« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »

2020年12月

12月26日(UT)火星のまとめムービー 2020/12/31

 シーイングの良かった12月26日(UT)の火星をまとめムービーにしてみました。
 冬場のシーイングの中で一番良かったシーイングです。
 それでもかなり揺れています。
https://youtu.be/mPOPQdvr898
Mars00


| | コメント (0)

火星 2020/12/29-30

 日本の周りは雲だらけでしたが、夕方にちょうど晴れ間がやって来ました。
 ベランダリミットが厳しいので、薄明中に近赤外から始めることにしました。
 ところが最後のLRGB撮影のころに雲がやって来て、ぎりぎりになってしまいました。
 シーイングは昨夜より若干ましですが、ブヨブヨアメーバ状態で、細部は写らずでした。
Kmm2020122908h34mut

 薄明中から導入するにはファインダー捜索ですが、なかなか難しい。
P1060451w800

 明るい間は近赤外撮影です。
P1060462w800

 暗くなってきたときには雲!
 LRGB撮影は途中で終わってしまいました。
P1060479w800

 日本の周りには雲がいっぱいです。
P1060481w800
 残り時間は少ないのに、雲は意地悪ですね(笑)

| | コメント (0)

火星 2020/12/28-29

 穏やかそうに夕方から晴れてきたのですが、シーイングは良くありません。
 特に北から流れてくる雲は、火星に近づくとモーレツに悪化、遠ざかっても元の良くないシーイングに戻るまで随分と時間がかかりました。
 画像処理は無理矢理感いっぱいですが、どうしようもできません。
Kmm2020122808h33mut
 一番イイ火星の景色なんですがね。

| | コメント (0)

12月26日火星大きい版 2020/12/27

 12月26日(UT)の火星の大きい版です。
 Autostakkert!3のDrizzle1.5xで拡大スタックした画像で処理をしています。
 シーイングが良いと、大ボケしなくて大きく見えると見映えがします。
Kmm2020122608h33m_ut_l_dz15x

| | コメント (0)

火星 2020/12/26-27

 夕方から良く晴れて、シーイングも冬型の気流になってから一番良好でしょうか。
 視直径が11秒角になって、ホントに小さくなってきました。
Kmm2020122608h33mut
 大シルチスが見えてきましたが、全体像を見てみたいですね。

| | コメント (0)

火星 2020/12/25-26

 ほぼ晴れてきたのですが雲が多く、雲を避けながらの撮影でした。
 シーイングは良くありませんでしたが、画像処理をするとなんとか火星らしくなりました。
 キャプチャ中はここまで出るとは思えないシーイングでした。
Kmm2020122508h44mut
 18時20分にはリミットが来るので、だいぶ苦しくなってきました。

| | コメント (0)

12月22日(UT)の火星まとめムービー 2020/12/25

 12月22日(UT)の火星をまとめムービーにしてみました。
 冬場としてはまずまずのシーイングでしたが、動画を見るとかなり振動しています。
https://youtu.be/D4F5sdyffAg
Mars2


| | コメント (0)

イヴ 2020/12/24

  我が家のイベントもなくなって久しいイヴの夜。
 娘が買ってきたケーキでそれらしくなりました。
P1060406w800

| | コメント (0)

木星と土星の大接近ムービー 2020/12/23

 12月21日の木星と土星の大接近をムービーにしてみました。
 ZWO ASI462MCでキャプチャーしたモノを並べただけなので、もひとつですが記念です。
https://youtu.be/-xGyngjOJXI
Jupsat20201221


| | コメント (0)

火星 2020/12/22-23

 夕方から雲が多くなり、全体的にもやっとしてましたが、シーイングはまずまず良好でした。
 全体的にダストの影響が残っているのか微妙に模様が違うようです。
 サバ人の湾が途切れているとか、エドム岬の先が明るいのは反射でしょうか。
 さすがに小さくなってきたので、これぐらいシーイングが良くないと判断が難しいですね。
Kmm2020122208h47mut
 木星と土星は眼で見ただけで終わりました。

| | コメント (0)

木星と土星の大接近 2020/12/21

 南西の空に低くなった木星と土星が約400年ぶりの大接近です。
 我がベランダからは南西のマンションの影になるのですが、辛うじて沈む前にマンションから姿を現すことが分かったので、記念撮影しました。
 残念ながらC14は無理で、ミニボーグの60EDとZWO ASI462MCで撮影、テスト撮影せずにぶっつけ本番で、失敗しながらもなんとか記録することができました。
 木星と土星は明るさが違うので、両方を普通に表現するのはかなりの無理があります。
202012210853_0h800w850

 露光を1秒にして衛星を写していますが、木星にはガリレオ衛星の他に恒星が1個混じってややこしい(笑)
202012210909_9h800w850

 肉眼でも星は一つにならず、なんとか木星と土星は分離していましたが、土星は木星より遥かに暗く、木星のおまけのようにしか見えませんでした。
 とてもベツレヘムの星には無理だと思います。
P1060381w800

 ベランダの西の端っこにおいて、ぎりぎりでした。
P1060359w800
 準備不足で疲れました。

| | コメント (0)

火星 2020/12/20-21

 夕方から晴れてきたのですが、ベランダからの火星時間に食い込んでおり、雲も流れ、十分な撮影時間が取れませんでした。
 それでもシーイングはまずまずで、キャプチャー中、南極冠がちらっと見えていました。
Kmm2020122009h01mut
 小さくなりましたね。

| | コメント (0)

火星 2020/12/19-20

 大寒波中、夕方から晴れてきましたが、シーイングは最悪。
 耐性の強い赤外のみ、何とか火星像になりました。
Kmm2020121908h59mut
 寒いし、酷いシーイングでした。

| | コメント (0)

12月11日の火星まとめムービー 2020/12/18

 12月11日(UT)の火星をまとめムービーにしてみました。
 雲の隙間でシーイングもそれほど良かったわけではないのですが、画像処理をするとディティールが出てきました。
https://youtu.be/OLJ-dcftNvs
Ut

| | コメント (0)

三日月と木星と土星が並んだ 2020/12/17

 南西の空低く、接近中の木星と土星に三日月が参加して並んでいました。
 我がベランダからは南西のマンションに隠れているので、チャリンコでちょっと遠征して撮影しました。
 さんぽコースの大泉緑地ではなく、体育館や陸上競技場のある金岡公園です。
 雲が多いものの晴れ間もあり、なんとか撮影できましたが、コンパクトデジカメの手持ち撮影ですから、美しさはも一つです。
P1060154bw800

 どうもこのコンデジは感度が上がると色が出ない。
P1060191bw800

 感度が上がるとめちゃノイズの塊にもなります。
P1060235b

 空が暗いわけでもないので、街灯の影響で色が出にくいこともあると思います。
P1060246bw800
 雲間から火星も見えていましたが、今日はお休みです。

| | コメント (0)

火星 2020/12/15-16

 強い寒気が吹き荒れ、鉛色の雲が流れていました。
 夕方から急に晴れ始めて、撮影はできましたが、冬型気流で繋ぎ目破綻のオンパレード、何度かパラメーターを変更してなんとか火星になりました。
 望遠鏡も揺れて火星がフレームアウトするし、宵の口なのに気温は6℃台、とっても寒い。
 画像処理をするとオリンポス山がぽっかり浮かんできました。
 これだけでもがんばした甲斐がありました。
Kmm2020121509h26mut
 いや、ホントに寒い!

| | コメント (0)

火星 2020/12/13-14

 夕方から急に晴れてきましたが、シーイングは最悪に近く良くありません。
 写し初めはまだマシだったのですが、時間とともに酷くなっていきました。
 むりやり火星像を作っている感じですね。
 みんなおぼろげです。
Kmm2020121308h44mut
 本格的な冬に入りそうです。

| | コメント (2)

火星大きい版 2020/12/11-12

 12月11日(UT)のLRGB版が思ったより良く写っていたので、Autostakkert!3のDrizzle1.5xで拡大スタックした画像を処理しています。
 ちょっとモコモコ感はありますが、良く写っていると思います。
Kmm2020121108h25m_ut_l_dz15x_20201213152801  
 良く写っていると楽しいですね。

| | コメント (0)

火星 2020/12/11-12

 昼間はそこそこ晴れていたのですが夕方からは雲が多く流れ、小さな晴れ間というか雲間からの撮影になりました。
 雲から火星が離れているとまずまずのシーイングでしたが、雲が近づいてくると一気にシーイングが悪くなるパターンでしたが、選んでいる時間はありませんでした。
 L画像収得時はまずまずのシーイングで、ディティールが得られました。
Kmm2020121108h25mut

 準備中のC14と綺麗な雲ですが、シーイングは悪そうな雲です。
P1060048w800
 雲間の撮影は焦るし気を使うし疲れます。

| | コメント (0)

火星の永久南極冠の偏芯 2020/12/11

 火星も遠ざかって小さくなっていますが、火星の南極にある極冠も小さくなっています。
 南極冠は偏芯していることで知られていますが、小さくなった永久南極冠が火星の南極とどれぐらいずれているかの画像を作ったので上げました。
 撮影時にはカメラの長辺方向と火星の日周運動をできるだけ揃えることにしていますが、なかなか完璧は無理で、精度はそこそこのアバウトです。
 WinJUOPOSのDerotationするときに正確な極位置が分からないと、模様の自転位置がずれてしまうので、必要です。
 また、大黄雲が発生したときには模様が全く見えなくなると、模様から極を類推することもできません。
 でも、まぁ、ちょっとだけですけどね。
 12月9日の火星画像です。
202012090945_0winjupos

| | コメント (0)

火星 2020/12/09-10

 日中は雲が多かったのですが、夕方から晴れてきて火星時間はほぼ快晴となりました。
 シーイングも多少の乱高下はあるものの、概ねまずまずで、最近の酷い気流に比べると良好でした。
 オリンポス山が赤黒く写り、欠け際の雲?が段々に写っています。
Kmm2020120908h30mut
 これぐらいシーイングが良いと、ディティールもそこそこ写りますね。

| | コメント (0)

火星 2020/12/08-09

 昼間はそこそこイイ天気でしたが、夕方から曇ってきました。
 一般天気予報では晴れなので準備はしましたが、結局、雲間での撮影となりました。
 シーイングは雲が近いとえげつないですが、雲からはなれると若干良くなりました。
 視直径が13秒角と小さくなり、かなり寂しいですね。
 太陽湖がちょっぴり姿を見せています。
Kmm2020120809h01mut
 ベランダリミットが近づいておりますが、後もう少しできるでしょうか。

| | コメント (0)

さんぽ 2020/12/08

 さんぽはいつものことなんですが、今日はメモカメラを持って、いつもの大泉緑地公園へ行って来ました。
 玄関のゴリラさんはクリスマスモードです。
P1050487w800

 12月に入って師走、いちおう冬なんですが、ここは秋の終わりが漂っています。
 ザリガニ池と鷺さんです。
P1050526w800

 紅葉と言えば紅葉ですが、色がパステルです。
P1050544w800

 アオサギとオオバンですが、アオサギは年がら年中、寒そうに見えます(笑)
P1050587w800

 私のさんぽコースで一番遅いもみじの紅葉です。
 陽当たりによって違うのか、緑から赤まで並んでグラディエーションを作っています。
P1050661bw800

 紅葉の写し方はいっぱいあるのですが、何でもかんでもです。
P1050720w800

 もひとつですが・・・
P1050731w800

 私以外にも多くのみなさんがさんぽをされています。
P1050835w800
 次の機会は冬ですが、冬は写真に撮りにくい、スキルがない・・・

| | コメント (0)

火星 2020/12/05-06

 昼間は良く晴れていたのですが、夕方、火星時間になると北から雲が流れてきて、シーイングも最悪。
 辛うじて赤外の火星像のみが得られました。
 無理矢理感以外にありません。
Kmm2020120509h26mut
 ベランダリミットが夕方になってきたので、残り時間は後少しです。

| | コメント (0)

ボジョレヌーボー 2020/12/05

 いろいろなモノを買い出しに出て、つい購入(笑)
 味についてはいろいろあるかもしれないが、世間様の「旬」に染まりたい。
 美味しくいただきました。
P1050475w800
 今年は列車便が騒がれてますが、これは船便です。

| | コメント (0)

火星 2020/12/04-05

 シーイングが悪くて状況の判断が難しい。
 辛うじてと言うか、無理矢理というか火星画像を作り出す状態です。
Kmm2020120409h16mut
 しんどい。

| | コメント (0)

火星 2020/12/02-03

 良く晴れたのですが、シーイングは最悪。
 地上は微風ですが、低層・中層にかけて、北あるいは北西の気流がグチャグチャのグチャグチャ。
 火星はずーっとぼけていて、一瞬たりとも模様がもリムも見えません。
 辛うじて波長が長くて悪気流に耐性のある、近赤外のIR742による火星像だけが得られました。
 これでもコントラストは出ないですね。
 撮影した記録として残します。
Kmm2020120209h23mut
 疲れますね、ホント。

| | コメント (2)

火星 2020/12/01-02

 夕方から良く晴れました。
 早めの時間帯から準備しましたがシーイングは良くありません。
 低層中層と北からの断続的な気流で、殴られたようにボケる瞬間も多く、詳細は難しいところです。
 火星の高度が上がると少し良くなりました。
 黄雲はヘラスから延びているようですが良く分かりません。
Kmm2020120108h32mut
 もう少しシーイングが良いとイイのですがね。

| | コメント (0)

火星の11月黄雲をまとめムービーにしてみました。 2020/12/02

 11月11日に火星で発生した黄雲(ダストストーム)を、まとめムービーにしてみました。
 黄雲はまだ続いていますが、大きな変化は止まったようです。
 5分ほどあります。



| | コメント (0)

« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »