« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月

L6470の設定変更 2020/01/31

 L6470ステップモータドライバが壊れたのですが、去年の9月にも壊れているのでたった4ヶ月しか保っていない。
 原因を色々考えても良く分からない。
 L6470は過電流の場合、止まってしまう設定になっています。
 確かに電流を多く流すステップモータでは、3A流し続けるとモータもL6470チップも高温になりますが、現在のステップモータはそれほど流してないはず。
 L6470は定格で3Aを流すことができますが、できればその半分で使った方が良いと何処かに書いてありました。
 先日、電流センサーも買ったのでL6470の設定を確かめてみることにしました。
 いつも外に置いているのですが、それが原因では無いと思います。
Img_5921w800

 張りぼて望遠鏡架台の赤経駆動部ですが、まぁ、ごちゃごちゃですね。
Img_5935w800

 現在の赤経駆動ステップモータは、オリエンタルのPX243G01-02A ギヤーヘッド18:1で、大阪日本橋で中古で購入したものです。
 定格は、DC9.6V、 0.25A/相、コイル抵抗 38.4Ω/相 ユニポーラ型です。
Img_5937w800

 外したドライバとモータです。
Img_5942w800

 駆動させながら電流を測ります。
Img_5951w800

 電流センサーはいちおう組み立てました。
Img_5887w800

 ユニポーラ型のモータですが、L6470ステップモータドライバはバイポーラ駆動ですので、モータ配線のセンタータップを使わずにバイポーラ駆動しますので、コイル抵抗は定格の倍の約76Ωになっています。
 L6470ステップモータドライバへのモータ電源入力はDC24Vを使っています。
 マイクロステップ分割は、1/128 です。
 壊れたときの設定(kvalran=0xef)では電流が約0.63A/相、流れていて、定格よりは高いですが、モータはほんのり温かい程度で、チップも熱くはありません。
 波形の細かいぎざぎざは電流センサーのノイズです。
Img_5958w800

 原因が分からないので、ここは様子見として入力電圧を下げて(kvalran=0x60)電流値を約0.25A/相、としました。
 トルクは下がりますが、通常使いではたぶんだいじょうぶだと思います。
Img_5964w800
 これで、またしばらく使って見ることにします。
 壊れないことを祈ります(笑)

| | コメント (2)

火星 2020/01/29-30

 久しぶりに晴れそうなので午前5時起きで、ほぼ快晴状態でした。
 ところが準備して望遠鏡の電源を入れると、赤経が動かないびくとも動かない。
 動く可能性を探しましたが、結局のところL6470ステップモータドライバが壊れたみたい。
 慌てて予備の電流実験に使っているL6470と汗をかきながら交換、動作確認をして空を見上げると雲で火星が見えない。
 南東の超低空のの雲の隙間になにやら星、木星でした。
 雲は南の方だけで、北の大阪よりは晴れていました。
 火星が撮影できたのは空が明るくなってからなので、普通のセット撮影は諦めて、赤外だけの撮影となりました。
 太陽湖のあたりが何とか見えています。
Kmm2020012921h59mut

 雲の隙間から見えた木星、NEBが濃く、SEBが淡く見えていましたが、それだけでして、C14による撮影はまだまだ先になります。
Img_0185w800

 南の雲は西から東へと続いて、なかなか火星が見えませんでした。
Img_0201hdr08w800

 朝になって撮影したL6470交換現場です(笑)
 カメラを暖かい部屋に持ってきたので、露が着き、紗がかかっています。
Img_0216w800
 急に壊れると余裕なしでした。

| | コメント (0)

火星シーズン出だし 2020/01/26

 お天気悪いですね。
 今シーズンの火星の出だしを纏めてみました。
 視直径4秒台でこれだけ写ったら良しとしたいところですが、もうちょっとですね。
Mars20191228202001186setmoji
 そのうち良く写るでしょう(笑)

| | コメント (3)

電流センサー 2020/01/24

 お天気悪いので電子工作です。
 去年の末にステップモーターの回転振動を見るために、電流センサーとオシロでL6470ステップモータドライバのマイクロステップがちゃんと働いているかをテストして、このブログにもいっぱい画像を上げました。
 多くの人の意見を聞くと、低速回転の不安定さもあるが、その波形が正しく表示されているのかも疑問との声がありました。
 私も、100円で購入したトライダル型電流センサーを信用しきっていたわけではなかったので、もうちょっと良い電流センサーに挑戦してみることにしました。
 いちおうネットで勉強して、ホール効果型電流センサのICが良かろうと決めました。
 健康運動も兼ねて、またもや大阪日本橋までチャリで出かけました。
 共立やデジットも見たのですが、モジュールになっているのを売っていたのはここだけでした。
 表面実装用のICを半田付けできるかどうかは私には疑問ですので、ちょっぴり値段は高いですが、モジュールになっているものを購入です。
Img_5742w800

 まぁ、小さい基板です。
  Allegro MicroSystems社の ACS723チップを積んだモジュールで、モジュールとしてはSparkFunが作っています。
 AC/DC両方の電流が測れ、400mV/Aの出力電圧があって、5Aまで測れます。
Img_5759w800

 ブレッドボードを使って仮の組立です。
Img_5762w800

 ピンだけは半田付けしました。
Img_5768w800

 オリエンタルのステップモータ PKP246D15A と、L6470ステップモータドライバ(1/128マイクロステップ)を使ってテストしました。
 トライダルコア型電流センサで見たオシロ波形とは違って、かなり綺麗なサインカーブになっています。
 フォーカスモータとして使っていた低速です。(11.76Hz) 
Img_5776w800

 中速です。(32.35Hz)
Img_5782w800

 高速です。(70.99Hz)
Img_5778w800
 かなり綺麗ですね。
 ステップモータの実験をやり直さないといけませんね(笑)

| | コメント (2)

気流の高さを表示 2020/01/22

 去年の暮れにフォーカサーのピント位置を表示できるようにしました。
 そこで、もう少し欲が出てきて、焦点からの位置が分かれば望遠鏡からの距離が計算できるのです。
 もちろん天体は基本無限大ですが、焦点位置からピントを外にずらしていくと、えげつない気流の筋すじなどにピントが合います。
 この筋すじのピント位置が望遠鏡から気流までの距離になります。
 計算プログラムを追加すれば可能なはずですね。
 L6470ステップモータドライバとArduino nano の組み合わせです。
 今回、実験用に1台のL6470ドライバを組み立ててみました。ステップモータはオリエンタルのPKP246D15Aです。
Img_0112w800

 簡単な計算プログラムでいけるはずだったのですが、思ったより苦労しました。
 プログラムのミスでまともに動かないと思っていたら、結局ステップモータのPKP246D15Aの設定パラメータのトラブルだったのです。
 これに気づくまで随分と時間を要しました。
 分かってしまえば後は簡単です。
Img_0122w800

 Arduinoのスケッチ(プログラム)は、0÷0でエラーが出ないで、無限大(inf)が出るんですね、感心しました(笑)
Img_0126w800

 スケッチができ上がれば、フォーカサーのステップモータで動作確認です。
Img_0131w800

 動作確認ができれば、望遠鏡に使っているコントローラーのArduino nanoに書き込みです。
Img_0139w800

 ちゃんと動作し表示されました。
 ホントは高度の計算には、天体位置の座標計算が必要ですが、今回は簡単に高度30°として簡易計算しています。
 今シーズンの火星や木星に合わせています・・・変化しますが・・・。
Img_0148w800

 こんなんして何になるねん、と、言われるかも知れませんが、惑星撮影ではシーイングと言う一番大事なことに関わる気流状態を把握することは、とても大事なことと考えています。
 Windyなどの高度別の気流予報が出ているものと比較しながら、良い気流を待ちたいものです。
 いまだに、ジェット気流に悪シーイングを押しつけている人に、現実の悪気流はもっと低い空気の濃い、屈折率の高い気流に影響を受けていることをお伝えしたいと思います。
 まぁ、私が言ったぐらいでは無駄かもしれませんが、ボチボチと認識されたらイイナーっと思っています。
 自己満足かもしれませんが(笑2)

| | コメント (4)

曇り 2020/01/20

 朝5時ごろ眼が覚めると良く晴れていたので火星準備をしましたが、
Img_0048w800

 ADCを合わせたり準備万端で、火星の高度が上がるまで待っていましたが、
Img_0051w800

 ひまわりの映像を見ると西から雲がやって来ているのですが、まだだいじょうぶだと思っていましたが、
Img_0060w800

 しかし、6時ごろから雲がやって来て撮影できずでした。
Img_0091w800
 シーイングは非常に悪かったので・・・まぁいいか・・・

| | コメント (0)

月惑関西例会山科 2020/01/19

 月惑星研究会関西支部例会で京都山科へ行って来ました。
 会場はいつものアスニー山科です。
Img_5656w800

 人数は少数精鋭です。
Img_5658w800

 近況報告から始まり、Adachiさんによる木星の近況です。
Img_5664w800

 小白斑の合体画像がJUNOによって撮影されていますが、細部の流れをみんなで議論。
Img_5667w800

 続いて火星近況で、視直径4秒台の小さな火星ですが、世界中から報告が集まり始めています。
Img_5672w800

 関東のMizumotoさんが纏められた木星観測者列伝の紹介です。
Img_5673w800

 デニングさん
Img_5675w800

 アントニアジの火星スケッチ。
Img_5676w800

 村山定男さん。
Img_5678w800

 佐藤健さん・・・列伝に入られてしまった・・・。
Img_5679w800

 Arakawaさんの40cm DK がイギリスから年末に届いたお話。
 架台は以前方使っていたものを利用されています。
 まだまだ調整に苦労されているとのことです。
Img_5691w800

 最近、金星の雲の模様を撮影されている報告が多いので、スーパーローテーションなどのチェック。
Img_5701w800

 Kurodaさんから播磨遊星会の発足について報告です。
Img_5708w800

 私も、1月6日朝の火星まとめムービーなど報告しましたが、画像はありません。

 記念写真です。
Img_5715w800

 そのご、新年懇親会です。
Img_5722w800

 山科駅前ですが、いつもと違う店で夜は更けていきました。
Img_5733w800
 が、思ったより早くお開きになりました(笑)

| | コメント (0)

火星 2020/01/18-19

 南岸低気圧も東に去り、夜半ごろからは良く晴れました。
 シーイングは最悪では無いものの良くありません。
 模様の少ない地域で、面白くもありませんが、ちょっと雲が出ているのでしょうか、輝面リム側(右)が明るいようです。
Kmm2020011821h13mut

 火星時間は雲一つない快晴状態でした。
Img_0027hdr08df2w800
 B光も撮影してみたのですが、このシーイングでは全く画像にならずでした。
 シーイングが良くなるのを待ちたいと思います。

| | コメント (0)

ワイヤレスヘッドフォンその後 2020/01/18

 先日購入したBluetoothのヘッドフォンの音が時々途切れると言ってましたが、Bluetooth発振器の位置を変えると、ほとんど途切れなくなりました。
 最初はパソコンの裏側のUSB端子に繋いでいましたが、距離が近いとは言えヘッドフォンからはパソコン本体の影に隠れていたのです。
 そこで、念のため、パソコンの表側にあるカードリーダーのおまけに付いているUSB3.0の端子に繋ぐと音は途切れなくなりました。
 分かりにくいですが、黄色の矢印の先にBluetooth発振器があります。
Img_5646gb01w800

 ヘッドホンのパッド圧が強いので、パソコンにかぶせて広げています。
 有線は充電用のUSBケーブルです。
 これで安心して聞くことができます。

| | コメント (0)

どんづる峰から二上山へ 2020/01/16

 大阪と奈良の県境にある二上山へ、健康運動を兼ねて星仲間と山登りに行って来ました。
 山登りと言っても、一番高い二上山の雄岳で571mですから、まぁ、ハイキングでしょうか。
 近畿日本鉄道南大阪線の二上山駅から歩き始めました。
 最初は、どんづる峰(屯鶴峯(どんづるぼう))へ登ります。
 標高150mで低いのですが、火山性の岩山が隆起し褶曲した奇岩群があることで有名です。
 地学の研修で、ここに訪れることをよく聞いていましたが、私は初めてです。
Img_5428w800

 面積的にはそれほど広くはないのですが、なかなかの岩場です。
Img_5431w800

 ここはみなさん油断してか、滑り落ちる人も多いそうです。
Img_5458w800

 近くには採石場もあって、何だかな・・・
 屯鶴峰は遠くから見ると鶴が集まっているように見えることから名前が付けられているそうです。
Img_5440w800

 どんづる峰を後にして、いよいよ二上山に向けて登り始めます。
 落ち葉がいっぱいです。
Img_5475w800

 明るい映像がないのですが、何とかツツジが咲いていました。
Img_5477w800

 2時間ほど登ると馬の背で、雄岳と雌岳の間に到着です。
 思ったより標高差があるので、いっぱい汗をかいてしまいました。
Img_5519w800

 雄岳山頂はなんにもない・・・これだけ。
Rimg6614w800  

 雌岳側に移動します。
 ちょっと彩りです。
Img_5531w800

 雌岳に移動すると視界が広がってきました。
 こちら大阪側で、あべのハルカスや大阪のビル群が見えています。
Img_5540w800

 こちら奈良側で、畝傍山とかが見えていました。
Img_5550w800

 雌岳山頂は広場になっており日時計型のモニュメントもあって、平日なのに多くのシニアのみなさんが山登りを楽しんで居られました。
 我々のグループもここで昼飯です。
Img_5552w800

 昼食後、ひたすら下山ですが、途中に岩屋があり、そこには岩屋杉があって樹齢1千年の杉が横たわっていました。
 残念ながら平成10年の台風で倒れてしまったようです。
Img_5575w800

 千年杉と言えば去年行った屋久島の杉といっしょですね。
Img_5574w800

 がんばってたエネルギーのパワーを、お裾分けしてもらいました。
Img_5576w800

 下まで降りてくると、有名な當麻寺にちょっとご挨拶。
Img_5606w800

 平日で人も少なく静かな當麻寺でした。
Img_5635w800

 当麻寺駅まで辿り着いて、今日の行程は終わりです。
 腕時計の万歩計はちょっと多めに出るのですが、今日一日で約3万5千歩になりました。
Img_5640w800
 よく歩きましたが、体重はぜんぜん減っていませんでした(笑)

| | コメント (0)

全天周映像研修 2020/01/14

 もう、いらんのちゃう!と言われながらもプラネタリウム研修で最新の全天周映像を見てきました。
 大阪市立科学館での開催です。
 主に近畿のプラ担当のみなさんですが、関東からの参加もありました。
Img_5220w800

 たくさん見たのですが、これは花火の実写を取り入れた物語です。
Img_5208w800

 今年準大接近する火星に人を到達させるお話もありました。
 火星が思ったよりダスティに描かれていたので感心しました。
Img_5230w800

 その他、はやぶさ2やアポロ11号の物語があり、アポロ11号の月面着陸時は私が二十歳だったことを思い出し、50年も経っているのが不思議(笑)

 で、最後は懇親会で乾杯です。
Img_5239w800
 いつまで参加するのでしょうかね・・・

| | コメント (0)

火星 2020/01/13-14

 夜中ぐらいまでは晴れそうで雲の多い天気でしたが、明け方の火星時間には良く晴れました。
 低気圧が日本の周りにいっぱいの中での晴れで、シーイングを期待しましたが良くありませんでした。
 それでも何とか火星像を捉えることができました。
Kmm2020011321h34mut

 気温は4℃と少し寒いですね。
Img_5375w800
 イイシーイングが欲しい。

| | コメント (2)

深井会新年会 2020/01/11

 堺で惑星ネタで集まっている会の新年会です。
 じわじわと仲間が増えてきています。
 夜遅くには曇り予報ですが、夕方は晴れていて看板の横に金星が見えていました。
Img_5331w800

 まあ、乾杯からスタートです。
 ここの飲みほうだいは瓶ビールに小さなコップです。
Img_5338w800

 記念写真はいただき物です。
 三ツ目の広角で撮影されたものです。
Hukaikai2020w800

 なんやかやと話していると、あっという間に時間が経ちましたが、日付が変わる前になんとか帰ることができました。
Img_5366w800
 2020年の惑星にガンバです。

| | コメント (4)

半影月食 2020/01/11

 真剣な観測ではなく、火星用に眼が覚めたのでメモ写真です。
 ピークは過ぎていて、薄雲ありでコントラストは悪いです。
 タムロンのズームレンズ300mm手持ちです。
Dsc_1526cw1000

 薄雲がこの後もっと濃くなって、火星はできませんでした。
Dsc_1532hdr08w800df2
 半影月食は微妙ですね。

| | コメント (0)

1月6日朝の火星まとめムービー 2020/01/10

 1月6日朝の火星をまとめムービーにしてみました。
 この時期としては良かったシーイングですが、それでも動画を見ると模様がほとんど分かりません。
 画像処理ソフトのおかげだと言うことが良く分かります。




| | コメント (0)

火星 2020/01/09-10

 8日は低気圧通過後強烈な風が吹いていましたが、9日は雲は多いものの穏やかな晴れでした。
 ただ、偏西風に乗っかる雲が明け方近くまで通過し、ちゃんと晴れたのは6時ごろでした。
 シーイングは低層の北西からの流れが強いものの、最悪ではありません。
 ちょうど大シルチスがこちらを向いているので、モニター上でも時々その姿が見えていました。
 ヘラスが明るいのですが、撮影中はそれほどでもなく感じました。
Kmm2020010921h24mut

 多少の雲は残っていましたが、概ね晴れでした。
Img_5316w800

 ベランダでは望遠鏡を片付けながら、スタック処理まで終わらせるようにしています。
Img_5312w800
 最低限、この調子で撮影したいですね。

| | コメント (0)

ヘッドフォン 2020/01/09

 パソコン用に永らく使っていたワイヤレスヘッドフォンのRチャンネルから音が出なくなっていました。
 耳あてパッドもくたびれてきているので買い換えかな・・・思いながらも、修理してみることにしてみました。
 ヘッドフォンは可動部分もあるのでどこか断線しているぐらいかな・・・と始めました。
 で、分解していくと、どうもスピーカーの入り口まではシグナルが来ているようで、スピーカーを強く押すと音が出る。
 で、もっと分解して・・・とどめを刺してしまいました(笑)
 後から思えば、たんなる「天ぷら」だったようで、断線と思い込んでしまったいたために、開腹し過ぎてしまいました。
Img_5263w800

 で、修理不能になってしまったため、新しいヘッドフォンを買う羽目になってしまいました。
 壊してしまったワイヤレスヘッドフォンは赤外線タイプで、私の使用には音質を含め問題ありませんでした。
 ワイヤレスに慣れていると、有線のヘッドフォンはとっても邪魔で、ワイヤレス以外考えられません。
 ネットで最近のワイヤレスヘッドフォンを調べると、赤外線タイプは1種類ぐらいしかなく、他はBluetoothタイプになっていました。
 この前に大阪日本橋に行ったところだし、近場の量販店で探すことにしました。
 ワイヤレスヘッドフォンはそこそこ販売しているのですが、私のパソコンにはBluetoothの無線は付いていません。
 量販店にはBluetoothのアダプターがなく、堺のパソコン工房でやっとUSB-Bluetoothのアダプターを購入。
 ワイヤレスのヘッドフォンは量販店アウトレットで購入しました。
Img_5274w800

 ペアリングもなんとかでき、音質も普通でしょうか。ちょっと耳パッド圧が強いので、広げながら聞いています。
 音がちょっと途切れるときがあるのはBluetoothタイプのせい?私のパソコンのせい?ちょっと残念です。
Img_5279w800
 堺で探すのに健康運動を兼ね、歩いて店を巡りました。
 15km、19000歩・・・
 よくがんばりました。

| | コメント (0)

大阪日本橋へ買い出し 2020/01/06

 朝の火星の画像処理をしていると、観測用のパソコンから、ゴロゴロガーガーと異音がし始めました。
 開けて見てみると、8cmのケースファンが止まりかけながら必死に廻っていました。
 ベアリングでも壊れたのでしょうか。
Img_5194w800

 で、他にも買いたいものがあるので、大阪日本橋まで買い出しにチャリンコでまいりました。
 天王寺、阿倍野を通過です。
Img_5199w800

 大阪日本橋もパソコンパーツの店が減りました。
 あれやこれやぐるぐる巡って約1時間半ほど滞在です。
Img_5204w800

 通天閣の真下をいつも通過して人の賑わいを楽しんでいます。
Img_5206w800

 大和川を越えて堺まで帰ってくるともう夕方でした。
Img_5210w800

 今日の購入品です。
◯8cmのケースファンが2個、壊れたのは1個ですが、2個とも交換しました。これは付け替えるだけだったので簡単。
◯USB3.0のフロントエンドパネル、メインのデスクトップパソコンのUSB3.0端子をフロントに引き出すものなんですが、今使っているヤツが認識悪く、USB2にしか認識しなくなってきていました。色々触ってみたのですが、どうもコネクタ端子の接触不良らしい結論に達していました。ものは同じですが新しいものに交換で、さしあたりちゃんとUSB3.0 に認識するようになりました。
 ですが、ケーブルを通しているときに起動用ハードディスクの電源を外してしまったようで、パソコンが起動しなくなって慌てました。そして電源を戻しても、他のハードディスクを繋いでいると起動ディスクがありませんとパソコンから怒られました。結局、SATAの順番を変えて、起動ディスクをSATA一番に持ってくると上手くWindowsが立ち上がりました。久しぶりにマザーボードの取説を読んだりして時間がかかりました。
◯左のパーツはL6470の組立や実験に使うΦ2.1のコネクタやブレッドボードに使うピンコードです。
Img_5226w800

 で、疲れたので最後はいただき物のお酒で労を癒します。
Img_5231w800

 今日は良く動きました(笑)

| | コメント (0)

火星 2020/01/05-06

 夜半ごろまで晴れたり曇ったりを繰り返していましたが、明け方には快晴になりました。
 移動性の高気圧が北から南下してくると言う晴れ方で、シーイングはイマイチと思っていましたが、6時半から約30分ほど気流がよくなりまずまずの火星像が得られました。
 特に低層の気流は、東から、南から、北からと変化して複雑なシーイングになったようです。
 地上は東からの微風でした。
 ヘラスがぽっこり白く写りました。
Kmm2020010521h38mut

 久しぶりの雲無しです。
Img_5178w800

 気温は約3℃と一番の冷え込みでしょうか。
Img_5186w800
 これぐらいシーイングが良くなると、撮しがいがありますね。

| | コメント (0)

火星 2020/01/04-05

 一般の天気予報では晴れが続いているのですが、日本海から流れ落ちてくる雲が続き天気はかなり不安定です。
 今日も結局雲間、晴れ間での撮影でした。
 雲がやって来るとシーイングは悪くなり、4秒角の火星が千切れ飛びます。
 LRGBも撮影しましたが全く火星像にならず、IR742の赤外像だけがなんとか火星になりました。
Kmm2020010422h11mut

 日本海から落ちてくる雲はいやですね。
Img_5126w800

 ひまわりの映像でもはっきりとは分かりません。
Img_5129w800
 地上はほぼ風もなく静かだったのですが、北からの気流はなかなか激しかったようです。

| | コメント (0)

しぶんぎ新年会 2020/01/03-04

 奈良室生にある共同観測所で、しぶんぎ座流星群と合わせて例年新年会をしています。
Img_5059w800

 お正月に合わせて「赤」です。
Img_5065w800

 上弦の月が輝いています。
Img_5067w800

 今日のビールは「星と乾杯。」です。
Img_5110w800

 もちろん乾杯です。
Img_5118w800

 天気予報よりは雲が多かったのですが、そこそこ晴れた時間帯もありました。
 私はフィッシュアイレンズで放置撮影したのですが、オートフォーカスを切り忘れて半分以上ボツでした。
 まともに写った流星は1個ですが、しぶんぎ群ではなく散在流星のようです。
Dsc_9947hdr08w800
 さぁ、次ぎにいけるのはいつになるでしょうか。

| | コメント (0)

2020を創ってみました。 2020/01/02

 「2020」で、みなさんご挨拶をされているので「2020」を創ってみました。
 細かいことは気にしないでください、雰囲気です(笑)
20201
 火星は今朝の火星ですがIRに色づけしています。

| | コメント (0)

火星 2020/01/01-02

 5時ごろ眼が覚めたのですが曇っていました。
 6時ごろに近づいて雲がなくなって、慌てて準備しましたが、まだまだ慣れないので導入に結構時間がかかります。
 シーイングは酷かったのですが、IRの最後になって少し良くなり、火星のリムが瞬間見えるようになりました。
 LRGB画像と大きく解像度が違うのはシーイングの所為です。
Kmm2020010121h38mut

 世界時では1月1日ですので、世界時のご来光と記念写真です。
Img_5167hdr07df2w800
 もうちょっとシーイングが良くなって欲しいですね。

| | コメント (0)

あけおめ 2020/01/01

 夜明け、火星が見えるんじゃないかと思ったのですが、天気予報は全滅で火星時間は曇りでした。
 朝は年賀状の整理をして、昼からは近場の金岡神社へ初詣です。
 並ぶ列は例年どおり長いのですが、今年は思ったより早く30分ほどで到着です。
Img_4999w800

 今年は子の年ですが、来年は丑の年・・・危ない状況です(笑)
Img_5002w800

 運試しのおみくじも引きました・・・末吉・・・でした。
 どうやら静かに生きなさいと言うことらしい。
 今年は日食にも行かないし、準大接近の火星で静かにしておきます。
Img_5004w800

 今年もよろしくお願いします。

| | コメント (0)

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »