日記・コラム・つぶやき

Artemis チョコ 2018/02/14

 チョコをいただきました。
 娘からです。
 フーシェの宇宙シリーズの中から、アルテミスですから月の女神ですね。
 ありがたいことでございます。
Img_4779w800

 新月、上弦、満月、下弦と並んでいます。
 周りの4個はおまけかな(笑)
Img_4784w800

 心して、いただくことにいたします。

| | コメント (2)

第8回 星なかまの集い in 明石 2018/02/11-12

 明石で開催された星なかまの集いに参加してきました。
 今回の集いはやや変則的なスタートでしたが。明石の天文科学館の講演会からスタートです。
Img_4567hdr03w800

 特別投影「天文台マダムと夫(天文学者)のここだけのおはなし」で、星ナビなどで有名な天文台マダムとその夫(天文学者)のトークイベントです。
Img_4597w800

 ついでに昼間に一般公開している40cmで、昼間の星も観望させていただきました。
Img_4587w800

 星なかまの集いは夕刻から始まりますので、遅めのお昼で力づけです。
Img_4618w800

 星なかまの集い本番は、何と懇親会からスタートなんですが、何とノンアルコールなんです。
 でも、直ぐにシゴセンジャーとブラック星博士の乱入でむちゃくちゃになりました。
Img_4659w800

 ついでに私もブラック星博士とツーショットしていただきました(笑)
Img_4668w800

 でもでも、ノンアルコールで酔いきれない有志のみなさんで2次会へ。
 夜の明石の街に繰り出して乾杯です。
 やっぱりこれでないと・・・
Img_4700w800

 日は変わって12日は、ポスターによる研究発表で、私も「凄い環15年!!~土星の環の傾きを追いかけて~」を発表させていただきました。
Img_4721w800

 土星撮影15年の成果と、後15年続けたいと力説しています、と、「凄い環」のだじゃれ解説です(笑2)
P_20180212_093855_vhdr_auto

 お昼休憩の後は、天文台マダムと天文学者(夫)の人生相談です。
 プラネタリウムの時とは違った本音トークでした。
Img_4738w800

 そしていよいよ、森本奨励賞と、今回特別に梅本奨励賞の発表があり、なんと、私が森本奨励賞を受賞しました。
P1230222

 ありがたいことでございます。
Img_4743w800

 天変地異が起きたのか明石は吹雪になりました。
Img_4751w800

 二日間にわたった星なかまの集いが終わりました。
 帰るころには雪も止み青空が広がっていましたが、相変わらず風が強く冷たい明石でした。

 また、当分の間惑星撮影を続ける力をいただきました。

| | コメント (2)

豆69個 2018/02/03

 今日は節分、鬼は外もやらなくなって久しい。
 で、豆を食べることになったが、歳の数+1だそうだ。
 なかなか数えられない(笑)
Img_4498w800

 がんばってたべました。

 なかなか食べ応えがありました・・・

| | コメント (0)

惑星ガイド 2018/02/02

 やっとこさ購入しました(笑)
 月惑仲間の iga さんが天ガに書いていたものを纏めて出版されたものです。
 ちょうど、動画デジタルが発展期と言うか確定期に入るころです。
 私の惑星画像も使っていただいているので、ありがたいことです。
Img_4470w800

 なかなか観測にはほど遠い世界を行ってる私ですが、真摯に取り組んでいるみなさんに頭が上がりません。

 でも?

 惑星はおもしろいですよ!

 ねっ!

| | コメント (0)

スーパー・ブルー・ブラッド ムーンだって 2018/01/31

 1月31日、久しぶりに皆既月食があり、雲が多いものの何とかその一部を見ることができました。
 天気予報では曇りになっていたし、さしあたり皆既月食用の望遠鏡というものは持ち合わせていないので、準備もせずに夜を迎えました。
 で、夕方のテレビニュースを見ていると満月が写し出され、大阪でも雲を通しながら月が見えているではありませんか。
 慌ててベランダのC14で見えるかどうか・・・難しそう・・・C14は惑星専用としてフォークも短くしていて、天頂付近を見ることはできません。
 今夜の月はかに座あたりに位置しているようで、調べると赤緯が+17度ぐらいなので何とか見えそう。
 ところがC14に付けているファインダーがフォークに当たって+15度までしか向かない、改造した時のミスですね。ファインダーの視野には月が入るけれ中央には入らない。
 で、急挙、ファインダーを外してしまいました。
 次に、C14は焦点距離が4m近くあります。月全体を見るアイピースを探したら、ありました、SP56mmのプルースルですが視界は狭くぎりぎりでした。
 撮影は、直焦ではフルサイズのデジイチでも月全体が入らないので、コリメート、アダプターは無いので手持ち撮影でした。
 ニコンD600に古い20mmF2.8の単焦点レンズを付けて、やっとこさでした。

 ちょっとピンボケですが、HDRソフトで強調しています。
Dsc_8070hdr07toneumw1000

 まぁ、ベランダからはほんとにぎりぎりの位置でした。
 皆既中の月がベランダの隙間に見えています。
Dsc_8073w1000

 薄雲を通しながらでもまずまずの手持ち撮影で、少し彩度を上げてみました。
Dsc_8098colw800

 ばたばたしましたが、それなりの皆既月蝕観望でした。
Dsc_8080w800

 タイトルのスーパーもブルーもいろいろ懸念はあるかと思いますが、賑やかに月食を見る夜になればイイんじゃないかと思います(笑)

| | コメント (0)

月惑関西例会 2018/01/28

 月惑関西の例会が京都山科であり参加してきました。
 40年ぶりのメンバーなどが来て、この例会では、まずまずの人数になりました(笑)
Img_4312w800

 最近例会には来られていませんが、igaさんが天ガに執筆されたものを纏めた「惑星ガイド」の本が紹介されました。
 自費出版なので部数も少なく購入するのは少し難しいかも知れません。
Img_4314w800

 最近の活動など近況報告から始まり、adachiさんの木星解説です。
 合のころに起こった南熱帯攪乱についてです。
Img_4326cw800

 合のころ起こっているので良く分かりませんが、JUNOの詳細画像です。
Img_4332cw800

 hasebeさんの月の溶岩流の撮影についてです。
Img_4340cw800

 前回、ながーい鏡筒を持ってこられたigarashiの昼間の水星を捉えた報告です。
Img_4351w800

 40年ぶりに参加されたarakawaさんの近況報告で、屋上の30cmのニュートンです。
Img_4355cw800

 三重のhatanakaさんの40cmをカセグレンからニュートンに切り替えたため、床を60cm揚げた報告です。
Img_4364cw800

 40cmの光軸合わせにかなり苦しんで居られるそうです。
Img_4371cw800

 私は沖縄下見のお話をしましたが画像はありません。

 最後に火星の近況です。
 まだまだ小さくて、地上からの観測では詳しいことが不明です。
Img_4383cw800

 記念写真です。
Img_4395w800

 いつものとおり、新年乾杯です。
Img_4402w800

 山科に雪が残っているかと思ったのですが、ぜんぜんありませんでした。

 もちろん寒かったですけどね・・・

| | コメント (0)

冬型の雲 2018/01/26

 大寒波がやって来て寒いのですが、堺ではチラチラと雪が舞っただけで、全く積もるような雪雲ではありません。
 今日のひまわりの画像(可視光)を見ると相変わらず堺辺りから南は曇っています。
2018012609h30m

 瀬戸内から、堺市の北にある大阪市側は晴れているのですが、ちょうど堺が境目に当たっています。
 もう少し大きく拡大してみると良く分かります。
2018012609h30m02

 僅かな風の強さや風向きなどで、堺が曇るかどうかは微妙です。
 一般の天気予報はこのような時、堺には晴れマークが並ぶことが多いです。
 実際は、堺から北の大阪市側は晴れているのに我がベランダの上から南が曇っているという状況で、GPVもこのような時は微妙で判断できずです。

 この時のベランダからの景色です。
W800

 晴れ間も多いのですが星見だったら無理ですね。

 なかなかまともに晴れません。

| | コメント (0)

星の広場50周年inすさみ 2018/01/19-20

 星の広場の50周年記念会が和歌山のすさみで開催されたので参加してきました。
 初期から参加の方々を含め、49名のみなさんが集まり、旧交を温め合いました。
 創始者の加茂さんの歴史あるお話やみなさんの思い出など沢山の気持ちが広がりました。
Dsc_7609w800

 太陽が沈むころ太平洋をバックに記念写真ですが、この日低空に雲があって太陽が見えなかったので、前日撮影された太陽をいただき合成しました(笑)
Dsc_7674hdr0701cw800

 で、もちろん懇親会です。
 彗星発見で有名な多湖さんの音頭で乾杯です。
Dsc_7738w800

 懇親会終了時点でも空は良く晴れているので、みなさんで星空観望です。
 すさみは近畿地方の中でも一番空の暗い地域になります。
 和歌山のつさんが持ち運んだ50cmのドブソンで星雲巡りでした。
Dsc_7851hdr08w800

 この後も懇親会は2次会3次会と続きました。

 翌、20日も多くの発表がありました。
 和歌山のつさんの彗星撮影の歴史と現在の画像処理など、昔から今の現況報告もありました。
Dsc_7972w800

 土曜日の昼前には残念ながらお開きとなったのですが、つさんの50cmドブソニアンをみんなで囲んで話は尽きません。
Dsc_7992w800

 私自身は、見よう会に時々参加していただけの冷やかし組ではありますが、楽しい二日間を過ごすことができました。

 仕方ないことですが、みなさんいい歳になりましたね・・・

| | コメント (0)

名札 2018/01/14

 次のの金・土曜日に星の広場50周年が和歌山のすさみで開催されますが、その参加者の名札を作ってみました。
 何もお手伝いできないのですが、こんな事で喜んでいます。
Img_4192w800

 あんまり派手にすると煙たがられるので、少しおとなしめです(笑)

 何十年も会っていない人もいるから名札は必要です・・・

| | コメント (0)

沖縄3泊4日 2018/01/10-13

 大寒波が日本を襲っている間、3泊4日で星仲間と二人で沖縄に行っていました。
 沖縄も寒く12日には霰が降ったと言っていました。
 レンタカーの外部気温表示は、那覇市内で日中なのに10℃にも下がっていました。

 大阪から那覇までの飛行機は、上空は青空ですが下界は寒波の雲だらけでした。
 那覇空港に降りる直前ようやく海が姿を見せました。
Dsc_7113w800

 今回の目的は火星大接近を沖縄でできないかと、場所探しの旅ですが、まあ、せっかくですから、肉です(笑)
Dsc_7146w800

 違う日ですが、こちらは乾杯。
Dsc_7170w800

 火星用の望遠鏡が置けるような場所を探して、マンスリーマンション、ウイークリーマンション、民宿、ゲストハウスなどいろいろ回りました。
 これは不動産屋に入って、火星見る条件に合う物件はないかと聞いているところです。
Dsc_7300w800

 結論から言うと決定的なところは見つかりませんでした。
 なかなか難しいですね。

 で、場所探しだけでは寂しいので、沖縄から世界に発信されている惑星観測者miyazakiさんの観測所を見学させていただきました。
 30年ぶりにお会いしました。
 口径40cmのニュートンで、自宅屋上のドームの中にあり、これで惑星撮影をされています。
Dsc_7331w800

 寒い日で、私たちのために?ストーブを用意してくれていました。
 何十年の沖縄生活で、ストーブを出したのは初めてだと言われました。

 沖縄から帰る13日は若干雲が切れて晴れ間もあり、帰路の飛行機から那覇の街が良く見えていました。
 このビル群の中に見つかるか、それとももっと南でしょうか?
Dsc_7437w800

 思ったほど火星用の物件がありませんでしたが、夏までには探さないといけませんですね。

 沖縄も寒かったのですが、大阪に帰るともっと寒い・・・

| | コメント (2)

より以前の記事一覧