« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月

行く年、来る年・・・みたい 2019/04/30

 今日のテレビなどを見ていると、流れが「行く年、来る年」みたいに見えています。
 私は星をし始めてから西暦中心で記憶が動いているので、星を始めるまでは昭和、平成はこどもの世代、あまり記憶に色濃くは残っていません。
 若いころは「0ゼロ」のない数列に、今ごろ意味はないと思っていました。
 でも、今はどっちでもイイというか、一つの歴史なんだろうと思えるように丸くなりました。
 で、12歳、歳下の甥から貰ったお酒があったので乾杯!
Img_8544bw800

  このお酒は、とあることで私に「がんばってください!」と応援でいただいたものです。

  やっぱ、火星大接近は2003年、チリ日食は1994年、メキシコ日食は1991年・・・元号では計算できない・・・(笑)
 

| | コメント (2)

若菜祭 2019/04/27-28

 奈良県の室生にある共同観測所の開所記念を祝っての集まりです。
 今年で41年になりました。
 良く続いているものだと思います。
Dsc_5759w800

 今日も例年の如くBBQ主体で乾杯です。
Dsc_5772w800

 メンバーのお孫さんも入って今年は賑やかでした。
Dsc_5776w800

 室生観測所の看板は彗星の軌道計算などで有名な故長谷川一郎先生の直筆です。
Dsc_5797w800

 夜に入って二度目の乾杯です。
 あぁ、星見てる人は星を見ています。
Dsc_5837w800

 明け方には気温が2℃まで下がり霜が降りて車はびしばしに凍っていました。
 こんなに寒い若菜祭はあまり記憶にありません。
 28日は汚れているドームをぴかぴかにしました。
 ただ、購入当初のような光沢はだんだんと出なくなってきました。
Dsc_5867w800

 観測所の周りには芝桜を植えてくれていますので、年々広がってきています。
Dsc_5889w800

 最後まで残ったみんなで記念写真です。
Dsc_5900hdr07w800

 利用率の減っている観測所ではありますが、メンバーによるリモート望遠鏡へ改造などが始まっており、この先どうなりますでしょうか。
 もっと使わなかったらもったいないですね。

| | コメント (0)

木星 2019/04/22-23

 昼間は夏日になるところが多く夏が近づいて来ています。
 透明度は悪く偏西風に乗った雲が近畿まで届き始めました。
 Windyではまずまずの気流に見えるので、期待しましたがダメでした。
 中層下層は東からの気流で思ったより流れが速く、時折鞭でしばかれた様に木星が踊ります。
 高層は西からの気流ですが中層との境目がグチャグチャしていますので、高層の筋気流は良く見えませんでした。
 透明度もシーイングも悪いので、セット2とセット3の両方を使って木星像を作ってみました。
 エウロペの影が二つ見えるのはそのせいです。
Kmj2019042219h42mut

 ひまわりの画像で見るとすでに薄雲が届いていました。
Img_8498w800

 Windyでは3000mまで穏やかそうな気流スピードになっているのですが。
Img_8507w800

 上空にはジェット機雲が頻繁に現れました。
Img_8412hdr08w800

 せっかくの大赤斑経度でしたが残念でした。
Img_8445hdr03w800

 しばらくは晴れそうにない天気予報です。

| | コメント (0)

東吉野の高見の郷 2019/04/22

 友人から高見の郷の枝垂れ桜が満開でとってもきれいだったとの情報を得て、急遽、枝垂れ桜を見に行くことになりました。
 堺から片道約65kmで、距離的には室生に行くのと同じくらいで同じ方面になります。
 枝垂れ桜ばっかり1000本と言われていて、そのピンク色はとても綺麗でした。
 色だけで言うと桃源郷ですね。
Dsc_5520w800

 枝垂れ桜ばかりというのは珍しいですね。
 ここは樹齢何百年という古木はありませんが、数多く咲いているのは見事です。
Dsc_5602w800

 ソメイヨシノと違ってピンク色が強く、雰囲気が随分と変わります。
Dsc_5576w800

 中腹まではバスで上がるのですが最大斜度は30°ぐらいあるでしょうか、バスに乗っているみなさんはひっくり返りそうだと感嘆の声が上がっていました。
Dsc_5550w800

 見た目よりもカメラの方が色がおとなしく写って難しいですね。
Dsc_5523w800

 展望台のある方は、まだまだ若い木が多いですね。
 階段斜面を登りますが、ちょっときついでしょうか。
Dsc_5677w800

 レンズを対角フィッシュアイに換えて撮影です。
Dsc_5686w800

 記念写真です。
Dsc_5703w800

 中腹は天空の庭と呼ばれていて、メイン会場の枝垂れ桜は大きく勇壮です。
Dsc_5710w800

 シャクナゲのピンクと競争です。
Dsc_5721w800

 歩き疲れて、天空の庭にある天空茶屋で休憩です。
Dsc_5727w800

 高見ロールと珈琲で一服。
Dsc_5730w800

 下界の桜はみんな散ってしまっていましたから、春を取り戻した感じでしょうか。

 今日は夏日になったところも多かったようです。

| | コメント (0)

月惑例会山科 2019/04/21

 月惑星研究会関西支部の例会が京都山科であり参加してきました。
 お天気は下り坂です。
 参加者はほぼいつものメンバーです。
Img_8314w800

 adachiさんから今シーズンの木星の動向について話がありました。
 旬のネタは大赤斑周りです。
 JUNOの画像です。大赤斑がはみ出しています。
Img_8337w800

 今朝のarakawaさんの木星画像です。
Img_8346w800

 私は3月、4月に撮影した木星像の纏めムービーを見て貰いました。
Img_8350w800

 火星は小さくなりましたがまだまだ観測されてる人もいます。
 adachiさんの2018年のダストストームの纏めです。
Img_8368w800

 記念写真です。
Img_8379w800

 有志で乾杯です。
Img_8384w800

 いろんなネタが話されましたが、とあるところの「高精度パルスモーター」が「高精度DCモーター」に表記が変わった話かな・・・
Img_8386w800

 今夜は早めにお開きとなって帰りますが、贅沢にも有料高級シートに乗って帰る人がいる。
Img_8393w800

 シーイングの悪い日本では海外の高解像木星になかなか勝てない・・・ね

| | コメント (2)

木星 2019/04/20-21

 なんやかや言いながらも連続6日目です。
 一般の天気予報では晴れでしたがGPVだけが雲多でした。
 起きた時点の午前2時では雲はなかったのですが透明度が悪く月が黄色でした。
 シーイングはまずまずですが安定せず、あと一歩の詳細は写りませんでした。
Kmj2019042018h05mut

 今日は大赤斑がこちらを向くので、それに合わせての撮影でした。
 しかし、1回目のセット撮影後に雲がやって来ました。
 雲の隙間からなんとか2セット目を撮影しましたが、その後は曇ってしまいました。
Kmj2019042018h44mut

 大赤斑を取り巻く活動をもう少し詳しく撮したいのですがね・・・

 透明度が悪いのでカラーカメラの木星は赤に随分と寄っています。
Img_8214w800

 月もぼーっとですね。
Img_8227hdr04w800

 明け方まで曇ってしまいました。
Img_8290w800

 ひまわりの赤外画像では雲が全く分からなかったのですが、朝になって可視光で見ると結構しっかりとした雲でした。
Img_8307w800

 もうちょっとシーイングが良くなって欲しい。

| | コメント (0)

木星 2019/04/19-20

 夜半まで曇っていましたが木星時間には晴れました。
 平成最後だそうな満月が輝いていましたが、やや輝きが鈍い。
 シーイングは期待していないとは言えかなり酷くて、中層低層が北からの気流でメロメロ。
 しかし、この撮影のタイミングだけなんとか普通っぽいシーイングになりました。
 この前後は全くダメでした。
Kmj2019041919h44mut

 満月もこんな写し方をしたら街灯と全く変わりません(笑)
Img_8135w800

 金星もますます低くなりました。
Img_8148bw800

 明け方で気温11℃とやや低めですが、冬ほどではありません。
Img_8190w800

 なかなかまともなシーイングになりません。

| | コメント (0)

木星 2019/04/18-19

 天気予報では北から雲が流れてきて微妙な天気予報でしたが、透明度が悪いもののなんとか晴れました。
 シーイングはどうも行けません。
 北西から西からと川底状態ですが、その川底状態もボヤけて良く見えません。
 大赤斑が中央にやって来るので期待したのですが、詳細は写りませんでした。
Kmj2019041817h20mut

 大赤斑とその周りが分離できません。
 せっかく大赤斑がこちらを向いているというのに・・・
Kmj2019041817h52mut

 満月直前の月の周りはボー・・・
Img_8069w800

 Windyでは3000mに色が付いていて状況は良くないですね。
Img_8103w800

 FireCaptureでキャプチャ中は、大赤斑が横長になっているように見えていました。
Img_8073w800

 AutoStakkertで最初のスタックは、欲を出して大赤斑周りにAPを多めに置いたのですが、繋ぎ目破綻を起こしてボツで、これはAPを置き直して2回目のスタックです。
 RegiStaxでウエーブレットを掛けると、そこそこの模様が出てきました。
Img_8123w800

 なかなか良シーイングはやって来ませんね。

| | コメント (0)

葉の裏へ 2019/04/18

 ベランダのプランターでミニバラを育てているのですが、暖かくなっていっぱい広がった葉っぱに、小さな白点や枯れてきた葉が現れてきました。
 良く見ると葉っぱの裏にハダニがいっぱいです。
Img_8053cw800

 薬剤を散布しても葉っぱの裏にいるハダニには効果が弱めです。
 そこで、葉の裏へ噴霧できるノズルの曲がったヤツをホームセンターで購入。
Img_8056w800

 これで、ハダニは完全退治できるでしょうか。

 ミニバラの世話はとげが刺さって大変です(笑)

| | コメント (0)

木星 2019/04/17-18

 夜半過ぎまで雲がありましたが、木星時間にはほぼ快晴状態となりました。
 中層の北西からの気流が酷いですが、この昨日一昨日の二日間に比べると遥かに良好です。
 永続白斑BAが正面近くにあります。
Kmj2019041718h50mut

 木星が南西に移ってしばらくシーイングが酷くなっていたのですが、5時ごろからしばらくの間シーイングは持ち直しました。
 大赤斑が出てきましたが、残念ながら詳細は不明です。
Kmj2019041720h00mut

 望遠鏡カバーを取った直後は、まだ1℃あまりの温度差が主鏡と外気温の間にあります。
Img_7918hdr27w800

 低気圧に伴う雲は関東方面にあります。
Img_7942w800

 Windyでは3000mぐらいまで強い気流は無いのですがね。
Img_7949w800w800

 金星が東の空ひたすら低くなってきました。
Img_7975bw800

 今夜はまた露が発生しました。
 先日、今年は露が多いので望遠鏡用にドライヤーを購入したのですが、アウトレットで¥1kの安物のせいか音が大きくて、深夜に使うにはちょっとびびりました(笑)
Img_8023w800

 夜が明けてからも補正板に露が残っていました。
Img_8029w800

 もうちょっとシーイングが良くなって欲しい。 

| | コメント (0)

木星 2019/04/16-17

 ひまわりの映像を見ていると望み薄だったのですが、眼が覚めると木星がなんとか見えているので撮影。
 でも、直ぐに雲が濃くなってカラーカメラ2ショットで終わりでした。
 上空は南西からの熱風が流れているようで、シーイングも最悪に近い。
Kmj2019041617h33mut_1

 西の空には朧月が見えていましたが、木星以外の星はほとんど見えずでした。
 眼が覚めた証拠写真ですね。
Img_7896hdr25w800

 さすがにこれだけの雲がやって来ると無理ですね。
Img_7907w800

 気温は13℃と、暖かい夜でした。

| | コメント (0)

木星 2019/04/15-16

 移動性高気圧がやって来て良好なシーイングをもたらしてくれるかとも思ったのですが、残念ながら最悪に近いシーイングとなっていました。
 木星やアンタレスが見えているので、まずまずの透明度かと思っていたら、PC画面で木星の輝度がころころ変わります。
 薄雲があるらしいのですが眼で見ても全く分かりませんでした。
 シーイングの悪さはこの薄雲と同じ高さのようです。
 低層は北東からの気流でメラメラ、中層は北から西へと高さが上がるにつれて変化し、高層に辿り着く手前ぐらいが高速アメーバー状態で最悪。
 高層は西からの気流ですが、中層のえげつなさに負けて良く見えません。
 大赤斑が中央を通過するのでモニターをずっと見ていましたが、大赤斑が変形しているように歪に見えていました。
 シーイングが悪すぎて詳細は分かりませんが、大赤斑後方に変化があるようです。
Kmj2019041519h49mut

 無理やり像を作っている感は否めませんが、仕方ありませんね。

 淡い雲は眼では分かりませんでしたが、写真に撮ってHDRで強調すると見えてきました。
Img_7735hdr25w800

 朝焼けに染まった雲ですが、なぜか大赤斑色でしょうか。
Img_7836hdr03w800

 夜が明けてからのひまわりの可視光画像を見ると、偏西風に乗っかる雲の先端がやって来ていたようです。
Img_7889w800

 日本の何処かでシーイングの良かったところはあるのでしょうか。

| | コメント (0)

伏見甘長とうがらし 2019/04/13

 ベランダ菜園とうがらしシリーズ4年目は「伏見甘長とうがらし」です。
 去年の万願寺とうがらしは、も一つ上手く行きませんでした。
 同じものでリベンジはいたしません(笑)
Img_7704w800

 元の土に復活用の土を混ぜて耕し治します(混ぜただけですが)。
Img_7686w800

 さあ、元気が出るかどうかは今後の世話にかかっています。
Img_7693w800

 順調に育って欲しい・・・
Img_7717w800

 どこまで世話ができるか分かりませんが、酒の肴になることを夢見てガンバです。

| | コメント (0)

土星 2019/04/12-13

 木星撮影が終わったあと空は青空になっているのですが、イイ天気なので土星を探してみました。
 裸眼では全く見ることができないのでファインダーによる捜索です。
 GOTOのような器用なものは付いていません。
 木星よりはちょっと赤緯は低いな・・・とテキトーに探したらなんとか入ってきました。
 青空の中なのでADCチューニングも役に立ちません。
 画面とにらみ合いながらなんとか調整。
 カラーカメラのみの4ショットが限界でした。
Kms2019041220h24mut

 今シーズン初の土星です。

| | コメント (0)

木星 2019/04/12-13

 宵の口までは雲が多かったのですが、夜半からはほぼ快晴になりました。
 シーイングはそこそこ見えているのですが、後もう少しというところで細部は見えませんでした。
 中層低層は北東からのメラメラ気流で、高層は西からの気流で少し川底状態でした。
 贅沢は言えません透明度も良く、そこそこ写りました。
Kmj2019041218h33mut

 大赤斑が登場し始めています。
Kmj2019041219h59mut

 木星が明け方から離れ始めていますので、夜明けには再度寝る体勢に入るかも知れません。
 明け方の金星が東寄りの空で随分と低くなってしまいました。
Img_7621hdr27w800

 ベランダに桜の花びらがひとひら飛んでまいりました。
Img_7657w800

 これから先はこれぐらいのシーイングが何時も欲しいですね。

| | コメント (0)

4月9日朝の木星 2019/04/10

 4月9日朝の木星は時間とともにシーイングが大きく変化し、3時台ではめちゃめちゃだった気流が4時台に少し持ち直しました。
 その変化をC14+ZWO ASI224MCで撮影した画像でGIFアニメにしてみました。
 RegiStax6のウエーブレットパラメーターは全て同じです。
5rgbh776

 こんなの見ても、おもしろいと思う人は少ないかと思いますが、私は好きです(笑)
 画像をクリックすると動くようです。

| | コメント (0)

桜吹雪 2019/04/09

 木星撮影後、明け方には少し雲が出ましたが日中は雲一つない快晴になりました。
 大泉緑地の桜も満開は過ぎましたが、まだまだたくさんの桜が咲いており、風が吹くとひらひらと桜吹雪になっていました。
 桜吹雪を撮影しようと出かけたのですが、ひたすらピンボケの画像が増えるだけで、桜吹雪をキャッチできませんでした。
 しかたなく、1枚のひらひらです(笑)
Dsc_5036w800

 平日にもかかわらず多くのみなさんが桜を楽しみに来られていました。
Dsc_5114w800

 対角線フィッシュアイで記念写真ですが、星用のぼかしフィルターが入ったままです。
Dsc_5302hdr07w800

 桜と鳥も画面の端っこにヒヨドリがかろうじて写っただけで、撮影技術も根性も希薄なようです。
Dsc_5363w800

 お家に帰ってきて日向ぼっこしているC14とレッドロビンの赤い葉っぱです。
Dsc_5503w800

 明日は朝から雨の天気予報で木星はお休みです。

| | コメント (0)

木星 2019/04/08-09

 4月8日の明け方まで雨が降っていました。
 昼間はまずまずの良い天気になりましたが、関東方面では日本海からの寒気が午後にやって来て雷雨予報でした。
 関西は寒気の低気圧から若干離れていますが、偏西風に乗っかる雲が西からやって来ていましたが、木星時間には消えたようです。
 天気予報では、木星時間の3時4時に地表の風向きが大きく変わると出ていましたが、Windyでは予想されていませんでした。
 3時過ぎに起き、望遠鏡の覗いてみるとほぼ最悪状態の気流でしたが、大赤斑が中央にあったので撮影開始です。
 モニターで見る大赤斑は大きく広がりぼけていて、辛うじて見えている状態で大赤斑が無ければ撮影はしないところでした。
 ただ、4時過ぎになると中層の北西からの気流が若干おとなしくなり、SEBnが見えるようになってきました。
 で、画像処理をするとシーイングの酷さに比べるとまずまずの木星像になりました。
Kmj2019040819h14mut

 Windyでは高度900mでも荒れ始めています。
Img_7509w800

 最近のシーイングの悪い時のAutoStakkert!3のアライメントポイントの置き方です。
 アライメントボックスを最大の400にして、輝度重心の周りを円周上に10個ほど並べ、最後に中央の輝度重心の位置にアライメントポイントを置いています。
Img_7541w800

 気温は9℃、透明度も良かったのですが、シーイングだけはダメでしたね。

| | コメント (0)

木星 2019/04/06-07

 連続で6日間も撮影できました。
 ここのところのもやっとした晴れは黄砂によるものらしい。
 シーイングは良いとは言えませんがまずまずです。
 大赤斑後方の姿です。
Kmj2019040618h53mut  

 木星面の模様も見えそうで細部が見えない状況が続いています。
Kmj2019040620h17mut

 気温は11℃と昨夜より下がりました。
 明け方になって、ちょっとひんやりの空気が流れてきました。

| | コメント (0)

木星 2019/04/05-06

 なんやかや言いながらも木星時間に晴れが続いています。
 今日もGPVでは弱い前線が通過するので木星時間に雲がやって来る予想だったのですが、全く来ないで快晴状態でした。
 ただ、透明度は悪く、シーイングも大ボケ、大揺れはないのですが細部がも一つ見えない状態でした。
 上空には西からの気流が強く流れているようです。
 それでも画像処理をするとまずまずの姿が浮かび上がってきました。
Kmj2019040519h33mut

 やっぱり大赤斑が出てくると、良いですね。
Kmj2019040520h20mut

 Windyでは高度3000mで赤く染まっており状況は良くありません。
Img_7188w800

 透明度が悪いのでまったりした感じでしたが上空の気流は強かったようです。
Img_7246hdr08w800

 気温は12℃と暖かくなりました。

| | コメント (0)

木星 2019/04/04-05

 昼間の気温はじわじわ上がってきましたが、次の雲が西からやって来ています。
 ちょうど木星時間に当たりそうなのですが、薄い雲だというので3時起きでがんばりました。
 しかし、すでに薄雲が到着しており透明度も悪く、撮影を始めたら途中から雲がどんどん濃くなってきました。
 無理やり1セットを撮影しました。
 シーイングも良くありません。
Kmj2019040418h43mut

 雲が次ぎに薄くなったのは、夜明けで空が明るくなってからでした。
 木星時間にちょうど濃いところが当たってしまったようです。
Img_7062w800

 ひまわりの画像を見ると薄いところがやって来るようにも見えたのですがダメでした。
 曇ったまま夜明けです。
Img_7086w800

 陽が昇ってくると、下界の桜に朝陽が射して綺麗なのでメモ写真の桜です。
Img_7148w800

 お天気はなかなか上手いこと行きませんね。

| | コメント (0)

木星 2019/04/03-04

 ほぼ快晴状態で晴れました。
 寒気による気流も少し穏やかになり、地上は東からの微風、低層は東、中層は北西、高層は西からの気流で、中層から高層にかけての気流が不安定で、高速アメーバー状態が続きました。
 全体のシーイングとしては、昨日一昨日と、この2日間に比べると遥かに良好ですが、あと一歩のディティールが出ません。
 でも、大赤斑が出ているので連続して撮影している間に900GBにもなってしまいました。
Kmj2019040318h44mut

 ディティールが出そうで出ない(笑)
Kmj2019040319h25mut

 空が明るくなって、ほんの少しですが良くなりました。
Kmj2019040320h29mut

 ほぼ快晴で安心して撮影することができました。
Img_6956bw800

 Windyでは2000mぐらいはまずまずで、3000mぐらいから赤色に染まっています。
 この3000mの画像を見ると、関東の方が良さげに見えますが、どうでしょうか。
Img_7029w800

 気温は4℃と、まだ冬でした。

| | コメント (0)

木星 2019/04/02-03

 天気予報は晴れだったのですが、北から雲が流れてきました。
 かろうじて雲の薄いところで1セット撮影できましたが、その後ベタ曇になってしまいました。
 気温5℃と相変わらず冬の様相で、気流も最悪一歩手前と散々です。
 スタックするアライメントポイントも繋ぎ目破綻ばっかりになり、最後の手段でアライメントポイント大きいのを中央に1個でスタックしました。
Kmj2019040219h11mut

 写真に撮ると思ったより雲が多いですね。
Img_6865hdr08w800

 ベタ曇状態で夜明けを迎えました。
Img_6869hdr03w800_1

 もう少しでいいから良くなって欲しい。

| | コメント (0)

木星 2019/04/01-02

 眼が覚めたら世の中明るくなっていました。
 寝過ごしましたが、ぎりぎり青空の中で撮影。
 あちこちで雪の便りが聞こえている、寒い冬のシーイングでした。
 ディティールはぜんぜん写りません。
Kmj2019040120h36mut

 撮した証拠だけですね。

 南東の空に月と金星が並んで輝いていました。
Img_6756hdr03

 日の出は早くなり赤緯も上がって来ました。
Img_6833hdr25w800

 ご近所の桜もそこそこ咲いてきましたが、この寒さで一気に満開とは行かないようです。
 ホント寒い春で、気温は5℃と冬でした。

| | コメント (0)

2019年3月27日朝の木星ムービー 2019/04/01

 3月27日朝の木星をムービーに纏めてみました。
 大赤斑もないしあまり面白みはないのですが、3月18日朝の木星とシーイングによる揺れなどを比較することができます。


 思ったより揺れている感じですが、画像処理をすると詳細が出ました。

| | コメント (0)

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »