惑星撮影

火星 2018/11/17-18

 出かけていたので夕方の薄明時のシーイングは分からないのですが、かなり酷い。
 帰宅して直ぐに撮影を開始しましたが、南極冠がちらっと見えるだけで見えてない時間がが長い。
 火星全体がアメーバー状態でリムがリムらしく見えることがない。
 L画像は10ショット撮影しましたが使えたのは3ショットのみでした。
 IR742はAutoStakkert!3のアライメントポイント複数では繋ぎ目破綻が出てくるので、APは1個だけでスタックしています。
 それでもなんとか火星画像になるのはソフトのおかげです。
Kmm2018111710h14mut

 疲れますね・・・

| | コメント (0)

火星 2018/11/15-16

 日本海から若狭湾を通って南下してくる寒気に伴う雲が続き、ずーっと曇りでした。
 天気予報では晴れマークが続いているのに空は鉛色。
 今日こそは晴れると思っていたのですが、晴れ間が広がり始めたところで雲が湧いて来て、危ないところでしたが、なんとか1セット撮影することができました。
 IR742は途中から雲の中に入り、ショット数も不足でシーイングも悪くなりました。
Kmm2018111509h09mut

 他所は晴れてると思うと、残念ですが仕方ないですね。

 ちゃんと晴れて欲しいな・・・

| | コメント (0)

火星 2018/11/11-12

 11月10日を晴れにした移動性高気圧が早々と東に移り、次の雲が西から近づいていました。
 午後に先発の雲がやって来ていましたが、夕方には通り抜けて晴れてきました。
 シーイングも良好で大シルチスがこちらを向いていました。
Kmm2018111108h43mut

 2セット目は雲が湧いて来ましたが、この雲は西からではなく南からやって来る予定外の雲でした。
 シーイングも悪くなりましたが、なんとか撮影でした。
Kmm2018111111h30mut

 なんか複雑な気流がこの界隈に流れているようです。

 1セット目は最近では一番の好シーイングでしょうか。
 視直径が10秒台になりました。

| | コメント (0)

火星 2018/11/08-09

 朝から綺麗な青空が広がっていましたが、午後3時ごろには西からの雲で曇ってきていました。
 夕方ももちろん曇っていたので安心していたのですが、見上げると雲間から火星がチラチラ見えているではありませんか、慌てて準備し撮影です。
 主鏡と外気温の温度差は3℃ほどありますが主鏡セル側だけのファンを回して即撮影です。
 透明度は悪いですがシーイングは良好でした。
Kmm2018110809h31mut

 辛うじて1セット撮影することができました。

 これぐらいのシーイングがあれば、十分です。

| | コメント (0)

火星 2018/11/07-08

 西からやって来た雲が夕方まで覆っていましたが17時過ぎから急速に晴れてきました。
 シーイングまずまずよかったのですが、1セット撮影中から火星方面に雲が湧いて来ました。
 南からの想定外で、Windyを見ても南からの気流は無いのに、やって来ています。
 それでもシーイングは良く、LRGBはディティールが写りました。
Kmm2018110708h36mut

 しばらくすると南の雲は消えましたが、シーイングは少し悪くなりました。
Kmm2018110710h49mut

 それでも写りはまずまずでした。

 西からの雲はひまわりの画像を見ていても、堺の通過時刻は微妙でしたがタイミングよく抜けました。
Img_0796hdr08w800

 南から湧いた雲はひまわりの画像にも写らないので、規模も分からず待つしかありませんでした。
Img_0822w800

 ここのところの天気は微妙にずれているというか、想定外というか疲れますね。

| | コメント (0)

火星 2018/11/06-07

 なかなか凄いシーイングでした。
 南方系の雨雲が通り過ぎた後、日本海から垂れ下がる鉛色の雲が流れ込み、夕方までは晴れたり曇ったりでした。
 夕方になってようやく晴れ渡ったのですが、北から流れてくる低層の気流は、温風と冷風を同時に送り込んできた感じで、酷い時には火星の円盤像がしばらく分からない状態でした。
 でも、時々はまともな像になるので、画像処理した火星は普通でした。
Kmm2018110608h38mut

 酷い気流の時間帯は撮影を避けていますが、それでも繋ぎ目破綻のオンパレードです。
 APを1個にしたり、だめなものはDerotationに参加せずで、なんとか火星像になっています。
Kmm2018110610h37mut

 こんな極端な乱高下のある気流は止めてもらいたい(笑)

 とっても疲れます。

| | コメント (0)

火星 2018/11/03-04

 朝から一日中ほぼ快晴で、さすがに今夜は安心して火星だと思っていました。
 しかし、火星を始めると雲が湧いて来ます、ちょうど火星方面です。
 ベタ曇にはならず、なんとか2セット撮影することができました。
Kmm2018110308h43mut

 中層の気流がコロコロと変化します。
 2セット目は中層に東からの気流が入ってメラメラでした。
Kmm2018110310h38mut

 夕方に準備している時は快晴でした。
Img_0760hdr27w800

 どうも移動性高気圧があんなに寒さを保って強かったのに、移動性になって日本の上にやって来るとばらばらになったようで、複雑な気流になりました。
 嫌がらせみたいにうちの火星方面で湧くのはやめてほしい。
Img_0776hdr04w800

 ほんとに火星方面で湧くのです。

Img_0790hdr04w800

 でも、まずまずのシーイングだったので、まぁいいか(笑)

| | コメント (0)

火星 2018/11/02-03

 寒気に伴う北からの雲がなかなか取れず、夕方になんとか1セット撮影できましたが、2セット目は途中から完全に曇ってしまいました。
 シーイングは昨夜よりも良くなって模様の見えている時間も長くなりましたが、中層の気流はかなり不安定で、北から西から、そして南西からとむちゃくちゃでござりました。
Kmm2018110208h55mut

 夕方の空は偏西風に乗っかる絹層雲と、寒気に伴う低層の雲が仲良く浮かんでいました。
Img_0683w800

 夜になってやって来た雲は、東海沖というか太平洋側にある雲の集まりが北上してきたみたいです。
 流れてくると言うよりは堺の上空で湧いているみたいでした。
Img_0738w800

 期待が大きかっただけに消化不良そのものでした。

| | コメント (0)

火星 2018/11/01-02

 寒気に伴う日本海から流れてくる低い雲がなかなか取れません。
 ようやく19時ごろから晴れ始めてて、やっとこさ1セット撮影することができました。
 シーイングも最悪では無いものの、北西からの気流が激しくてぎりぎりでした。
Kmm2018110110h40mut

 気温は14℃と冬に近い寒さです。

 もうちょっとシーイングが良くなって欲しい。

| | コメント (0)

火星 2018/10/30-31

 今日も天気予報は晴れマークばっかりですが、昼間は寒気に伴う雲やたなびく高層雲が多く出ていました。
 夕方から晴れ間が多くなり望遠鏡に火星を導入してみると、昨夜と同じような悪シーイングで撮影は諦めようと思いながらも、しばらくすると昨夜よりは暴れ方が減って来たので撮影することにしました。
Kmm2018103009h13mut

 この後はまた悪くなってきたので、1セットのみです。

 一段と寒くなりそうで、間もなく冬の様相です。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧