« コロナ撮影をタイプラプス 2017/09/07 | トップページ | 第40回木星会議 2日目 2017/09/10 »

第40回木星会議 1日目 2017/09/09

 40回目にもなる木星会議が、9月9日、10日と2日にわたり、東京、お茶の水にある明治大学で開催され、参加してきました。
 日食旅行の後、なかなか苦しいものがあるのですが、自分なりのオプションを付けての参加でした。
 お昼から始まり、開会宣言、参加者全員の自己紹介の後、木星の大スケッチ大会となりました。
 堀川さんのスケッチの心構えや、指導の下に全員がスケッチをがんばります。
Dsc_3791w800

 スケッチの間、会場は超静かになりました。
Dsc_3794w800

 私のスケッチはこんなんです。
 元々下手な上に、永年やっていないので、模様のバランスが取れません。
Dsc_3792w800

 後ろでは、大御所が擦筆を使ってゴシゴシしてました(笑)
Dsc_3797w800

 大御所4人のスケッチです。
W1000

 今時、スケッチと思われる方も多いかと思いますが、木星面の大事な特徴を捉えるとか、どんな変化が木星面に起こっているのとか、把握するのにスケッチを取ることによって自分の脳内に木星面の特徴がすり込まれます。
 こうした木星面の特徴を持っていると、木星撮影の時のピント合わせでも、その特徴が浮かび上がってくることにより、正確なピント合わせができるのだと思っています。
 ところによって、木星撮影の前に恒星でピントを合わせておられる方がおられますが、私は信じられないです。
 木星面の模様と友達になってこそ、高解像の木星が撮影できるようになるのだと思います・・・たぶん・・・

 休憩時間には、木星談義ではなく日食談義が・・・北米皆既日食に行っていた人も多い・・・
Dsc_3831w800

 次は、山崎さんによる「木星画像処理講座」です。
 木星画像処理講座ですが、タイトル画像には日食画像が使われています。
 9月発売の天文ガイドの表紙には、山崎さんの凄いコロナ画像が使われています。
  私は、日食旅行中、アメリカ、アイダホ州アイダホホールズのウオールマート(大型スーパーマーケット)で買い物中、偶然にもばったりと山崎さんに遭遇しました。
 まぁ、それだけなんですけどね。
Dsc_3834w800

 最初は、明治大学の学生さんが撮影した動画からの画像処理についてです。
Dsc_3849cw800

 いろいろな強調処理について。
Dsc_3864w800

 この後、山崎さん自身の変遷についてもありますが、時間がなくて、まとめです。
Dsc_3889w800

 そうですね、ダミアンピーチさんも言ってるように、画像処理では奇跡は起こらない!
 撮影時に、がんばらないと生まれない!
 撮影時の努力なくして何も生まれない!
 私は、そう思います。

 平林会長さんから、功労賞の表彰について、お話がありました。
 月惑のHPの観測報告が世界に認められていて、基礎を作ったお二人に表彰状が贈られます。
Dsc_3902w800

 そして、みんなで記念写真です。
Dsc_3907w800

 昼間の行事が終わった後は、お楽しみの懇親会です。
 この乾杯の瞬間が良いですね。
Dsc_3914w800

 いっぱい居てて、写真には入りきれませんが、木星に、望遠鏡に、日食にと話は尽きません。

 私は、今夜、ホテル泊まりでなく、Ishibashi さん宅へ泊めていただくことになり、懇親会の2次会はパスしました。
 ・・・懇親会の3次会では、カラオケまで行った人々が居てるらしい・・・

 ウン十年ぶりに、Ishibashi さんのミタカの架台を見させていただきました。
 昔は20cmで、今は30cmニュートンですが、それにしても歴史を感じる貫禄が付きましたね。
Dsc_3965hdr01w800

 この後、日食旅行、海外旅行の話で夜が更けていきました。

 日食の時差ボケがいまだに回復せず、年寄りを実感しながら、木星会議初日が終わりました。

|

« コロナ撮影をタイプラプス 2017/09/07 | トップページ | 第40回木星会議 2日目 2017/09/10 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様です。木星会議1日目の詳しいレポートありがとうございました。
スケッチ大会では、SL-9衝突痕以来二十何年振りの木星スケッチ作業で
したが、楽しかったですね。スケッチしながら半世紀近く前に絶好のシー
イングで眺めた木星面の数々が脳味噌にありありと甦ってきて驚きました。
スケッチ行為には脳のメモリーや情報処理系を賦活する不思議な力があ
ることを再認識しました。
前の席のRB星さんのスケッチをちょこちょこカンニングしましたが、お世辞
抜きで要所を逃さず表現されていて、いい感じでした。
ダミアン ピーチもときどき生の惑星面や自分の画像をスケッチすると言って
ました。クリストフ ペリエもしばしば生の惑星像やディスプレイモニターの
惑星像をしっかり注視するそうです。
RB星さんの言われるような意味でも、『スケッチ実習』は惑星撮影家の進
歩にも役立つことは間違いなさそうですね。

    またよろしくお願いいたします。

                            近内でした

投稿: 近内令一 | 2017年9月11日 (月) 22時47分

近内さん こんばんわ
 お土産ありがとうございました。
 まぁ、私のスケッチはほどほどです。 誉めてもなんも出ないです。
 惑星面のスケッチは、見る能力、描く能力と必要だと思いますが、いろいろ意識することによって惑星とお友達になれる気がします。
 それが撮影にも役立つと思います。
 近内さんの凄いスケッチには辿り着けませんが、撮影で、サイドからでも惑星に近づけたらと思います。
 これからも、よろしくお願いいたします。

投稿: RB星 | 2017年9月12日 (火) 00時33分

おはようございます、いろいろとお世話になりました(''◇'')ゞ、JACのステッカーまでいただきありがとうございました。
2日目も行きたかったのですが、知人の結婚式と重なり出席できず残念です。
学生の頃は月面、惑星とスケッチ(それしかなかった)やりましたが、はや40年経過・・・
前回と今回とで2回見でしたが楽しかったです。さすが大御所は特徴踏まえて見た目にも素敵でした。
まあ鉛筆からしてHB使うあたり私は×なので気持ち自体アウトですね(笑

カラオケまで行ったのは私です。大御所についていきました。ハイ!
その様子、Youtubeに限定でアップしましたので、後程ご連絡しま~す。(秘蔵です)

投稿: hideサンでした。 | 2017年9月12日 (火) 05時55分

hideサン さん おはようございます。
 早起きですね。
 スケッチに、いろいろな鉛筆を揃えた時代もありましたね。
 カラオケはJAZZですか?
 聞いてみたかった気もしますが・・・
 むりやり聞かせてくれるのでしょうか(笑)
 

投稿: RB星 | 2017年9月12日 (火) 07時23分

再度登場です、此方のブログにはアドレス記入がないようですので、
私のアドレスにカラメールいただけると返信にてYoutubeアドレス記載しますがどうでしょうか?
むりやりとはいきませんが一考あるかも(笑
ちなみにJAZZとはいきませんが、アグネスなら行きそうです(爆

またご指導のほど宜しくお願いします。Hashino。

投稿: hideサン | 2017年9月12日 (火) 07時37分

hideサン さん おはようございます2
 メール送ります。
 よろしくです。

投稿: RB星 | 2017年9月12日 (火) 10時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コロナ撮影をタイプラプス 2017/09/07 | トップページ | 第40回木星会議 2日目 2017/09/10 »