« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

SAHEKI Crater 2018/08/31

 火星の佐伯(SAHEKI)クレーターのことです。
 今回の火星大接近で一番良く写ったのは、沖縄遠征での7月26日の火星です。
 大黄雲最中で、大シルチスは見えているものの淡く、画像処理によってやっと模様が浮かんでくる状態でした。

Kmm2018072614h28muta

 それでも良く見ると、火星のクレーターらしき丸い明斑があちこちに見えました。
 ちょうどダストがクレーター内に溜まって、クレーターの姿を教えてくれているように見えます。
 そこでクレーターの同定をするために、この日の解像度の高いL画像を使ってWinJUPOSによるマップを作ってみました。
 そして、大シルチスの南側には火星観測の大先輩、佐伯恒夫さんのクレーターがあるのです。
 今まではもちろん、探査衛星による画像しか見たことがありません。
Mgs_sahekiw800

 このクレーターマップと7月26日沖縄撮影の火星マップを並べてみることにしました。
 黄色枠が上記のクレーター画像のサイズです。
Marsmap5l_010302w800
 並べると言っても難しいので、黄色枠部分を拡大し、クレーターマップ画像とモーフィングしてみました。
Marsmap5l_010303w800c

 何とかSAHEKIクレーターの位置に白斑があることがおわかりでしょうか。
 ダストがクレーター内に漂うことでSAHEKIクレーターが分かりました。
 たぶん、これで間違いはないと思うのですが・・・
Kmm2018072614h28mutsaheki

 佐伯クレーターは、この春に亡くなられた広島の佐藤健さんの推薦で命名されました。
Img_9180w800

 この報告を、生前の佐藤さんにお届けできていたら、どんなに喜んでいただけるかと思うと残念ではあります。
Img_9190cw800

 佐伯恒夫さん、佐藤健さんへの大先輩に遅まきながらの報告でした。
 下記画像は1970年代始めのころ大阪駅でのお姿です。
 (中央に佐伯恒夫さん、左に佐藤健さん、右は田阪一郎さんです。)
Sahekisatoutasakaw800

 古い画像の出ついでに、佐伯さんの1971年の火星スケッチをコピーさせていただいたものも登場です。
Img_9185w800

 私の眼力のスケッチでは、なかなか追いつくことはできませんでしたが、今、高解像デジタル惑星撮影の時代になって、少し仲間に入れたような気がします。
 公私ともにお世話になった大先輩達に、この報告を捧げます・・・m(_ _;)m

| | コメント (2)

火星 2018/08/29-30

 どんよりと晴れたと言うべきか、月は黄色く昇ってきました。
 えげつない気流ではないのですが、ずーっとボケているシーイングで、中層低層の気流はメラメラボヨボヨの世界でした。
モニター上では辛うじて近赤外の画像で模様がはっきりと見えていました。
 B画像はカメラノイズを拾って線線が入ってしまっています。
 ヘラスの輝きにちょっと陰りが見られるので、大黄雲の終焉が近づいて来たのかも知れません。
Kmm2018082911h38mut

 夜になっても相変わらず30℃はあるし、暑苦しく疲れる火星撮影です。
Kmm2018082913h00mut

 火星の視直径も急速に小さくなってきました。
 南中時刻も早まって忙しい火星です。

 もう少しがんばりたいと思います。

| | コメント (0)

望遠鏡の隙間 2018/08/28

 沖縄から帰ってきて、C14もほぼ問題なく撮影を続けています。
Img_9093w800

 撮影システムも、ここ2年ほど変化がありません。
Img_9099w800

 夏場は相変わらずエアコン室外機対策の大きな扇風機とお友達です。
Img_9114w800

 フォークを無理やり南下する火星対策で南へ倒しましたが、残った隙間の写真がこれです。
Img_9120w800

 写真を見ただけでは構造が良く分からないと思いますが、鏡筒とフォーク基部との隙間を撮しています。
Img_9121w800

 まぁ、どちらにしても上手く行っているので良しとしましょう。

 ただ、最近、沖縄から帰ってきてから自動車の振動を拾いやすくなったような気がします。
 気だけですが・・・

| | コメント (0)

Windows 10 起動せず 2018/08/28

 実はもう1週間前の話です。
 8月22日の朝、いつものようにパソコンのスイッチを入れると、何かおかしい、DOSの窓キャラが出たところで止まっています。何度か再起動しても同じで、繰り返していると修復プログラムが勝手に起動しました。
 で、修復をお願いしたのですが・・・
Img_8956w800

 修復してくれません。
Img_8961w800

 トラブルシューティングを色々してみましたが、一度だけセーフモードで修復が立ち上がりました。
Img_8962w800

 この後、修復プログラムも起動しなくなりました。

 と、同時にグラフィックボードもおかしくなっていて、テキスト表示が崩れています。
Img_8975w800

 グラフィックボードは直接の原因かどうか分かりませんが、表示がおかしいのは良くありません。
 急挙、堺のパソコン工房までチャリで買いに行くことにしました。

 この日は超超超暑い日です。
 そうです、堺で 39.7℃ 、日本で堺が一番暑い日だったのです。
 チャリンコで息をするとサウナの熱風を吸い込んでいるような、喉が焼けそうになりました(笑)
Img_8981w800

 で、一番安いグラフィックボードを購入。型番は壊れたものより新しいのですが、速度は遅いようです。
Img_8995w800

 グラフィックボードを交換しても修復は上手く行きません。
 USBに回復ドライブを作ってあったので、そちらから起動して回復を目指しますが簡単ではありませんでした。
 コマンドプロンプトでセーフモードで起動するのも試しましたがだめでした。
Img_9031w800

 結局のところ、新規インストールに追い込まれてしまいました。
 ここまで二日ほど費やしています。
Img_9037w800

 データを失うのは怖いので、空のハードディスクにインストールできないかと試しましたがだめでした。
 最終的にはイメージで保存してあったドライブにインストールされてしまいました。
 元のCドライブは無事でしたから、Winndows 10が立ち上がってからドキュメントやプログラムファイルやSystem32などをコピーしました。
Img_9066w800
 いろりろな名簿や会計ソフトは大昔のもので単純にインストールできなかったり、まあ大変です。
 昔々のソフトを引きずっているからですね。

 1週間経ってもまだまだ格闘は続いています。

 ほんと疲れますね。

 あぁ、観測用のパソコンは元気です・・・

| | コメント (0)

火星 2018/08/27-28

 秋雨前線が下がってきて天気が悪くなる手前の晴れで、シーイングに期待して早めに準備。
 覗き初めは期待したシーイングでしたが時間とともに揺れが激しくなっていきました。
 上空は西から南西からの気流が相変わらず強く流れていました。
 眼視では南極冠が明るく見え始め、大シルチスも眼視で良く見えてきましたが、詳細が見えるほどではありませんでした。

Kmm2018082711h13mut

 B画像も纏まっていますので、シーイングは良い方に入ると思いますが、見かけは結構揺れていました。
Kmm2018082712h28mut

 3セット目は、モニター上で見る姿はかなり悪かったのですが、画像処理をしてみると少し悪いだけでした。
Kmm2018082713h33mut

 3セットキャプチャーするのは思ったより疲れます。
 これぐらいのシーイングが続くといいですね。

| | コメント (0)

火星 2018/08/25-26

 良く晴れているのですが、シーイングはあまり良くありません。
 それでも時折模様が見えている瞬間があったので、スタックを何度もやり直してみました。
 IR742の画像は何とか見られるようになりました。

Kmm2018082511h24mut
 上空は西から南西の気流で忙しく跳びはねており、時折エアコン室外機の気流も参入してしっちゃかめっちゃかでした。
Kmm2018082512h48mut
 やっぱし、もう少しシーイングが良くなってもらわないと元気が出ません。
 少々夏バテでしょうか(笑)

| | コメント (0)

火星 2018/08/21-22

 台風接近で高層から低層まで南東の気流でぐちゃぐちゃ、最悪一歩手前でした。
 その割に、地上は東風弱風でした。
 シーイングの割には火星らしく写っています。

Kmm2018082112h48mut
 このあとも撮影したのですが、もっとシーイングが悪くなり、繋ぎめ破綻のオンパレードでボツになりました。
 疲れる・・・

| | コメント (0)

火星 2018/08/18-19

 沖縄から帰ってきてようやく撮影に入ることができました。
 フォークの南へ倒すのも有効でなんとか数mmの隙間を残して火星へ向くことができました。
 気流は中層下層がメラメラの東風でしたが、見た目よりもそこそこの火星像になりました。
Kmm2018081812h21mut

 みなさんの書き込みなどを見ていると、急速に模様が見えてきているとのことでしたが、期待したほどには晴れていないようで、南極冠が良く見えている以外の模様はよく分かりませんでした。
Kmm2018081813h38mut

 南中時間がえらく早くなっているので、何かシーズン末期のような気がしてしまいました。

 まだもう少しがんばれそうです。

| | コメント (4)

沖縄から帰ったC14再組立 2018/08/13

 ようやく、沖縄から帰ってきたC14をベランダ望遠鏡に再設置です。
 沖縄からの長旅も無事に耐えられたようで、光学系には異常はありませんでした。
 そのままでした。
Img_8836w800

 後部セルのファンコントローラ部を外して、主鏡や補正板を洗います。
Img_8840w800

 沖縄で1回洗っているのですが、一度スコールに当たって濡れているので、再出発のためにも、もう一度中性洗剤で洗浄です。
 主鏡のメッキは強いので大丈夫と思っていたのですが、今回よく見ると主鏡の鏡周部分がちょっとメッキが薄くなってきていました。
 1988年生ですから歳ですかね。
Img_8850w800

 補正板も洗いますが、補正板は以前から洗う度にコーティングが矧げていきます。
Img_8860w800

 バラしたついでにファインダーの取り付けネジを追加しました。
 今までのは、赤緯が高くなるとファインダーがーフォークにぶつかってしまうのでした。
Img_8869w800

 洗浄が終わって乾燥した主鏡を元に戻します。
Img_8887w800

 今回、組立の順序を少し変えました。
 今までフォークを架台側に組み立ててから、鏡筒を載せていたのですが、今回は先に鏡筒とフォークを組み立ててから架台に載せることにしました。
 重くはなるけど、組立はしやすくなると思ったからです。
Img_8898w800

 でも、重さはかなりで、簡易クレーンの支柱が傾いてしまいました。
Img_8915w800

 この滑車のクレーンとしても重過ぎのようでした。

 それでも何とか組み上げることはできましたが、時間がかかりすぎて、今日はここまで。
Img_8926w800

 こちらの寄る年波か、こんな事はもう何度もできないかも知れませんね。

 でも、もう少しがんばろうね!・・・(笑)

| | コメント (2)

C14を引き取り 2018/08/11

 沖縄から送ったC14やJP架台などの13個口は、兵庫県三田のなかまのところへ一括で送っていました。
 沖縄から九州までは船便で、九州からは陸送ですでに到着していたのですが、今日引き取りに行きました。
 帰省ラッシュと重なり、中国縦貫自動車道は大混雑でしたので、別道を走ってちょっと予定より遅れて到着です。
 大きなダンボールを小さな車へ載せ替えます。
Img_8797w800

 小さな車では、助手席を含め満杯です。
 沖縄まで往復したダンボール箱は、かなりよれよれになっていました。
Img_8798w800

 ついでに、沖縄で撮影した火星の動画ファイルを使ってレクチャーです。
Img_8801w800

 AutoStakkert!2の使い方からです・・・。
Img_8805w800

 今回の沖縄遠征で、自分用のみやげはもちろん惑星画像なんですが、沖縄そば屋さんで味わった島とうがらしが忘れられず、自分用のお土産としてスーパーで購入しました。
Img_8811w800

 どこの荷物の中に入れたのか忘れていたのですが、望遠鏡の片隅にくるまって入れていました。

 島とうがらしはぴりぴり、癖になる辛さです。

| | コメント (0)

-26°30’の火星 2018/08/09

 C14はまだ沖縄から戻ってきていない(近くまでは来ている)のですが、C14を載せていたフォーク架台は、ミードのシュミカセ25cm用フォークを流用し、惑星の見える範囲だけで良いとフォークの長さを限界まで縮めています。
 C14では赤緯が±25°まで稼動する設定で組み立てています。
 ところが、今年の火星はその範囲を超え、8月16日ごろは赤緯が、マイナス26°30′まで達します。
 困ったものです。
Img_8760w800

 大きな工作をする元気はありませんが、どないかしないといけません。
Img_8762w800

 結局、一番安直な方法で逃げようと考えました。
 フォークは3本のネジで極軸体に繋がっていますが、このネジのねじ穴のクリアランスの範囲内で、できるだけフォークを南へ傾けることにしました。
Img_8771w800

 ちょっとだけ傾きました(笑)
Img_8783w800

 これで本当にC14が火星に向くのかは分かりませんが、向かなければ諦めることにします。

 微妙ですね・・・

| | コメント (0)

火星モーフィング 2018/08/08

 hasyamaさんをまねてみました。
 沖縄で撮影したベストと思われる火星像7月26日分のLRGB画像とNASAの火星マップとをGIFアニメでモーフィングしてみました。
201807261427_8map01

 何個かのクレータは分かりますが、期待したほど数は伸びないですね(笑)

| | コメント (0)

沖縄で未処理の土星 2018/08/07

 沖縄でほっとかれた土星の画像処理をしました。

2018/07/17-18
 カラー1ショットのみだったのでボツにされていたものです。
Kms2018071714h00mut

2018/07/25-26
 ポーラーストームもあるし赤道帯の白斑もあります。
 良く写っている土星です。
Kms2018072513h35mut_2

2018/07/28-29
 北寄りの気流になってきて、安定しないシーイングでした。
Kms2018072813h08mut

 土星はシーイングが今イチと言いながらも、撮せばそこそこ写ります。
 シーイングが不安定と言ってますが、写りは安定していますね。

| | コメント (0)

沖縄で未処理の木星 2018/08/07

 沖縄では画像処理が追いつかなかったので、後半は火星に専念しました。
 未処理の木星を処理したものです。

2018/07/19-20
 これはシーイングが悪くボツになっていたものです。
 224MCのカラーカメラのみの画像です。
Kmj2018071912h06mut

2018/07/25-26
 沖縄ではあまり良くないシーイングと言われた日ですが、リムはアメーバー状になっていても、真ん中あたりの模様はそこそこ見えている気流でした。
Kmj2018072512h53mut

2018/07/26-27
 後の火星はシーイングが良かったのですが、木星時間は雲も多くあまり良くありませんでした。
Kmj2018072612h41mut

2018/07/28-29
 上空には北からの気流が入っていて、沖縄では北からの気流はシーイングが悪いと言われていました。
 衛星イオは別途処理してのはめ込みです。
Kmj2018072812h31mut

2018/08/03-04
 沖縄最終日の木星です。
 晴れそうで晴れなくて、雲の隙間から不充分なショットでした。
 224MCのカラーカメラのみの画像です。
Kmj2018080312h45mut

 処理方法が安定していませんが、シーイングが悪いと思う時でも撮せばかなりのディティールが出て来る時があります。
 そのへんが沖縄のようでした。

| | コメント (0)

沖縄三十三日目 2018/08/04

 いよいよ沖縄とお別れの日になりました。
 朝、一気に望遠鏡を解体して梱包にかかります。
Dsc_3007w800

 雨に打たれながらも頑張りましたC14とJP架台です。
Dsc_3010w800

 一人でだったらなかなかむつかしい梱包ですが、おかげさまでてきぱきと片付いていきます。
Dsc_3018w800

 仔猫も最後のじゃましぃです。
Dsc_3020w800

 結局、13個口の段ボール箱などに分解され、近くのヤマト運輸糸満南部センターまで持っていきました。レンタカー(アクア)で2回運びました。
 1週間ほどかかるようです。
Dsc_3036w800

 一月間お世話になった宿は、那覇より南に糸満市にあるゲストハウス・シーグラスです。
 コンクリートの打ちっぱなしで作られたユニークな建物で、近代建築の巨匠ル・コルビュジエの建築を参考にして建てられたそうです。
 屋上の一風変わったモニュメントはデザインだそうです。
 望遠鏡ドームでも乗りそうなモニュメントでした。
 昼夜逆転生活でご迷惑をおかけしましたが、温かく見守っていただきました。
 ありがとうございました。
Dsc_3041w800

 レンタカーを返却し、那覇空港へ。
 空港ではお疲れ乾杯です。
 今日はオリオンビールでなくて一番搾りです(笑)
Dsc_3043w800

 何時も写してばっかりだったので、写してもらいました。
 沖縄にサヨナラの乾杯です。
Dsc_3045w800

 仲間とは乗る飛行機が違うので、別れ、私はLCCの遠く外れたピーチへと向かいました。
 手荷物が10㎏を超えるので、預入荷物にしたのですが、荷物なしの格安航空券でチケットを購入していたので別途料金が発生しました。
 料金の支払いは現金ではだめでして、カードが必要でした。いつもニコニコ現金払いをモットーとしている私としては、寂しい世界になりました。

 で、2時間乗ると関西国際空港です。
 大阪は雲一つない快晴でした。
Dsc_3060w800

 費用対効果がどのくらいあったのかは不明ですが、シーイングが良ければ堺で写しているものよりも、もっと詳細が写ることがわかりました。

 堺でも沖縄に近づけるように精進したいと思います。

 沖縄遠征33日間、これにて終了です・・・m(_ _;)m

| | コメント (4)

沖縄から火星 2018/08/03

 沖縄から最終の火星です。
 台風12号が遠ざかって晴れてきたものの完全には晴れず、雲の多い中で辛うじての1セットです。
 東からの気流で川底状態で、沖縄最後の日は不満足ですが仕方がありません。
Kmm2018080316h40mut

 PCモニターで見ていると、かなり酷いシーイングに見えるのですが、画像処理をするとそこそこに写っています。

 完全燃焼とは行きませんでしたが、いい経験を積ませていただきました。

| | コメント (0)

沖縄三十二日目 2018/08/03

 台風12号はようやく遠くへ離れていきました。
 豪雨の後の朝焼けです。
Dsc_2827w800

 明け方まで雨に濡れていた望遠鏡を、ぞうきんで拭きながらお片付けです。
 仔猫も朝のご挨拶にやってきました。
Dsc_2829w800

 昼間はお土産用フルーツ探しと、明日望遠鏡解体梱包に必要なガムテープとか買い出しです。
 昼食は沖縄そば三枚そばです。三枚は豚肉の部所の名前で、3枚の肉が入っているわけではありません。
Dsc_2896w800

 天気予報では夜から晴れ予想で、夕方から雲が少なくなり晴れの期待がやってきました。
Dsc_2898w800

 今日が沖縄最後の夜なので、雲が多くても早めから準備です。
Dsc_2909w800

 沖縄で、この望遠鏡が繰り広げる最後のページです。
Dsc_2912w800

 暗くなる前に記念写真です。
Dsc_2924w800

 早めに準備したものの雲が減りません。
 高層の雲もなかなか動かずで、木星を数ショット、土星をパスして火星に入ると雲がもっと増えて、なかなか撮影できませんでした。
Dsc_2939w800

 仲間は南の星空を撮影するために、ジョン万次郎上陸記念の海岸まで出かけています。
 夜半を過ぎると、ほんの少しずつ晴れ間が増えてきました。
Dsc_2956w800

 海岸から戻ってきた仲間も、貴重な晴れ間で火星撮影です。
Dsc_2964w800

 ノートPCで見るFireCaptureは、すべての字が小さくて今の私には無理ですね。
Dsc_2972w800

 仔猫さんと火星のツーショットもこれが最後です。
Dsc_2978w800

 と、感傷に浸っていたら・・・・・・・
 寝てるやないか・・・・・
 どうも、私よりこのテーブルが気に入っているみたいですね。
Dsc_3001w800

 この後低くなった火星ですが、断続的な小さな晴れ間で火星を1セット撮影。
 最後の夜でしたが、シーイングは東からの気流で川底状態でダメでした。
Dsc_3004w800

 一月間に渡る、私の火星遠征の最後の夜は終わりました。
 台風、お天気に振り回されましたが、協力いただきましたみなさんに感謝を申し上げます。

 楽しい沖縄火星撮影の旅でした。

 明日は、片付けして帰ります。

| | コメント (4)

沖縄三十一日目 2018/08/02

 台風12号は一日たってもほとんど動かずで、今朝も曇りです。
Dsc_2654w800

 新しい仲間とひめゆりの塔へ。
Dsc_2662w800

 帰ろうとすると大雨。
 もう観光もせず、土砂降りの中、ファーマーズへ。
Dsc_2665w800

 目的はお土産用のフルーツ類です。
 ただいま、沖縄マンゴーが旬です。
Dsc_2668w800

 お昼は、隣のさかなセンターで刺身盛り。
 イラブチャーもありました。
Dsc_2678w800

 お天気の悪い昼間は画像処理に時間を費やし、最接近の日の火星をアップしました。

 夜はまた近くのエベレストで、メガジョッキ乾杯。
Dsc_2740w800

 ここはインド・ネパール料理のお店です。
 でっかいほうれん草のナンです。
Dsc_2743w800

 夕食後の空を見ると火星が見えているではありませんか。
 雲間と言えば雲間なんですが、長い時間見えているので望遠鏡を準備。
 しかし、チラ見以上にはならず、準備をしただけで手持無沙汰です。
 で、やってきました仔猫が・・・暇の相手をしてくれています。
Dsc_2762w800

 なかなか晴れ間はなく、雲行きが危なくなってきたので、スコール対策のカバーをかけてしばらくすると、強烈な雷とともに豪雨です。
Dsc_2825w800

 雨が上がったら片付けようと思ったのですが、雷が鳴らなくなっても雨は明け方まで降り続けました。

 あきらめて就寝です。

| | コメント (2)

沖縄から火星 最接近の日 2018/07/31-08/01

 最接近の日、昼間は良かったのに夜に入って雲が多くなりました。
 北や南で稲光が輝く中、日本の時間中にかろうじてLRGBが1セットでした。
Kmm2018073114h46mut

 長年計画してきてやってきた沖縄の期待の画像には遠いですが、これも人生として受けとめるしかありませんね。

 夜半を過ぎると、雷雲も静かになり、大きな晴れ間がやってきました。
 シーイングも若干持ち直しましたが、良気流までは届きませんでした。
Kmm2018073115h50mut

 それでも、そこそこの写りになっていますから悪くても沖縄の空ということでしょうか。
Kmm2018073117h08mut

 最接近の日、ここまででした。

| | コメント (0)

沖縄三十日目 2018/08/01

 火星最接近の翌日、朝方曇りで、停滞していた台風12号が動き始めて沖縄に近づいてきたようです。
 本格的な曇りの東空。
Dsc_2591w800

 望遠鏡も静かに時を待っていますが、少し寂しそうに感じるのは個人的感情でしょうか。
Dsc_2594w800

 今日から、最終日まで共にする仲間がやってきたので二日続けて乾杯です。
Dsc_2595w800

 ここのお店は宿から歩いて5分ほどの台湾料理店で、量が多い。
 腹いっぱい食べて夜を待ちます。
Dsc_2599w800_2

 夜の初め、雲間から星が見えますが、南の方では稲光がひかり、望遠鏡をセットするような晴れ間はやってきませんでした。
Dsc_2636w800

 仔猫も暇そうですが出番はありません。
Dsc_2617w800

 この後、夜中過ぎには雨も降り始めました。

 どうしようもできません、寝るだけでした。

| | コメント (0)

沖縄から火星 2018/07/29-30

 昼間の天気はそこそこ良かったのですが、夜に入ると雲が多く、LRGBかろうじて1セット撮影できましたが、他は無理でした。
Kmm2018072914h56mut

 それなりには写っていますが、切れはないですね。

 撮影できただけでも良しとしましょうか。

| | コメント (2)

沖縄二十九日目 2018/07/31

 いよいよ15年ぶりの火星大接近、最接近の日です。
 昨日とは違って空が青いですが、ちょっと積乱雲風の雲があって、ちょっと心配。
 天気予報は晴れそうです。
Dsc_2521w800

 気持ちよく晴れている間に洗濯6回目。
Dsc_2524w800

 雲以外のところは気持ちの良い青空です。
Dsc_2537w800

 夕方、モバイルプラネタリウムで那覇にやってきたozekiさんが見学に来られたので、久しぶりの乾杯。
Dsc_2549w800

 今使っている望遠鏡のシステムなどを見てもらいました。
 ただ、このころから雲がどんど増えてまともに木星も見えません。
Dsc_2556w800

 今夜は火星大接近の日なので、同宿のみなさんと臨時観望会です。
 土星は喜んでもらえたようですが、火星はね・・・
Dsc_2561w800

 天気予報と違って、南の方でも北の方でも稲光が輝き、時折雷鳴も聞こえてきました。
Dsc_2573w800

 ここは曇るものの雨も降らずで、みなさんが帰った後晴れ間もやってきました。
 一応、大接近の日の火星を撮影することができましたが、気流は西からの強烈な流れで火星は高速アメーバー状態でした。
Dsc_2579w800

 仔猫は今夜あまり近づいてこなかったのですが、横で走り回ってると思ったら夜のトンボと戯れていました。
 一度は捕まえていたみたいなんですが・・・逃げられたようですね。
Dsc_2586w800

 こうして大接近の日が過ぎていきました。

 あっさりと・・・

| | コメント (0)

沖縄から火星 2018/07/28-29

 不安定な天候で晴れたり曇ったり。
 大概疲れますが、2セット撮影できました。
 シーイングは乱高下がありましたが、まずまずでした。
Kmm2018072814h45mut

 シーイングのわりには良く写ったと思います。
Kmm2018072816h25mut

 大シルチスの画像が続いていますが、今が旬です。

| | コメント (0)

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »