« 火星 2020/04/14-15 | トップページ | ノンショート型スライドスイッチ 2020/04/16 »

いろいろ確認 2020/04/15朝

 望遠鏡コントローラーのプログラム(スケッチ)などを変更したこともあって、早めに起きましたが、天気予報とは違って薄曇りで、月が辛うじて朧月で見えていました。
 やる気をそがれましたが、せっかく起きたので望遠鏡コントローラーの確認でもとがんばしました。
 月のそばに木星が見え始めたのは、ずいぶんと時間が経ってからです。
Img_3377tonew800

 今夜の最初のトラブルは、OLEDのカサカマ表示です。
 電源を入れ直して治りましたが、なんとかせないけませんね。
Img_3366w800

 月のスピードは予定した平均速度よりも、少し恒星時に近く早めでしたが、なんとかASI224MCで撮影すると、まずまずの位置取りで撮影できました。
 この速度数値は、平均月速度です。
 今日の月は、赤緯にはほとんど動かずでした。
Img_3378-w800

 月の次は木星、土星、火星を撮影しましたが、シーイングが悪いので記念写真でした。
Jsmmoon20200414

 赤緯の微動ですが、だいたいは想定内だったのですが、あまりにも超微速なので、駆動系のところでスムーズに回らず、しばらく貯めてから動き始めることが頻発しました。
 赤緯の駆動系の調整が必要のようです。
Img_3429w800

 もひとつ起こったのが、マイコンARDUINOのフリーズで、赤経、赤緯の表示を切り替えることを何度も繰り返すうちに起こりました。
 この原因はスライドスイッチがショート(短絡)タイプだからと今のところ思っています。
 スライドスイッチでI2Cの入力を切り替えるとき、スライドスイッチは僅かですが同時に出力が繋がるのです。
 大阪日本橋で探しても、ノンショートタイプのスライドスイッチは売っていませんでした。
 正確にはそう言う表記を見つけることはできませんでした。
 ロータリースイッチなどには、その表記がありましたが・・・。
 ホントの原因は、まだ分かりませんが、ノンショートタイプのスライドスイッチを探してみたいと思います。

 なかなか思ったようには行きませんね・・・

|

« 火星 2020/04/14-15 | トップページ | ノンショート型スライドスイッチ 2020/04/16 »

望遠鏡」カテゴリの記事

コメント

わたしの持っているスライドスイッチでショートタイプはありません。最近はあるのかな?
二つの接点にまたがって通電するのはロータリースイッチだけだと思ってました(グレイコードの時に必須)
トグルスイッチにしたら両方通になるものはほぼ無いと思います。
I2Cは使ったことはありませんが、双方向で通信する規格のようです。
電文を送信して返事を待っている間に相手が切り替わってしまったら送ったマイコンは想定外で飛んでしまうかもしれません。
シリアル通信はたいてい始まる時に相互でおまじないをかけあいます。初期化とか存在確認とかいいます。
その辺が文字の裏返り現象の原因かも。
スイッチで切換える場合は、切換えたことをマイコンに知らせて都度イニシャル処理からさせないとだめかもしれません。
頑張ってください。

投稿: ken@畷 | 2020年4月16日 (木) 00時02分

ken@畷さん おはようございます。
 スライドスイッチをいろいろ探してたら、以前予備に購入していたスライドスイッチがノンショートタイプだったのを見つけました。
 取り替えて確かめてみます。
 OLEDの文字の逆さまは、電源オンのタイミングではないかと思っていますが・・・。
 さしあたりいろいろ楽しんでます(笑)

投稿: RB星 | 2020年4月16日 (木) 09時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 火星 2020/04/14-15 | トップページ | ノンショート型スライドスイッチ 2020/04/16 »