« 木星 2019/05/04-05 | トップページ | GRS強調 2019/05/09 »

木星 2019/05/07-08

 朝から1日中ほぼ快晴が続く空でした。
 寒気を引きずりこんできた移動性高気圧で、昼間は北風がそこそこ強く吹いて、あまり良好なシーイングは期待していませんでした。
 しかし、夜半になって覗いてみると思ったより酷いシーイングではありませんでした。
 気流の流れは各階層で見られるものの、大ボケはありません。
 しかし、まずまずのシーイングも最初のうちだけでじわじわと悪化していきました。
 大赤斑が中央にやって来るころには詳細が見えなくなってしまいました。
 一番良く写った最初のセットです。
Kmj2019050716h28mut

 じわじわと、ディティールが写らなくなってきました。
Kmj2019050717h00mut

 せっかくの大赤斑周りに事件が起こっているというのに、まともに捉えられずで残念でした。
Kmj2019050717h35mut

 木星撮影時で気温9℃とかなり寒い・・・
 これは夕方準備中で主鏡と外気温の差は4℃あまりありました。
 夕方の時点でファンONしています。
Img_8765hdr03w800

 透明度良く、なんとさそり座の尻尾が見えるクリアーな空でした。
Img_8812hdr23w800

 ひまわりで見ても快晴です。
Img_8822w800

 Windyでは3000mまで激しい気流はありません。
Img_8825w800

 寒気による気流があるかと思ったのですが強くはありませんでした。
 木星の視直径も大きくなってきましたので、あとは気流待ちですね。 

|

« 木星 2019/05/04-05 | トップページ | GRS強調 2019/05/09 »

惑星撮影」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 木星 2019/05/04-05 | トップページ | GRS強調 2019/05/09 »