« ラ・フランス 2020/11/18 | トップページ | 火星 黄雲ぼやける 2020/11/18-19 »

火星 黄雲まだ広がる 2020/11/17-18

 夕方少し雲が出ましたが、火星時間はほぼ快晴でした。
 シーイングもこの時期としては良好でした。
 子午線湾がダストで半分隠れていました。
 画像では分かりにくいのですが、ヘラスあたりがぼーっと明るく大きな膨らみを持っていました。
 相変わらず色が難しい。
Kmm2020111708h49mut_20201119152401
 これぐらいのシーイングが続いて欲しいですね。

|

« ラ・フランス 2020/11/18 | トップページ | 火星 黄雲ぼやける 2020/11/18-19 »

惑星撮影」カテゴリの記事

コメント

最近は気流の状態が良いのですが、新月期でしたので自宅で火星を見ることも撮ることなく、RB星さんのBLOGで観察していました。
昨日久々に雲間から撮影出来たらと思って望遠鏡を向けたら、びっくりするほど小さくなっていました。(もう留を過ぎましたからねえ)
全体の模様が見えなくなるわけでは無ければ、黄雲が発生してから毎日変化して面白いですね。
「相変わらず色が難しい。」とありますが、黄雲発生以降から処理を変えましたでしょうか。
南極の南辺りに赤がのって、とてもカラフルな画像になったような気がします。
もう暫くは良い気流状態が続いてほしいです。

投稿: voyager_camera | 2020年11月19日 (木) 14時56分

voyager_cameraさん こんにちわ
 火星は小さくなってしまいましたが黄雲が出ておもしろくなっています。
 色は黄雲色が出るようにとあれこれ触っていますが難しいですね。
 ふだんの火星は自分の火星色でまとめていているのですが、黄雲が出るとやっぱり黄雲は黄雲色にしたいとがんばしています。
 南極周りの赤紫色は水蒸気も無く晴れているところで普通にあるのですが、黄雲が出るとその色対比で良く見えるように思います。
 砂漠のちょっと赤みが入った黄色とは違います。
 B光で見て暗部と重なっているのが分かるかと思います。
 晴れが続きましたが、今日(19日)は曇ってきたのでダメそうです。

投稿: RB星 | 2020年11月19日 (木) 16時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ラ・フランス 2020/11/18 | トップページ | 火星 黄雲ぼやける 2020/11/18-19 »