« 2023年11月 | トップページ | 2024年1月 »

2023年12月

12月27日(UT)の木星をまとめムービーにしてみました。 2023/12/31

 年末続けて晴れましたが、大赤斑を中央近くに捉えた12月27日(UT)の木星をまとめムービーにしています。
 シーイングはさほど良くありませんが、画像処理をするとそこそこのディティールが出てきました、画像処理ソフトのおかげですね。



| | コメント (0)

木星 2023/12/29-30

 天気予報では晴れでも昼間は雲の多いそらで、今日もまた夕方から晴れ間が広がってきました。
 地上はほぼ無風ですが、北西からのブヨンブヨン気流がゆっくりと流れ、時には波動砲のようないっきに木星像を膨らませる乱高下の激しいシーイングでした。
 ただ、リムが伸び縮みする気流は少なめで、画像処理結果はまずまずとなりました。
Kmj2023122909h15mut

 大赤斑がこちらに向かって来ているのですが、ベランダリミットでこれが限界です。
Kmj2023122909h34mut

 ともかく、大赤斑がこちらを向いていることはイイことです。
P1360846w800

 今年も後少しです。

| | コメント (0)

木星 2023/12/28-29

 夕方までは雲の多いお天気で、夕方から晴れてきましたが、準備中は未だ未だ雲いっぱいでした。
 風もなく穏やかそうなお天気でしたが、シーイングは相変わらず乱高下が激しく、ピント合わせにも苦労でした。
Kmj2023122809h05mut

 天気予報は晴れ予想なので雲が多くても準備です。
P1360817w800

 続けて晴れていますが、このシーイングなんとかして欲しい。

| | コメント (0)

木星 2023/12/27-28

 昼間は雲が多く、夕方から晴れてきたのですが18時ごろまでは北から雲が流れてきてシーイングも悪く、折角大赤斑がこちらを向いているというのに気合いが入りません。
 18時を過ぎたころから雲が少なくなり、シーイングも乱高下があるモノの、まずまずのタイミングもありました。
 衛星エウロパが通過中でしたが、ややこしいので外へ出てからの画像処理です。
Kmj2023122709h12mut

 透明度も悪く雲も多く、こんな時はシーイングも良くならないですね。
P1360796w800

 年末モードになりましたが、どこまで行けるでしょうか。

| | コメント (0)

木星 2023/12/26-27

 天気予報では夕方から晴れなんですが、雲も多く、じわっと寒い。
 雲間から木星が見えたので準備し、覗いてみましたが、かなりシーイングが悪くピントが合わない。
 また、ここの所光軸が微妙に変わるので、木星の衛星で光軸合わせにしばしの時間を費やしました。
 そのうち晴れ間が広がってきたので撮影。
 シーイングは乱高下が激しいですが、時折静かなときもあり、写りは、このシーイング下ではまずまずとなりました。
 特に目立った模様は無いですが、SEBの南側に穴あき暗斑が並んでいます。
Kmj2023122609h18mut

 撮影装置も、そろそろ手摺りにぶつかる時間が近づいて来ました。
P1360774bw800

 むちゃくちゃ寒いわけではないのですが、薄ら寒い・・・

| | コメント (0)

木星 2023/12/25-26

 夕方までは雲が多かったのですが、夕方から晴れ間が広がってきました。
 最初、大赤斑が見えているので、撮影を始めましたが、雲がやって来て中断、その後、雲が移動していって撮影しましたが、大赤斑は端っこになってしまいました。
 シーイングは乱高下がありましたが、写りとしてはままずまずになりました。
Kmj2023122509h16mut

 寒波は緩んできたのですが、なかなかシャキットとは行きませんね。
P1360724w800

 ベランダリミットまでもう少しですが、年は越せそうです。

| | コメント (0)

星の広場冬季例会 2023/12/24

 世の中クリスマスイブだというのに星の広場は関係ない?と例会が大阪なんばで開催され参加してきました。
P1360567w800

 発表の最初はAkitaさんの2023年後半の天文現象を撮影されたいろいろです。
P1360483w800

 Yonezuさんのタイムラプスの撮影について。
P1360489w800

 Suganoさんの南小田天体観測所の顛末いろいろ。
P1360506w800

 Kamoさんの2023年の彗星いろいろ、紙ベースです。
P1360512w800

 Hasuoさんの τ HER流星群観測道中記。
P1360526w800

 Tsumuraさんの彗星いろいろ。
P1360543w800

 記念写真です。
P1360571tone2cw800

 で、やっと忘年会でした(笑)
P1360673w800

 楽しく呑みすぎました・・・m(_ _;)m 

| | コメント (0)

木星 2023/12/23-24

 三日連続で晴れました。
 寒波は峠を越えて、地上の強風はなくなりました。
 昨夜より3度ほど気温は上がり7℃台で、ややら苦になりました。
 上空の気流は主に低層で北や北西からのメラメラ気流が主体で、時折大ボケがやって来ていましたが、撮影の最後の方で急にシーイングが良くなりましたが、真ともなのは8本中の1本だけでした。
 多少ましなのをブレンドしてまとめてみました。
Kmj2023122309h24mut

 ここの所、月の移動が少ないのか木星と月のランデブーが続いています。
P1360414w800

 もう少し安定してシーイングが良くなって欲しいところです。
 

| | コメント (0)

木星 2023/12/22-23

 今季最大の寒波が続いていますが、シーイングは昨夜に比べて少し良くなりました。
 大ボケはないのですが、相変わらずよく揺れており、伸び縮みもあってスタックはかなりの繋ぎ目破綻を生じました。
 大赤斑が良く見える位置なのでひたすら撮影です。
Kmj2023122208h58mut

 シーイングは不安定で、最悪では無いもののディテールはもひとつです。
Kmj2023122209h17mut

 大赤斑が中央付近なので、長目のDerotationでがんばしましたが、もひとつでした。
Kmj2023122209h41mut

 月と木星のランデブー。
P1360348w800

 撮影中は4℃台で終わるころには3℃まで下がりました。

| | コメント (0)

木星 2023/12/21-22

 今季一番の寒波がやって来ました。
 昼間は堺でも雪がちらつき、おーさむです。撮影開始時には5℃台でしたが、終了時には3℃台まで下がりました。
 夕方から低い雲が切れ始め、木星が見えていますが、シーイングも冬、おーさむです。
 目立った模様は無いのですが、SEBのバージ(赤っぽい斑点)の南側(上側)がもっこりと膨らんでいるのがシーイングが悪くても気になりました。
Kmj2023122108h56mut

 今夜は木星の側に月が煌々と輝いていました。
P1360285w800

 ベランダリミットになるまでに、もー少し良いシーイングが欲しい。

| | コメント (0)

木星 2023/12/17-18

 本格的な寒波がやって来て寒い。
 昼間はテニスをしたのですが、手は悴むし、ボールは跳ねないし散々でした。
 夕方のは5℃台に下がり、寒風で望遠鏡は揺れて木星が画面からはみ出すし、かなり厳しい。
 シーイングも期待はしていませんが、先日の熱風よりは良好でした(笑)
 大赤斑が見えている経度でがんばるしかありません。
Kmj2023121709h45mut

 撮影の開始は5℃台でしたが、終了時には4℃台まで下がっていました。
P1360234w800

 ベランダリミットが近づいているので、撮影時間帯を選んでいる余裕はありません。
P1360237w800

 ホントに寒く、ダウンを着て冬装備での撮影でした。

| | コメント (0)

木星 2023/12/15-16

 明け方まで雨が降り、昼間は季節外れの熱風が吹き、気温は20℃を超えて異常。
 夕方から雲間が広がり木星もできそうになったので慌てて準備。
 しかし、シーイングはほぼ最悪、地上では東からの生暖かい風が望遠鏡を揺らすぐらい吹き、西からは低い雲が走っていました。
 カラーカメラで2本撮影してると雲がやって来て、モノクロを撮し始めるとほぼ雲だらけになってしまいました。
 大赤斑が見えているのでがんばりましたが、まぁ~酷い。
 カラーカメラ2本分の画像です。
Kmj2023121508h22mut

 夕方晴れ始めたころは穏やかそうに見えたのですが。
P1360105w800

 夕焼け雲の中を飛びジェット機雲です。
P1360130w800

 束の間の晴れ間でした。
P1360205w800

 折角、大赤斑が居るのに・・・

| | コメント (0)

電気ブザー 2023/12/14

 団地の大規模修繕も終わりが近づいているのですが、他の多くに皆さんのところは玄関にテレビカメラ付きインターフォンを付けられていて、これを機会に新しいテレビカメラインターフォンに更新されています。
 ところが我が家はその気なく、50年前、建築当初の玄関ブザーでやって来ています。歳寄りの耳にはチャイムなんぞよりブザーの方が良く聞こえるです。
 そう、我が家は50年前の玄関ブザーで生きているのでした。
 でも、今回、多くの最新式の映像付きインターフォンになっているのを見て、遅ればせながら我が家も新しいシステムに替えようか、と機運が高まってきました。
 そこで、50年前の玄関ブザーの配線がどんなかな~と調べてみたのでした。
 ボリューム付きのブザーで、その当時としてはハイカラでしょうか?
P1360008w800

 外へ引き出してみると、硬い単線がとりついています。どうやらAC100V仕様のようです。
 玄関の押しボタンスイッチにも、ごつい単線が取り巻いていました。
P1360016w800

 イメージとしてはスピーカーが付いている電子ブザーを考えていたのですが、考えは甘く、AC100Vで動く理科実験で使うような電気ベル(電磁ブザー)だったのです。
 音量を調整するボリュームは可変抵抗器ではなく、振動板を直接押して音量を変えるモノでした(凄い!)。
P1360036w800

 新しくする映像付きインターフォンには、既存配線を使わないワイファイ無線タイプもありますが・・・。
 ネットで、この電気ブザー(電磁ブザー 松下電工製)を探しても見つからなかったので、おもしろがってここに上げてみました。
 50年は大昔のようです(笑)

| | コメント (0)

木星 2023/12/13-14

 我が家にいるときに、ようやく晴れました。
 Windyでは夜に入れば気流が収まってくるようでしたが、地上の風はほばなかったですが上空はモヤモヤボケボケでありました。
 本のたまに模様が見える時もあるのですが一瞬でした。
 夕方早めに大赤斑が見えているので何とかアタック。
Kmj2023121308h49mut

 2ショット目は木星の高度も上がってシーイングが良くなるかと思ったのですが、よくならズでした。
 どちらの木星も無理矢理感満載です。
Kmj2023121310h43mut

 木星のベランダ時間が早くなってきて忙しいですね。
P1350977w800

 ベランダリミットが近づいているので、撮影できるのは後少しです。

| | コメント (0)

月惑星研究会関西支部山科例会 2023/12/10

 月惑星研究会の関西支部の例会が山科であり参加してきました。
 前回の例会は人数少なく寂しかったのですが、今回は二桁です!
P1350868w800

 各自近況報告並びに自己紹介の後、Adachiさんによる木星面近況。
P1350871w800

 土星近況。
P1350872w800

 Inoueさんから11月15日の木星面インパクト、木星閃光の報告。
P1350877w800

 Moritaさんからはビームスプリッターを使用した、モノクロカメラとカラーカメラの同時撮影装置の自作報告。
P1350881w800

 今回もAI画像処理について、月惑星研究会の対応の現況報告がありました。
P1350888w800

 Adachiさんからムードン天文台で公開されている古い火星画像からマップを作るお話がありました。
P1350890w800

 記念写真です。
P1350892bw800

 終了後は忘年会です。
P1350894w800

 2日続けての呑み会は楽しかったですが、少し疲れました(笑)

| | コメント (0)

深井会 in 室生 2023/12/09-10

 深井会のメンバーで奈良にある共同観測所、室生観測所の見学会並びに祝賀会をしました。
 みんなで室生鍋、IHヒーターを持ち込んで乾杯です。
Yamada_n

 メンバーのYamadaさんは今年2回目の木星インパクト(11/15)をキャッチされました。
 Kiharaさんは星ナビ2024年1月号の表紙に「すばる」が採用されています。
P1350852w800

 私は宴会参加だけ(笑)でしたが、他のメンバーはちゃんと星空も撮影されました。
 Kiharaさんの作品です。
Kihara_nb

 なんとチャリで室生観測所まで登ってきたKanazawaさんの作品です。
Kanazawa_n

 夜空が明るくなってきた室生ですが、こうやって撮されると、未だ未だ捨てたもんではないですね。



| | コメント (0)

木星 2023/12/08-09

 穏やかそうに晴れたのですが、シーイングは期待どおりに上がらずでした。
 眼視で覗いたときは昨夜より少し良いかと思ったのですが、撮影すると全然でした。
 20本ほど撮影した中で辛うじて見ることができるのがカラーカメラの2本だけでした。
 それぞれ1ショットずつをこねくり回して仕上げてみましたが、無理矢理感満載です。
 1ショット目は大赤斑が見えるのでこれしかありません。
Kmj2023120809h31mut

 2ショット目は、この日で一番ですが、ここまででした。
Kmj2023120811h01mut 

 眼視では一瞬期待したのですが・・・モニター上ではボケがほとんどでした。
P1350814w800

 なかなか難しいですね。

| | コメント (0)

木星 2023/12/07-08

 昼間はかなりの風が吹き、不安定な天気でしたが、夕方から風もなく良く晴れました。
 寒冷前線の通過後で、シーイングは期待していなかったのですが、その通りで、低層はは北から、中層高層は北西よりの気流が流れ、木星はアメーバー状態でしたが、言っても始まらないので撮影。
 大赤斑の前にいる永続白斑BAですが、良く分かりません。
Kmj2023120711h05mut

 12月に入って我が家は大掃除などいろいろ、窓も綺麗になっていつもと違う北東側からのC14です。
P1350716w800

 季節外れの黄砂がやって来てるらしい。

| | コメント (0)

土星のスポーク探し 2023/12/06

 12月2日に撮影した土星はB環になんとなくスポークが見えるのではないかと思っていたので、強調処理をして確かめてみました。
 結果、思っていたのより小さな斑点が見つかりました。
 約5分間の移動で往復のGIFアニメにしています。(画像をクリックすると動きます)
 撮影本数はもっと多かったのですが、写りが悪いものはノイズが目立つので、写りの良かった4画像で動かしています。
 衛星テチスの動きの方が良く分かります(笑)
202312020902_80907_9d

| | コメント (0)

木星 2023/12/04-05

 夕方からは良く晴れて風も収まってきたのでシーイングも少し期待したのですがダメでした。
 北西からの気流でアメーバー状態、10本のLをキャプチャしたのですが、間ともぬスタックできず、半数が繋ぎ目破綻で、それらしく写っていたのは1本だけでした。
 1本の画像を無理やりあれやこれやして、やっとこさの木星でした。
 NEBsにフェストーンになってない連車型?の模様が見えていてやや面白い(笑)
Kmj2023120411h11mut

 昼間は陽射しがあってまだまあ市だったのですが夜に入るとどんどん気温が下がってきて、夕方は10℃を超えていましたが、撮影の終わりには7℃台になっていました。
 ベランダリミットが木星は20時半ごろになっていますので、なかなか忙しい。
P1350642w800

 シーイング良く晴れて欲しいところです。

| | コメント (0)

土星、木星 2023/12/02-03

 なかなかまともに晴れないし、気流の悪そうな晴れ間はパスしてると今日になってしまいました。
 土星はまずまずのシーイングでそこそこ写りました。
 衛星は暗いので少し持ち上げていて、正しい輝度ではありません。
Kms2023120209h11mut

 木星は土星よりシーイングが悪く、まともに模様の見えない時間も多くてもひとつです。
 衛星エウロパが通過していますが、Winjuposによる衛星補正が上手く行かず手動です。
Kmj2023120211h31mut

 夕方は思ったより雲が多く、土星撮影中は雲が流れてきました。
P1350590w800

 やっぱり冬ですね。

| | コメント (0)

« 2023年11月 | トップページ | 2024年1月 »