« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月

月面に #23A VS 742 フィルター 2017/09/30-10/01

 昨夜は夜になって曇り、今日は昼ごろまで雲の多い天気でした。
 昼からはずーっと晴れで、何となくシーイングも良さそうに見えましたが、実際は昨夜よりは悪くなっていました。
 今夜は、赤フィルターのテストをしてみました。
 #23Aのオレンジ赤フィルターと、742nm以上の赤外光領域のみを96%以上透過する月・惑星撮像用フィルターと謳われている干渉フィルターです。
 #23Aフィルターの方が透過光量が多いのでゲインを下げたりシャッター速度を速めたりできますが、大気の色分散や補正板の色収差の影響、またシーイングの影響をより強く受けます。
 742nmフィルターは透過光量がかなり少ないので、どうしてもゲインを上げざるを得ませんので、月齢の小さな暗い月には不利です。

 で、比較です。
 まずは742nmフィルターのクラヴィウスです。
Moon725

 #23Aフィルターでのクラヴィウスです。
Moon23a

 解像度では、742nmファイルターの勝ちですね。

 どちらもシャッター速度は 10ms です。

 C14+Nikon EiC-16+フィルター+FireCapture2.6+AutoStakkert!3+Registax6+PhotoshopCS3

 今夜はキャプチャーパソコンを、高速SSDを奪った日食用のノートパソコンでしました。
 27fpsの速度でキャプチャーすることができました。
 SSDは凄いですね!

 月面は近赤外域で感度の高いモノクロPCカメラが欲しいですね。

| | コメント (2)

直線の壁 2017/09/29-30

 ほぼ一日天気が良く、シーイングも昨夜よりは改善方向であろうと思い、月面撮影です。
 C14の補正板の外側だけ掃除しました。中はまた今度の機会にします。
 今日はカメムシさんはいませんでした。
  そこそこ撮影しましたが、全体としてはシーイングはも一つで、月面は波打って居ました。
  海のしわとクレーターの明るいところとのバランスをどないかしようと、がんばった成果がこれです。
Moon_9b

 Nik Collection のHDR08でもやってみましたが、このままでは月面に難しいですね。
Moon_9c

 AutoStakkert!3でスタック後、Registax6で白飛びしないようにWavelet を掛けただけのものがこれです。
Moon_9a

 月面は月面で難しいですね。

 C14+Nikon EiC-16+#23A+ZWO ASI 178MM+AutoStakkert!3+Registax6+PhotoshopCS3

 撮影用の高速SDDが日食用に取られたので、HDDではキャプチャ速度が上がらず、10fps ぐらいでしかキャプチャーできないのも辛い(笑)

| | コメント (2)

カメムシ 2017/09/28

 昼まで雨が続き、夕方になって晴れ初め綺麗な夕焼けが見えていました。
Img_2912w800

 南の空には上弦の月が輝いていたので久しぶりにベランダ望遠鏡を使って見ることにしました。
 北米皆既日食にかまけていたので、8月の初めごろから全く使わずにいて、アメリカから帰ってきてもコロナ画像の処理に明け暮れて、今日までほったらかし状態でした。
 カバーを開けてビックリ!
Img_2935w800

 なんと、カバーにも鏡筒にもカメムシがいっぱい・・・
 越冬準備か暖かいところに集まっているのでした。
 掴んでは投げ、掴んでは投げして逃がしてやりましたが、また集まってくるのでしょうね。
Img_2929w800

 せっかく準備した望遠鏡ですから、シーイングもメチャ悪く心穏やかならズでも、いちおう月面撮影をしてみました。
Img_2940w800

 鏡筒の中にはカメムシはいなかったのですが、補正板や光学系が曇っているのか、月面のコントラストも悪しです。

 写りは良くないので、ごまかす意味も込めてHDR処理をしてみました。
Moon_hdr08

 白飛びはしないのですが、何かこもってしまいましたね。
 昔々の写真集の月面を見てるみたいです。

 久しぶりでしたから、色々ありました。
 やっぱり望遠鏡は使ってあげないといけませんね・・・

| | コメント (4)

土星とコロナ 2017/09/24

 なんでもコロナと合成したがる癖が付いてしまっているのですが、毎年作っている「土星の環の傾き」シリーズの中央に、北米皆既日食コロナを置いてみました。
20032017beclipsep300w1600

 まぁ、普通でも太陽を中心に描くことが多いのですから、違和感はないかと思います(笑)

| | コメント (6)

あっという間の一月 2017/09/22

 北米皆既日食から丸一月が経ち、ささやかに一人で思い出ぬふけり乾杯。
 お土産で買ったバッファロージャーキー(バッファローとバイソンは同じらしい)と、先日、いただきものの日本酒でです。
Img_2873w800

 どちらも美味しくいただきました。ありがとうございます。

 時が経つのはホンマに早い(笑)

| | コメント (2)

ひとつき 2017/09/21

 北米皆既日食から、もう一月も経ってしまいました。
 日食ネタでいろいろ遊んではいるのですが、撮影したコロナ画像をちゃんとしたくてがんばってもいます。
しかし、なかなか思ったような画像にはなりません。
 期待が大き過ぎるのか、技術が未熟なのか・・・
 でも、一月記念で今日の成果を揚げることにいたします。
 ミニボーグ60ED+ZWO ASI 178MMで撮影したものに、いろいろくっつけています。
Hdr40103rogmoonw1600

 今回は、精細感に注意して画像作りしていますので、アップして極あたりの流線を見ると良く解像していると思いますが・・・。
 しかし、ちょっと離れてみるとダイナミックさが失われており、しょぼいコロナ画像になっています。
 両立は難しい・・・ようです。

 それ以外にも下手さはいっぱい現れており、コロナの繋がりがスムーズでなく、プロミネンスも貼り付けがわざとらしいし、月も綺麗ではありません。
 カットアンドトライのアナログ的手法では、そもそも限界でしょうか?

 と、言うことで、まだまだ、当分この画像処理で、思い出を引きずって、生きて行けそうです(笑)

 で、我慢できずに、上の画像を Nik Collection の HDRでグリグリしたらこんなのになります。
Hdr40103rogmoonhdr11w1600

 ノイズだらけですが、コロナのウネウネは良く分かります(笑2)

| | コメント (2)

えらいこっちゃ 2017/09/20

 Registaxのサイトが昨日から繋がらない。
 9月14日には繋がっていたのですが。
Registaxmitukaranai

 一時的だと良いのですが。

 開発は止まっているようですが、私は、まだまだ現役で使っているのですが・・・。

追記:
    9月29日には復活していました。良かった・・・

| | コメント (2)

日食イメージ画像 時空を超えて 2017/09/18

 さすがに日食イメージも枯欠してきました、たぶんもう最後になるかも知れません。
 ボーズマンで見たロッキー博物館の、T-レックス化石復元像と、イエローストーン国立公園のバイソンの群れと、コロナをコラボしてみました。
 ついでに私も入りました(笑)
Dsc_1450t_rexw1600

 あり得ない状況ではありますが、日食旅行の思い出でございます。

 ちょうど一月前、イエローストーン国立公園を観光していました。

 もう一月も経ってしまいました・・・速いなぁ~・・・時も空間も・・・

| | コメント (0)

日食イメージ画像 礼拝堂 2017/09/17

 もうなん画像作ったのか分からなくなってきましたが、今回は、グランドティトン国立公園内にある、トランスフィギュレー ション礼拝堂の窓です。
 礼拝堂の中に入ると、正面に大きなガラス窓があり、窓を通して雄大なグランドティトンが見えると言う雄大な景色が広がります。
 その大きな窓に見えるグランドティトンと、コロナをコラボしてみました。
Dsc_2202hdr01w800

 トランスフィギュレー ション礼拝堂は観光地にもなっており、多くの人たちが訪れていました。
Dsc_2186w800

 礼拝堂の大きな窓ガラスは外に出て、裏から見ると、窓ガラスに反射したグランドティトンを見ることができます。
Dsc_2213bw800

 趣のある風景に、むりやりコロナをコラボして、指導を受けるかもしれませんが、私は似合ってると思っています。

| | コメント (0)

日食イメージ画像 カウボーイ 2017/09/15

 日食のイメージ画像で遊んではいるのですが、そろそろネタがなくなってきました。
 グランドティトン国立公園の玄関口と呼ばれているジャクソンの町に2泊しました。
 ここは西部の町でありますが、観光で成り立っている町のようで、町の中央には土産物店や飲み屋がいっぱい並んでいます。
 ワイオミング州のシンボルには、カウボーイというかロデオの姿が使われており、この町でお土産に買った日食Tシャツには、このロデオ姿が描かれていました。
 で、これをパクって、今回のコロナとロデオ姿のカウボーイをコラボしてみました。
0316hdr3rog1501gb1hdr_etcmoonbcrode

 まぁ、やり過ぎ感があるかもしれませんが、私のイメージです。
 背景のコロナは普通にがんばって作ったものを、Nik Collection のソラリゼーションフィルターを掛けています。

 真似したTシャツは、カウボーイ・バーのオリジナルで、要するに居酒屋さんの宣伝Tシャツでしょうか。
Dsc_2599hdr08w800

 ジャクソンの町の中央には、タウンスクエアと呼ばれる公園があります。
 この日(8月19日)はイベントがあり、公園の周りにはお店屋さんがずらりと並び、その一つにはワイオミング天文同好会と言うのかどうか分かりませんが、日食前に太陽を見せてくれるコーナーがありまして、PSTが用意されていました。
 残念ながら、この時は朝早くて太陽の光が届かず、見ることはできませんでした。
 公園の入り口には、エルク(鹿)の角(つの)を積み重ねたゲートがあり、この地らしいのだそうです。
Dsc_2609w800

 このタウンスクエアの中央に、カウボーイの銅像が建っていました。
Dsc_2630w800

 最初のコラボ画像のカウボーイ(ロデオ)は、この銅像からとっています。

 日食に旅立ったのが8月15日ですから、もう丸一月が経ちました。
 早いですね・・・

| | コメント (3)

山崎観測所の見学 2017/09/10

 木星会議後の私のオプションは、今、太陽にコロナに惑星に月の高解像撮影で活躍されている山崎さんの観測所の見学でした。
 木星会議にも参加されていたので、会議後、駅前で昼食を取り、連れて行って貰いました。
 東京、町田の自宅庭に、車庫を兼ねた鉄骨造りのスライディングルーフ観測所です。
Dsc_4114w800

 これができるまでは庭で撮影されていましたが、去年、望遠鏡を大きくするとともに、この観測所を作られました。
 中には、太陽観測専用の15cm屈折(Hαの波長に合わせて収差特性を合わせている)と40cmの惑星用カセグレンです。
Dsc_4119w800

 この太陽専用の望遠鏡で見させていただきましたが、思った以上に大きなプロミネンスがたくさん見えていました。
 見学した翌日9月11日朝には、フレアに伴ってできた、凄いポストフレアループを撮影されています。
 Shiotaさんは、こちらの方が気になるのでしょうか。
Dsc_4141w800

 私の目的はもちろん惑星用の40cm純粋カセグレンです。
 CFFtelescope製だそうで、光軸合わせというか、光学系の調整は難儀しているそうです。
Dsc_4124w800

 副鏡のサポーターは、わざと曲がっています。
 失礼ながら押さえると撓みました。
 副鏡と主鏡の鏡間距離を再現できるように、目盛りも打ってありました。

Dsc_4153w800

 今は、布のシェードで覆われていますが、鏡筒部分の構造はカーボンチューブのトラス構造となっています。
Dsc_4158w800

 主鏡セルにはファンが付いており、主鏡を冷やすようになっています。
 主鏡は温度変化の少ないULE製だそうです。
Dsc_4161w800

 デザインはされていますが、構造的にはシンプルだと思います。
Dsc_4163w800

 いろいろな条件が揃えば、口径40cmの能力が出るようで、羨ましい限りです。
 何かいっぱい、美味しそうなものが転がっています。
Dsc_4173w800

 この鏡筒は重量が35kgで、設置には一人で無理だったそうです。
 架台のEM400も、ちと荷が重いようで、ピリオディックモーションが大きく現れるそうです。

 ともかく、世界のアマチュア惑星界の高解像撮影は、主流が口径35cm~40cmであり、能力を十分に発揮して貰い、世界に太刀打ちして欲しいと思います。
Dsc_4201w800_2

 お忙しいなか、いっぱい見せていただきました。

 あぁ、ウチのベランダには無理ですよ(笑)

 こうして、二日間の木星会議と私のオプション旅が終わりました。

 今回の旅でみなさんに驚いていただいたのは、スマホどころか携帯を持っていないことと、電車を乗り継ぐ度に切符を買っているので、Suica も持ってないことで、みなさんからずーっと遅れてしまいました。
 いや、喜んでいただきました(笑)

 いつもニコニコ現金払いがモットーなんですが、肩身が超狭くなってきた今日このごろです・・・

 みなさんありがとうございました。

| | コメント (6)

第40回木星会議 2日目 2017/09/10

 朝、かまぼこドームに別れを告げて、お茶の水の明治大学の会場へと戻ります。
Dsc_3979w800

 今日は、堀川さんによる、2016-2017シーズンの木星のまとめからスタートです。
Dsc_3985hdr03w800

 前シーズンと比べると、いろいろな嵐が起こりました。
Dsc_3989bw800

 と言っても説明を聞かないとなかなか分かりませんね。
 堀川さんの得意とするドリフトチャートを使っての解析ですが、予備知識がないと圧倒的なグラフにノックアウトパンチをくらいそうです。
 ほんとに、これでいろいろなことが分かるんですね。
Dsc_4002cw800

 今シーズンの嵐のメインは南赤道縞(SEB)に現れた二つの嵐です。
 私はこう違いが良く分かっておりません。
Dsc_4004cw800

 で、次シーズンにどんなことが起こりそうかの、堀川さん予報です。
 いろいろ起こってくれて、変化があった方が撮影するにしても面白いのですが、どうなるんでしょうね。
Dsc_4013w800

 休憩の後、研究発表です。
 岩政さんの「筒内気流抑制に向けて・・アクティブクーリングの適用」は、C14に穴を開けないで、後部セルを冷やすことにより、主鏡を冷やし、鏡筒内に気流が発生するのを防止させるシステムの構築です。
Dsc_4027w800

 如何にして安定な温度環境システムを作るための考え方です。
 最終的には、ペルチェ素子を使って温度をコントロールするシステムに落ち着かれたようです。
Dsc_4031hdr03w800

 主鏡の温度による、鏡筒内の温度変化のシミュレーションです。
Dsc_403738chdr03w800

 岩政さんのシステムと同じ方法で構築された、大御所の40cmシュミットカセグレンです。
 なかなか大層そうですね。
Dsc_4040w800

 次は、竹内さんの「短焦点アクロマート望遠鏡を用いた木星撮像」です。
Dsc_4045w800

 安価なアクロマート屈折で、そのまま木星を撮すと色収差が激しくて使い物にならないが、R・G・B分解フィルターを使って撮すと、色収差が無いに等しいぐらいに良く写るお話です。
Dsc_4052w800

 なんと、これで木星大赤斑の90日振動が検出できたそうです。
Dsc_4062w800

 次は、堀川さんの「続・赤斑湾北部に現れるSEB開口部の周期性」です。
 去年の報告結果の追加研究です。
Dsc_4064w800

 大赤斑の90日振動と大赤斑の北にある開口部との周期性が揃っていることは去年発表されましたが、開口部が無いシーズンもあって、関連性のシステムを確認されておられました。
Dsc_4072cw800

 今年は、JUNOが大赤斑あたりを超アップで撮影していますので、地上からの観測で考えているメカニズムとの整合性を・・・難しそうですね。
Dsc_4078w800

 安達さんの「JUNOの画像から見つけたこと」
 JUNOの画像を良く見ると、立体的に雲の高さを捉えることができるので、今まで平面的に捉えてきた木星面を見直してみようとのことでした。
Dsc_4089w800

 この他にも研究発表は、
 高田哲郎「高高度領域からの観測システムの構築とその応用について」
 三品利郎「JUNOが見た木星」
 伊藤颯「可視画像及び分光データを用いた木星表面構造の時間変動の研究」
 が、ありました。

 研究発表も時間が少なくて窮屈でしたが、中身の濃い研究発表でした。
 ちょっと、拝聴する方も疲れましたが・・・

 来年度は鳥取「星取県」で開催予定です。

 13時までびっちりと開催されました。
 会場設営に運営と、明治大学のみなさん、ありがとうございました。

 私はこの後、私のオプションに向かいます。

| | コメント (4)

第40回木星会議 1日目 2017/09/09

 40回目にもなる木星会議が、9月9日、10日と2日にわたり、東京、お茶の水にある明治大学で開催され、参加してきました。
 日食旅行の後、なかなか苦しいものがあるのですが、自分なりのオプションを付けての参加でした。
 お昼から始まり、開会宣言、参加者全員の自己紹介の後、木星の大スケッチ大会となりました。
 堀川さんのスケッチの心構えや、指導の下に全員がスケッチをがんばります。
Dsc_3791w800

 スケッチの間、会場は超静かになりました。
Dsc_3794w800

 私のスケッチはこんなんです。
 元々下手な上に、永年やっていないので、模様のバランスが取れません。
Dsc_3792w800

 後ろでは、大御所が擦筆を使ってゴシゴシしてました(笑)
Dsc_3797w800

 大御所4人のスケッチです。
W1000

 今時、スケッチと思われる方も多いかと思いますが、木星面の大事な特徴を捉えるとか、どんな変化が木星面に起こっているのとか、把握するのにスケッチを取ることによって自分の脳内に木星面の特徴がすり込まれます。
 こうした木星面の特徴を持っていると、木星撮影の時のピント合わせでも、その特徴が浮かび上がってくることにより、正確なピント合わせができるのだと思っています。
 ところによって、木星撮影の前に恒星でピントを合わせておられる方がおられますが、私は信じられないです。
 木星面の模様と友達になってこそ、高解像の木星が撮影できるようになるのだと思います・・・たぶん・・・

 休憩時間には、木星談義ではなく日食談義が・・・北米皆既日食に行っていた人も多い・・・
Dsc_3831w800

 次は、山崎さんによる「木星画像処理講座」です。
 木星画像処理講座ですが、タイトル画像には日食画像が使われています。
 9月発売の天文ガイドの表紙には、山崎さんの凄いコロナ画像が使われています。
  私は、日食旅行中、アメリカ、アイダホ州アイダホホールズのウオールマート(大型スーパーマーケット)で買い物中、偶然にもばったりと山崎さんに遭遇しました。
 まぁ、それだけなんですけどね。
Dsc_3834w800

 最初は、明治大学の学生さんが撮影した動画からの画像処理についてです。
Dsc_3849cw800

 いろいろな強調処理について。
Dsc_3864w800

 この後、山崎さん自身の変遷についてもありますが、時間がなくて、まとめです。
Dsc_3889w800

 そうですね、ダミアンピーチさんも言ってるように、画像処理では奇跡は起こらない!
 撮影時に、がんばらないと生まれない!
 撮影時の努力なくして何も生まれない!
 私は、そう思います。

 平林会長さんから、功労賞の表彰について、お話がありました。
 月惑のHPの観測報告が世界に認められていて、基礎を作ったお二人に表彰状が贈られます。
Dsc_3902w800

 そして、みんなで記念写真です。
Dsc_3907w800

 昼間の行事が終わった後は、お楽しみの懇親会です。
 この乾杯の瞬間が良いですね。
Dsc_3914w800

 いっぱい居てて、写真には入りきれませんが、木星に、望遠鏡に、日食にと話は尽きません。

 私は、今夜、ホテル泊まりでなく、Ishibashi さん宅へ泊めていただくことになり、懇親会の2次会はパスしました。
 ・・・懇親会の3次会では、カラオケまで行った人々が居てるらしい・・・

 ウン十年ぶりに、Ishibashi さんのミタカの架台を見させていただきました。
 昔は20cmで、今は30cmニュートンですが、それにしても歴史を感じる貫禄が付きましたね。
Dsc_3965hdr01w800

 この後、日食旅行、海外旅行の話で夜が更けていきました。

 日食の時差ボケがいまだに回復せず、年寄りを実感しながら、木星会議初日が終わりました。

| | コメント (6)

コロナ撮影をタイプラプス 2017/09/07

 タムロンSP500mmと、ニコンD600でブラケット撮影したコロナ画像を、動画にしてみました。
 ちょっと忙しいし、レンズもカメラも汚いのが良く分かりますが、雰囲気をお楽しみください。

 いちおうBGMも付いていますが、30秒ほどで、とても忙しい。

 まぁ、余韻を楽しんでいます(笑)

| | コメント (0)

日食イメージ画像、最後かな? 2017/09/05

 温存していた?日食イメージ画像です。
 日食の大先輩が公開されておられたので、負けじと、最後と思っていたイメージを作りました(笑)
 グランドティトン山を見ながら、スネークリバーを川下りするところと、コロナとコラボしました。
Dsc_2807w1600

 見るだけの贅沢を味わうなら、こんなシチュエーションも悪くないかと思うのですが・・・

 無理でしょうね(笑2)

| | コメント (2)

壁紙交換 2017/09/05

 日食で遊ぶネタも段々と無くなってきました。
 イメージ画像の、コロナとグランドティトンの横位置コラボを、私のメインパソコンの壁紙に貼り付けました。
 今までは、2009年の北硫黄島近海日食のふじ丸とコロナのコラボをしつこく使っていましたが、ようやく8年を経過して交換です。
Img_2831bw800

 今日は天文雑誌2誌の販売日でもあり、速報の皆既日食コロナ画像を見て、日食旅行の余韻を楽しむことができました。

| | コメント (0)

コロナ画像処理 2017/09/04

 この画像は私のではありません。
 同じ、レクスバーグで観測した仲間(ISOBE)の画像で、画像処理だけを私がやってみました。
 失礼ながら思いの外良く写っていたので、撮影者の了解を得て、ここに揚げました。
Isobeeclips201700acw1600isobe

TAMRON 望遠ズームレンズ SP 150-600mm F5-6.3 Di VC USDを、500mm F6.4で使用。
カメラはCanon EOS Kiss X4 1/4000~1秒 ISO=400 8段階露光 13セット
カメラ制御はMagic Lantern
ステライメージ8、Registax6、PhotoshopCS3、Nik Collection HDR にて処理
月とプロミネンスは別処理にて合成
撮影:磯部健 画像処理:熊森照明

| | コメント (2)

こんなイメージ画像を作りました 2017/09/01

 日食ツアーの一コマとコロナのコラボですが、私もむりやり入っています。
 コロナとイエローストーン国立公園の間欠泉と私です。
Dsc_1706w800

 こんなん見たくないって!?

 すいません、私の日食旅行の記念です・・・m(_ _;)m

| | コメント (2)

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »