« 2023年4月 | トップページ | 2023年6月 »

2023年5月

木星の立体視 2023/05/31

 ステレオ視のことで、最初に断っておきますが、私は平行法しかできないので交差法への配慮はありません。交差法でどう見えるかは全く分かりません。

 景色などを少し位置をずらした2台のカメラで撮影された画像を見ると、カメラ位置による視差、僅かにずれた2枚の画像を人間の眼で見ると視差を把握した眼と脳が立体的な映像をそれぞれの頭の中で合成して、奥行き、距離感のある映像を脳の中で合成してくれます。
 木星の場合、視差の代わりに時間をずらして撮影した2枚の画像で、自転による模様の移動を視差に置き換えて脳が処理してくれるので木星が立体的に見えてきます。
20221111jupiteraw1600

 上記の木星像は30分ほどの時差があるので、移動量が大きすぎてリムでそろえようと見ると見にくいですが、大赤斑で重ねて見ると立体的に見えてきます。
 次の画像は少し拡大トリミングしています。
 同じように大赤斑で揃えて見ると木星面の模様によって奥行き、距離が違って見えてくると思います。
 ステレオ視はかなりの慣れが必要なので、できる人は簡単ですが、できない人は何時まで経ってもできないかも知れません(笑)
20221111jupiterbw1600

 で、3D(立体)を2次元で表す方法をいろいろ考えたのですが、私の力では無理で、少しインチキですが偽物の影を挟んで、段々に見える木星を表現してみました。
 実際、影は見えませんし、存在しませんので違いますが、上記の木星像を立体視するとこんな雰囲気かなとのイメージです。
20221111bjupiter

 注意深く木星の立体視を見ると、この段々姿は自転の移動量の違いではないかと思えるのです。
 木星に見えている模様は雲の模様で、ベルトやゾーンによって概ねの速度が与えられており、赤道帯付近で体系Ⅰ、大赤斑のある中緯度以高で体系Ⅱで表されています。
 しかし、細かいことを言えばベルトやゾーン毎に速度が違っています。
 下画像、月惑星研究会のTabeさんの報告で見ると、それぞれの気流速度の違いが良く分かります。
 そして、気流速度の違いがステレオ視すると、視差に置き換えられて「段々」に見えているのではと思います。
Jupiterwinds

 下画像はランダムドットによるステレオグラムで、平行法で見ると大きな円形の穴の中に円錐が見えるのですが、円錐や穴に影は見えません。
 ネットからお借りしてきました(ありがとうございます)。
http://www.psy.ritsumei.ac.jp/~akitaoka/stereo2.html
Copyright Akiyoshi.Kitaoka 2006 (August 19)
Stereocone01

 ステレオ視で木星を見ると、大赤斑や模様が立体的に見えたりもしますが、本物ではないと私は思います。
 僅かな風速の差を立体に置き換えてくれている、逆に言うと風速を立体視で測定できるのではないかと考えたりしています。

  ただ、立体視の客観的証明はできないといわれています(笑2)

| | コメント (0)

5月16日(UT)の土星をまとめムービーにしてみました。 2023/05/19

 5月16日(UT)の土星をまとめムービーにしています。
 地上では熱風とは思わなかったのですが、北西からのメラメラ気流で土星は波打っていました。
 この日の昼間は夏日を超えて真夏日になったところもありました。
 動画で見るシーイングはなかなかリアルです。



| | コメント (0)

土星 2023/05/16-17

 今シーズン初の土星です。
 未だ未だ明け方低いのですが、天気も良さそうなのでチャレンジでした。
 急激な気温上昇もあり、シーイングがどうか心配でしたが、何とかまとまる気流でした。
 ただ、環は波打っており旗めいていたので、ディティールまでは辿り着かずでした。
Kms2023051619h02mut

 久しぶりのC14登場ですが、ベランダのミニバラもいっぱい咲いております。
P1310034w800

 透明度はも一つで、さそり座のアンタレスや土星が辛うじて私の眼で見えるもやっとした空でした。
P1310083w800

 夜明け近くに撮影のために起きるのは久しぶりなので、睡眠?が難しい(笑)

| | コメント (0)

天ガとアサリなどなど 2023/05/05

 ややこしいタイトルですいません、世の中ゴールデンウイークで賑やかですが、毎日日曜日としては盛り上がりに欠けております(笑)
 曇りそうで曇らない天気の中、天ガ6月号を買いにさんぽです。
 表紙は、先日の4月20日オーストラリアで見られた皆既日食のコロナ映像です。
 驚くのは通常で言えば原稿ぎりぎりのタイミングでしょう、凄いとしか言えませんね。
P1300995w800

 オーストラリア日食は私は留守番でしたが、オーストラリアに行った星仲間のIsobeさんから撮影したデータを貰って画像処理してみました。
 行っていないのでも一つの感動とできあがりですが、ここに上げさせてもらいます。
Isobe205rg2w800

 話は変わって、今日はいろいろ買い物しましたが、途中にあるースーパーで旬のアサリを探しました。
 産地偽装でここのところスーパーから消えていることが多かったアサリですが、今日は愛知産を見つけました。
 しかし、びっくり!ムチャ小さいアサリが入っているではありませんか。
 愛知産はここのところ不漁が続いているのだそうです。
 一度は諦めたのですが、3軒目のスーパーで少し安く愛知県産が売られていたので、まぁ、イイかで購入しました。
 でも、ホントに小さいのが混じっています。
P1300985w800

 何とか酒蒸しにして美味しくいただきました。
P1300991w800

 明日はテニスでがんばします(笑2)

| | コメント (0)

若菜祭 2023/04/29-30

 奈良にある共同観測所で、開所にちなんで始まったイベントですが、新型コロナの影響でしばらくお休みしていましたが、久しぶりに開催し集まりました。
P1300818w800

 さしあたりBBQで久しぶりの乾杯です。
P1300836w800

 午前中はひざしもありましたが、だんだんと雲が厚くなり雨も降って来ました。
 観測所のメンテの一つで、ドームを洗って汚れ取りをしてぴかぴかの白いドームになりました。
P1300906w800

 夜中は時折豪雨でしたが明け方には小降りとなり、煙った観測所周りです。
P1300926w800

 あと5年ほどで50周年を迎える観測所ですが、いつまで続けられるか心配なところではあります。
 みんなといっしょにぼちぼちガンバです。

| | コメント (0)

« 2023年4月 | トップページ | 2023年6月 »