« 火星 2020/02/07-08 | トップページ | 火星 2020/02/08-09 »

Topaz_DeNoise_AI ノイズフィルターソフト 2020/02/08

 ここ数日、フェイスブックのデジ天などで、このノイズフィルターソフトが賑やかに議論されています。
 以前からディープスカイ系のみなさんに使われていましたが、惑星にも有効だというので、にわかに脚光を浴びています。
 通常のノイズフィルターソフトは、どれだけ解像度を落とさずにノイズを減らすことができるかに力を注いでいます。
 しかし、Topaz_DeNoise_AI は、積極的にシャープフィルターを搭載し、ノイズフィルターで落ちる解像度を守る以上に、よりシャープに画像を表現しようとしています。
 そう言う意味では素晴らしい発想のソフトだと思います。
 私は今日まで使ったことはなく、多くの人たちのテスト結果を見てきただけですが、惑星の画像処理後の模様の出方を見ていると、浮かび上がる模様の姿が、画像復元処理で出てきたものによく似ていました。
 思うに、画像復元処理とノイズフィルターを組み合わせたものではないかとです。
 それは、私がやっている「最大エントロピー法画像復元処理+大規模ぼかし処理」を真似たものではないかと(笑)
 とは言っても、使ってもないのに何言ってまんねん、と、言われそうなので、お試し版を使って見ました。
 Windows10の32ビットは拒否されましたが、64ビットのパソコンには入りました。
 買えば約60ドルですが、年金生活者としてもったいないのでお試し版です、30日間使えます。

 さしあたり、去年の木星画像をテスト処理してみました。
 7月29日のベスト画像ですが、似たような画像ファイルがいっぱいあるので、ホントのベスト画像かは分かりませんが、近いものです。
 一番の目的のシャープ処理を優先しています。
Km_topaze01

 ほぼ目一杯の画像処理をした後なので、あまり変わらないというかノイズが増えたようです(笑2)
 良く写ってない画像で、RegiStaxによるウエーブレット処理後の画像も試しましたが、特に変化は無かったです。
 考えるに、そこそこ画像処理が終わっているけれど、最後までやりきってない画像に有効な気もします。

 今日、何枚かの画像に試しただけですが、やはり画像復元処理をやってる気がします。
 それも、もこもこノイズの出方から最大エントロピー法ではないかと(笑3)
 超憶測です。
 ただ、タスクマネージャーでCPUの使用率を見ると、時間がかかる割にあんまり使っていないので違う方法かもです。
 最大エントロピー法だと推測すると、PSF半径の設定がやや小さいのではないかと、ノイズの出方から思いました。
 多段式最大エントロピーではないかもです。

 ノイズフィルターに負けないように、ガンガン、シャープ系の処理をする考えは惑星の画像処理に似ていて、ちょうど良いパラメーターを見つけることができれば、惑星の画像処理にかなり有効だと思います。

|

« 火星 2020/02/07-08 | トップページ | 火星 2020/02/08-09 »

画像処理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 火星 2020/02/07-08 | トップページ | 火星 2020/02/08-09 »