« 火星 2020/11/09-10 | トップページ | さんぽ 2020/11/11 »

光軸 2020/11/11

 火星の視直径が小さくなってきて左側に移った(南を上にして)二重リムリンギングが目立ってきました。
 視直径が小さくなっても、二重リム・リンギングの幅は変わりませんが、バランスというか対称性が崩れてるというか気になっていました。
 光軸はアイピースを付けて内外像で合わせているのですが、撮影結果は合ってないような気がしていました。
 そこで、惑星撮影システムを通して光軸合わせをしてみました。
 バローレンズ、ADC、フィルターボックス、フィルターホイール、フリップミラー、PCカメラを通してです。
 ベランダの端っこにC14望遠鏡を設置しているので、副鏡の光軸修正ネジを回すには、いちいち筒先をベランダ内に向けなくてはいけません。
 恒星像のモニターを見ながら副鏡光軸修正ネジを回すことができないので、PCカメラのUSBケーブルが付いたまま望遠鏡を振り回すのはなかなか気をつかいます。
 9日夜、火星撮影後に光軸合わせをやってみましたが、火星の方向(通り道)に明るい恒星が無いので、分かりにくくて仕方がありません。
 この日はシーイングも悪かったので、ほどほどで諦めました。
 で、その結果をASI426MCで撮影しました。
 外像ですが、まだちょっとずれてるようですね。
 次の機会にもう少し追い込んでみることにします。
202011091205_7c14outside

|

« 火星 2020/11/09-10 | トップページ | さんぽ 2020/11/11 »

望遠鏡」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
昨夜の火星は如何でしたでしょうか。こちらは20時頃曇り始めてしましました。
光軸調整、あの設置状態でどう調整しているのかと思っていました。凄いですね。
こちらは移動中に鏡筒をぶつけたりすることがあるので、たまに調整しています。
(機材は撮影の度に庭に設置していますので。笑)
庭の端から端で辛うじて合焦するので人工星でやったりしますが、マンションだと
無理ですね。

投稿: bab3 | 2020年11月12日 (木) 09時45分

bab3さん こんにちわ
 11日夜は夕方からほぼ快晴になりました。
 明け方には曇ったみたいですが寝てて良く分かりません。
 火星高度が低いときはもひとつでしたが、高度が上がるとまずまずのシーイングになりました。
 20時過ぎには気温が10℃台でライトダウンでは寒いです。
 光軸合わせはした方がイイのですが、撮影システムを付けたままだとかなり面倒です。
でもやるしか無いですね。

投稿: RB星 | 2020年11月12日 (木) 16時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 火星 2020/11/09-10 | トップページ | さんぽ 2020/11/11 »