« 火星Drizzle1.5xで拡大スタック処理 2020/09/16 | トップページ | 9月8日(UT)の火星をまとめムービーにしてみました。 2020/09/18 »

火星 2020/09/15-16

 天気予報より早く薄雲がやって来ました。
 薄雲を通してで、シーイングも良くありません。
 昨夜とは雲泥の差ですが仕方ありません。
 1セット撮影後、そのまま曇ってしまいました。
Kmm2020091514h07mut
 思った以上に繋ぎ目破綻の連続でしたが、最後はそれなりになりました。

|

« 火星Drizzle1.5xで拡大スタック処理 2020/09/16 | トップページ | 9月8日(UT)の火星をまとめムービーにしてみました。 2020/09/18 »

惑星撮影」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
15日はこちらも曇りで、望遠鏡を片付けようとした際にたまたま雲間から1カットだけ撮れました。
C8の写りはそちらの15-16日のアップと同じ位の感じです。C14だとボケボケという感覚なんでしょうね。笑

投稿: bab3 | 2020年9月17日 (木) 10時31分

bab3さん こんにちわ
 残念ながらシーイングに大きく影響されますからね。
 ただ、低層の気流は地域とか環境により、また時間的にも変化すす可能性がありますから、晴れれば写すしかないですね。
 昔ならこれだけ写れば御の字かと思いますが、目が肥えてきましたからね(笑)

投稿: RB星 | 2020年9月17日 (木) 11時46分

こんにちは。
こちら長野県の気流は比較的良かったようです。C8は頑張ってもこのくらいなのかなぁと思ってますが、もう少し何とかならないか思案中です。大口径にすれば良いのでしょうが、色々な制約で難しい。笑

投稿: bab3 | 2020年9月17日 (木) 12時45分

bab3さん こんばんわ
 C8で極め尽くすのも一つの目標かと思います。
 口径の誘惑はありますが、いかに生き延びるかもありますからね(笑)

投稿: RB星 | 2020年9月17日 (木) 21時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 火星Drizzle1.5xで拡大スタック処理 2020/09/16 | トップページ | 9月8日(UT)の火星をまとめムービーにしてみました。 2020/09/18 »