« 深井会新年会 2020/01/11 | トップページ | 全天周映像研修 2020/01/14 »

火星 2020/01/13-14

 夜中ぐらいまでは晴れそうで雲の多い天気でしたが、明け方の火星時間には良く晴れました。
 低気圧が日本の周りにいっぱいの中での晴れで、シーイングを期待しましたが良くありませんでした。
 それでも何とか火星像を捉えることができました。
Kmm2020011321h34mut

 気温は4℃と少し寒いですね。
Img_5375w800
 イイシーイングが欲しい。

|

« 深井会新年会 2020/01/11 | トップページ | 全天周映像研修 2020/01/14 »

惑星撮影」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。シーイング悪くてもC14だとかなり写りますね。('_')
今朝は今シーズンというより、昨年譲り受けたC8で初の火星でした。こちらは氷点下4℃と冷えて(今シーズンは暖かいほうですが)1時間程外に出ていて凍えました。笑
視直径以上に飛び回るシーイングというよりは酷い大気の状態で、一応スタックしてみましたが、模様はまるっきり写りませんでした。C8には過酷な?視直径なので今後を期待してボチボチ撮影してみます。私の所は、南東高度20度位にならないと視界に入らないので土星、木星も視野に入ってきそうな3月頃に期待です。

投稿: bab3 | 2020年1月14日 (火) 12時52分

bab3さん こんにちわ
 火星は跳びはねるし伸び縮みするしで、見た目は全くに近いほど模様が見えませんが、スタックソフトのおかげですね。
 できるだけ撮してイイシーイングに当たるのを待つしかないようです。
 それなりにがんばるしかありませんね。

投稿: RB星 | 2020年1月15日 (水) 13時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 深井会新年会 2020/01/11 | トップページ | 全天周映像研修 2020/01/14 »