日記・コラム・つぶやき

秋さがし 2020/10/20

 お天気不安定ですが、今日は朝から青空が広がりました。
 大阪方面は朝に霧が出たようですが、堺は寝てて分かりませんでした(笑)
 いつもの大泉緑地へカメラを持ってさんぽです。
 派手な秋です。
 コスモスと青空を無理矢理引っぱっています。
P1030517hdr7w800

 地味な秋です。
 いっぱい転がっています。
P1030616w800
 晴れてると気持ちがイイですね。

| | コメント (0)

月惑関西例会 on Zoom 2020/10/18

 月惑星研究会の関西支部の例会がZoom上で開催され、参加しました。
 Adachiさんによる火星の様子の報告です。
P1030280w800

 ダストストームによって模様が大きく変化しているとのこと。
286

 海老沢まっぷで変化位置の確認です。
283

 関東のMizumotoさんによる木星の報告です。
 なんと言っても今シーズンは NTBs outbreak が一番の現象。
P1030293w800

 HSTの画像です。
 やっぱすごいですね。
P1030297w800

 私もアポダイジングマスクと二重リム、ASI462MCに使う赤外カットフィルターの話などしましたが、画像はありません。

 時節柄、やむを得ませんがZoomは寂しいですね。
301
 火星の後半、がんばしましょう。

| | コメント (0)

火星通信 2020/10/13

 私の撮影した火星画像は、火星通信にも報告させていただいています。
 10月12日分に上げていただいているのですが、私が見たときにはちょうど、Damian PEACHさん、 Edward GRAFTONさん たちと並んで掲載されていました。
 お二人とも、私がC14に行くための原動力を与えてくれた方々で、私は並んでいるだけでとても嬉しい。
https://www.kwasan.kyoto-u.ac.jp/~cmo/cmons/2020/201012.html
Cmo20201012


| | コメント (0)

メモカメラのパノラマテスト 2020/10/11

 夏に購入したメモカメラにパノラマ撮影の機能があって、今まで使ってなかったのですが、今夕の曇り空を見て、試し撮影してみました。
 動きが遅いとか怒られながらも、なんとか写った曇り空です(笑)
 天気予報は晴れマークだったのに、まともに晴れません。
P1030075hdr08w1600
 火星時間に晴れると良いのですが。

| | コメント (0)

台風一過のさんぽ 2020/10/10

 台風14号が通り過ぎて、雨が上がり、ちょっと青空も見えたので、昼から、久しぶりの散髪からさんぽです。
 さんぽ先はいつもの大泉緑地公園です。
 入り口のイチョウの木はまだ緑が多いですが、公園内の他のイチョウの木はぎんなんができて落ちている樹もあって、強い匂いが流れています。
P1030037w800

  緑地内の整備はかなり進んでいるのですが、2年前の台風21号の跡があちこちに見られます。
P1030047w800

 さんぽしていると雨。
 しばらくの雨宿り(蚊の餌食になりました)の後、北花田の紀伊國屋書店まで、さんぽを兼ねて買い出しです。
 目的は「天体観測手帳2021」で、来年の計画です(笑)
P1030056w800
 今年もまだ見通せないのに、来年は大丈夫でしょうか・・・

| | コメント (0)

プラネタリウム研修オンライン 2020/10/08

 プラネタリウム業界の研修も、新型コロナの影響で、みんなが集まるのは中止になってしまいました。
 そこで、ネットで集まって研修会が開催されるのですが、それのプレイベントとして研修会講演が開かれました。
 今日の講演は、明石市立天文科学館のInoueさんによる「時」の記念日100周年にまつわる「時間」のお話でした。
 その中で、私の惑星撮影に関わるインタビューも組み込んでいただきました。
 有名なInoueさんです。
P1020974w800

 進行役には大阪市立科学館のWatanabeさんがあたられ、横には佐伯恒夫さんの火星儀が置かれていました。
P1020975w800

 全体のお話は置いておいて、私の部分だけをメモカメラで撮影です。
 火星最接近のムービーを紹介に使っていただきました。
P1020993w800

 私のお話は惑星しかないのですが、これは1970年、50年前のトライ-Xで撮影した木星で、露光1秒以上かけないと木星はまともに写りませんでした。
 それでも、このぐらいしか写っていません。
P1030001w800

 今ではCMOSカメラを使えば100分の1秒露光でこんなんが写ります。
 ディティールが偉い違いですね。
P1030005w800

 1970年ごろは撮影した惑星よりも、眼視スケッチが主流で、大阪市立電気科学館の佐伯恒夫さんは、惑星観測の世界的なエキスパートで、私のスケッチなんかは遠く及びませんでした。
P1030007w800

 このスケッチの大シルチス辺りは凄いのですが、現在のCMOSカメラでは写せばもっとディティールが写ります。
P1030010w800
 惑星写真としての露光は、トライ-Xの1秒露光から、CMOSカメラによる500分の1秒露光に変わり、大幅な解像力アップになりました。
 ミリ秒を扱う時代になりましたが、ここまでに50年を費やしています。
  時の記念日が100周年ですから、実にその半分の半世紀を使っています。

  と、言うお話をさせていただきました。

 上手く話せたとは言えませんが、惑星のことを喋らせていただいて感謝です。
 ありがとうございました。

| | コメント (0)

テニス日和 2020/10/03

 かなり雲が増えていますが青空もあって、テニス日和。
 なかなか上手くはならないテニスですが、健康第一。
 火星の画像処理は置いておいて、テニスで汗を(笑)
 スポーツの秋・・・
P1020802w800

| | コメント (0)

中秋の名月 2020/10/01

 昼間から雲が少し流れるものの青空が続きとってもイイ天気。
 今夜の中秋の名月は、真東より若干南よりで、ベランダから辛うじて出てくるところを見ることができました。
P1020665w800

 C14の準備をしながら赤っぽい月が昇ってきたのですが、少し時間が経つと色が無くなりました。
 惑星撮影の前に、C14でコリメート撮影です。
P1020717w800

 月を追いかけて火星も昇ってきました。
 火星と月は少し離れてるせいもありますが、火星が明るいので中秋の名月に負けてはいません。
 明日の方が火星と月が近づきますが、中秋の名月と競うほうがいいですね。
P1020695w800
 久しぶりに、まともな中秋の明月を見た気がします。

| | コメント (0)

くもりMARS 2020/09/23

 台風12号は予想より早く東へ動き、雨は降らないのですが晴れもしません。
 夜、ほんの僅かな雲間があって晴れるかと思ったのですが一瞬でした。
 望遠鏡を準備して眼視で覗きましたが、あまりシーイングも良くありませんでした。
P1020527w800

 曇ってしまったので、望遠鏡を片付けて MARS をオープンです。
 マルスのウイスキーです。
 日本産のウイスキーです。
P1020487w800

 マルスは火星と言うよりは、古代ローマ神話の神から名を取っているのだそうです。
 まぁ、同じですけどね。
P1020505w800

 で、秋の夜長、マルスでひと息です。
P1020530w800
 めったに買うことはないのですが、火星接近に合わせて MARS づくしです。
 しかし、晴れて欲しいですね。

| | コメント (2)

はなももの実 2020/08/23

 昨夜は雷と豪雨の後、惑星も期待せず、素直に寝てしまいました。
 ベランダには、暑さで負けそうになっている甘長とうがらしやゴーヤーが居るのですが、春に、5年掛かってようやく花を咲かせたはなももの鉢があります。
 夜になると望遠鏡開催の邪魔になるので、その度移動しているのですが、ここのところ鬱陶しいぐらいにあった葉っぱがボロボロと落下しました。
 すると、なんか丸いモノが見えてきたのです。
 そうです、実です。
 春から、何時できていたのかさっぱり分かりませんが、梅の実ていどに大きくなっていました。
P1010463w800
 これからどうなるんでしょうね(笑)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧