって日の出のころになります。
Kmm2020020321h06mut_20200204182201

 日の出の太陽は、じわじわと東に寄ってきました。
Img_0367hdr03w800
 最後のシーイングが何時も欲しい・・・

| | コメント (0)

火星 2020/02/01-02

 少し雲が出ましたが、ようやく晴れ、シーイングもまずまずでした。
 青色光でも撮影できるシーイングです。
Kmm2020020121h11mut_20200202104801

 寒気に伴う日本海から落ちてくる雲は、北の空でほぼ止まっていました。
Img_0222w800

 木星も見えていましたが、今日は星として見ただけでした。
Img_0236bw800

 FireCaputureの起動がちょっとおかしかったのですが、再起動すると行けました。
Img_0268w800

 日の出です。
Img_0285w800
 赤経駆動のステップモータも順調に動いているようです。
 このまま大人しくしておいて欲しい(笑)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧