« 木星 2018/06/09-10 | トップページ | 2001年の火星大黄雲 2018/06/12 »

火星 2018/06/09-10

 木星の後、仮寝したのですが、またもやもう少しで朝まで寝るところでした。
 出遅れたものの何とか眼が覚めましたが、空は一面雲だらけで、もう少し早い時間だったら見えていたようでした。
 せっかくなので、そこは我慢して晴れ間が来ないかがまん比べです。
 結局明け方までまともな晴れ間はなかったのですが、雲が薄くなったところで何本か撮影することができましたが、とってもフィルターワークで撮影する余裕は無かったので、カラーカメラだけでの撮影でした。
Kmm2018060917h01muts

 ダストストームは広がってエライことになってます。
 右側の火星はシミュレーションで、WinJUPOSの火星マップに私の2016年火星マップを貼り付けたものです。
 画像の中の「N」は地球の南北を示しています。
 大黄雲で模様が見えなくなると火星の南北が分からなくなりますが、火星の日周運動の方向を記録しておくことで火星の南北を決めることができます。

 堺の上空は雲だらけで、普段はこんな空で撮影することはありません。
Img_8204hdr03w800

 ひまわりの映像で雲の隙間を期待しますが、赤外画像では低空の雲はほとんど映りません。
Img_8228w800

 梅雨前線と台風とのダブルパンチで雲だらけです。

 明け方まで粘ると東の空に月が昇ってきました。
Img_8272w800

 何とも言えない疲れですが、データが取れただけでも良しとしましょう。
 

|

« 木星 2018/06/09-10 | トップページ | 2001年の火星大黄雲 2018/06/12 »

惑星撮影」カテゴリの記事

コメント

寝過ごさず、撮影ありがとうございます。こちらは後半曇っちゃってアウトです。
火星も砂嵐で見え方が全然変わっちゃいましたね、ちょうど近づいている最中なので早く終息してほしいです。

投稿: hideサン | 2018年6月11日 (月) 09時18分

hideサン さん おはようございます。
 歳いくと睡眠時間は少なくても良いと思われていますが、そうではありません。
 一度無理をすると、後遺症が1週間ぐらいは続きます。
 突然の睡魔とか時差ボケと同じ症状が起こりコントロールできません。
 現役時代のように無理は効かないです。
 ここまでダストストームが広がったら簡単には収束しないですね、たぶん。
 沖縄はダストストームとお友達になるしかないようです(笑)

投稿: RB星 | 2018年6月11日 (月) 09時55分

このままいけば過去の観測の様子から大接近時はやはりお友達ですかね~(悲
せっかくの沖縄、夏を楽しんできてください。

投稿: hideサン | 2018年6月12日 (火) 09時15分

hideサン さん おはようございます。
 いやですね・・・(笑)

投稿: RB星 | 2018年6月12日 (火) 10時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 木星 2018/06/09-10 | トップページ | 2001年の火星大黄雲 2018/06/12 »