« 火星シーズン出だし 2020/01/26 | トップページ | L6470の設定変更 2020/01/31 »

火星 2020/01/29-30

 久しぶりに晴れそうなので午前5時起きで、ほぼ快晴状態でした。
 ところが準備して望遠鏡の電源を入れると、赤経が動かないびくとも動かない。
 動く可能性を探しましたが、結局のところL6470ステップモータドライバが壊れたみたい。
 慌てて予備の電流実験に使っているL6470と汗をかきながら交換、動作確認をして空を見上げると雲で火星が見えない。
 南東の超低空のの雲の隙間になにやら星、木星でした。
 雲は南の方だけで、北の大阪よりは晴れていました。
 火星が撮影できたのは空が明るくなってからなので、普通のセット撮影は諦めて、赤外だけの撮影となりました。
 太陽湖のあたりが何とか見えています。
Kmm2020012921h59mut

 雲の隙間から見えた木星、NEBが濃く、SEBが淡く見えていましたが、それだけでして、C14による撮影はまだまだ先になります。
Img_0185w800

 南の雲は西から東へと続いて、なかなか火星が見えませんでした。
Img_0201hdr08w800

 朝になって撮影したL6470交換現場です(笑)
 カメラを暖かい部屋に持ってきたので、露が着き、紗がかかっています。
Img_0216w800
 急に壊れると余裕なしでした。

|

« 火星シーズン出だし 2020/01/26 | トップページ | L6470の設定変更 2020/01/31 »

惑星撮影」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 火星シーズン出だし 2020/01/26 | トップページ | L6470の設定変更 2020/01/31 »