北米日食2017

日食同窓会 2018/02/25

 去年の北米皆既日食から約半年が経過し、記憶も薄れて来ているのですが、一緒に行った80人の内、半数の40人ほどが集まっての日食同窓会が大阪梅田でありました。
 最初にビールの写真で失礼しますが、本番の皆既日食後のパーティでもシールを貼って大乾杯をする予定でしたが、日食後の移動大渋滞で時間がなくなり、ささやかな乾杯になり、まともにシールが使えなかったのです。
 そこで、同窓会では缶ビールにしっかりと貼ってリベンジを果たしたのでした。
 基本的なデザインは同じですが、今回は中に描かれているコロナを北米皆既日食のコロナと置き換え新しく印刷しました。
Img_5098w800

 今回のツアーの団長からのご挨拶です。
Img_5115w800

 ツアーの直前に結石で欠席となった明石のInoueさんの音頭で乾杯です。
Img_5118w800

 食事をしながら思い出を胸に歓談です。
Img_5123w800

 ロングコースのガイドをしていただいたMayuさんが、イェローストーン国立公園の植物について解説された本を出版されたので、その紹介ですが、表紙には息子さんのイラストが描かれていました。
Img_5137w800

 現地での解説も、授業のようでしたが、ここでもなかなかの授業風景のようです。
Img_5139hdr03w800

 ツアーに使った横断幕です。
Img_5142w800

 アメリカのエージェントのスティーブさんからは、2024年日食の下見が始まっている報告がありました。
Img_5144w800

 ここからは参加者のみなさんが撮した画像などの紹介がありました。
Img_5150w800

 行けなかった明石のInoueさんからは次の日食・・・チリとかのお話がありました。
Img_5157w800

 星ナビに載ったお話などが続きます。
Img_5161w800

 みなさん話しが上手いですね。
Img_5165w800

 そうこうしている間に時間が過ぎ、全員のみなさんにまで残念ながら回りませんでした。

 ツアーでお世話になったお二人に感謝の花束贈呈です。
Img_5175w800

 そろそろお開きで、次回の団長といわれているSagayamaさんから〆のご挨拶です。
Img_5183w800

 最後に記念写真です。
Img_5189w800

 昔々の日食旅行の後には写真交換会のような集まりがありましたが、最近そういうのははやらないそうです。
 でも、このツアーとして、一緒に行った(行けてない人も居られますが)みなさんとの繋がりは長く残りそうです。

 この後、有志で2次会、3次会まで行きました・・・

| | コメント (0)

北米皆既日食記念同好会誌 2018/02/01

 去年2017年の北米皆既日食は、所属する天文同好会の冠ツアーでした。
 その同好会で日食記念に会誌を作ろうと言うことになり、編集などを手がけました。
 最近はめったに出ない会誌で、普段はパソコンプリンター使ってしこしこと印刷していたのですが、今回は思いきってネットで印刷する方法に切り替えました。
 色校正なども無く、ぶっつけ本番の印刷ですが、今日届きました。
 思っていたよりも綺麗に仕上がっていました。
Img_4467bw800

 90kgのコート紙で、A4サイズの44ページの大作で、ちょっと重たい。

 北米日食から5ヶ月あまり経ち、記憶が薄れてきたところですが、しばし思い出に浸ることにしましょう。

| | コメント (0)

おおきに 2017/12/31

 いよいよ2017年も大晦日です。
 このブログへ見に来てくれているみなさんありがとうございます。
 今年はカウンターが100万を超えてしまいました。
 惑星に日食に、甘長とうがらしまで、やや支離滅裂感はありますが、RB星の世界です。
 もう作らないと思ったのですが、今年の最後に「コロナとしめ縄」をコラボしてみました(笑)
20171231abw1600

 みなさま良いお年をお迎えください・・・m(_ _;)m

| | コメント (0)

季節柄 2017/12/24

 今年もあと僅かになってきました。
 巷ではクリスマスですが、最近とんと縁がない。
 こどもが小さい時は走り回ったりしていましたが、もう用がない・・・
 で、今年をふり返って、8月日食のコロナとクリスマスをコラボしてみました。
 リースとコロナです。ネタ的には人がやっていたのを真似してみました。
Rb0116aw1600

 ついでに宇宙を駆けるサンタさんです。
Hdr40103rogmoonhdr08gb15ispconsanta

 今年の締めくくりとしてはこんなところでしょうか(笑)

| | コメント (0)

まもなくふたつき 2017/10/19

 和歌山の つ さんから「アメリカ日食紀行」が送られてきました。
 8月の北米皆既日食の旅行記で、早々と、ちゃんと纏められているのです。
 歳寄り向けに、大きな字で編集されているのでした(笑)
Img_3117w800

 レクスバーグでは、すぐ横のホテルに泊まり、表敬訪問も受けているのですが、こちら余裕がなくて、ご挨拶だけで終わってしまいました。

 自分自身も記憶がある間に何か纏めないといけないとは思いながらも、このブログに書いてしまうと安心してしまっているのでしょう。
 もうすぐ、ふた月になりました。

 20cmで見たコロナの記憶も早々と薄れつつありまして、情けない記憶力に歳と時を実感しているところです。

 つさんの紀行を見て、思い出を奮い立たせています。

 で、買ったお土産を見ながら、懐かしんで、記憶をリピートしてがんばです。
Img_3123w800

 あっという間の、ふた月ですね・・・

| | コメント (0)

土星とコロナ 2017/09/24

 なんでもコロナと合成したがる癖が付いてしまっているのですが、毎年作っている「土星の環の傾き」シリーズの中央に、北米皆既日食コロナを置いてみました。
20032017beclipsep300w1600

 まぁ、普通でも太陽を中心に描くことが多いのですから、違和感はないかと思います(笑)

| | コメント (6)

あっという間の一月 2017/09/22

 北米皆既日食から丸一月が経ち、ささやかに一人で思い出ぬふけり乾杯。
 お土産で買ったバッファロージャーキー(バッファローとバイソンは同じらしい)と、先日、いただきものの日本酒でです。
Img_2873w800

 どちらも美味しくいただきました。ありがとうございます。

 時が経つのはホンマに早い(笑)

| | コメント (2)

ひとつき 2017/09/21

 北米皆既日食から、もう一月も経ってしまいました。
 日食ネタでいろいろ遊んではいるのですが、撮影したコロナ画像をちゃんとしたくてがんばってもいます。
しかし、なかなか思ったような画像にはなりません。
 期待が大き過ぎるのか、技術が未熟なのか・・・
 でも、一月記念で今日の成果を揚げることにいたします。
 ミニボーグ60ED+ZWO ASI 178MMで撮影したものに、いろいろくっつけています。
Hdr40103rogmoonw1600

 今回は、精細感に注意して画像作りしていますので、アップして極あたりの流線を見ると良く解像していると思いますが・・・。
 しかし、ちょっと離れてみるとダイナミックさが失われており、しょぼいコロナ画像になっています。
 両立は難しい・・・ようです。

 それ以外にも下手さはいっぱい現れており、コロナの繋がりがスムーズでなく、プロミネンスも貼り付けがわざとらしいし、月も綺麗ではありません。
 カットアンドトライのアナログ的手法では、そもそも限界でしょうか?

 と、言うことで、まだまだ、当分この画像処理で、思い出を引きずって、生きて行けそうです(笑)

 で、我慢できずに、上の画像を Nik Collection の HDRでグリグリしたらこんなのになります。
Hdr40103rogmoonhdr11w1600

 ノイズだらけですが、コロナのウネウネは良く分かります(笑2)

| | コメント (2)

日食イメージ画像 時空を超えて 2017/09/18

 さすがに日食イメージも枯欠してきました、たぶんもう最後になるかも知れません。
 ボーズマンで見たロッキー博物館の、T-レックス化石復元像と、イエローストーン国立公園のバイソンの群れと、コロナをコラボしてみました。
 ついでに私も入りました(笑)
Dsc_1450t_rexw1600

 あり得ない状況ではありますが、日食旅行の思い出でございます。

 ちょうど一月前、イエローストーン国立公園を観光していました。

 もう一月も経ってしまいました・・・速いなぁ~・・・時も空間も・・・

| | コメント (0)

日食イメージ画像 礼拝堂 2017/09/17

 もうなん画像作ったのか分からなくなってきましたが、今回は、グランドティトン国立公園内にある、トランスフィギュレー ション礼拝堂の窓です。
 礼拝堂の中に入ると、正面に大きなガラス窓があり、窓を通して雄大なグランドティトンが見えると言う雄大な景色が広がります。
 その大きな窓に見えるグランドティトンと、コロナをコラボしてみました。
Dsc_2202hdr01w800

 トランスフィギュレー ション礼拝堂は観光地にもなっており、多くの人たちが訪れていました。
Dsc_2186w800

 礼拝堂の大きな窓ガラスは外に出て、裏から見ると、窓ガラスに反射したグランドティトンを見ることができます。
Dsc_2213bw800

 趣のある風景に、むりやりコロナをコラボして、指導を受けるかもしれませんが、私は似合ってると思っています。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧