« FireCapture の 日食用のScript 2024/03/20 | トップページ | 日食用ドブソン木工作 2024/03/24 »

日食ドブ 2024/03/22

 いつも?日食に行くときは、望遠鏡でコロナを見ようとそれなりの望遠鏡を持っていくのです。
 ここのところは口径20cmのドブソニアンを旅のお供に連れて行ってます。
 前回の2017年も持っていったのですが、最低限を残してそれ以外を現地で廃棄して軽くなったスーツケースにお土産を入れて帰ってきたのです。
 つまり、今回は光学系などは残っていますが、ドブソニアンの架台などはないのです。で、作り始めました。
 アルミの角パイプをホームセンターで購入し、焦点が合うのかをチェックです。
 架台などは未だ未だです。
P1390150w800

 皆既中はソーラーフィルターなどは要らないのですが、事前に部分食を楽しんだり、ピント合わせと確認したりするのにはソーラーフィルターが必要です。
 今回テストしていて、ソーラーフィルターのフィルムをちゃんと平坦に張らないといけない事が良く分かりました。
 特に口径が小さいモノは適当に張ってシワだらけだったのですが、これではピントが合わないぐらいにぼけることが分かりました。
P1390166w800

 6cmのミニボーグですが、ソーラーフィルターをそこそこ綺麗に張って何とか太陽らしく黒点も写りました。
202403220304_0rlsun_exposure1msw800

 あと2週間で出発です(汗)

|

« FireCapture の 日食用のScript 2024/03/20 | トップページ | 日食用ドブソン木工作 2024/03/24 »

北米日食2024」カテゴリの記事

コメント

おはようございます、黒田です。日食準備を着々と進めておられますね。
ミニボーグでの太陽像もいいですね。先日のブログでアップされたFireCapの撮影画面で設定を盗み見しようとしたのですが、私の目では判別不能でした。よかったら、また見せてください。
フィルターのシワですかー。私、いいかげんなことしていました。ピント不調は、そこにも原因があるように思います。
フィルターをはりつけられる台の色は黒が良いのでしょうか?

投稿: 黒田瑞穂 | 2024年3月23日 (土) 08時52分

黒田瑞穂さん こんばんわ
 日食まで日が少なくなって焦ってごたごたしています。
 今回のテストでソーラーフィルターはできるだけ平坦に張らないといけないのが良く分かりました。
 小口径でも影響が大きいようです。今まで小口径はテキトーにしていました。
 口径が大きい時はいつもプラダン(プラスチックダンボール)の黒を使っています。
 これの凄いところは太陽に向けて熱を受けると、もの凄く膨張して、緩やかに張っていた(シワもある)ソーラーフィルターがピーンと張って鏡のようになるのです。
 今までの経験ではこのプラダンの黒が最高でした。
 FireCaptureの設定はゲインを落として高速シャッターだけです。

投稿: RB星 | 2024年3月23日 (土) 20時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« FireCapture の 日食用のScript 2024/03/20 | トップページ | 日食用ドブソン木工作 2024/03/24 »