« 南天の低い惑星の恒星時駆動 2020/03/22 | トップページ | 木星 2020/03/22-23 »

火星 2020/03/22-23

 前線による雲が通り過ぎた後、午前4時ごろには晴れ間が広がってきました。
 シーイングはここ数日に比べると少し良くなって、大シルチスもモニター上で時折見えていました。
 ただ、ディティールが写るほどは良くありません。
Kmm2020032220h44mut  

 木星が火星を追い越したというか、木星が明るく目だっていて、木星を目印に火星を探します。
Img_2361w800

 空が明るくなって火星を撮影中に、またしても雲がやって来ました。
Img_2395hdr04w800
 いちおう撮影はできましたが、余裕がなく大変です。
 空が明るくなる時間が急に早くなってきました。

|

« 南天の低い惑星の恒星時駆動 2020/03/22 | トップページ | 木星 2020/03/22-23 »

惑星撮影」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 南天の低い惑星の恒星時駆動 2020/03/22 | トップページ | 木星 2020/03/22-23 »