« 土星とコロナ 2017/09/24 | トップページ | 直線の壁 2017/09/29-30 »

カメムシ 2017/09/28

 昼まで雨が続き、夕方になって晴れ初め綺麗な夕焼けが見えていました。
Img_2912w800

 南の空には上弦の月が輝いていたので久しぶりにベランダ望遠鏡を使って見ることにしました。
 北米皆既日食にかまけていたので、8月の初めごろから全く使わずにいて、アメリカから帰ってきてもコロナ画像の処理に明け暮れて、今日までほったらかし状態でした。
 カバーを開けてビックリ!
Img_2935w800

 なんと、カバーにも鏡筒にもカメムシがいっぱい・・・
 越冬準備か暖かいところに集まっているのでした。
 掴んでは投げ、掴んでは投げして逃がしてやりましたが、また集まってくるのでしょうね。
Img_2929w800

 せっかく準備した望遠鏡ですから、シーイングもメチャ悪く心穏やかならズでも、いちおう月面撮影をしてみました。
Img_2940w800

 鏡筒の中にはカメムシはいなかったのですが、補正板や光学系が曇っているのか、月面のコントラストも悪しです。

 写りは良くないので、ごまかす意味も込めてHDR処理をしてみました。
Moon_hdr08

 白飛びはしないのですが、何かこもってしまいましたね。
 昔々の写真集の月面を見てるみたいです。

 久しぶりでしたから、色々ありました。
 やっぱり望遠鏡は使ってあげないといけませんね・・・

|

« 土星とコロナ 2017/09/24 | トップページ | 直線の壁 2017/09/29-30 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、近内です。
Dr. 栗栖 茂ふうにいえば極悪非道、阿鼻叫喚、支離滅裂な
シーイングでもけっこうな月面細部が写るのですからデジタ
ル撮影/画像処理はたいしたものですね。
眼視の月面の質感を画像で再現/表現するのは難易度最
高なのでしょうね。
最良シーイング時の海の欠け際はどこまで倍率を上げても
微小クレーターだらけで、まるでカルメ焼きの破面みたいだ
し、一方ティコやアリスタルコスのような新鮮なクレーターの
近傍は溶融して固まったばかりのセラミックの表面のように
テラテラして見える。
宇宙船や衛星からの画像ならともかく、地上からの画像で
そのような感じを上手く出している例は非常に稀です。

白飛びを抑えつつ自然な月面の眺めを表現することはHDR
合成技法等で可能なのでしょうか?
私の眼視観察での感想では、月面を眺める場合、眼も白飛
びを起こしていて、ただしハイライトぶっ飛び部分を注視す
ると、その部分に対応する網膜が『ヤケ』を起こして対応して
いるのかなと......。
ディスプレイモニターのコントラスト比も限界があるでしょうか
ら難しい問題なのでしょうか?

私は月面大好きなので、RB星さんの美しい画角取りの素晴
らしい月面画像をいつも期待しています。

投稿: 近内令一 | 2017年9月29日 (金) 10時13分

近内さん こんにちわ
 今回は北からの冷たい気流が流れ込み、ユラユラメラメラで、ローリングシャッターのC-MOSカメラ像をモニターで見ていると、揺れ方が半端なく、あちこちが時差を持って揺れるので頭がクラクラしました。
 銀塩時代に比べるとまずまず写っているようにも見えますが、最近の高解像の時代ではぜんぜんだめですね。
 このHDR処理は単に、Nik Collection のデフォルト処理で階調を圧縮しただけのもので、白飛びはないのですが暗部を持ち上げているので、クレーター内も明るくなってしまっています。
 日食コロナの処理のように、多段階露光で合成すれば良いのかもしれませんが、面倒ですね。
 私の眼は壊れかけていますので、明るい月の光が入ると紗が掛かります(笑)
 撮影は白飛びしないように全体的に暗く撮影しても、ウエーブレットやアンシャープを掛けるとハイライトが一気に白飛びしてしまいます。
 月は解像度だけでなく、シャープ感も必要だし、なかなか手強いですね。

投稿: RB星 | 2017年9月29日 (金) 14時16分

さすが、極悪シーイングでも、いい感じに処理され、いいですね。此方は、
カメムシ攻撃は無かったものの、御天気攻撃には参ってます。全然撮影出来なく、晴れたと思ったら撮影シーイングにはいきません、
輝度のある月面撮影は難しいですね。クレーターど~ん!と行きたいです。拡大でのHDR処理ってNik Collectionでの処理なんですね。
私も試して見ようかな。

投稿: hideサン | 2017年10月 3日 (火) 14時42分

hideサン さん こんばんわ
 Nik Collectionを使っていますが、月面用には何か工夫をしないと今イチな気がします。
 とは言っても、他のソフトは知らないです。
 コロナをビローンと伸ばすにはHDR処理はとても有効でした。
 ここ数年、カメムシが一杯増えてきたような気がします。
 いちおう街中なんですけどね(笑)

投稿: RB星 | 2017年10月 3日 (火) 18時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 土星とコロナ 2017/09/24 | トップページ | 直線の壁 2017/09/29-30 »