パソコン・インターネット

えらいこっちゃ 2017/09/20

 Registaxのサイトが昨日から繋がらない。
 9月14日には繋がっていたのですが。
Registaxmitukaranai

 一時的だと良いのですが。

 開発は止まっているようですが、私は、まだまだ現役で使っているのですが・・・。

追記:
    9月29日には復活していました。良かった・・・

| | コメント (2)

D600は認識せず。 2017/06/29

 皆既日食のコロナ撮影用にカメラコントロールソフトが、アストロアーツからエクリプスナビゲータ3としてが発売されているのですが、残念なことに、対応機種に私のカメラ、ニコンD600が入っていません。
 でも、直後にニコンから発売されたD610は入っているのです。
 D600とD610はニコンのプログラムソ-スSDKが同じファイルなので、淡い期待で動くかもと思っていました。
 昨日28日にEN3の体験板が公開されたので、早速ダウンロードして確かめてみました。
Img_1859w800

 結果は表題のとおり認識せずでした。
Img_1864w800

 アストロアーツのサイトでは、これからも確認された機種を追加していくと言ってますが、日食の期日が迫ってきているので、待てるかどうか、別の撮影方法を準備しておかないといけないようですね。

 おーぉっ!

| | コメント (6)

日食用ノートパソコン 2017/06/28

 じわじわと近づいて来た8月の北米皆既日食の準備荷動き始めているところです。
 今回の目標の一つに惑星用PCカメラで内部コロナを撮影してディティールを撮し止めたいと思っています。
 PCカメラはZWO ASI 178MMで、3000×2000ピクセルの600万画素のモノクロカメラです。
 この大きな画素数を動画キャプチャーするにはUSB3.0とそこそこのCPUパワーが必要です。
 私の現有しているノートパソコンでは、USB2でどうがんばっても、2FPS しかキャプチャー速度が出ませんでした。
 旅行費用の方も高騰していて資金繰りが苦しく、とても高級ノートパソコンの費用捻出が大変なので、USB3.0が付いている中古ノートパソコンを探していました。
 値段が安くて USB3.0 が付いているノートは思ったより出てきません。
 で、ようやく購入したのが ThinkPad T430 で Core i5-3230M Windows10 Pro 64bit でした。
 もちろん USB3.0 が付いています。
Img_1839w800

 早速、FireCapture2.6beta 64bit をインストールしてZWO ASI 178MMを試してみると、0.3FPS・・・えーぇっ!
 まぁ、フル画素16ビットSERファイルですから重たいのは分かりますが、それにしても・・・
 FireCaptureにはRAMをリフレッシュするのがあるのを思い出しました。
 メニューのMisc→Performance→Force aggressive memory recovery during captureにチェックを入れると、キャプチャーは速くなりました。
 8FPSまで速くなりましたが、ZWO ASI 178MMの能力としては、30FPSまで可能なはずです。
 これはやっぱりハードディスクの書き込み速度が遅いんだと思い、ベンチマークで測ってみました。
Img_1806w800

 この速度はハードディスクとしても遅すぎるような気がしました。

 で、途中、紆余曲折があって苦労したのですが、最終的に惑星撮影に現在使っている高速SSDと交換することにしました。
 Clone's で丸コピーしました。
Img_1824w800

 コピーに1時間あまり掛かりましたが、何とか起動してくれました。
 ベンチマークを測ると、ハードディスクより、6倍ぐらい速いですね。
Img_1834w800

 で、キャプチャーテストをしてみると、フル画素16bit SERファイルで、28FPS まで速度が上がりました。

 Windowsのタスクマネージャーでどれぐらい動いてるのか調べると、CPUもSSDも70から80%の仕事をしており、あまり余裕は無いようですね。
Img_1836w800

 何とか実用になりそうな所までやって来ましたが、実はここまで3日ほど費やしました。

 まだ、これに付けるレンズ?の構成が確定していません・・・(笑)

| | コメント (0)

気象庁の気象衛星画像 2017/03/16

 気象庁のHPにある気象衛星ひまわりの画像表示が、今日からでかくなりました。
 年寄りの眼には優しい(笑)
http://www.jma.go.jp/jp/gms/large.html?area=0&element=0
20170316

 更新間隔も10分と短くなりました。
 これで夜の低い雲も少しは見やすくなるかしらん・・・

| | コメント (3)

大赤斑の経度 2017/03/07

 一部自作ソフトの木星の経度とガリレオ衛星位置表示のソフトを更新しました。
 2017年の大赤斑の基準経度を入れました。
 VB6で作っていますのでDLLとか必要ですが上手く行けば動くと思います。
 解凍して、exeをダブルクリックしてみてください。Windowsに許可を与えてください。
「Jupiter2RB2017.zip」をダウンロード
Jupiter2rb2017

 ここのところ毎年、大赤斑の経度は高速で後退(体系Ⅱの経度が増加する方向)しています。
 問いの初めを基準としていますので年の後半にはずれてくると思います。
 3倍の拡大モードで起動するようにしました。

| | コメント (2)

最近勝手に再起動 2017/01/22

 ここのところメインのパソコンが、時々勝手に再起動する。
 Windowsのアップデイトでもない・・・するとこんなブルー画面が現れました。
Img_0725w800

 で、ネットで調べても直接の原因は分からない・・・クリーンインストールしなさい。
 が、出てくる。
 で、しばらくパソコンを気にしているとどうもパソコンの音が波打って居る。
 音が波打つ????冷却ファンぐらいしか考えつかない・・・
 で、マザーボードの電圧や空冷ファンなどをチェックするソフトを起動して確かめると、CPUのファンの回転数が不安定なのが分かりました。
 しつこく見ていると、なんと時々止まりよる!!!
Img_0797w800

 エラーメッセージも出てきました。
Img_0798w800

 で、パソコンを開けてCPU空冷ファンを確かめると、振動しながら回っていました。
Img_0799w800

 ファンを外して見るとホコリがいっぱい。
Img_0801w800

 CPU冷却フィンに山ほどのホコリが・・・
Img_0804w800

 かき集めてみるとこんなに・・・
Img_0809w800

 で、ファンを買いに行く余裕がなかったので、C14の鏡筒に付いているファンも考えたのですが、あまりにもあまりなので、パソコンのケースに付いているファンの一つがφ12cmファンで、古いですが、これと交換しました。

 差し当たり、再起動が起こらなくなりましたが、ブルー画面の警告の原因がこれだったかどうかは分かりません。
 違うような気もしますが、しばらく様子見でまいります。

| | コメント (0)

SSD買いに大阪日本橋へ 2016/11/26

 今朝の木星撮影で、キャプチャーディスクの256GBのSSDがオーバフローしてしまったので、ちょっとどうしようかと考えていたのですが、やはり容量の大きなSSDを購入するしかないとの結論に達しました〈笑)
 で、チャリンコを漕いで日本橋まで出向きました。さすがに土曜日で人がいっぱいです。
Img_4517w800

 どこのメーカー製が良いのかよく分かりませんが、500GBで、そこそこ安くて安定しているのはこれしかない?←根拠はありません。
 サムソンの750EVO 500GBにしました。ネットより\200ほど安く購入です。
Img_4523w800

 観測撮影用のパソコンには正式に入れる場所がないので、パソコンの底に置いただけです。
Img_4556w800

 いちおう速度も測定してみました。
Img_4564w800

 普通に速度は出ているようです。
 キャプチャー速度は、現在の木星撮影サイズでZWO ASI 290MMの限界になっているので、取り立てて速くなることはなさそうです。

 500GBあれば一晩は保つでしょう、たぶん・・・

| | コメント (0)

捨てまんねん! 2016/11/19

 今シーズンの木星を撮影し始めて、また、データが溢れてきました。
 保存用に最近はは3テラバイトの3.5インチハードディスクを用いているのですが、今年はすでに5本を使い、その5本目も満杯になってきました。
 いろいろ考えたのですが、動画データを保存するのを諦めることにしました。
 大きく言うと、21世紀に入って惑星を動画撮影するようになってからずーっとデータを捨てないで保存してきました。
 ビデオテープから、Hi8テープ、DVテープ、ハードディスクなどいっぱいです。
 全部捨てるのはまだ心の整理ができていませんので、まずは、ハードディスクの動画だけを削除することにしました。
 OKAさんから圧縮についてのソフトも教えていただいたのですが、削除に進むことにしました。
Img_4485w800

 ただ、ごく最近のものは暫く残して置くことにしまして、さしあたり2011年~2013年の分を整理しています。
 削除は簡単なんですが、良く写っているのとかは残していますので、コピーしてまとめるだけでも何時間もかかってしまいます。
Img_4486w800

 ちょっと寂しいですが・・・

 やるしかないですね(涙)

| | コメント (0)

SSD VS HDD キャプチャー速度 FireCapture2.5 2016/11/16

 最近、明け方の木星を撮影していてキャプチャー速度がなかなか上がらないので、システムの見直しをするためにも、SSDとHDDでどのくらいキャプチャー速度が違うのか測定をしてみました。

 それで分かったことが二つありました。
1、ナント手持ちの256GBのSSDはキャプチャー速度が遅いことが判明(涙)
2、FireCapture2.5のメニューから、M isc→Performanceにある 
       □Force aggressive memory recovery during capture
      に、チェックが入っているとキャプチャー中にバッファメモリーをリフレッシュするようでキャプチャーが停止(留まる)することが少なくなり、最終的にフレームレートが上がります。

 以下が測定結果です。
Ssdvshdddata

 FireCapture2.5はbetaが外れたようで、 v2.5.10 が今の時点で最新です。
 フルサイズ以外では、ほぼ充分なキャプチャー速度になっているようです。
 FAMRDCは上記の「2、」を表しています。
  なお、FireCapture2.5のメニュー General→RAM Baffer は、私のテストではキャプチャー速度に影響がありませんでした。

 私の残念なSSDとHDDとでは、それほどの差はないようです。
 言い訳ように、 Crystal DiskMark 3.02 x64 で測定したデータも上げておきます。
 私のSSDはデフォルト(ランダム)で測定すると遅いですが、0xFF FILLで測定するとカタログ数値が出ています。
 ランダムの数値が実力を現しているようです。
Ssdvshdd

 Force aggressive memory recovery during capture を有効に使えば、そこそこのキャプチャー速度が出ることが分かりましたので、新しいSSDを購入するのはやめておくことにしました。
 当分の間、現状のシステムでまいります。

 パソコンの知識も中途半端なんで、思い違いなどもあったりしますが、一つの結果としてご覧ください。

| | コメント (6)

えらいこっちゃ 2016/10/12-13

 12日の朝、パソコンのスイッチを入れ起動を始めると途中までは動いていたのですが、よそ見をしている間に、いつの間にかモニター画面が真っ暗!
 何度も再起動しても真っ暗、グラフィックボードが壊れたのかと見てもどうも違うみたいで、Cドライブのハードディスクが壊れたか、マザーボードが壊れたか?・・・
 CドライブのハードディスクをノートパソコンのUSBに繋いでみると中が見える、まだハードディスクは壊れていない。
 さし当たり、メインのCドライブのHDが見えている間にコピーを取らなくちゃ!
 あわてて、堺のパソコン工房に走って、Clone'sと2TBのハードディスクを購入。
Img_3874w800

 この Clone's はPC無しにボタン一つでHDを丸コピーできる。
 早速スタート。
Img_3880w800

 2台のハードディスクを認識。
そしてコピースタート。
Img_3883w800

 ところが、快調に点滅していたオレンジのコピーランプが消灯!
そして2台目のハードディスクが認識されていない・・・
Img_3884w800

 何じゃこれは・・・
 仕方なく、ネットで調べました。
 「AFT」が関係するんだそうです。
 AFTとは、アドバンスド・フォーマット・テクノロジーの略で、2010年ごろ変わったそうです。私のパソコンは2010年の秋に組んだもので、ちょうどそのころ切り替わったらしい。
 AFTと非AFTとは丸コピーできないらしい。新しく購入したHDはもちろんAFT、元のHDは非AFTでした。
 惑星撮影用に、そのころ購入した2TBのHDは全てAFTで、残念ながら非AFTはありませんでした。

 Clone's を諦めてWindows標準のバックアップを取ることにしました。
 原因は分かりませんが、Cドライブ以外のHDを全て外して起動すると壊れかけていると思ったCドライブで起動するのです。
 でも、CドライブのHDはたまたま復活しているだけかも知れませんので早いことバックアップを・・・
 ネット検索での解説のとおりにUSB回復ディスクを作ります。
Img_3887w800

 そして、バックアップを・・・
 6時間もかかったのに最後に・・・クラスター不良でできませんでした・・・
Img_3892w800

 仕方なく、Windowsのチェックディスク・・・
 問題ありません・・・
Img_3899w800

 再度、バックアップを取ると、今度は上手く行きました。
Img_3900w800

 この後、新しいHDにバックアップを戻してめでたしめでたしになりました。

 いろいろ勉強させていただきました。
 修復ディスクと回復ディスクとが違うこと。
 古いマザーボードではUSBが起動ディスクにならないこと。
 マザーボードのバイオスの変更を上手くしないとDVDドライブの起動も上手く行かないこと。

 丸2日かかりました。
 でも、データも全部生きましたから、良かった良かった・・・

 でも、疲れました。
 でも、原因はまだ分かっていません・・・

| | コメント (2)

より以前の記事一覧