« メモカメラのパノラマテスト 2020/10/11 | トップページ | 10月11日(UT)の火星まとめムービー 2020/10/13 »

火星 2020/10/11-12

 晴れそうで晴れない時間が続いていましたが、21時過ぎに晴れてきました。
 慌てて撮影準備し、辛うじてLRGBを1セット撮影するころに曇ってきました。
 晴れるまでは北からの低い雲だったのですが、今度は南からの低い雲です。
 短い時間でしたが、シーイングは良好で、最接近の日よりも良く見えていました。
 サバ人の湾から太陽湖までのディティールが写りました。
 完璧とは言えませんが、これ以上も難しいかと思います。
 Autostakkert!3のDrizzle1.5xで拡大スタックした画像を、そのままで処理していますので、ちょっとでかいです。
 モニター上で火星が20cmぐらいになるようにして、1メートル離れてご覧ください(笑)
Kmm2020101113h01m_ut_l_dz15x

 キャプチャー中から良く見えていました。
P1030085w800

 後ろを振り向くと雲が南西からやって来ました。
 (キャプチャー中は何時も空に背を向けています)
P1030092w800

 低層の雲は、ひまわりの赤外画像で微かにしか出てこないので、予測が付きません。
P1030100w800

 Windyでは3000mあたりまで強風が吹いていないようです。
 台風14号はまだ居ますが、直接の影響は無かったようです。
P1030108w800

 ベランダでの仮画像処理ですが、気持ちよく模様が出ていました。
P1030127w800
 晴れ間は小さかったですが、これぐらいのシーイングが何時も欲しいですね。

|

« メモカメラのパノラマテスト 2020/10/11 | トップページ | 10月11日(UT)の火星まとめムービー 2020/10/13 »

惑星撮影」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« メモカメラのパノラマテスト 2020/10/11 | トップページ | 10月11日(UT)の火星まとめムービー 2020/10/13 »