« フォーカサーの位置読み取り再測定 2019/12/04 | トップページ | 寒いけどテニス 2019/12/07 »

明石でプラネタリウム研修 2019/12/06

 近畿地域のプラネタリウムワーキンググループの研修会が明石市立天文科学館でありましたので、参加してきました。
 研修の前にプラネタリウム投影「2020年の天文現象」を見学。
 寝ていませんよ、たぶん(笑)
Img_4795w800

 今日の研修はユニバーサルデザインやインクルージョンのあれこれです。
 メインは、臼田-佐藤さんの「国立天文台におけるユニバーサルデザインの取り組みについてでした。
Img_4808bw800

 木星の点図です。
 大赤斑もちゃんとあります。
Img_4823w800

 こちら3Dプリンターで作った触れるすばる望遠鏡で、初級者用と上級者用に別れます。
 主鏡部分は3Dプリンターでは精度が出ない(凸凹になる)ので、別途、プラスチック製の球面を配置しています。
Img_4826w800

 明石の鈴木さんによる、特別展「ユニバーサルデザイン展~やさしい天文展示~」についてです。
Img_4829w800

 3Dプリンターで作られて火星がありました。アルギュレやオリンポス山もありました。
Img_4838w800  

 記念写真です。
Img_4852w800

 で、待ちに待った懇親会で乾杯です。
Img_4865w800

 なかなか充実した研修会で、家に帰り着いた時はちょうど日付が変わっていました・・・。

|

« フォーカサーの位置読み取り再測定 2019/12/04 | トップページ | 寒いけどテニス 2019/12/07 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フォーカサーの位置読み取り再測定 2019/12/04 | トップページ | 寒いけどテニス 2019/12/07 »