« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月

土星 2019/05/29-30

 木星が終わったあと土星がそこそこ見えていたので撮してみました。
 それほど気流も良くないので、写りもそこそこでした。
Kms2019052916h59mut

 やっぱり今年も不遇な土星です。

| | コメント (2)

木星 2019/05/29-30

 雨を降らした前線が遠ざかり、晴れてきました。
 若干気温が下がってきたのですが、木星時間で17℃ぐらいでした。
 シーイングはあまり良くありません。どちらかと言うとブヨブヨ状態です。
 それでも大赤斑がこちらを向くので外す訳には行きません。
 シーイングが悪い割にはまずまずの写りです。
Kmj2019052915h38mut

 相変わらず大赤斑が危なそうです。
Kmj2019052916h15mut

 大赤斑は急速に縮小傾向だそうで、当分は楽しめます(笑)

 ひまわりで見るとほぼ快晴です。
Img_9885w800

 Windyでは4200mで随分と色が変わっていますが、もっと低いところのブヨブヨ気流が大きかったようです。
Img_9892w800

 良いシーイングが欲しいな・・・

| | コメント (0)

木星 2019/05/26-27

 高気圧が東寄りに移り西から雲がやって来ました。
 濃い雲ではありませんが昇ってきた月はオレンジ色で朧月でした。
 私の眼ではアンタレスが見えません、土星も微妙でした。
 木星の暗さは主にソフトゲインをいじって見た目明るくしましたがノイズまみれでした。
Kmj2019052615h03mut

 この時が一番シーイングが良かったようですが、キャプチャ中はノイズに埋もれて分かりませんでした。
Kmj2019052616h09mut

 大赤斑が出てくるのでがんばったのですが、いつ本格的に曇るかひやひやものでした。
Kmj2019052616h58mut  

 最後は薄雲が濃くなってきたのですが、モノクロを撮る余裕がなくカラーカメラだけ撮り続けました。
 派手目になっています。
Kmj2019052617h30mut

 大赤斑からは、またしても赤い雲が剥がれているようですが、この雲とシーイングでは詳細は写らずでした。
 まだまだ、大赤斑周辺は変化があっておもしろそうです。

 東の空に昇ってきた月はオレンジ色で高くなってもオレンジ色でした。
Img_9781bhdr27w800

 近畿にも薄雲がかかっていました。
Img_9802w800

 Windyでは7000mまで大きな気流がありませんでしたが、西からの気流が一番メラメラとやって来ていたので、赤くはないですがこのあたりの気流でしょうか。
Img_9811w800

 北海道で39.5℃とか、なかなか大変な木星シーズンですね。

| | コメント (0)

5月25日朝の木星纏めムービー 2019/05/26

 朝と言えない時間帯ですが、5月25日午前1時半ごろの木星を纏めムービーにしてみました。
 気流の酷さがムービーで良く分かると思います。
 北から北西からの気流でメラメラでした。
 ネットでの報告を見ていると、西日本、大阪よりももっと西の方がシーイングが良かったみたいです。




| | コメント (0)

久しぶりのズージャー 2019/05/25

 久しぶりに誘われてジャズを聴きに行きました。
 堺では有名な鰻屋さんの2階で、畳の間でのライブです。
Img_9733w800

 チラシもオリジナルでなかなか凝っていました。
 私はワンドリンクです。
Img_9738w800

 ボサノバとフリージャズのジャンルが違うジャズですが、二人のセッションはなかなかのものでした。
Img_9753w800

 どう言うわけかは分かりませんが、打ち上げに参加です(笑)
Img_9764w800

 久しぶりに濃いーーぃ人たちの集まりに昔を置くことができました。

| | コメント (0)

木星 2019/05/24-25

 晴れが続いていますが、シーイングはあまり良くありません。
 今日は中層低層は北や東やら右往左往していてぼやけています。
 中層から高層にかけては北西からのメラメラ気流で大揺れです。
 ただ、瞬間的にと言うか模様がチラチラ見える時もあり、スタックソフトにがんばって貰うしかありません。
 前回、大赤斑中央でシーイングが悪く残念な思いをしたので、今日は大赤斑中央に気合いを入れて臨みました(笑)
 シーイングは時の運ですが、なんとかまともな大赤斑を捉えることができました。
 シーイングの良いところにはかないませんが、このシーイングの中では良く写ったと思います。
 大赤斑は壊れることなく存在していますが、赤いはみ出しはまだ見えていました。
Kmj2019052416h30mut

 ひまわりで見ると快晴です。
Img_9718w800

 今日、Windyでは5500m以上の高度でも北からの気流です。
Img_9725w800

 気温は20℃と暖かくなりました。
Img_9701w800

 なかなかシーイングは良くなりませんね。
Img_9711bw800

 晴れは続きそうですが、シーイングも良くなって欲しい。

| | コメント (0)

プラリニューアル 2019/05/23

 今年3月にリニューアルされた大阪市立科学館のプラネタリウムを見学する研修会があったので参加してきました。
 いつも書いてますが、現役を離れて久しいのでどれぐらい役に立つか微妙です。
Img_9502w800

 研修会は大阪プラネタリウム連絡会と日本プラネタリウム協議会近畿地域WGの合同開催で、約50人のプラネタリウム関係者が集まっています。
 近況報告など報告をするのですが、私は「木星の大赤斑がえらいこっちゃです」と報告しました。
Img_9584cw800

 展示などもリニューアルされているのですが、2台のプロジェクターを使ったダジックアースは非常に綺麗でした。
Img_9556w800

 メインのリニューアルはプラネタリウム機本体です。
 星の数を増やす方向ではなく、綺麗な星空を再現するようになり恒星も明るくなって歳寄りの眼にも優しくなっていました。
Img_9600w800

 コンソールも更新されていました。
 操作性が肝心とレイアウトなどはあまり変更しなかったそうです。
Img_9614w800

 で、研修が終わると懇親会です。
Img_9638w800

 ここは鳥料理で、アボガドとささみかな。
 美味しくいただきました。
Img_9641w800

 私は直ぐに生ビールに変更です。
Img_9642w800

 この後、夜遅くまで意見交換がなされ、大阪の夜は更けていきました。

| | コメント (0)

木星 2019/05/22-23

 昼間は時折雲が広がるもののまずまずの青空でした。
 今日は大赤斑がこちらを向くので少し早めに準備しました。
 黄色い月が昇ってくるころ木星はまずまずの高さになりました。
 シーイングは良くありません。
 低層は北から東からのメラメラ。中層は西からの怒濤の流れ、高層は南西からの気流で川底状態。
 しかし、日付が変わるころから少しずつシーイングが落ち着いてきました。
 大赤斑の形がおかしい。
 モノクロでキャプチャ中に見ると歪で巨大で異様な大赤斑になっていました。
 大赤斑の赤みが左上にはみ出しています。
Kmj2019052214h35mut

 大赤斑が中央の時が一番シーイングが悪く、ボツになりました。
 中央を過ぎるころからシーイングが少し良くなりました。
Kmj2019052215h19mut

 同じような木星が続きますが少しずつ良くなっています。
Kmj2019052215h39mut

 大赤斑が端に近づいてくると、ますます良く見えるようになりました。
Kmj2019052216h01mut

 一番端っこにやってきた時が一番シーイングが良かったようです。

 もうちょい良いシーイングで捉えたかったですね。

追記:大赤斑が正面のがシーイングが悪くてボツになっていましたが、情けないので前後を含めた54分にわたるDerotationを行ってなんとか画像にしてみました。
Kmj2019052214h56mut

| | コメント (2)

木星 2019/05/21-22

 久しぶりに晴れました。
 影響の強かった高気圧は北太平洋の方へ動いてて行ってその影響はほぼ無くなりました。
 しかし、シーイングは良くなっていません。
 中層高層には西からの怒濤のような気流が流れていまして詳細は見えずでした。
Kmj2019052115h59mut

 1セット目のあとは雲がやって来てシーイングはもっと悪くなりました。
 大赤斑が見え始めましたが、今日はここまでです。
Kmj2019052117h38mut

 1セット目はかろうじて雲から外れていました。
Img_9303hdr27w800

 ひまわりの画像では淡い雲が発生しながら偏西風に乗っかっているようですね。
Img_9326w800

 Windyでは5500mで見るとロシアにある大きな低気圧を中心に偏西風も雲も、つられて廻っているようでした。
Img_9351w800

 せっかくシャッフルしてくれた空ですが、明日の方が良いかもしれませんね。

| | コメント (0)

今夜はお休み 2019/05/17

 今日は昼ごろから雲が増え、夕方には雲がいっぱいで朧月になりました。
 続いた木星も今夜はお休みです。
Img_9269hdr08w800

 しばらくお天気が悪い予報ですが、それも困ったものですが。

 こちらのわがまま都合によりますが、酷いシーイングを一度シャッフルしていただきたいと・・・(笑)

| | コメント (0)

木星 2019/05/16-17

 メラメラボヨボヨの気流!
 ぜんぜんシーイングは良くなりません。
 中層低層は北東から東から、高層は北西から西から。
 どれもそれほど速度は速くありませんのでメラメラボヨボヨでした。
Kmj2019051616h14mut

 3時ごろに向かって少しだけ良くなってきましたが、まだまだでした。
Kmj2019051617h17mut

 今回の高気圧晴れ間パターンでは、こちら良くなりそうにないですね。

 16日、昼間の空はこんな雲がありました。
Img_9139hdr03w800

 ひまわりで見ると夜は概ね晴れです。
Img_9210w800

 Windyでは5500mで、良さげに見えるのですがね。
Img_9228w800

 ひたすら待つしかないようです。

| | コメント (0)

木星 2019/05/15-16

 遠ざかった高気圧の力が強いのか先週末までの天気予報と違って概ね晴れが続きました。
 昨夜よりは雲の量が少ないのですが、シーイングは昨夜とあまり変わらずで、よくありませんというか酷いに近いです。
Kmj2019051515h53mut

 1セット目が終わると北東から雲が湧いて来ました。
 しっかりとした低い雲です。
 その後晴れてましたが、シーイングは良くなりませんでした。
Kmj2019051517h52mut

 ひまわりの赤外画像では雲はないのですけどね。
Img_9108w800

 1セット目終了後にやって来た低い雲です、
Img_9125w800

 酷いシーイングをGIFアニメにしてみました。
 気流にピントを合わせています。(画像をクリックすると動きます)
Seeingpoor20190515a4h

 ネット情報ではシーイングが良いとの情報が流れていましたが、うちは残念でした。
 セブ島やオーストラリア Rubyvale と対抗できるようなシーイングが欲しい(笑)

| | コメント (0)

木星 2019/05/14-15

 夕方まで雨が降っていましたが、夜遅くには晴れてきました。
 完全に雲が取り切れていないのか、透明度も悪くシーイングも最悪一歩前でした。
 ほとんど写っていない画像を無理やり処理した感があり、なぜかパステル調になってしまいました。
 まぁ、今日はこのへんで妥協です。
Kmj2019051417h56mut

 ぱっと見には見えない薄雲があって、木星が暗くなると露でも着いたのかとCPを見るのですが普通でした。
 薄雲が多かったようです。
Img_9041hdr04w800

 ひまわりの画像を見ると際どい晴れ方ですね。
Img_9048w800

 悪気流は、南海上にある前線に存在する低気圧から温風が回り回って東風となって直撃し、偏西風の風とバトルしているみたいでした。
 Windyでの5500mの画像で、このあたりの気流と中層の気流が戦っていたのだと思います。
Img_9053w800

 そろそろ際どく晴れて、シーイングが良い空になって欲しい。

| | コメント (0)

5月13日朝の木星纏めムービー 2019/05/14

 5月13日朝というか午前2時ごろの木星を纏めムービーにしてみました。
 シーイングは乱高下あるし、透明度が悪くゲインをいっぱい上げているのでノイズもいっぱいです。
 それでも画像処理をすると、それなりの木星像ができました。




 でも、やっぱり良いシーイングで撮影したいですね。

| | コメント (0)

木星 2019/05/12-13

 大赤斑が正面を向くので待ち構えようとしていたのですが、ちょっと早いと一寝入りしたら、大赤斑が危うく過ぎ去ろうとしていました。
 シーイングはここのところと同じで、大揺れ大ボケはないのですが詳細は見えない状態です。
 今日は西からの偏西風の気流がやや目だっていました。
 それでも大赤斑があると言うことは良いことです(笑)
Kmj2019051217h04mut

 時間とともにシーイングは悪くなっていきました。
Kmj2019051217h35mut

 夕方の時点では雲があるものの晴れが広がっていました。
 C14もこうやって撮すと光沢があってボロボロ加減が写りません。
Img_8989w800

 夕方の時点ではこんな雲もありました。
Img_8990w800

 なかなか凄い良好なシーイングには出会いませんね。

| | コメント (0)

土星 2019/05/11-12

 木星の後、久しぶりに土星に望遠鏡を向けてみました。
 気流は木星とは違って中層低層の気流が東からの大メラメラでした。
 しかししばらくすると、それが落ち着いてきたのです。
 モニター上で一瞬ですが、カッシーニの隙間が全周で見える時がありました。
Kms2019051118h42mut

 そこそこ写りましたがまだまだですね。
 カメラ側のゲインを土星も上げてみました。
Img_8970w800  

 木星に続いているのでなかなかチャンスはなさそうです。
 土星が終わって片付けていると、すでに薄明が始まっていました。
Img_8981w800

 今シーズンの土星も不遇のシーズンになるのでしょうか。

| | コメント (0)

木星 2019/05/11-12

 昼間はイイ天気でしたが、ひまわりの画像を見ると木星時間にはまたしても偏西風に乗っかった雲がやって来そうでした。
 ただ、雲は疎らでやって来ても撮影はできそうと思っていたのですが、木星時間になるまでに消えてしまったようです。
 相変わらず透明度は悪く、眼視で覗くとリムも見えてまずまずのシーイングに見えましたが、ずーっとぼけていて詳細が見えません。
 大揺れ大ボケはないのですが困ったものです。
 撮影の後半に入ると少しシーイングが良くなり、まずまずの木星像となりました。
Kmj2019051115h59mut

 目だった模様の無いところはなかなか元気が出ません。
Kmj2019051117h00mut

 ようやく永続白斑が姿を見せてくれました。まずまずです。
Kmj2019051117h59mut

 透明度の悪いものの、雲が来なかったので安心して撮影できました。
Img_8943w800

 今日は透明度の悪い分、ソフトゲインではなくカメラ側のゲインを上げてシャッター速度を確保しました。
 どちらにしても荒れ荒れですがやむを得ません。
Img_8961w800

 気温は17℃と4月の寒さはなくなったようです。

| | コメント (0)

堺のんびりクルーズに乗ってきました。 2019/05/11

 堺に住んでウン十年が経っていて、曲がりなりに少しは堺の歴史も勉強しました。
 あまり身には付いていませんが・・・
 中世に栄えた堺は町を守るために環濠を作りました。
 歴史の中で埋め立てられたりして、その一部しか残っていませんが、環濠を整備し、そこをクルーズで観光案内しているのです。
 初めての乗船です。
Dsc_5913w800

 現在はNPOで運営されており、観光ガイドも堺の歴史を踏まえながら楽しくガイドされていました。
Dsc_5939w800

 主に内川と呼ばれる環濠と、旧の堺港を案内してくれました。
 堺港にある龍女神像です。
Dsc_5946w800

 港の出口にある歴史壁画ペイントです。
Dsc_5957w800

 日本で一番古い西洋式木製燈台です。
Dsc_5966w800

 イイ天気で、波も穏やかなクルーズ日和でした。
 春の桜シーズンが一番だそうです。

| | コメント (0)

木星 2019/05/10-11

 大赤斑がこちらを向いている時は雲が濃く、ようやく雲が薄くなった時は大赤斑が沈みかけになっていました。
 ひまわりに写りにくい雲が流れ、輝度変化も激しく、シーイングもボロボロでした。
Kmj2019051016h58mut

 まぁ、疲れるお天気ですね。

 これは夕方の準備中の空です。
Img_8883w800

 ひまわりの映像に出にくい雲がいっぱいです。
Img_8901w800

 高度がそこそこあるので街明かりに照らされず、眼視的にも見にくい雲でした。
Img_8896hdr03w800

 視直径が大きくなっている木星ですので、眼視的にもそこそこ見えそうなんですが。
 待つしかないですね。

| | コメント (0)

木星 2019/05/09-10

 一般の天気予報は晴れなんですが、西から偏西風に乗った雲がやって来ていました。
 薄雲を通してなんとか撮影することができました。
 最初はまずまずのシーイングでしたが、雲が通過してるとシーイングも透明度も悪化です。
 永続白斑BAの右下にある暗斑が青緑色に写りました。
Kmj2019050916h45mut

 大赤斑が出てくるころはとても不安定で、木星の輝度も変化し対応に忙しかったですが、これまたなんとか撮影することができました。
Kmj2019050918h38mut

 ひまわりの画像を見ると、次から次へと雲がやって来ています。
Img_8833w800

 Windyでは4200mまでの気流はまずまずで、今日の主な悪気流は通過している雲と同じ高さだと思われます。
Img_8848w800

 高層だけでなく低い雲も流れましたが、低い雲の量はは少しでした。
Img_8854hdr06w800

 キャプチャ中のヒストグラムですが、透明度不足をソフトゲインでカバーしているため、ヒストグラムが歯抜けになっています。
Img_8864w800

 なかなか良いシーイングと透明度とはやって来ませんね。

| | コメント (0)

GRS強調 2019/05/09

 5月7日(UT)の3セット目を強調処理してみました。
 大赤斑から赤いヒゲが出ているのようなので、画像処理の時間をかけてやり直してみました。
 時間がかかった割にはも一つですが、せっかく処理したのでアップします。
Kmj2019050717h35mutgrs

 やはり元がちゃんと写っていないと強調しても迫力に欠けますね。

| | コメント (0)

木星 2019/05/07-08

 朝から1日中ほぼ快晴が続く空でした。
 寒気を引きずりこんできた移動性高気圧で、昼間は北風がそこそこ強く吹いて、あまり良好なシーイングは期待していませんでした。
 しかし、夜半になって覗いてみると思ったより酷いシーイングではありませんでした。
 気流の流れは各階層で見られるものの、大ボケはありません。
 しかし、まずまずのシーイングも最初のうちだけでじわじわと悪化していきました。
 大赤斑が中央にやって来るころには詳細が見えなくなってしまいました。
 一番良く写った最初のセットです。
Kmj2019050716h28mut

 じわじわと、ディティールが写らなくなってきました。
Kmj2019050717h00mut

 せっかくの大赤斑周りに事件が起こっているというのに、まともに捉えられずで残念でした。
Kmj2019050717h35mut

 木星撮影時で気温9℃とかなり寒い・・・
 これは夕方準備中で主鏡と外気温の差は4℃あまりありました。
 夕方の時点でファンONしています。
Img_8765hdr03w800

 透明度良く、なんとさそり座の尻尾が見えるクリアーな空でした。
Img_8812hdr23w800

 ひまわりで見ても快晴です。
Img_8822w800

 Windyでは3000mまで激しい気流はありません。
Img_8825w800

 寒気による気流があるかと思ったのですが強くはありませんでした。
 木星の視直径も大きくなってきましたので、あとは気流待ちですね。 

| | コメント (0)

木星 2019/05/04-05

 またもや薄雲を通しての撮影となりました。
 シーイングも大きな揺れはないのですが、細かい模様がずーっと見えない。
 永続白斑BAが中央にやって来ています。
Kmj2019050417h41mut

 Windyでは激しい気流は見られないので、シーイングも良さそうに思ったのですがダメでした。
 ピンボケ法で気流を見てみると、中層から低層は概ね東風で、高層は西風、最高層はは西南西の気流でした。
 どうやら、中層と高層の境目が180°違った真逆の気流によって右往左往しているためだと思われます。
 Windyで見ると、4200mまでの高度は東風でした。
Img_8755w800

 5500mを超えると西風に変わっていました。
Img_8757w800

 せっかく移動性高気圧が日本上空にやって来ているのに残念でした。
 でも、日本の何処かで良い気流になっているかも知れませんね。

| | コメント (0)

5月3日の朝の木星纏めムービー 2019/05/04

 5月3日朝の木星をを処理した纏めムービーを作ってみました。
 薄雲を通してで、ゲインをいっぱい上げているので、ノイズがギラギラです(笑)
 状況があまり良くない割にはそこそこ写っています。




 今年はなかなか良いシーイングには出会わないですね。

| | コメント (0)

木星 2019/05/03-04

 低気圧前線に伴う雲の南下が予想よりも遅く、なかなか快晴にはなりませんでしたが、一般的には晴れ。
 午後であちこちに発生した入道雲が場所によっては雨を降らしたらしい。
 夕方までは雲が多めでしたが、夜半にはすっかりと晴れ渡りました。
 Windyでは酷い気流は無さそうに見えていましたが、実際見てみると中層の北西からの気流が激しく、気流速度はそれほどでもないのですがメラメラ、べろんべろんに流れており、見えそうで見えない気流になっていました。
 このあたり、大赤斑もないし、見映えせずです。
Kmj2019050316h57mut

 1時間経っても変わり映えしませんでした。
Kmj2019050317h54mut

 これは夕方の雲で南西方面を見ています。
 低い雲はほぼ流れずに、その位置で消えていきました。
 白い雲は前線に伴う雲ですが、南西から北東に向かって忙しく流れていましたが、木星時間には関係がなかったようです。
Img_8681hdr07

 木星時間には前線に伴う雲は随分と遠ざかっています。
Img_8709w800

 Windyでは5500mあたりまで強い気流は無いのですが、このあたりの北西からの気流が悪さをしていたみたいです。
 気流速度だけではシーイングは計れないようですね。
Img_8715w800

 晴れて期待しましたが、シーイングはも一つでした。

| | コメント (0)

木星 2019/05/02-03

 十日ぶりの木星です。
 移動性の高気圧がやって来て晴れそうなんですが、西から偏西風に乗っかる雲が南下しきれないで、薄雲の下での撮影となりました。
 ちょうど大赤斑が出てくる時間と重なっているので、雲を通しての、やや無理やり撮影でした。
 今、木星で一番賑やかなとこでしょうか。
Kmj2019050217h13mut

 時間的にはじわじわとシーイングが悪くなっていきました。
Kmj2019050217h38mut

 一般的な天気予報では晴れですが、ひまわりの画像では雲です。
Img_8593w800

 高層の雲だけではなく、日本海にいる低気圧に伴った低い雲も残っていました。
Img_8597hdr25w800

 Windyでは3000mまで穏やかな気流になっていました。
Img_8657w800

 薄雲を通しているので、ゲインやシャッター速度などいろいろ触ってもノイズだらけですね。
Img_8670hdr03

 気温は15℃と、夜中にしては楽になる気温でした。
 もうちょっと透明度良く晴れて欲しいですね。

| | コメント (0)

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »