« 全天周映像研修 2020/01/14 | トップページ | ワイヤレスヘッドフォンその後 2020/01/18 »

どんづる峰から二上山へ 2020/01/16

 大阪と奈良の県境にある二上山へ、健康運動を兼ねて星仲間と山登りに行って来ました。
 山登りと言っても、一番高い二上山の雄岳で571mですから、まぁ、ハイキングでしょうか。
 近畿日本鉄道南大阪線の二上山駅から歩き始めました。
 最初は、どんづる峰(屯鶴峯(どんづるぼう))へ登ります。
 標高150mで低いのですが、火山性の岩山が隆起し褶曲した奇岩群があることで有名です。
 地学の研修で、ここに訪れることをよく聞いていましたが、私は初めてです。
Img_5428w800

 面積的にはそれほど広くはないのですが、なかなかの岩場です。
Img_5431w800

 ここはみなさん油断してか、滑り落ちる人も多いそうです。
Img_5458w800

 近くには採石場もあって、何だかな・・・
 屯鶴峰は遠くから見ると鶴が集まっているように見えることから名前が付けられているそうです。
Img_5440w800

 どんづる峰を後にして、いよいよ二上山に向けて登り始めます。
 落ち葉がいっぱいです。
Img_5475w800

 明るい映像がないのですが、何とかツツジが咲いていました。
Img_5477w800

 2時間ほど登ると馬の背で、雄岳と雌岳の間に到着です。
 思ったより標高差があるので、いっぱい汗をかいてしまいました。
Img_5519w800

 雄岳山頂はなんにもない・・・これだけ。
Rimg6614w800  

 雌岳側に移動します。
 ちょっと彩りです。
Img_5531w800

 雌岳に移動すると視界が広がってきました。
 こちら大阪側で、あべのハルカスや大阪のビル群が見えています。
Img_5540w800

 こちら奈良側で、畝傍山とかが見えていました。
Img_5550w800

 雌岳山頂は広場になっており日時計型のモニュメントもあって、平日なのに多くのシニアのみなさんが山登りを楽しんで居られました。
 我々のグループもここで昼飯です。
Img_5552w800

 昼食後、ひたすら下山ですが、途中に岩屋があり、そこには岩屋杉があって樹齢1千年の杉が横たわっていました。
 残念ながら平成10年の台風で倒れてしまったようです。
Img_5575w800

 千年杉と言えば去年行った屋久島の杉といっしょですね。
Img_5574w800

 がんばってたエネルギーのパワーを、お裾分けしてもらいました。
Img_5576w800

 下まで降りてくると、有名な當麻寺にちょっとご挨拶。
Img_5606w800

 平日で人も少なく静かな當麻寺でした。
Img_5635w800

 当麻寺駅まで辿り着いて、今日の行程は終わりです。
 腕時計の万歩計はちょっと多めに出るのですが、今日一日で約3万5千歩になりました。
Img_5640w800
 よく歩きましたが、体重はぜんぜん減っていませんでした(笑)

|

« 全天周映像研修 2020/01/14 | トップページ | ワイヤレスヘッドフォンその後 2020/01/18 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 全天周映像研修 2020/01/14 | トップページ | ワイヤレスヘッドフォンその後 2020/01/18 »