« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年3月

大泉緑地へ桜見に 2019/03/31

 いつもの散歩コースですが、大泉緑地公園に桜を見に行ってきました。
 昼過ぎには駐車場が満杯でした。
 寒い季節風が吹き、桜の開花は進んでいなくて5分咲きでしょうか、遅い樹はちらほらしか咲いていません。
 去年の台風24号の影響で折れた桜の木もいっぱいです。
 それでもがんばって咲いている桜たちです。
Dsc_4678w800

 そこそこ晴れ間もあるのですが北風がやたらと冷たい。
Dsc_4725w800

 午後3時ごろには時雨れてきて空は鉛色。
 多くのお客さんはは片付けて帰り支度でした。
 初めて見る鳥でしょうか、図鑑で調べるとコゲラが一番似ている(笑)
Dsc_4861hdr07w800

 こんなに寒い桜は久しぶりのような気がします。
 暖かくならないと惑星シーイングも良くなりませんね。

| | コメント (0)

2019年3月18日朝の木星ムービー 2019/03/30

 大赤斑もあってまずまずのシーイングだった2019年3月18日朝の木星をムービーに纏めてみました。


 シーイングの状態などは、やっぱりムービーでないと分かりにくいですね。
 どれぐらい見えるか分かりませんが・・・

| | コメント (0)

還暦祝い 2019/03/27

 あぁ、もちろん私ではありません。
 元職場のみなさんの還暦宴会にお呼ばれして行って来ました。
 初めてのお店で平日なのにいっぱいでした。
Img_6680w800

 何はともあれ乾杯です!
Img_6690w800

 話はいろいろ飛びますが、私はひたすらビールです(笑)
Img_6697w800

 最後の〆はお祝いケーキです。
 ちょっと小ぶりですが、熊さんケーキです。
Img_6722w800

 昔は定年で大きな節目になっていましたが、今は形は変わっても仕事は続けて行かれるので、感傷に浸るような流れにはなりません。
 明日からもガンバですね・・・

| | コメント (0)

木星 2019/03/26-27

 26日の明け方は低気圧が南海上を通り抜け、その後晴れてきましたが、昼間の気温は上がったものの結構強い風が吹いていました。
 夜に入って風も収まりほぼ快晴状態になりました。
 木星時間に起きて見ると、木星のリムがかなりはっきり見えるではありませんか、かなりの好シーイングです。
 中層、低層は北からの気流で弱く、高層は西からの気流ですが小刻みに揺れるものの大きく旗めくほどではありません。
 今シーズン一番のシーイングでしょうか。
 大赤斑が居ないのが惜しい!
Kmj2019032620h09mut

 5時過ぎごろから急に気温が下がり始め、この後のショットは大きくボケてしまいました。
 中層、低層の気流が西からの気流に変わってしまっていました。

 木星の直ぐ側に月がやって来ていましたが、月を見る余裕はありませんでした。
Img_6542hdr05w800

 空が明るくなってからの最後のカラー撮影です。
 カラーカメラですが、キャプチャーは16ビットSERファイルでモノクロ状態です。
Img_6614w800

 気温は9℃と少し上がりましたが、まだ何となく寒い。

| | コメント (2)

木星 2019/03/24-25

 寒気に伴う日本海から南下する低い雲は、夜に入ってようやく消えてきました。
 しかし、西から偏西風に伴う雲が近づいて来ていて、GPVでは木星時間にはかなり覆われる予想になっていました。
 一般の天気予報では晴れです。
 木星時間に起きると淡い高層雲はありますが、概ね晴れで穏やかに見えていました。
 気流は低層が予想と違って東からの気流でモヤモヤ、中層は東からの気流と西からの気流がせめぎ合っているのかしっちゃかめっちゃか。
 高層は西からの気流で時折強く乱れていました。
 4時台はシーイングが悪く諦めモードだったのですが、5時を過ぎて空が明るくなってくると少しずつシーイングが良くなりました。
 この木星は撮影後半の9ショットをDerotationしました。
Kmj2019032420h30mut

 ひまわりの画像を見ると、西からもう雲が届きそうです。
Img_6472w800

 Windyでは低層の東からの気流は読めなかったようで、全て西からの気流となっていました。
 2000mぐらいまではまずまずの色合いでした。
Img_6476w800

 夜明けも早くなって来ましたが、気温は5℃とまだまだ冬でした。
Img_6426hdr08w800

 これからもう少し暖かくなるのでしょうか。

| | コメント (0)

木星 2019/03/22-23

 せっかく春らしくなってきていたのに、寒気がやって来て日本海から低い雲が流れ込み、酷いシーイングまでも持ち込んできました。
 なかなか晴れそうで晴れなくて、雲間からカラーカメラ2ショットの処理です。
 辛うじて、大赤斑とSEB、NEBが見えてる状態でした。
Kmj2019032220h51mut

 画像処理途中の画像復元処理、最大エントロピー処理後のカラフルな干渉リングがいっぱい出た時の画像も載せておきます。
 こっちの方が綺麗かも知れません(笑)
201903222051_2rgb_01e3umh210

 そこそこの晴れ間が広がる時もあったのですが、我がベランダからは雲が続いていました。
 この南北に流れる雲の中に木星が・・・
Img_6320hdr03w800

 春分の日を過ぎて、太陽も真東より北寄りの日の出になってしまいました。
Img_6364hdr03w800

 もう寒いのは要らないのですがね。

| | コメント (0)

木星 2019/03/19-20

 日中まで雨が降り、あまりイイ天気ではありませんでしたが、夜に入って晴れ始め、木星時間にはほぼ快晴状態になりました。
 中層、低層は北東からの気流で、高層は北西からの気流で、18日朝と概ね状況は似ているのですが、今日の方が木星の崩れる時間は長いです。
 結局、1セットのみ良好に写りましたが、他は大きくぼけていました。
 ちょうど永続白斑BAが正面に来ています。
Kmj2019031920h20mut

 ひまわりの画像でもほぼ快晴状態になっています。
Img_6204w800

 Windyでは3000mあたりでも赤色は見えず、シーイングが期待できました。
Img_6210w800

 上の木星像を撮影中、モニター上の木星が暗くなってきて、空を見上げても雲らしいものは見えないのでまたもや露かと筒先をこちらへ向けると補正板は露でびっしょり。
Img_6217w800

 慌ててドライヤーを持ってきて、熱風を吹きかけて露を追い払いました。
 もちろん熱風をかけている間は撮影ができませんが、数分もして安定すると撮影は可能でした。
Img_6251w800

 FireCaptureのADCチューニングとZWOのADCの調整もだいぶ慣れてきました。
Img_6234w800

 明るくなって補正板を見ると、またもや露が水玉状態で綺麗に輝いていました(笑)
 今シーズンは補正板に露が多いですね、今までこんなに頻繁にはなかったのですが。
Img_6276w800

 いよいよ太陽が真東から昇るようになりました。
Img_6267hdr07w800

 このままずっと暖かくなるとイイのですが。

| | コメント (4)

プラネタ研修イン明石 2019/03/18

 明石市立天文科学館のプラネタリウムでプラネタリウム担当者の研修会がありました。
 現役で無い私ですが、のこのこと参加してきました。
 JR明石まで新快速で行って、明石駅からは歩いて天文科学館までまいります。
Img_6079w800

 月曜日は一般的に休館日ですが、研修のためだけに入ることができます。
 ひとまず記念写真です。
Img_6087w800

 明石市立天文科学館では有名なものがいろいろありますが、シゴセンジャーてご存じでしょうか、小惑星にも命名されています。
Img_6124w800

 今日の研修はベテランの方々による模擬投影をみんなで拝聴する研修です。
 4人のベテランによろう投影ですが、ふだん使っていないプラネタリウム機器は簡単に使えないので、明石のスタッフがお手伝いされます。
 業界人の前で喋るのはなかなか大変です。
Img_6134w800

 投影後は4人のベテラン投影者と討議です。
Img_6146w800

 私は静かに一人記念写真です(笑)
Img_6159w800

 昔はプラネタリュウムですね。
Img_6164w800
 階段には大きなシゴセンジャーのポスターがあります。
 今日はシゴセンジャーの登場はありませんでした。
Img_6168w800

 研修が終わって外に出ると、もう暗くなっていました。
Img_6178w800

 で、やっと私の待ちかねた懇親会で、乾杯です。
Img_6183w800

 ただの酔っ払いの私と違って、懇親会でもみなさんは有益なコミュニケーションがなされています。
Img_6192w800

 私は慌てて帰らなくてはいけません。
 最終電車にはならず、なんとか帰り着きました。
Img_6194w800

 朝、木星した後の一日だったので、思ったよりも厳しい研修でした(笑2)

| | コメント (0)

木星GIFアニメ 2019/03/17-18

 3月18日朝の木星をGIFアニメにしてみました。
 最初と最後のあまり写りの良くないのも入れて5セット分の画像です。
 ※画像をクリックすると、別ウインドウで動くみたいです。
J20190317set5b

 何ともスムーズ感に欠けますが、久しぶりなのでイイでしょう。

| | コメント (0)

木星 2019/03/17-18

 ココログがリニューアルされて、暫くは入ることができませんでした。
 久しぶりにシーイングが良くなりました。
 中層、低層は北からで穏やか、高層は西からそこそこ速く流れていますが、模様はまずまず見えていて、時折、横殴り状態が現れましたが、まあ、今シーズンの一番でしょうか。
 大赤斑もちょうどの時間帯に正面を通過しました。
Kmj2019031720h00mut

 かなりのディティールを捉えていますが、欲を言えばもう少し欲しい(笑)
Kmj2019031720h20mut

 もうこれだけ写れば良好です。
Kmj2019031720h40mut

 綺麗な空。
Img_5992hdr08w800

 ほぼ快晴状態です。
Img_6020w800

 Windyでは微妙で、3000mでは少し色づけされていますが、赤くは染まっていません。
Img_6023w800

 気温3℃で真冬並みでした。
Img_6035w800

 日の出はどんどん真東へ。
Img_6050hdr03w800

 撮影途中で木星が暗くなって薄雲か露かと思ったのですが、確かめてる余裕は無く撮影続行してましたが、露が付いていました。
Img_6055w800

 ようやく真冬の酷い気流から離れ始めてきたようです。
 もっとシーイングが良くなるとイイですね。

| | コメント (0)

木星 2019/03/16-17

 不安定な天気が続き、日本海に弱い低気圧があって晴れるか微妙でしたが、晴れました。
 透明度は良くありませんが、シーイングは思ったよりもまずまずで、木星の輪郭がそれなりに見えていました。
 高層の西から気流はそこそこ流れていましたが、中層、低層の気流ははっきりとは見えません。
 大赤斑はありませんが、まずまず良く写りました。
Kmj2019031619h50mut

 1セット撮影後からシーイングはだんだんと悪くなり、中層の気流が暴れ始めたようです。
 2セット目は少し写りが落ちました。
Kmj2019031620h44mut

 ひまわりの画像を見ても微妙なところです。
Img_5836w800

 Windyの2000mですが、これを見る限りあまり良くありません。
Img_5840w800

 気温は5℃で寒いです、ファインダーアイピースはまずまず良くなっていますが、思ったよりOr18mmは像面が曲がっているようでした。
Img_5873w800

 日の出のころには、ほぼ雲に覆われて太陽だけが見えていました。
Img_5898hdr04w800

 これぐらいのシーイングができれば最低欲しいですね。

| | コメント (0)

ファインダーアイピース交換Ⅱ 2019/03/16

 先日交換したファインダーアイピースですが、どうも視界が狭い。使えない訳ではありませんがなんか寂しい(笑)
 φ31.7サイズの 45°正立プリズムもプリズムが小さいのか、有効径が 20mm ぐらいしかないのも影響しているかも知れません。
 有視界の狭い24.5mmのツアイスサイズとは言え、25mmの視界に光が廻らないみたいです。
 そこで手持ちのアイピースを探ると、タカハシのオルソ18mmがありました。もちろん?ツアイスサイズです。
 倍率は約11倍と高くなりますが、見かけの視界はちょっと広がるはずです。
Img_5760w800

 なにせ、C14とフォークの隙間から星を探すので、明るい惑星といえども結構難しいのです。

 これでダメだったら、また次ぎのを探すことにします。

| | コメント (0)

春の嵐に雪 2019/03/16

 明け方、雷の音に眼が覚めました。
 いつの間にか、うっすらと雪が積もっていました。
Img_5778w800

 どうやら雪と雹が降ったようです。
Img_5785w800hdr03

 直ぐに雨に替わっていきましたが、慌てて記念写真です。
Img_5792w800hdr07

 写真を撮ってる間にも雪が消えていきます。
Img_5795w800hdr03

 束の間の雪景色でした。

 春の嵐ですね。

| | コメント (0)

マックスマム 2019/03/14

 花の名前、菊科のハイブリッド種だそうで、これから夏の始めまでいっぱい咲いてくれる予定。

 春になっても寒いのですが、ベランダで花が咲きそうなのはミニバラだけの状態で、今は無く、ちと寂しいので、黄色種を購入。
Img_5749w800

 ちゃんと育てられるかどうかは疑問ですが、C14とのツーショットが撮れたらイイナ・・・

| | コメント (0)

木星 2019/03/13-14

 昼間は強烈な北西の風が吹き歩いていると吹き飛ばされそうにもなりました。
 日本海から流れ落ちてくる雲も夜に入ると少なくなり、明け方の木星時間にはほぼ快晴状態でした。
 シーイングは低層から高層まで西からの気流が強烈でしたが、夜が明るくなるころ少し、ほんの少し良くなりました。
Kmj2019031321h01mut

 寒の戻り、気温は6℃で寒い。

 夜明けに南東に見える金星も、ちょっと輝きが鈍くなってきました。
Img_5646

 木星の撮影が終わるころから偏西風に乗っかる雲が増えてきました。
Img_5734hdr22w800

 やっぱり暖かくならないとシーイングも良くならないのでしょうか。

| | コメント (0)

木星 2019/03/11-12

 天気予報では微妙で、木星時間には曇ってしまいそうでしたが、透明度が悪いものの4時ごろはほぼ晴れ。
 ただ、5時ごろまではシーイングも悪く、ほぼ最悪に近かったのですが、5時を過ぎるころから中層の気流が少し穏やかになり、模様も見えだしてきました。
Kmj2019031121h02mut

 日本海に弱い低気圧があって、その雲がだんだんと近づいて来ていました。
 日の出ごろから雲が増え、8時ごろには雨が降って来ました。

 微妙な雲が西から近づいて来ているGPVの画像です。
Img_5505w800

 撮影が終わって片付けようとして補正板を見ると、なんと露!
 こんなんで撮していました。
Img_5582w800

 どんどん真東によって来た日の出です。
Img_5603hdr08w800

 まだまだシーイングは不安定ですね。

| | コメント (0)

木星 2019/03/08-09

 移動性高気圧が日本を覆ってきました。

 シーイングは期待した程良くなってはいませんが、まずまずでした。
 低層は東から、中層は西から、高層も西からの気流で、思った以上に中層が暴れていてボケている時間がけっこう長い。
 撮影を始めようとした時、木星の衛星がちょっと歪に見えるので光軸修正をしました。
 光軸合わせをしている間に大赤斑は向こう側に廻ってしまいました。
Kmj2019030820h03mut

 シーイングは乱高下があって厳しく、詳細が見えそうで見えない。
Kmj2019030821h11mut

 それでも今シーズン一番のシーイングでしょうか。

 気温3℃と寒い夜明けでした。
Img_5410w800

 青空になってもぎりぎりまで粘って撮影しました。
 さすがにカラーPCカメラは苦しいですね。
Img_5445w800

 春分の日が近づいてきて、日の出も真東に近づいて来ました。
Img_5482w800

 もっともっとシーイングが良くなって欲しいですね。

| | コメント (0)

ファインダーアイピース交換 2019/03/08

 C14を導入してから3年あまりになりますが、その時から改造して使っている5cmファインダーのアイピースが、ちょっとイヤになってきました。
 シュミカセで使いやすいように45°の正立像プリズムを使い、アイピースは十字線入りのCH-SAW 20mm 視野角70°倍率約10倍の広角アイピースを使っていました。
 このアイピースは広角ですが、ピントが中央、つまり十字線のところだけにしか合わなくて、その外側は大きくピンボケ状態になります。
 明るい惑星しか追いかけないので、少々視野周辺の星々がぼけていたもあまり困ることはありませんでした。
 しかし、今年の一月ごろの火星は、夕方の青空の中でファインダー捜索をして導入していましたが、中央以外のぼけたところでは青空に埋もれてしまって、火星がなかなか見つかりませんでした。
 で、やっぱり星にピントが合う方がイイナァと手持ちのアイピースと交換することにしました。
Img_5170w800

 十字線は必要なので、CH-SWA 20mmのレンズ鏡胴部分だけを取りだして、ブランド名も分からないツアイズサイズのオルソ25mm(プルーセル型)をはめ込みました。
 隙間はボール紙で作っています。
Img_5179w800

 十字線にピントは良く合うようになりましたが、視界は狭いですね。
Img_5204w800

 倍率約8倍で、実視界は極端に下がっていませんが・・・少し寂しいです(笑)
Img_5305w800

 像面が平坦な広角アイーピースがあるとイイのですが、安いやつが転がっていませんか・・・

| | コメント (0)

木星 2019/03/07-08

 一般天気予報では晴れマークが続いていましたが、相変わらず日本海から流れ落ちてくる低層の雲が取れず、夜半過ぎまでほぼ曇り状態でした。
 明け方の木星時間にはほぼ雲が取れて快晴に近く晴れました。
 シーイングはあまり良くありませんが、大赤斑が出てきたのでまずまずです。
 空が明るくなってから撮影したショットまで、ぜーんぶ Derotationしてみました。
Kmj2019030721h09mut

 永続白斑BAも赤みが少なくなったと言われている状態ですが、まずまずに写りました。

 明け方の金星は随分と低くなってしまいました。
Img_5233hdr27w800

 大赤斑が出てきたので空が明るくなっても追いかけてみました。
 シーイングも明るくなってからの方が若干良くなったみたいです。
Img_5291w800

 ヒストグラムでは空が明るくなったので、左側に山ができています。
Img_5292w800

 日の出も早くなり、真東にどんどん近づいて来ました。
Img_5333w800

 明日は移動性の高気圧がこっちゃ方面にやって来るので、シーイングも少しは良くなるでしょうか。

| | コメント (0)

木星 2019/03/04-05

 日中の雨が予想よりも遅くまで降っていましたが、夜半過ぎから晴れてきました。
 低空はちょっともやっとしているのですが、木星時間にはほぼ快晴状態になりました。
 しかし、シーイングは相変わらずダメで、中層低層は北から、高層は西からとあって、中層と高層の境目は強烈に右往左往していました。
 撮影を止めようかとも思えるぐらいでしたが、せっかく準備しているので撮影。
Kmj2019030421h04mut

 写りは悪いし大赤斑も無いし・・・

 もやっとした朝焼けはまずまずでした。
 PM 2.5かな・・・
Img_5132hdr08bw800

 あんまり関係ないけど望遠鏡のコントローラーです。
Img_5146w800

 移動性の高気圧が、ど真ん中に来ないと無理かな・・・

| | コメント (0)

木星 2019/03/01-02

 一般の天気予報は晴れ続きですが、GPVでは偏西風に乗っかる雲がやって来て微妙でした。
 どちらかと言うと際どく晴れた方に近いでしょうか。
 シーイングは相変わらず良くありません。
 最悪では無いものの、時折全く模様が見えない時もありです。
Kmj2019030121h02mut

 かなり無理をして模様を出している感が否めません。

 ひまわりの画像を見るとホントに際どく晴れてます。
Img_5047w800

 Windyの色は濃くありませんが、中層低層は東や北からの流れです。
 まだ、冬の気流からは脱出していないですね。
Img_5048w800

 昼の陽射しは春なんですけどね。

| | コメント (0)

木星 2019/02/28-03/01

 雨上がりで、夜中過ぎまでは曇っていました。
 木星時間にはほぼ雲が無くなっていましたが、淡い高層雲と低層の北からの雲が残っていました。
 地上は無風状態で、一見穏やかそうな晴れでしたが、中層低層は北からの気流でボヤボヤボロボロでした。
 中層低層の気流が激しく悪いので、高層の西からの気流は目だちませんでした。
 それでも大赤斑が見えているので、いいことにします。
Kmj2019022820h25mut

 時間とともにシーイングは良くなるどころか悪くなり、大赤斑が中央に来るころには、大赤斑すら見えない時間が増えてきました。
 辛うじて2ショットを使って大赤斑です。
Kmj2019022821h20mut

 夜が明けて3月になりましたが、シーイングは良くなるでしょうか。

 左から、金星、土星、月、木星、アンタレスです。
Img_4962hdr27w800

 思っていた以上に雲は取れていなかったようです。
Img_5011hdr03w800

 夜が明けて陽射しが当たるようになると、春の暖かさになりました。
 イイシーイングが待ち遠しいですね。

| | コメント (0)

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »