画像処理

WinJUPOS Derotation 12.3.2 2024/02/17

 Derotationの処理が大きく変わったとの連絡をMizumotoさんからいただいたのでテストしてみました。
 どうやらDerotationのタイムスパンが長くなったときの処理が進化したらしい。
 2023年11月23日の木星画像でテストしてみました。
 効果が大きかったのは私のLRGBで撮影しているカラー画像はモノクロ L 画像の前後に撮影しているので中抜けデータになっていて、Derotation処理をするとリムに時間差分の不一致が現れ、トーンジャンプのようになって不自然なリムが生じていました。
 それが、今回のバージョンアップで境目が分かりにくいスムーズな合成となっています。
 70分間に得られた6枚(前-中-後)のカラー画像をDerotationしています。(画像をクリックすると動きます)
Winjuposderotation1227vs1232c

 撮影が連続しているデータでは大きな効果は無く、少しスムーズになった程度でした。

| | コメント (0)

1月19日の木星をまとめムービーにしてみました。 2024/02/15

 1月19日のベランダリミット最後の木星をまとめムービーにしています。
 衛星Ioが木星の背後に隠れるところも見ることができます。
 ZWO ASI 662MC カラーカメラのみでの撮影です。


| | コメント (3)

AUTOSTAKKERT!4beta のテスト 2024/02/03

 AUTOSTAKKERT!4beta版は現在 4.0.11まで進んでいます。
 で、少しテストをしてみました。
 1月11日に撮影した木星をできるだけ同じようにスタックし、ウエーブレットまで掛けています。
 大きなサイズはこのブログでは苦しいので小さくカットしています。
 中央付近のSEBあたりです。
 AP設定の Multi Scale の結果が普通では無かったので、それも付け加えています。(画像をクリックするとGIFアニメになります)
202401110848_5rbl17_z

 大きな画像はホームページの方に上げました。
http://rb-star.la.coocan.jp/autostakkert4beta.html



| | コメント (0)

1月13日の冬シーイングの木星をまとめムービーにしてみました。 2024/01/23

 シーイングが悪くてディテールが捉えていない木星ですが、まとめムービーにしてみました。
 最悪では無いものの、大揺れの木星でした。



| | コメント (0)

1月19日木星GIFアニメ 2024/01/20

 昨夜の木星でDerotationした14枚の画像をGIFアニメにしてみました。
 原寸だと画像容量が大きくて、このブログでは難しいので縮小しています。
 画像をクリックすると動くはずです。
 衛星は大きい方(上)がIoで、小さい方(下)がEuropaです。
Kmj202401190518w02

| | コメント (0)

12月27日(UT)の木星をまとめムービーにしてみました。 2023/12/31

 年末続けて晴れましたが、大赤斑を中央近くに捉えた12月27日(UT)の木星をまとめムービーにしています。
 シーイングはさほど良くありませんが、画像処理をするとそこそこのディティールが出てきました、画像処理ソフトのおかげですね。



| | コメント (0)

土星のスポーク探し 2023/12/06

 12月2日に撮影した土星はB環になんとなくスポークが見えるのではないかと思っていたので、強調処理をして確かめてみました。
 結果、思っていたのより小さな斑点が見つかりました。
 約5分間の移動で往復のGIFアニメにしています。(画像をクリックすると動きます)
 撮影本数はもっと多かったのですが、写りが悪いものはノイズが目立つので、写りの良かった4画像で動かしています。
 衛星テチスの動きの方が良く分かります(笑)
202312020902_80907_9d

| | コメント (0)

11月21日の木星をAUTOSTAKKERT!4.0.5で再処理 2023/11/27

 ベランダ望遠鏡復帰後1週間がたったのですが、撮影できた中で復帰後最初の木星が一番シーイングが良かったモノですから、これをAUTOSTAKKERT!4.0.5beta版で丁寧に再処理をやってみました。
 相変わらず、Normalize Stackにチェックを入れると真っ黒い画像が出てきます。
 もう一つ見つかりました。複数の動画を一括で処理した後、APやAPボックスサイズとかだけを変更して再度スタック処理すると、1番の動画のスタックが上手く行かず、繋ぎ目破綻の様な画像になってしまします。2番目以降は普通にスタックされます。
 複数のファイルを再読み込みするとこの現象は起きません。推測するに、連続してやると、複数ファイルの最後のファイルデータが持ち越され、最後のファイルのデータで最初のファイルが処理されるため、上手く画像が出てこないのではないかと考えます。
 テなことがありましたが、何とかできました。
 フルサイズで上げておきます。
Kmj2023112111h13mutas405

 メモリーも順調に動いて、いっぱい使われてパソコンは動きました。

| | コメント (0)

11月21日の木星、22日の土星をまとめムービーにしてみました。 2023/11/24

 11月21日の木星、22日の土星をまとめムービーにしています。
 デジタルノギスの読み取りもちょこっと入れました。



| | コメント (0)

AUTOSTAKKERT!4 beta版 2023/11/22

 この11月に入って惑星スタックソフトの定番、AUTOSTAKKERT!4のbeta版が公開されています。
 4.0.4が今の最新で、少し試してみました。
 さしあたり私の環境では、スタック時のオプションの一つである「Normalize Stack」にチェックが入っていると、真っ黒けのデータが排出されました。
387

 昨夜の木星を3と4で比べてみました。
 処理条件はほぼいっしょですが完全に同じではありません。
 スタック後、Registax6でウエーブレットを掛けています。
 4の方が少し良いように見えます。
3vs4

 昨夜の木星の報告画像はAUTOSTAKKERT!3で処理しています。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧