« 木星 2020/02/23-24 | トップページ | カードリーダー 2020/02/27 »

Sirius A & B 2020/02/25

 2月24日宵の口に撮影したシリウスとその伴星です。
 比較のために、リゲルや火星、木星も登場します。
 拡大光学系システムは惑星用と同じで、Celestron C14、ZWO ASI224MC、ZWO ADC、合成F=37となっています。
 シリウスとリゲルはゲインや露光時間も全く同じです。

|

« 木星 2020/02/23-24 | トップページ | カードリーダー 2020/02/27 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

一昨年辺りから星仲間とシリウスの伴星の眼視確認にチャレンジしていますが成功していません。
昨年も春先に長野県のある施設で三鷹光器の60cmクラシカルカセグレンでチャレンジしましたが参加した4名とも撃沈でした。(そんなにイメージが悪かったわけではありませんでした)
撮影遠征時に自分たちで使う10cmまでの屈折や25cmの反射ではまだ成功していないのですが、その星仲間というのが皆還暦を過ぎているというのが大問題なのかもしれないと思い始めています。
リゲルの伴星は皆さん楽勝なんですが・・・
C14位になると撮影では極簡単に写し撮れるようですが、眼視でご覧になったことがありますか?

投稿: voyager_camera | 2020年2月27日 (木) 09時23分

voyager_cameraさん こんにちわ
 シリウスBは拡大率を上げて撮影するとわりと簡単に写ります。
 ただ、眼視は撮影より遥かに難しいですね。
 私の壊れかけた眼では、見えているような気がする程度にしか見えません(笑)
 白内障ほどではないにしても、逆光に弱くなっている眼では難しいかと思います。
 アイピースの見え味テストなど、全くできる状況ではない私の眼です。
 PCモニターは、そこそこ見えているつもりです(笑2)

投稿: RB星 | 2020年2月27日 (木) 13時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 木星 2020/02/23-24 | トップページ | カードリーダー 2020/02/27 »