« シュミカセ・フォーカスベアリングの洗浄 2017/10/08 | トップページ | 火星 2017/10/09-10 »

SiriusA & Sirius B 2017/10/09-10

 久しぶりにイイ天気になったので、意を決して明け方に起きてみました。
 月やアルデバランは天高く輝き、ベランダのC14からは見ることができません。
 南の空にちょうど、ギラギラと輝くおおいぬ座のシリウスがあるではありません。
 そう言えば、C14になってからまだ撮影したことがありませんでした。
 C14のフォーカスノブは順調に滑らかに回転しています。
 シーイングはも一つでしたが、内外像のリングもそこそこ見えているのでナントかなるでしょう。
 と言うことで撮影、シリウスAが点像になるような露光では全くBは現れませんが、大きく露光オーバーにしていくと見えてきました。
Siriuskm20171009

 楽勝ではありませんか・・・おおよそ上が北です。
 しかし、シリウスAの光は凄いですね、あちこち光学系で干渉しているのか、フレア出まくりですね。こんな状態で良く惑星が写るモンだと思います。
 C14+カサイ2インチ2×マルチバロー+自作ADC+Xagil Lフィルター+ZWO ASI224MC 合成F35 50ms 3000フレーム

 動画も揚げてみることにします。

 忙しい輝きですが、思ったより良く写りました。

|

« シュミカセ・フォーカスベアリングの洗浄 2017/10/08 | トップページ | 火星 2017/10/09-10 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

撮影の際に肉眼でもシリウスBを観察されましたか? 私は北関東に住んでおり,また自宅の南側にマンションがあったりするので,シリウスはなかなか良い条件では観察できないのですが,数年前に非常によい気流に恵まれNinja320でシリウスBを肉眼でとらえることができました.その際には意外とAから距離があるなあ,という印象でした.気流さえよければもっと小口径でも見えるのではないかと思います.

投稿: まさ | 2017年10月11日 (水) 13時55分

まさ さん こんにちわ
 撮影の前にいちおう覗いてはみたのですが、良く分かりませんでした。
 撮影して、こうして分かった後なら確認できたかもしれませんが。
 私の壊れかけた眼では、かなり無理があるような気がします。
 昔々、1970年ごろの元気だった眼では、20cm反射でシリウスBを見ていました。
 シーイングもそうですが、フレアを起こさないコントラストの良い光学系が必要だろうと思います。
 眼も含めてですが(笑)

投稿: RB星 | 2017年10月11日 (水) 14時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シュミカセ・フォーカスベアリングの洗浄 2017/10/08 | トップページ | 火星 2017/10/09-10 »