« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »

2020年9月

火星 2020/09/29-30

 夕方までは曇りで、火星時間にぼちぼち晴れてきました。
 昨夜より良いと最初は思ったのですが、ちょっとダメでした。
 そこそこ写りそうでしたが、今一歩届かずでした。
Kmm2020092913h40mut
 まぁ、晴れたのに文句は言えません。

| | コメント (0)

木星 2020/09/28-29

 夕方から良く晴れて、望遠鏡をセットして覗いてみるとまずまずのシーイングで、大赤斑らしきモノが見えるではありませんか。
 慌てて撮影準備をしましたが、鏡筒ファンをオンにしても簡単に主鏡と外気温の差は縮まりませんが、回しっぱなしで撮影です。
 ちゃんとLRGBセット撮影ができました。
 衛星イオは別処理後、合成です。
 久しぶりにまともな木星像になりました。
Kmj2020092809h42mut
 これぐらいシーイングが良いと楽しいですね。

| | コメント (0)

火星 2020/09/28-29

 夕方から良く晴れて、木星も撮しましたが処理は後回しです。
 全体的にまずまずのシーイングでしたが、本当に良かったのは短い時間でした。
 淡い雲が流れ、夜半を過ぎると南から雲が上がって来て曇ってしまいました。
 オリンポス山がそこそこ良く写ったのですが、出べそでした(笑)
 カルデラを捉えるのは難しそうです。
Kmm2020092813h04mut
 たくさん撮影すると画像処理が大変です。
 やるたんびに色も違うし・・・難しいですね。

| | コメント (4)

火星 2020/09/27-28

 久しぶりに晴れましたが、日本海から流れ込んでくる雲が多く、雲間での撮影でした。
 十分なショット数が得られず、シーイングも良くなく、中途半端でした。
 視直径が22秒角を超えました。
Kmm2020092715h09mut

 なかなかまともに晴れませんね。
 気温は21℃と、かなり涼しくなってきました。
P1020559w800
 ちゃんと晴れて欲しい。

| | コメント (0)

9月21日(UT)の火星をまとめムービーにしてみました。 2020/09/26

 なかなか晴れないですね。
 9月21日(UT)の火星をまとめムービーにしてみました。
 シーイングは全体としては良くありませんが、画像処理をするとそこそこの写りでした。
 大シルチスを視直径の大きいうちに、まともに写したいと思ったのですが難しいですね。



| | コメント (0)

くもりMARS 2020/09/23

 台風12号は予想より早く東へ動き、雨は降らないのですが晴れもしません。
 夜、ほんの僅かな雲間があって晴れるかと思ったのですが一瞬でした。
 望遠鏡を準備して眼視で覗きましたが、あまりシーイングも良くありませんでした。
P1020527w800

 曇ってしまったので、望遠鏡を片付けて MARS をオープンです。
 マルスのウイスキーです。
 日本産のウイスキーです。
P1020487w800

 マルスは火星と言うよりは、古代ローマ神話の神から名を取っているのだそうです。
 まぁ、同じですけどね。
P1020505w800

 で、秋の夜長、マルスでひと息です。
P1020530w800
 めったに買うことはないのですが、火星接近に合わせて MARS づくしです。
 しかし、晴れて欲しいですね。

| | コメント (2)

火星 2020/09/21-22

 久しぶりに晴れました。
 気温も低く21℃台、ちょっと寒いくらいです。
 辛うじて大シルチスが見える位置で撮影できました。
 シーイングはかなり暴れていて、スタックは繋ぎ目破綻の連像でしたが、なんとか纏まりました。
 さすがに大きくなりました。
Kmm2020092114h26mut
 もっと晴れて欲しいですね。

| | コメント (0)

火星マップ自転アニメ 2020/09/20

 8月15日~9月14日に撮影した火星から、WinJUPOSでマップを作り、WinJUPOSの自転シミュレーションでムービーを作りました。
 1自転分です。
 まだまだ完成の域には届いてなくて、南極冠もシミュレーションと同居し、北極あたりはデータ不足のところもあり、全体的に色もいろいろです。


| | コメント (2)

9月14日(UT)の火星をまとめムービーにしてみました。 2020/09/18

 9月14日(UT)の火星をまとめムービーにしてみました。
 シーイングも良好で、動画でもそこそこ見えています。
 火星での一番景観の良い経度です。
 大シルチス、ヘラス、サバ人の湾、子午線湾が見えています。


| | コメント (0)

9月8日(UT)の火星をまとめムービーにしてみました。 2020/09/18

 9月8日(UT)の火星をまとめムービーにしてみました。
 夏の酷暑の中で良かったシーイングも9月に入って落ちてきたのですが、この日はまずまずのシーイングになりました。
 子午線湾や真珠の海、オーロラ湾が見えています。



| | コメント (0)

火星 2020/09/15-16

 天気予報より早く薄雲がやって来ました。
 薄雲を通してで、シーイングも良くありません。
 昨夜とは雲泥の差ですが仕方ありません。
 1セット撮影後、そのまま曇ってしまいました。
Kmm2020091514h07mut
 思った以上に繋ぎ目破綻の連続でしたが、最後はそれなりになりました。

| | コメント (4)

火星Drizzle1.5xで拡大スタック処理 2020/09/16

 9月14日(UT)のベストを丁寧に纏めてみました。
 Drizzle1.5xで拡大スタックした画像です。
 モニターで直径20cmぐらいに表示し、1メートルぐらい離れてご覧ください。
 もうちょっとシーイングが良かったら、もうちょっと写るかもです。
 火星としての一番いいアングル、景観でしょうか。
Kmm202009141608_0l_dz15x_20200923183601
 相変わらず、ノイズも枯れ木も山の賑わいでやっております。

| | コメント (2)

火星 2020/09/14-15

 良く晴れました、火星時間はほぼ快晴でした。
 東から心地良い風が吹き、21℃台まで下がって、Tシャツではちょっと寒かったくらいでした。
 火星は高度は上がるに付けシーイングは良くなりました。
 小刻みに揺れるものの、大ボケはなくディティールも写りました。
 いろいろ模様が写りますが、まだダスト雲が残っているようです。
Kmm2020091414h14mut_20200924221801
 視直径が大きくなって丸みを帯びて、いよいよ最接近が近づいて来ました。

| | コメント (2)

木星 2020/09/14-15

 久しぶりの木星です。
 夕方はずーっと天気が悪く、晴れてもシーイングが酷く撮影する気が起こりませんでした。
 その間に、NTBs Outbreakが発生し、ジェット旋風が巻き起こっていたのですが、ぜんぜん見ずに終わりそうでした。
 今日は夕方から天気も良くなり、大赤斑も辛うじて見えそうで久しぶりの撮影でした。
 辛うじて端っこに、NTBs Outbreak(2nd)が写りました。
Kmj2020091409h50mut
 久しぶりで、良しとしましょう(笑)



| | コメント (2)

火星 2020/09/13-14

 晴れそうで晴れなくて、晴れたのがベランダリミットを過ぎてから。
 仕方なくモノクロカメラを外してカラーカメラのみで撮影です。
 上階のベランダにもけられているので、口径の全力は出ていません。
 カラーカメラですが、処理はL画像を取りだして処理後、元のカラー画像と合成しています。
Kmm2020091316h59mut
 ちゃんと晴れて欲しい・・・

| | コメント (0)

Derotation無しのワンショット火星 2020/09/14

 9月11日(UT)撮影の中で、一番良く写っていた L ショット動画をひたすらこねくり回して仕上げてみました。
 Drizzle1.5xで拡大スタックはもちろんのこと、いっぱいやってます。
 シャープ感はこちらにありますが、模様の安定性はDerotationした方があります。
 当然のようですが、やっぱり良く写ったショットがたくさんあるのが一番のようです。
 ノイズも枯れ木も山の賑わいで纏めています。
202009111624_0l_color

| | コメント (0)

二段折れガンマ 2020/09/13

 以前、白トビ赤トビで、RegiStaxのコントラストやガンマを使って南極冠の白トビを防ぎながら、火星を画像処理する話を書きました。
 その時に使ったRegiStaxのGammaは普通の曲線ガンマでした。
 RegiStaxのGammaにはもう一つのガンマ「 Linear Gamma 」があって、何と二段折れガンマを駆使することができるのです。
 不連続なガンマなので、ふだん使うことはないと思いますが、これが火星用と考えたらよくできていると思います。
P1020341w800

 輝度の高いところを極冠用、輝度の低いところを模様用と考えて対応することができます。
 まあ、どう使うかはやってみないと分からないかと思いますが、火星用に使えると思うのですが。
P1020343w800

| | コメント (0)

火星 2020/09/11-12

 火星時間はまずまずの晴れになりました。
 シーイングもまずまずで、火星のリムが良く見えていました。
 日増しに丸くなっている気がします。
 いろいろな細かい模様は、ノイズとの見分けが付かないので、どこまで強調するか難しいですね。
Kmm2020091115h19mut
 なんとか晴れて欲しいですね。

| | コメント (0)

火星 2020/09/10-11

 天気予報ではほぼ曇りだったし、雲がいっぱいなので安心していましたら、急に晴れてきました。
 慌ててて準備し撮影に突入です。
 23時半ごろから01時半ごろまでほぼ雲の通過もなく、シーイングも良好でした。
 結構、詳細も写りましたが、期待が大き過ぎたのか、画像処理には時間がかかってしまいました。
Kmm2020091014h58mut
 良く写ったなりに、画像処理は迷いが生じて時間がいっぱいかかります。

| | コメント (2)

9月8日(UT)の火星1.5x拡大(Drizzle1.5xで拡大スタック)2020/09/09

 Autostakkert!3のDrizzle1.5xで拡大スタックした火星画像です。
 大きいことはイイことですね(笑)
 大きくできるシーイングが続いて欲しいところです。
Kmm2020090816h24mutdz15

| | コメント (9)

火星 2020/09/08-09

 日中は安定して晴れ、天気予報も晴れマークだったので安心していたら、南西からの雲が多いではありませんか。
 早めに準備し撮影を始めましたが、シーイングは超悪いは雲がやって来るわで散々でした。
 雲が通り過ぎたあと0時ごろから、急にシーイングが良くなり、最終的にはまずまずとなりました。
 夜半前のはボツになりました。
 子午線の湾が正面にやって来ています。
 そこそこのディティールが写りましたが、後もう少しシーイングが良かったら・・・ですね。
Kmm2020090815h28mut

 南西からやって来た雲でシーイングも悪く、低層の東からメラメラ気流と相まってほぼ最悪でした。
 そう、Windyでは、東からの低層のメラメラ気流は全く表示がありませんでした。
P1020229w800

 これは画像処理の時点の画像です。
 火星の南北が分かりにくいので、WinJUPOSの測定時にポジションアングルやRotAの数値を見ながら合わせていますが、確認のため、模様のアウトラインを重ねても見ています。
P1020303w800
 しばらくお天気悪そうですが、晴れて欲しいですね。
 火星時間に25℃以下になり、ちょっと涼しくなりました。

| | コメント (2)

火星 2020/09/07-09

 台風一過の晴れとはなかなかならなくて、晴れ間も出るけど雲も多い。
 天気予報では火星時間に晴れそうだったのですが、なかなか晴れません。
 23時ごろから待機したのですが、撮影できたのは01時ごろ。
 ベランダのタイムリミットもどんどん早くなって、02時前にはアウトでした。
 シーイングも酷く、ピントがどこで会ってるか分かりませんでしたが、晴れている間に撮影。
 子午線の湾が見えてきているのですが、詳細は写りませんでした。
Kmm2020090716h06mut

 夕焼けがきれいに見えるかと思ったのですが、今三でした。
P1020175w800

 晴れてると言っても雲が多いので、疲れる晴れ間でした。
P1020210w800
 明日はシーイングが良くなるでしょうか。

| | コメント (0)

火星 2020/09/05-06

 夕方には豪雨と雷、その後ほぼ晴れてきたのですが、雲が多く雲間からの撮影でした。
 シーイングも悪く、厳しいところでした。
Kmm2020090514h20mut

 雲間の撮影には慣れてきましたが疲れます。
 この後、完全に曇ってしまいました。
P1020162w800
 台風が近づいているのに撮せただけでも良しとしましょうね。

| | コメント (0)

8月28日の火星、マリネリス峡谷をまとめムービー 2020/09/04

追記:マリネリス峡谷が写っているように見えるのは、周りの明暗がそのように見えるだけで、ある意味錯覚だとの報告がありました。
   そう言えばそうかなと思いますので、この記事は取り消します。
   ユーチューブは削除します。
   でも、記念にここ残しておきます。  2020/09/12
*************************************************************

 8月28日のマリネリス峡谷が写った火星を、まとめムービーにしてみました。
 NASAの画像を入れましたが、クレジットだけでいけるかな?

| | コメント (0)

火星 2020/09/03-04

 雲がいっぱいで、隙間から火星は見えるけど周りは雲だらけ。
 今夜は止めておこうと思ったのですが、寝る前にもう一度ベランダから見ると、雲の隙間から火星が見えていたので、諦めて撮影準備。
 準備ができると、なかなか撮影できるだけの隙間がやって来ません。
 ベランダからのタイムリミットの直前になんとか晴れ間があり撮影。
 辛うじてLRGB1セットですが、L画像は4ショット撮影できた中、最後の1ショットだけがまともな画像でした。
 Drizzle1.5xで拡大スタックして、こねくり回して何とか火星像になりました。
 1.5xサイズの画像です。
Kmm2020090317h00mutdz15
 ノイズが多いのはやむを得ません。

| | コメント (0)

火星 2020/09/02-03

 今日も昼間は大雨でした。
 夕方から小さな晴れ間はあるのですが、まともには晴れません。
 火星時間も雲の方が多いのですが火星が見えているので準備。
 なんとか雲の合間で撮影できましたが、シーイングは最悪に近く、画像処理を止めようかと思ったくらいです。
 APアライメントポイントは真ん中に1個です。
Kmm2020090215h38mut

 満月が雲を照らして雲がきれい。
P1020035w800
 火星の衝まで後一月あまり、お天気ガンバって欲しいですね。

| | コメント (0)

火星 2020/09/01-02

 台風9号が沖縄から九州の西を通って北上しています。
 それにつられて近畿も南からの湿った大気が流れ込み、昼間は堺でも雷と豪雨で道路が川のようになっていました。
 夜半は晴れそうなので準備していましたがなかなか晴れません。
 火星時間に雲が多いものの晴れ間もあって、なんとか撮影できました。
 上空は強い南風が流れ、ピンボケで見ると強い筋すじが出ていました。
 夏のシーイングは終わったようです。
Kmm2020090115h16mut

 雲が多いですが、雲のないところの透明度は良く、フォーマルハウトがキラキラと輝いていました。
P1010895hdr08w800
 火星が丸く見えるようになってきました。
 いよいよ衝が近づいてきたようです。

| | コメント (0)

アポダイジングマスクは火星の二重リムを消せるかの実験 2020/09/01

 結論から先に言うとダメでした。
 夏休みの自由研究としてやっていたのですが、結果が出なかったので、なかなか書く気が起こらずでした。
 火星の二重リム(リンギング)は火星がシャープに写るほど現れてくる厄介な者ですが、さしあたり解決方法がなく、目立たなく処理をすると言う消極的な方法で今まで来ています。
 二重リムの原因元を、私は望遠鏡で恒星を見たときにできるディフラクションリングであると考えています。
 火星の輝面側リムは非常に明るくシャープなため、リムにディフラクションリングを連続して並べたものだと考えます。
 その理由としては、二重リムの反対側である暗い宇宙空間にも、リムに沿って淡いリングが生じています。
 これはディフラクションリングの第1干渉リングに他ならないと考えます。
 火星では目立ちますが、木星や土星でも生じています。
 土星ではA環の外側に、あたかもFリングがあるように現れます。
 また月面でクレーターを撮影すると、輝くクレーター縁の中にある真っ暗なクレーター内部に、クレーター縁に沿ってあたかもゴーストのようにラインが現れます。
 これらは全てディフラクションリングの第1次干渉リングだと私は考えます。

 この第1次干渉リングをコントロールできる方法として、アポダイジングマスク(スクリーン、フィルター)があると思っていました。
 で、このアポダイジングマスクが火星の二重リムの解消に役立つのではないかと以前から思っていました。
 難しいことは私は分かりませんが、ネットで先輩諸氏のレポートを勉強させていただきました。
https://www.telescope-optics.net/apodizing_mask.htm
 ただ、アポダイジングマスクの効果は屈折などの中央遮蔽の無い光学系に有効で、シュミットカセグレンなどの大きな中央遮蔽がある場合の望遠鏡は、効果が弱いと述べられています。
 「弱い」というのはゼロではない、ちょっとはあるのではないかとアポダイジングマスクを作ってみました。

 ホームセンターで網戸用のナイロンネットを購入。
P1010334w800

 カッターで切り抜いて、それらしく組み立ててみましたが、かなりええ加減です(笑)
P1010350w800

 C14のフロントに装着です。
P1010586w800

 このマスクを付けて火星を覗いてみると、まぁ、スペクトルの美しいこと。
 スペクトルは火星には掛からないので良いんだそうです。
P1010417w800

 で、火星を撮影した結果ですが、分かる範囲で効果無しでした。
 中央に恒星像を貼り付けていまして、ディフラクションリングの大きさが分かると思います。
 Lフィルターのカラーカメラの像です。
 実験に力が入っていないのか、写りは良くありません。
 二重リムはディフラクションリング大きさによりますので、つまり波長によって変化します。
 青色光では細く、赤外光では幅広く写ります。
  L画像は400nm~700nmの連続した波長を捉えていますので、少しはぼやけているはずです。
 (画像は暗部を持ち上げているため、かなり不自然に見えています)
Apono4set8
 光量は半分以下になるし、役立たずでした(涙)

 夏休みの自由研究でした(笑2)←提出が遅い!

| | コメント (2)

火星 2020/08/31-09/01

 夕方の豪雨のあと、なかなか晴れず、夜半に晴れ間が出ても長続きせず、ぎりぎりでなんとか撮影することができました。
 シーイングはあまり良くありません。東からの気流で川底状態でしたが、時折、模様が見えていました。
 太陽湖がほぼ中心に見えていました。
Kmm2020083116h19mut
 台風が近づいているので天気は不安定です。

| | コメント (0)

« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »