« 火星 2020/06/02-03 | トップページ | ゴーヤー一番花 2020/06/04 »

CEBU_VS_SHINKANAOKA 2020/06/04

  6月3日朝の木星は思いの外良く写っていたし、月惑星研究会の報告サイトにはフィリッピンのセブ島で観測されている惑星撮影世界の名手クリストファー・ゴーさんの観測報告が掲載されていました。
 で、同じセレストロンのC14での撮影ですから、どのぐらい違うのかを研究してみました(笑)
 ゴーさんの木星は最終処理にノイズフィルターを使われていると思われますので、雰囲気を似せるため、私の画像も、NikのDf2やフォトショップのガウスぼかしを重ねるなどして少し似せています。
 左がゴーさんの画像で、右が私のです。
 私の硬い頭では、北が上では全く比較ができないので、ゴーさんの画像を180°回転させて貰っています。
Go_vs_rb
 ひいき目で見て、解像度に大きな差はないと思われますが、ぼんやりした模様については差があります。
 色合いは近づけようと思ったのですが無理でした。
 なんと言っても良く写ると、いろいろ楽しめますね。
 もう少しがんばしたいと思います。

|

« 火星 2020/06/02-03 | トップページ | ゴーヤー一番花 2020/06/04 »

画像処理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 火星 2020/06/02-03 | トップページ | ゴーヤー一番花 2020/06/04 »