惑星撮影

火星 2021/01/02-03

 大寒波も少し緩んできて、南の方に雲があるものの夕方からほぼ晴れました。
 ベランダリミットなので早めに準備し、薄明中に赤外から撮影しました。
 なかなか青空の中に火星を見つけるのは苦しくて、かなりの時間を費やしました。
 シーイングは概ね良好で、大シルチスが良く見えていました。
 南極冠もかろうじて写っています。
Kmm2021010208h34mut

 周りが明るい間の撮影です。
 CMOSカメラがベランダ手摺りにぶつかりそうです。
P1060670bw800
 この火星が今シーズン最後になるかと思います。

| | コメント (2)

火星 2020/12/31-2021/01/01

 あまり撮影する気は無かったのですが、青空が見えていたのでがんばしました。
 ただ、鉛色の雲もいっぱいで、雲間での撮影となりました。
 超寒波がやって来ていて気温は5℃、風も強いしシーイングも悪い。
 でも、最後になりそうだし大シルチスも正面でなんとか火星。
Kmm2020123108h36mut

 丸1年、ステイホームで良くやったと思います(笑)
P1060530w800
 2020年も終わって2021年になりました。
 また、ぼちぼちがんばします。

| | コメント (2)

火星 2020/12/29-30

 日本の周りは雲だらけでしたが、夕方にちょうど晴れ間がやって来ました。
 ベランダリミットが厳しいので、薄明中に近赤外から始めることにしました。
 ところが最後のLRGB撮影のころに雲がやって来て、ぎりぎりになってしまいました。
 シーイングは昨夜より若干ましですが、ブヨブヨアメーバ状態で、細部は写らずでした。
Kmm2020122908h34mut

 薄明中から導入するにはファインダー捜索ですが、なかなか難しい。
P1060451w800

 明るい間は近赤外撮影です。
P1060462w800

 暗くなってきたときには雲!
 LRGB撮影は途中で終わってしまいました。
P1060479w800

 日本の周りには雲がいっぱいです。
P1060481w800
 残り時間は少ないのに、雲は意地悪ですね(笑)

| | コメント (0)

火星 2020/12/28-29

 穏やかそうに夕方から晴れてきたのですが、シーイングは良くありません。
 特に北から流れてくる雲は、火星に近づくとモーレツに悪化、遠ざかっても元の良くないシーイングに戻るまで随分と時間がかかりました。
 画像処理は無理矢理感いっぱいですが、どうしようもできません。
Kmm2020122808h33mut
 一番イイ火星の景色なんですがね。

| | コメント (0)

火星 2020/12/26-27

 夕方から良く晴れて、シーイングも冬型の気流になってから一番良好でしょうか。
 視直径が11秒角になって、ホントに小さくなってきました。
Kmm2020122608h33mut
 大シルチスが見えてきましたが、全体像を見てみたいですね。

| | コメント (0)

火星 2020/12/25-26

 ほぼ晴れてきたのですが雲が多く、雲を避けながらの撮影でした。
 シーイングは良くありませんでしたが、画像処理をするとなんとか火星らしくなりました。
 キャプチャ中はここまで出るとは思えないシーイングでした。
Kmm2020122508h44mut
 18時20分にはリミットが来るので、だいぶ苦しくなってきました。

| | コメント (0)

火星 2020/12/22-23

 夕方から雲が多くなり、全体的にもやっとしてましたが、シーイングはまずまず良好でした。
 全体的にダストの影響が残っているのか微妙に模様が違うようです。
 サバ人の湾が途切れているとか、エドム岬の先が明るいのは反射でしょうか。
 さすがに小さくなってきたので、これぐらいシーイングが良くないと判断が難しいですね。
Kmm2020122208h47mut
 木星と土星は眼で見ただけで終わりました。

| | コメント (0)

火星 2020/12/20-21

 夕方から晴れてきたのですが、ベランダからの火星時間に食い込んでおり、雲も流れ、十分な撮影時間が取れませんでした。
 それでもシーイングはまずまずで、キャプチャー中、南極冠がちらっと見えていました。
Kmm2020122009h01mut
 小さくなりましたね。

| | コメント (0)

火星 2020/12/19-20

 大寒波中、夕方から晴れてきましたが、シーイングは最悪。
 耐性の強い赤外のみ、何とか火星像になりました。
Kmm2020121908h59mut
 寒いし、酷いシーイングでした。

| | コメント (0)

火星 2020/12/15-16

 強い寒気が吹き荒れ、鉛色の雲が流れていました。
 夕方から急に晴れ始めて、撮影はできましたが、冬型気流で繋ぎ目破綻のオンパレード、何度かパラメーターを変更してなんとか火星になりました。
 望遠鏡も揺れて火星がフレームアウトするし、宵の口なのに気温は6℃台、とっても寒い。
 画像処理をするとオリンポス山がぽっかり浮かんできました。
 これだけでもがんばした甲斐がありました。
Kmm2020121509h26mut
 いや、ホントに寒い!

| | コメント (0)

より以前の記事一覧