« 4月30日朝の土星をまとめムービーにしてみました。 2020/05/04 | トップページ | 木星 2020/05/06-07 »

フォーカス表示の不調 2020/05/06

 望遠鏡のコントローラーで、OLED(有機ELディスプレイ)のカサカマ現象と戦っていたとき、フォーカスの表示が不安定になっているのを見ていました。
 下のLCD(液晶)表示がフォーカスの表示で、字がダブっているのが分かります。
Img_4034w800

 いろいろ試してみたのですが、埒が明かないので、溺れる者は藁をも掴むの心境で、いままでのL6470はストロベリーリナックス社のものを使っていたのですが、今回、秋月電子のL6470を購入してみました。
 もちろんチップは同じですが、基板サイズや配線が違います。
Img_4587w800

 配線図も書き直してチェックです。
Img_4583w800

 私なりに慎重に組み立てました。
 秋月電子のL6470は、#STBYとBusy信号にLEDが付いていて、#STBYの赤いLEDは眩しい(笑)
Img_4617w800

 Arduino nanoのプログラム(スケッチ)は、当然のことですがそのまま問題なく走りました。
 デスクで実験して、表示も問題なく「行けた」と思いましたが、実際に望遠鏡のシステムに接続すると、暫くは順調だったのですが使っている間に表示が不調になってきました。
Img_4614w800

 またまた、いろいろテストを繰り返してみると、どうもLANケーブルによって症状が違うことが分かってきました。
 で、またポケットオシロスコープの出番です。
Img_4642w800

 読み取り信号の形状とかを見るために、測定ピンを増築してみました。
Img_4679w800

 CKの波形とL6470からのデータ出力波形です。
Img_4682w800

 SDO(L6470のデータ出力)のLAN端子に入る前(上側)と、LANケーブルを通過してArduino nano に入る前(下側)の波形です。
 かなり不定型になってますね。
Img_4690w800
 いろいろ勉強すると、Arduino nano とL6470の通信に使っている SPI通信はあまり遠い距離を通信するものでなく、どちらかと言うと基板内の通信程度だそうです。
 望遠鏡コントローラーから2mのLANケーブルを通してL6470に、コマンドやデータ送信をするのは規格外のようです。
 でも、いままで行けてたのに・・・と考えると、今年になってLANケーブルを変更したことを思い出しました。
 そう、ツメの折れないフラットLANケーブルにです。
 ちょうどこのツメの折れないフラットケーブルがノイズのボーダーラインに引っかかったようで、いままでのLANケーブルもテストすると不安定になるときがありました。
 まだ、結論は出ていませんが、楽しみながら追いかけてみることにします。

|

« 4月30日朝の土星をまとめムービーにしてみました。 2020/05/04 | トップページ | 木星 2020/05/06-07 »

望遠鏡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 4月30日朝の土星をまとめムービーにしてみました。 2020/05/04 | トップページ | 木星 2020/05/06-07 »