« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月

火星 2018/11/30-12/01

 11月最後の火星ですが、一日中ほぼ快晴状態だったのに、火星時間になると今日も雲がやって来ました。
 雲が来る前はシーイングもまずまずだったのですが、雲の側や雲の通過後はシーイングが悪くなってしまいました。
 それでも1セットはなんとか撮影することができました。
Kmm2018113008h33mut_2

 太陽湖がちょうど正面にやって来ています。

 どうしていけずな雲がやって来るのでしょうか。
Img_1449hdr03w800

 ちゃんと晴れて欲しい・・・

| | コメント (0)

火星 2018/11/29-30

 一日中概ね晴れでしたが、ちょうど火星時間になるころ、日本海から延びる弱い前線(天気図には出ない)に纏わり付いてる雲が広がり、撮影の始めは雲の隙間でした。
 18時ごろからは大きく晴れてきました。
 シーイングはあまり良くありませんが、モニター上では南極冠がそこそこの間動き回ってはいますが見えていました。
 太陽湖あたりが見えていますが、モニター上ははっきりと見ることができませんでした。
Kmm2018112908h53mut

 視直径も小さくなっているので判断しにくいですが、太陽湖あたりの模様が淡い気がします。
 今日も、ちゃんと晴れませんでした。
 ベランダ前の南京ハゼの木も紅葉中です。
Img_1412hdr03w800

  火星の赤緯が上がって高度があがり、カメラ横位置では下の建物が入らなくなってきたので縦位置にしました。
 火星の高度は45°ほどあります。
Img_1435hdr08w800

 残り少ないチャンスは、晴れてシーイングも良くなって欲しい。

| | コメント (0)

火星 2018/11/27-28

 九州の西にできた弱い低気圧から雲が流れてきて、晴れそうで晴れない時間が続きました。
 雲の隙間から不安定ながら1セットを撮影することができました。
Kmm2018112709h44mut

 まともに晴れませんね・・・

  晴れそうで晴れない空です。
Img_1402hdr03w800

 ちゃんと晴れて欲しいですね。

| | コメント (0)

ご近所の秋深し 2018/11/27

 11月も間もなく終わりで、12月がそこまでやって来ています。
 家の目の前の紅葉の木々も例年に比べると彩りが弱いですが、落下盛んです。
Img_1395hdr08w800

 ベランダ菜園の万願寺とうがらしも寒くなって成長が止まってきて、中には赤く色付き始めました(笑)
 そこで最後の収穫です。
 1本だけオクラが入っています。
Img_1391w800

 そろそろ冬支度でしょうか。

 寒いのは嫌だなぁー・・・

| | コメント (0)

天体写真の物理実験的アプローチ 2018/11/25

 何だかもの強いタイトルの研修会が姫路で開催されたので、こわごわ参加してきました(笑)
 講師からのメッセージとして「物理学部3年生向けの内容と組み合わせて天体写真をあえて「堅苦しく」お話しする予定です。」とありまして、ついて行けるかと心配ではありました。
 姫路は曇りでした。
Img_1336w800

 会場は姫路市民会館です。
Img_1346w800

 配付された資料は分厚い!
Img_1349w800

 開会の挨拶は、明石市立天文科学館館長の井上さんです。
Img_1351w800

 講師の酒向さんは、木曽のシュミット望遠鏡の撮像センサー Tomo-e Gozen を開発され、今回はデジタルセンサーのS/Nなどについてのお話が主でした。
Img_1353w800

 ちょっと数式も出てまいりました。
Img_1355w800

 記念写真です。
 30人あまりの熱心なみなさんが集まりました。
Img_1363w800

 その後、待っていた懇親会で乾杯です。
Img_1370w800

 なかなか貴重な意見も混じっておりました。
Img_1374w800

 どちらかと言うと、ディープスカイを撮影するためのセンサーの考え方が主で、直接惑星撮影に関するものはありませんでしたが、いい勉強になりました。

 ありがとうございました。

| | コメント (2)

火星 2018/11/24-25

 ここ2日ほど、寒気に伴う日本海からの雲が上空を覆って、まともに火星時間は晴れませんでした。
 今日は朝からほぼ快晴で火星時間も安定した晴れでした。
 シーイングは薄明中はまずまずだったのですが、暗くなるにつれて悪化し、まともな火星像は1セットだけとなってしまいました。
Kmm2018112408h32mut

 視直径が10秒角を切ってきたので120%にリサイズしています。
 また、火星の赤緯が上がってきたので、ベランダからは高度が高くなりすぎて危なくなってきました。
 ベランダからの火星シーズンは、もう少ししかできないかも知れません。

| | コメント (0)

天文年鑑2019が出た 2018/11/24

 来年(2019)の天文データを網羅している天文年鑑2019が発行されました。
 今日、堺の紀ノ国屋で購入。
 表紙は、来年2回もある部分日食をイメージしてか部分日食の画像です。
Img_1313w800

 巻頭に、今年の初め和歌山のすさみで開催された星の広場50周年の写真が出ていました。
 集合写真がこんなところに使われるノは珍しい?
Img_1321w800

 2018年の惑星として、私の火星や木星・土星を使っていただきました。
Img_1320w800

 そろそろ来年のことも考えないといけませんね。

| | コメント (0)

火星 2018/11/20-21

 天気予報では晴れマークが並んでいるのですが、相も変わらず日本海から流れ込んでくる寒気に伴う雲が空を覆っていました。
 夕方になってようやく雲が切れ始め、火星時間には晴れ間が広がりました。
 シーイングは薄明中から始めた最初のころはまずまずでしたが、2セット目は南西に移ったこともあったのか苦しいシーイングになりました。
 1セット目はシーイングの割には良く写りました。
Kmm2018112008h35mut

 2セット目はかなり火星が暴れていましたが、なんとか纏まりました。
Kmm2018112011h00mut

 もうちょっと安定したシーイングが欲しいですね。

 日没ごろの雲の多い空です。
Img_1251hdr03w800

 1セット目は火星付近は晴れていますが、雲がまだ随分と残っていました。
Img_1290w800

 2セット目の終わりごろには火星は南西のマンショの上に移ってシーイングは悪くなりました。
Img_1297w800

 気温は12℃と、ダウンを着ても寒い・・・

| | コメント (0)

火星 2018/11/17-18

 出かけていたので夕方の薄明時のシーイングは分からないのですが、かなり酷い。
 帰宅して直ぐに撮影を開始しましたが、南極冠がちらっと見えるだけで見えてない時間がが長い。
 火星全体がアメーバー状態でリムがリムらしく見えることがない。
 L画像は10ショット撮影しましたが使えたのは3ショットのみでした。
 IR742はAutoStakkert!3のアライメントポイント複数では繋ぎ目破綻が出てくるので、APは1個だけでスタックしています。
 それでもなんとか火星画像になるのはソフトのおかげです。
Kmm2018111710h14mut

 疲れますね・・・

| | コメント (0)

火星 2018/11/15-16

 日本海から若狭湾を通って南下してくる寒気に伴う雲が続き、ずーっと曇りでした。
 天気予報では晴れマークが続いているのに空は鉛色。
 今日こそは晴れると思っていたのですが、晴れ間が広がり始めたところで雲が湧いて来て、危ないところでしたが、なんとか1セット撮影することができました。
 IR742は途中から雲の中に入り、ショット数も不足でシーイングも悪くなりました。
Kmm2018111509h09mut

 他所は晴れてると思うと、残念ですが仕方ないですね。

 ちゃんと晴れて欲しいな・・・

| | コメント (0)

秋色を探しに 2018/11/15

 ぜんぜん遠くには行っていません。
 いつもの散歩道の大泉緑地へ。
 ここのところ寒気に伴う鉛色の雲が延々と流れ「天気予報は晴れ」とは縁のない日々でした。
 ようやく、今日、午後には行って少しずつ青空が覗き始めました。
 秋色を探しに大泉緑地公園へ散歩したのです。
 今年の紅葉はあまり綺麗ではありません。台風によって痛んでいるのか、夏場の気温のせいでしょうか。
 今日は平日で散歩をしている人たちも疎らです。
Img_1107hdr03w800

 大泉池の向こうの木々が夕陽を浴びて赤く染まっていました。
Img_1185hdr03w800

 冬が近づいて来たのかカモさん達も数が増えていました。
Img_1127w800

 綺麗な紅葉を探すのはなかなか難しい。
Img_1198hdr08w800

 青空が広がってきたので慌てて帰宅。
 晴れそうなので望遠鏡の準備です。
Img_1216w800

 しかし、なんか雲が湧いて来ました。
Img_1229w800

 湧いた雲は、しつこく動かない不安定な雲でした。

| | コメント (0)

万願寺とうがらし20本 2018/11/13

 ベランダ菜園の万願寺とうがらしが、10月の末ぐらいに咲いていた花が実になり、そこそこの大きさになってきたのでいただくことにしました。
Img_1093w800

 大小合わせて20本です。
Img_1096w800

 最近花が段々と咲かなくなってきたので、もうそろそろ終わりかと思いますが、今まだぶら下がっている実が残っていますので、それが最後の収穫になりそうです。

| | コメント (0)

キーボードとハードディスク 2018/11/13

 惑星撮影データ保存用のハードディスクが満杯になったので、新しく6テラのハードディスクを大阪日本橋へ買いに出かけました。
 健康のためにチャリで行きましたが、カメラを持っていかなかったので写真はありません。
 ハードディスクはシーゲートの6テラで、¥12.4kしました。
 ついでに、メインで使っているデスクトップのキーボードがつっかかったり、一部のキーが出てこなかったり、キーの文字が消えていたりしているので、キーボードも合わせて購入しました。キーボードは¥2kの安物です。
 下段のキーボードは黄色くなった古いものです。
Img_1086w800

 新しい白のキーボードは眩しい(笑)
 ノートパソコンのキーボードのようにフニャフニャで、クリック感はも一つですが、まぁー、キーを連打するほどの使い方をしないので、まけておくことにします。
Img_1087w800

 惑星動画保存用のハードディスクは、ローテーションしながら消して使っているのですが、、5月ぐらいから火星もそこそこ写っているヤツがあって、今シーズンの纏めをまだやっていないので、もう暫く残して置くことにしました。
 沖縄の分は最初から残しておく予定ですから、またハードディスクが増えそうです。

| | コメント (0)

火星 2018/11/11-12

 11月10日を晴れにした移動性高気圧が早々と東に移り、次の雲が西から近づいていました。
 午後に先発の雲がやって来ていましたが、夕方には通り抜けて晴れてきました。
 シーイングも良好で大シルチスがこちらを向いていました。
Kmm2018111108h43mut

 2セット目は雲が湧いて来ましたが、この雲は西からではなく南からやって来る予定外の雲でした。
 シーイングも悪くなりましたが、なんとか撮影でした。
Kmm2018111111h30mut

 なんか複雑な気流がこの界隈に流れているようです。

 1セット目は最近では一番の好シーイングでしょうか。
 視直径が10秒台になりました。

| | コメント (0)

OAA2018イン明石年会 2018/11/10

 東亜天文学会の年会が明石で開催され、参加してきました。
 最近参加した記憶がないので超久しぶりになります。
 会場は明石市立天文科学館ではありません(笑)
Img_0831w800

 明石駅近くの生涯学習センターです。
Img_0846w800

 今回発表するのでDVDを50枚持ってきましたが、ぜんぜん足りなかったようです。
Img_0859w800

 北尾さんは先日出版された「日本の星名事典」にサインです。
Img_0863w800

 明石天文科学館の館長さんの司会で始まりました。
Img_0864w800

 年会では多くの方々の表彰も行われます。
Img_0841w800

 みなさん現役で凄いですね。
Img_0889w800

 記念講演は磯部洋明先生の「歴史文献から探る過去の太陽活動」でした。
 低緯度オーロラの記録から太陽活動の指標を探るお話でした。
Img_0904w800

 ここで記念写真です。
Img_0915w800

 研究発表の最初に私の「沖縄で捉えたSAHEKI Crater」をしました。
Img_0920w800

 制限時間内に話が終わらずご迷惑をお掛けしました。
Img_0975w800

 私の他にも研究発表がありましたが、すみません省略させていただきます。
 会場を替えて夜は懇親会です。

 関勉さんの音頭で乾杯です。
Img_1015w800

 明石天文科学館の「シゴセンジャー」が小惑星に命名されました。
 シゴセンジャーの登場で小惑星に名前の付いている人、手を上げて!
 で、なんと半数以上の人が居られました。
 さすが、OAAです。
Img_1046w800

 シゴセンジャーレッドとブラック星博士と記念写真です。
Img_1047w800

 懇親会の後、若い人たちで2次会に行きました。
 今夜は泊まらないので、新快速の終電で帰ります。
 ちょっと遅れていたので、梅田から堺までの地下鉄の最終電車にぎりぎりになってしまいました。
Img_1063w800

 年会は明日も続くのですが、私は個人的な都合で今日だけの参加でした。

 大先輩の方々に追いつくことはできませんが、いい歳になりましたね。

| | コメント (2)

火星 2018/11/08-09

 朝から綺麗な青空が広がっていましたが、午後3時ごろには西からの雲で曇ってきていました。
 夕方ももちろん曇っていたので安心していたのですが、見上げると雲間から火星がチラチラ見えているではありませんか、慌てて準備し撮影です。
 主鏡と外気温の温度差は3℃ほどありますが主鏡セル側だけのファンを回して即撮影です。
 透明度は悪いですがシーイングは良好でした。
Kmm2018110809h31mut

 辛うじて1セット撮影することができました。

 これぐらいのシーイングがあれば、十分です。

| | コメント (0)

火星 2018/11/07-08

 西からやって来た雲が夕方まで覆っていましたが17時過ぎから急速に晴れてきました。
 シーイングまずまずよかったのですが、1セット撮影中から火星方面に雲が湧いて来ました。
 南からの想定外で、Windyを見ても南からの気流は無いのに、やって来ています。
 それでもシーイングは良く、LRGBはディティールが写りました。
Kmm2018110708h36mut

 しばらくすると南の雲は消えましたが、シーイングは少し悪くなりました。
Kmm2018110710h49mut

 それでも写りはまずまずでした。

 西からの雲はひまわりの画像を見ていても、堺の通過時刻は微妙でしたがタイミングよく抜けました。
Img_0796hdr08w800

 南から湧いた雲はひまわりの画像にも写らないので、規模も分からず待つしかありませんでした。
Img_0822w800

 ここのところの天気は微妙にずれているというか、想定外というか疲れますね。

| | コメント (0)

火星 2018/11/06-07

 なかなか凄いシーイングでした。
 南方系の雨雲が通り過ぎた後、日本海から垂れ下がる鉛色の雲が流れ込み、夕方までは晴れたり曇ったりでした。
 夕方になってようやく晴れ渡ったのですが、北から流れてくる低層の気流は、温風と冷風を同時に送り込んできた感じで、酷い時には火星の円盤像がしばらく分からない状態でした。
 でも、時々はまともな像になるので、画像処理した火星は普通でした。
Kmm2018110608h38mut

 酷い気流の時間帯は撮影を避けていますが、それでも繋ぎ目破綻のオンパレードです。
 APを1個にしたり、だめなものはDerotationに参加せずで、なんとか火星像になっています。
Kmm2018110610h37mut

 こんな極端な乱高下のある気流は止めてもらいたい(笑)

 とっても疲れます。

| | コメント (0)

火星 2018/11/03-04

 朝から一日中ほぼ快晴で、さすがに今夜は安心して火星だと思っていました。
 しかし、火星を始めると雲が湧いて来ます、ちょうど火星方面です。
 ベタ曇にはならず、なんとか2セット撮影することができました。
Kmm2018110308h43mut

 中層の気流がコロコロと変化します。
 2セット目は中層に東からの気流が入ってメラメラでした。
Kmm2018110310h38mut

 夕方に準備している時は快晴でした。
Img_0760hdr27w800

 どうも移動性高気圧があんなに寒さを保って強かったのに、移動性になって日本の上にやって来るとばらばらになったようで、複雑な気流になりました。
 嫌がらせみたいにうちの火星方面で湧くのはやめてほしい。
Img_0776hdr04w800

 ほんとに火星方面で湧くのです。

Img_0790hdr04w800

 でも、まずまずのシーイングだったので、まぁいいか(笑)

| | コメント (0)

ら・ふらんす 2018/11/03

 山形から季節のおくりものが届きました。
 山形は蕎麦やお酒、もちろん、さくらんぼなど美味しいものがいっぱいあり、この時期ラ・フランスを送っていただいております。
Img_0744w800

 ラ・フランスは食べごろが人によって違いますが、柔らかくなって独特の匂いが広まってくると食べごろです。
Img_0755w800

 いつも思うのですが、この不定形の果実からどうやって美味しさが出てくるのか不思議です。
 もう少し熟すのを待ってから、いただくことにいたします。
 ありがとうございます。

| | コメント (0)

火星 2018/11/02-03

 寒気に伴う北からの雲がなかなか取れず、夕方になんとか1セット撮影できましたが、2セット目は途中から完全に曇ってしまいました。
 シーイングは昨夜よりも良くなって模様の見えている時間も長くなりましたが、中層の気流はかなり不安定で、北から西から、そして南西からとむちゃくちゃでござりました。
Kmm2018110208h55mut

 夕方の空は偏西風に乗っかる絹層雲と、寒気に伴う低層の雲が仲良く浮かんでいました。
Img_0683w800

 夜になってやって来た雲は、東海沖というか太平洋側にある雲の集まりが北上してきたみたいです。
 流れてくると言うよりは堺の上空で湧いているみたいでした。
Img_0738w800

 期待が大きかっただけに消化不良そのものでした。

| | コメント (0)

火星 2018/11/01-02

 寒気に伴う日本海から流れてくる低い雲がなかなか取れません。
 ようやく19時ごろから晴れ始めてて、やっとこさ1セット撮影することができました。
 シーイングも最悪では無いものの、北西からの気流が激しくてぎりぎりでした。
Kmm2018110110h40mut

 気温は14℃と冬に近い寒さです。

 もうちょっとシーイングが良くなって欲しい。

| | コメント (0)

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »