北米日食2017

ひとつき 2017/09/21

 北米皆既日食から、もう一月も経ってしまいました。
 日食ネタでいろいろ遊んではいるのですが、撮影したコロナ画像をちゃんとしたくてがんばってもいます。
しかし、なかなか思ったような画像にはなりません。
 期待が大き過ぎるのか、技術が未熟なのか・・・
 でも、一月記念で今日の成果を揚げることにいたします。
 ミニボーグ60ED+ZWO ASI 178MMで撮影したものに、いろいろくっつけています。
Hdr40103rogmoonw1600

 今回は、精細感に注意して画像作りしていますので、アップして極あたりの流線を見ると良く解像していると思いますが・・・。
 しかし、ちょっと離れてみるとダイナミックさが失われており、しょぼいコロナ画像になっています。
 両立は難しい・・・ようです。

 それ以外にも下手さはいっぱい現れており、コロナの繋がりがスムーズでなく、プロミネンスも貼り付けがわざとらしいし、月も綺麗ではありません。
 カットアンドトライのアナログ的手法では、そもそも限界でしょうか?

 と、言うことで、まだまだ、当分この画像処理で、思い出を引きずって、生きて行けそうです(笑)

 で、我慢できずに、上の画像を Nik Collection の HDRでグリグリしたらこんなのになります。
Hdr40103rogmoonhdr11w1600

 ノイズだらけですが、コロナのウネウネは良く分かります(笑2)

| | コメント (2)

日食イメージ画像 時空を超えて 2017/09/18

 さすがに日食イメージも枯欠してきました、たぶんもう最後になるかも知れません。
 ボーズマンで見たロッキー博物館の、T-レックス化石復元像と、イエローストーン国立公園のバイソンの群れと、コロナをコラボしてみました。
 ついでに私も入りました(笑)
Dsc_1450t_rexw1600

 あり得ない状況ではありますが、日食旅行の思い出でございます。

 ちょうど一月前、イエローストーン国立公園を観光していました。

 もう一月も経ってしまいました・・・速いなぁ~・・・時も空間も・・・

| | コメント (0)

日食イメージ画像 礼拝堂 2017/09/17

 もうなん画像作ったのか分からなくなってきましたが、今回は、グランドティトン国立公園内にある、トランスフィギュレー ション礼拝堂の窓です。
 礼拝堂の中に入ると、正面に大きなガラス窓があり、窓を通して雄大なグランドティトンが見えると言う雄大な景色が広がります。
 その大きな窓に見えるグランドティトンと、コロナをコラボしてみました。
Dsc_2202hdr01w800

 トランスフィギュレー ション礼拝堂は観光地にもなっており、多くの人たちが訪れていました。
Dsc_2186w800

 礼拝堂の大きな窓ガラスは外に出て、裏から見ると、窓ガラスに反射したグランドティトンを見ることができます。
Dsc_2213bw800

 趣のある風景に、むりやりコロナをコラボして、指導を受けるかもしれませんが、私は似合ってると思っています。

| | コメント (0)

日食イメージ画像 カウボーイ 2017/09/15

 日食のイメージ画像で遊んではいるのですが、そろそろネタがなくなってきました。
 グランドティトン国立公園の玄関口と呼ばれているジャクソンの町に2泊しました。
 ここは西部の町でありますが、観光で成り立っている町のようで、町の中央には土産物店や飲み屋がいっぱい並んでいます。
 ワイオミング州のシンボルには、カウボーイというかロデオの姿が使われており、この町でお土産に買った日食Tシャツには、このロデオ姿が描かれていました。
 で、これをパクって、今回のコロナとロデオ姿のカウボーイをコラボしてみました。
0316hdr3rog1501gb1hdr_etcmoonbcrode

 まぁ、やり過ぎ感があるかもしれませんが、私のイメージです。
 背景のコロナは普通にがんばって作ったものを、Nik Collection のソラリゼーションフィルターを掛けています。

 真似したTシャツは、カウボーイ・バーのオリジナルで、要するに居酒屋さんの宣伝Tシャツでしょうか。
Dsc_2599hdr08w800

 ジャクソンの町の中央には、タウンスクエアと呼ばれる公園があります。
 この日(8月19日)はイベントがあり、公園の周りにはお店屋さんがずらりと並び、その一つにはワイオミング天文同好会と言うのかどうか分かりませんが、日食前に太陽を見せてくれるコーナーがありまして、PSTが用意されていました。
 残念ながら、この時は朝早くて太陽の光が届かず、見ることはできませんでした。
 公園の入り口には、エルク(鹿)の角(つの)を積み重ねたゲートがあり、この地らしいのだそうです。
Dsc_2609w800

 このタウンスクエアの中央に、カウボーイの銅像が建っていました。
Dsc_2630w800

 最初のコラボ画像のカウボーイ(ロデオ)は、この銅像からとっています。

 日食に旅立ったのが8月15日ですから、もう丸一月が経ちました。
 早いですね・・・

| | コメント (0)

コロナ撮影をタイプラプス 2017/09/07

 タムロンSP500mmと、ニコンD600でブラケット撮影したコロナ画像を、動画にしてみました。
 ちょっと忙しいし、レンズもカメラも汚いのが良く分かりますが、雰囲気をお楽しみください。

 いちおうBGMも付いていますが、30秒ほどで、とても忙しい。

 まぁ、余韻を楽しんでいます(笑)

| | コメント (0)

日食イメージ画像、最後かな? 2017/09/05

 温存していた?日食イメージ画像です。
 日食の大先輩が公開されておられたので、負けじと、最後と思っていたイメージを作りました(笑)
 グランドティトン山を見ながら、スネークリバーを川下りするところと、コロナとコラボしました。
Dsc_2807w1600

 見るだけの贅沢を味わうなら、こんなシチュエーションも悪くないかと思うのですが・・・

 無理でしょうね(笑2)

| | コメント (2)

壁紙交換 2017/09/05

 日食で遊ぶネタも段々と無くなってきました。
 イメージ画像の、コロナとグランドティトンの横位置コラボを、私のメインパソコンの壁紙に貼り付けました。
 今までは、2009年の北硫黄島近海日食のふじ丸とコロナのコラボをしつこく使っていましたが、ようやく8年を経過して交換です。
Img_2831bw800

 今日は天文雑誌2誌の販売日でもあり、速報の皆既日食コロナ画像を見て、日食旅行の余韻を楽しむことができました。

| | コメント (0)

コロナ画像処理 2017/09/04

 この画像は私のではありません。
 同じ、レクスバーグで観測した仲間(ISOBE)の画像で、画像処理だけを私がやってみました。
 失礼ながら思いの外良く写っていたので、撮影者の了解を得て、ここに揚げました。
Isobeeclips201700acw1600isobe

TAMRON 望遠ズームレンズ SP 150-600mm F5-6.3 Di VC USDを、500mm F6.4で使用。
カメラはCanon EOS Kiss X4 1/4000~1秒 ISO=400 8段階露光 13セット
カメラ制御はMagic Lantern
ステライメージ8、Registax6、PhotoshopCS3、Nik Collection HDR にて処理
月とプロミネンスは別処理にて合成
撮影:磯部健 画像処理:熊森照明

| | コメント (2)

こんなイメージ画像を作りました 2017/09/01

 日食ツアーの一コマとコロナのコラボですが、私もむりやり入っています。
 コロナとイエローストーン国立公園の間欠泉と私です。
Dsc_1706w800

 こんなん見たくないって!?

 すいません、私の日食旅行の記念です・・・m(_ _;)m

| | コメント (2)

日食旅行中の星空 2017/08/30

 旅行中に2度の撮影機会があり、すでにこのブログに揚げていますが、もう少しいろいろというか、いっぱい画像処理をしてみました。
 8月16日(アメリカ時間)の夜は、イエローストーン国立公園の北口にあるガーディナーのホテル前での撮影です。
 空は暗いのですが、ホテルからナトリウムライトが周りを明るく照らしていて、ナトリウムライトを避け気味に撮すのが難しい。
Dsc_1269hdr25w800

 8月17日(アメリカ時間)の夜はジャクソンシティの宿泊ですが、ツアーのオプションとしてバスで30分ほど離れたジャクソンホールから、グランドティトンを見ながら星空撮影をしました。
 今回の旅行で私の荷物は目一杯になっていたので、三脚や予備のカメラや防寒着も一切無しでやって来ました。
 このあたりでは夜には気温が10℃を割ってきまして、風が吹くとめちゃ寒いのでした。
 仲間からウインドブレーカーを借りてなんとか撮影できました。
 また、三脚がないので、カメラは地面置きで、セルフタイマーやカメラ内部のインターバルタイマーで撮影しました。

 グランドティトンの山並みに沈んでいく星たちです。まだ、薄明中です。
 カメラがじわっと動いているので、星の日周運動が歪んでいます。
 シリウスコンプで比較明処理をしています。
18951947output_compw800

 ステライメージ8で自動コンポジット処理を行い、ガイド撮影のように見えています。
 11枚の画像をコンポジットしています。
 右側がピンク色になっているのは薄明が残っているためと思いますが、左側が赤茶色いのは車のヘッドライトでしょうか。
19271936stellaimage81tonehdr08w800

 ちょっと色を抜いたHDR処理をして見ました。
19271947output_comphdrodoodotonew80

 最後にカメラを天頂向きに地面に直置きし、撮影、中央にこと座のベガが写っています。
 星がいっぱい写って嬉しいのですが、この画像からはどこで撮したのかがわからないのが残念です。
 ステライメージ8で11枚の画像を自動コンポジットしていますが、歪んだフィッシュアイレンズの日周運動は拾いきれないようで、端の方は少し流れています。
19912001stellaimage2tonehdr04w800

 ニコンD600 ISO6400 露出25秒~30秒 シグマ対角線フィッシュアイ 15mmF2.8 Lee のぼかしフィルター№3を使っています。

 Nik Collection の HDR 処理を多用しています。

 普段、日本で見ているのより約10°ほど緯度が高いだけで、変わり映えしないと思っていましたが、グランドティトンの山並みに沈む星たちを見て、星見に来て良かったと思いました。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧