惑星撮影

火星 2018/02/15-16

 木星に引き続きの撮影ですが、雲がどんどんと増えてきて、L画像の2ショット目で終わってしまいました。
 シーイングも悪いし、諦めかけたのですが、むりやりバージョンで画像処理してみました。
 太陽湖あたりは真っ黒になってしまいました。
 捏造に近いかな(笑)
Kmm2018021521h08mut

 まぁ、どうしようもできませんでした。

 その時の雲です。
Img_4796hdr08w800

 朝焼けも綺麗に見えていました。
Img_4827hdr03w800

 火星色かな・・・

| | コメント (0)

木星 2018/02/15-16

 僅かに雨を降らした雲は南下し、高層の雲は東へと遠ざかりました。
 しかし、微妙に雲が残り薄雲を通しての撮影になりました。
 中層高層と西からの気流で、高速アメーバー状態です。
Kmj2018021520h42mut

 AutoStakkert!3も繋ぎ目破綻が出まくりましたが、パラメーターを変えて何とか像になりました。

 ちょっと辛抱しきれないボケボケですね。

| | コメント (0)

火星 2018/02/13-14

 木星の後もシーイングは思わしくなく、どちらかと言えば夜明けに向かってシーイングは悪くなっていました。
 火星面もちょうど目立った模様の無い面で有り、ピントも分からず、撮影中も全くののっぺらぼう状態で、もうやんピ・・・となるところでした。
 せっかくの快晴なので陽が昇るまで撮影しました。
 むりやり強度の画像処理をしてやっと模様らしきものが出てきました。
 LRGB画像の中央下の右側、Red画像の中央下の白斑がオリンポス山のようです。
Kmm2018021321h07mut

 かなり苦しい画像処理でした。

 明け方には細い月が南東の空低く見えていました。
Img_4756hdr08w800

 前回の火星撮影から1週間ほどしか経っていないのですが、日の出の太陽が思っていたより東寄りに昇ってきました。
Img_4774hdr08w800

 春が近づいて来たようですね。

 このまま暖かくなって欲しいものです。

| | コメント (0)

木星 2018/02/13-14

 寒波が緩み、移動性高気圧がやって来るので、日本海の冷たい雪雲が減って来てシーイングも良くなりそうな気配でした。
 中層高層の西寄りの気流はややおとなしくなって、まずまず見えそうなと思ったのですが、何かずーっとぼけています。
 ピンボケにしてみると、低層に南からの気流がメラメラと入ってきていました。
 地上は東風の微風なのですがシーイングはボヤボヤ。
 12本撮った画像の中で、最初の1本が何とか救われる状態でした。
Kmj2018021320h02mut

 永続白斑BAが見えていますが、縁取りも淡くはっきりしませんね。

 撮影時の気温は0℃ぐらいですが、南風が入ると昼間は暖かくなりそうです。

 シーイングも暖かくなって欲しいですね。

| | コメント (2)

火星 2018/02/05-06

 木星に続いてで、シーイングも最悪ではなさそうなんですが、模様が見えないのでピントも難しい。
 大ボケは無いのに今イチしまりがありません。
Kmm2018020520h51mut

 賑やかな模様が無いぶん損をしている今日の火星です。

 寒波による雲は完全に南下した訳でなく、時折火星の前を通り抜けました。
 日の出前、奇妙な形をした雲の朝焼けです。
Img_4528hdr08w800

 木星も火星も南中するようになり、シーイングさえ良ければ写りそうなんですが、この寒波中は無理でしょうか。

 春を待つことにいたします。

| | コメント (0)

木星 2018/02/05-06

 またまた寒波がやって来ているのですが、一般の天気予報では晴れ、GPVでは大阪の南から紀伊山地にかけて雲が出る予報でした。
 堺は微妙な位置加減ですが、木星の南熱帯攪乱が大赤斑に到達しているというので、早めに起きて雲があるものの撮影準備しました。
 最初は雲多めでしたが、段々と雲は南の方に下がって、ベランダからはほぼ晴れとなりました。
 さすがに寒波が来ているので木星は高速アメーバー状態でしたが、大ボケが少ないので何とか纏まりました。
Kmj2018020519h33mut

 ゲインを上げてカメラにがんばってもらいます。
Kmj2018020519h54mut

  3セット目が一番シーイングが良かったようです。
Kmj2018020520h13mut

 今シーズンやっとまともに近く大赤斑を撮すことができました。

 南熱帯攪乱のアーチが大赤斑の上(南)を通過していますね。
 なかなかの見晴らしです(笑)

 主鏡温度はマイナス0.5℃まで下がりました。
 ベランダ天文台としてはとっても寒い。

| | コメント (0)

火星 2018/02/02-03

 補正板が曇ってくるのでドライヤーで熱風を送って乾かしながらの撮影でした。
 シーイングはやはり不安定で、そこそこの時もあれば、模様が全く見えない時もあり、透明度も悪く苦しい。
 しかし、良いショットだけを使って処理すればまずまずになりました。
Kmm2018020221h17mut_2

 大シルチスともしばらくお別れですね。
 次に大シルチスがこちらへ向くころには、寒気も少し弱まっているでしょうかね。

 今日の透明度の悪さは薄雲ですね。
 月食2日後の月も黄色く染まっていました。
Img_4472w800

 火星後の日の出時には、雲がどんどん広がってきました。
Img_4492hdr26w800

 気温は2℃ほどで、寒い・・・

| | コメント (0)

木星 2018/02/02-03

 晴れたのは良いのですが、薄雲が掛かっているというか月が黄色くて透明度も悪いです。
 その上、霜になり損ねの露が降りてくるし、木星がどんどん暗くなっていくので、ソフトウエアゲインを上げて対処したのですが、ノイズだらけになってしまいました。
Kmj2018020220h44mut

 どんよりとした晴れの割にシーイングは不安定でした。

 南熱帯攪乱が大赤斑にぶつかっているかどうかは、この画像からは分かりませんね。

 もう少しシーイングが良くならないと・・・

| | コメント (0)

火星 2018/01/30-31

 昨夜よりほんの少し、日の出直前にシーイングが良くなりました。
 L画像や青色光はメタメタです。
 赤色光は何とか見られるものになりました。
Kmm2018013021h22mut

 中層・高層は西からの気流が激しいのですが、低層は東からの気流がブヨブヨ気流でした。
 赤色画像がまずまずなので良しとしましょう。

 気温は1℃で、手袋をしてても手が冷たい・・・

 ちょっと薄雲がやって来ました。
Img_4441hdr08w800

 イイ晴れ方に見えたんですけどね。

| | コメント (0)

木星 2018/01/30-31

 昨夜より穏やかそうに晴れて好シーイングを期待したのですが、本の少し良いだけでがっかりでした。
 AutoStakkert!3でアライメントポイントをいろいろパターンを変えても繋ぎ目破綻が出てきてどうしようも無く、最後はアライメントポイントでっかいの1個で処理しました。
Kmj2018013020h48mut_2

 衛星イオの影が見えています、本体もどこかにいるはずですが行くへ不明です(笑)

 シーイングも悪いですが、最近データの書き込み不備が多くて情けないですね。
 緊張感が足りないようです・・・

| | コメント (0)

より以前の記事一覧