« 木星 2019/01/13-14 | トップページ | プラ研修 2019/01/15 »

火星 2019/01/14-15

 朝のうち、日の出ごろは曇りましたが、それ以降はほぼ快晴状態が続きました。
 夕方になって若干、偏西風に乗る高層雲が流れましたが大事には至りませんでした。
 シーイングは大揺れや大ボケなどはなく纏まってはいたのですが、常にぼやけている状態が続き、近場の気流もゆっくりですがメラメラ気流になっていました。
 火星面の模様は子午線の湾など大体分かるのですが、ダストストームの濃さが局地的に変わっているようで、模様の推定はなかなか難しいところです。
Kmm2019011408h40mut

 視直径も6秒角台になってきましたし、火星を追いかけるのは難しくなってきました。

 夕方にやって来た雲
Img_2433w800

 火星は小さい(笑)
Img_2438w800

 上も下も、超窮屈!
Img_2445w800

 そろそろ危ない口径食
Img_2458w800

 大黄雲になってしまったダストストームは当分治まらないでしょうね・・・

|

« 木星 2019/01/13-14 | トップページ | プラ研修 2019/01/15 »

惑星撮影」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 木星 2019/01/13-14 | トップページ | プラ研修 2019/01/15 »