« 9月8日(UT)の火星1.5x拡大(Drizzle1.5xで拡大スタック)2020/09/09 | トップページ | 火星 2020/09/11-12 »

火星 2020/09/10-11

 天気予報ではほぼ曇りだったし、雲がいっぱいなので安心していましたら、急に晴れてきました。
 慌ててて準備し撮影に突入です。
 23時半ごろから01時半ごろまでほぼ雲の通過もなく、シーイングも良好でした。
 結構、詳細も写りましたが、期待が大き過ぎたのか、画像処理には時間がかかってしまいました。
Kmm2020091014h58mut
 良く写ったなりに、画像処理は迷いが生じて時間がいっぱいかかります。

|

« 9月8日(UT)の火星1.5x拡大(Drizzle1.5xで拡大スタック)2020/09/09 | トップページ | 火星 2020/09/11-12 »

惑星撮影」カテゴリの記事

コメント

うーん、来ましたねえ。
南極冠のディティールも素晴らしいです。
Seeingスケールに5/10以上を記載できるのは羨ましい限りです。
こちらは海岸近くだからなのか、中々良いシーイングに出会えません。
Windyで上空の風速を見ても特に悪くなった感じはないのですが、発雷が多いということは寒暖気の混合が激しいのでシーイング悪化につながるのでしょうか。

投稿: voyager_camera | 2020年9月12日 (土) 09時58分

voyager_cameraさん こんにちわ
 9月初めのころはシーイングが悪くなっていましたが、急に晴れたこの日は想像以上に良かったです。
 Windyでは風速だけなのでシーイングの善し悪しは想像するしかないのですが、voyager_cameraさんの所は、海からの向かい風が吹くときはシーイング良いのではないかと勝手に想像しています。
 地上から高層まで同じ向きの気流が良いとは思いますが、温度差のある気流は乱流になりやすいと。
 まぁ、どちらにしても待つしかないかと(笑)

投稿: RB星 | 2020年9月12日 (土) 15時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 9月8日(UT)の火星1.5x拡大(Drizzle1.5xで拡大スタック)2020/09/09 | トップページ | 火星 2020/09/11-12 »