« 天文年鑑2019が出た 2018/11/24 | トップページ | 天体写真の物理実験的アプローチ 2018/11/25 »

火星 2018/11/24-25

 ここ2日ほど、寒気に伴う日本海からの雲が上空を覆って、まともに火星時間は晴れませんでした。
 今日は朝からほぼ快晴で火星時間も安定した晴れでした。
 シーイングは薄明中はまずまずだったのですが、暗くなるにつれて悪化し、まともな火星像は1セットだけとなってしまいました。
Kmm2018112408h32mut

 視直径が10秒角を切ってきたので120%にリサイズしています。
 また、火星の赤緯が上がってきたので、ベランダからは高度が高くなりすぎて危なくなってきました。
 ベランダからの火星シーズンは、もう少ししかできないかも知れません。

|

« 天文年鑑2019が出た 2018/11/24 | トップページ | 天体写真の物理実験的アプローチ 2018/11/25 »

惑星撮影」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 天文年鑑2019が出た 2018/11/24 | トップページ | 天体写真の物理実験的アプローチ 2018/11/25 »