« 2017年7月 | トップページ

2017年8月

グランドティトン山 2017/08/18(アメリカ時間)

 今日はグランドティトン国立公園の山並みを多角的に観光です。
 私は今回まで全然知りませんでしたが、映画「シェーン」の背景となった西部劇が繰り広げられた地です。
 最高峰は 4,197 mもあるそうで、一種独特の山並みを醸し出しています。
Dsc_2125w800

 午後は、ジャクソンの町に戻り、町ブラです。
 日食Tシャツをはじめ、日食関連のグッズもそこそこ売られていました。
Dsc_2564w800

 朝は10℃、昼間は30℃ぐらいで温度差が激しく、体調管理は時差ボケと合わせて大変です。

 今日は朝から快晴で、乾燥しているので、口の中も、お肌もカラカラです。

 こんな晴天が続くことを祈ります。

| | コメント (1)

イエローストーン国立公園 2017/08/17(アメリカ時間)

 標高の高いイエローストーン国立公園の朝は寒い。
 今日は、国立公園内を楽しみました。
 昨日食べたバイソンバーガーの主、バイソン牛です。
 絶滅しかけたところからの復活ですね。
Dsc_1455p800

 有名な間欠温泉です。
 ちょっと年老いたと言われてるそうです。
 たくさんの人が訪れ、予定時刻と2分しか違わないすごさです。
Dsc_1707w800

 そして、今夜はジャクソンホールのホテルから少し離れて星見ツアーでした。
 車の光が少し入って残念でしたが、天の川もよく見えていました。
 山影は、映画シェーンで知られているグランドティトンの山並みです。
Dsc_1912w800_2

画像処理は、まだできていません。

 ちょっと忙しい・・・

| | コメント (0)

ロッキー博物館からイエローストーン国立公園へ 2017/08/16(アメリカ時間)

 今日はほぼ快晴の空の下の、ボーズマンの街を散策したり、こ街で有名なロッキー博物館にやってきました。
 有名なT-レックスの展示もしている博物館です。
 T-レックスのブロンズ像と記念写真です。
Dsc_0920w800

 バイソンバーガーを食べながら南下し、イエローストーン国立公園の入り口までやってきました。
 ガーディナーのホテル前で、晴れている間に星空の記念写真です。
Dsc_1270w800

 ほかにもいろいろ行きましたが、今日はここまでです。

 お天気は晴れが多いのですが、イエローストーン国立公園では少し雨が降ったようです。

 日食は晴れてほしいです。

| | コメント (2)

やってきましたボーズマン 2017/08/15(アメリカ時間)

 いろいろありましたが、とりあえずボーズマンまでやってきました。
 通信関係が超不安定なので途中省略。
 メインの望遠鏡が入っているスーツケースとアルミ角パイプが無事にに同行しています。
Dsc_0867w800

 今空は晴れです。

| | コメント (4)

出発前夜 2017/08/14

 明日、8月15日に、羽田国際空港から北アメリカに旅立ちます。
 スーツケースも機内持ち込みも満杯になり、大変です!(笑)
 スーツケースはすでに羽田へ行ってるはずで、この荷物を持って新幹線で羽田へ向かいます。
Img_2687hdrcw800

 長~いアルミパイプは20cmのドブソニアン用のアルミ角パイプで、納まりきれないので、預け入れ荷物としてしています。
 1.2kgですけどね。

 今日も最後のテスト撮影などやってみましたが、FireCapture2.6betaとエクリプスナビゲータ3とが、同時進行だと、CPUの取り合いをして、FireCaptureのキャプチャー速度が落ちています。
 コア i 5 ノートではパワーが足りないようでした。
 言っても始まらないので、このままで旅立ちます。

 話は変わりますが、ベランダ菜園の甘長とうがらしが7月末から暑さの所為か成長が止まりました。
 出発前に、小さくしか育っていないのですが、4本の甘長とうがらしを食べました。
Img_2679w800

 暑さのストレスか、小さくてもぴりりと辛い甘長とうがらしでした。
 食べ始めてから、147本でした。
 秋に復活するか分かりませんが、世話係が北アメリカに行ってしまうので・・・

 5年以上前から計画されていた北米皆既日食です。
 あれやこれやと思いながらも来てしまいました。

 アメリカに行ってこのブログの更新ができるかどうか分かりませんが、いろいろなトラブルがあっても、日食を楽しみたいと思っています。

 ではまた

| | コメント (2)

出発は明後日 2015/08/13

  北米皆既日食まであと9日ほど、私たちのグループの出発は明後日の15日です。
 あれやこれやと、ダイエットしていた20cmドブソニアンやタカハシP型の架台は、昨日、本人よりも早く、ヤマト空港サービスで羽田国際まで旅立ちました。
Img_0236w800

 ダイエットで余裕ができたと思って、あれやこれやと追加したら、あっという間に 22.25kg になってしまいました。
 飛行機の預け入れは、制限がスーツケース1個 23kg です。
Img_0238w800

 安心して送り出したのも束の間で、機内持ち込みのパッキングです。

 が、機内持ち込みは重量制限が無いものの、サイズ制限があって、サイズ限界のリュック型カメラバッグでは思ったほど入りません。
 望遠鏡やデジイチと交換レンズを入れると、残るスペースは僅かです。
 予備の電池やコントローラーなど、諸々を入れると、隙間は残り僅か!

 着替えも入りません(笑)
Img_0243w800

 どうやら、着の身着のままで9日間を過ごさないといけないようです。

 まぁ、向こうに行ってしまえば、制限は解除状態ですから、日食Tシャツやらを買い込んで着替えることにしましょう。
 日食が終われば、望遠鏡の木材系は、ほぼ廃棄処分にしますので、帰りはお土産をいっぱい詰められる予定です(笑2)

 世の中、ペルセ群の日でしたが、全く持って余裕無しで、空見てません・・・

| | コメント (0)

日食ツアー準備 2017/08/09

 同時進行で、工作や・・・、あれやこれややってます。
 今日はスーツケースに、我々のツアーのシールを貼りました。
Img_2667w800

 スーツケースの中に主なものを放り込んで重量を量ってみました。
 20cm主鏡は入ってないですが、20cmドブソニアンとタカハシP型のメインで(スーツケース込み)で18kgでした。
 制限の23kgまでは余裕ありです。

 行けそうです(笑)
Img_2669w800

 持った感じはもっと重たいような気もするのですが、我が家の体重計ではセーフです。

 別に、ミニボーグ60ED&ZWO ASI 178MMとFireCapture2.6の自動撮影スクリプトもいろいろ試しながら何とか実用になって来ました。
 「WaitTime 00:00:00」と言うコマンドがあるのですが、これは何秒待つではなく何時何分何秒にスタートするものですが、どこの時刻かと思えば、なんとローカルタイムを拾っていました。
 私のパソコンの日本標準時でスタートしました。
 これが分かるまで、随分と時間を費やしました。
Img_2671w800

 これで、FireCapture2.6でも、ブラケット撮影ができるようになりました。

 私達のツアーは、出発が早めで、8月15日出発です。

 残り少ないですが、まだ工作も残っています・・・

| | コメント (4)

満月過ぎで試写 2017/08/08-09

 部分月食は見えず(寝てました)で、満月半日後の月で北米皆既日食用の撮影システムで試写してみました。
 エクリプスナビゲータ3もニコンD600に対応できるようになり、私のD600も、Windows10 Pro 64ビット上のノートPCで動作するようになりました。
 ZWO ASI 178MMを使ったFireCapture2.5と同時使用ができるか、のテストでしたが、両方とも普通に動きました。
Img_2665hdrw800

 まだ、FireCapture2.5の設定なども残っていますが、ナントかなるような気がしてきました(笑)

 予想していたのですが、D600を連写しているとカメラも望遠鏡も揺れています。
 差し当たりこれ以上の投資をするのは苦しいので、このままで行こうと思います。
 ミニボーグ60EDとZWO ASI 178MMの月面をFireCapture2.5で撮影し、AutoStakkert!3で814フレームの50%スタック、Registax6でウエーブレットしたものです。
Moon_221111_lapl4_ap289as3reg61lgti

 ココログで縮小されるので、月面部を切り取ったものです。
Moon_cut

 出発まであと1週間を切りました。

 間に合うようにがんばします。

| | コメント (0)

塗装 2017/08/08

 持っていく望遠鏡のパーツで、木製のものを塗装しました。
 まぁ、適当に吹いただけです。
 木製になった主鏡セルです。
Img_2649w800

 ベランダで吹くと、匂いがこもってしまうのですが仕方ないですね。
Img_2655w800

 そうそう、最近、水性ラッカーが少ないのか、一番安価なスプレーはラッカーそのものでした。
 安い方を使いました。

 台風一過、不安定な青空でしたが、夏の空らしくでした。
Img_2658w800

 まだ、できてませんね。

 パッキングの様子も見ているのですが、生活用品を入れる余裕は無いですね。
Img_2644w800

 これにまだ、タカハシP型の架台一式が入ります。

 入るんでしょうか・・・

| | コメント (2)

20cmドブソニアンチェック 2017/08/05

 北米日食に持っていく20cmドブソニアンをダイエットしたので、実際に使えるかどうかのチェックです。
 前後のバランスを変え、今回、使おうと思っているマスヤマの25mm 広角アイピースでピントが出るかの確認です。
 メインのステーに使っている、アルミの角パイプに穴をいっぱい開けて、バランスとピント出しです。
 思った以上に時間がかかり、疲れました。
Img_2589w800

 筒先と後部セルのダイエット切り抜き部には、黒の模造紙を貼り付けています。
 正にハリボテ工作です(笑)
Img_2596w800

 晴れて月が出ているので、ピントの確認です。
 ズームレンズでのコリメートでまともに見えませんが、メモです。
Img_2608bw800

 架台はペラペラ、ユラユラなので、使う側のスキルが要りますが、なんとか使えそうです。
 この状態で、全体が約8Kgになっています。

 あ~ぁ、残り少ない時間で間に合うでしょうか・・・

| | コメント (2)

今日のダイエット 3.0kg 2017/08/04

 今日のダイエット工作は20cmドブソニアンの主鏡セルです。
 この20cm主鏡は、元々惑星観測に使用していたもので、自分で研磨した青板ガラスのF7鏡です。
 主鏡セルは、元に鉄の塊で作っていたものをそのまま利用していました。
 ドブソニアンの場合、主鏡側が重たい方がバランス良く作れていたので、そのまま使っていたのですが、今回のダイエットで、一番重たいのが鉄でできた主鏡セルでした。
 主鏡とセルと蓋を合わせて、5kgもありました。
Img_2556w800

 このセルを、軽い木製のセルに置き換えた訳です。
Img_2577w800

 主鏡も厚みが 19mm しかなく、ぺらぺら鏡なのでちゃんと歪み無く支えられるか微妙ですが、軽くするダイエットに励むことにしました。
Img_2578w800

 で、結果、2kgになり、3kgもダイエットすることができました。

 ドブソニアンの設計は、重い主鏡セルに合わせて耳軸の位置とか決定していますので、実際の使用には、主鏡側にペットボトルかの重りを着けようと思っています。

 台風が近づいて雨が降り、生暖かい風も吹き、そして夕焼けも見えました。
Img_2566w800

 出発まで、あと10日ほどになりました。

 まだ、こんな事をやっています。

 本人は間に合うつもりですが・・・(笑)

| | コメント (0)

土星 2017/08/03-04

 台風5号の影響で夕方から良く晴れました。
 しかし、上空は東寄りの風でメラメラ、おまけにエアコン室外機の熱風も混じりムラムラ。
 しばらく見てみましたが、良くなりそうにもないので、諦めました。
 画像処理にも、ぜんぜん力が入っていません。
Kms2017080312h00mut

 台風の影響で地上はそこそこ風が吹いているのですが、気温は真夏です。

 ベランダからの土星もそろそろ終盤でしょうか。

| | コメント (0)

今日のダイエット 1.5kg 2017/08/03

 今日は20cmドブソニアンの、架台部を肉抜きしました。
 フォーク部や水平回転部です。
 昨日よりは大胆にカットしたため、強度的には超心配が残りますが、行ってなんぼの世界と諦めて、ひたすらジグソーで切り抜きました。
 1.5kg ダイエットと、まずまずの成果です。
Img_2544w800

 昨日と合わせて 2.1kg のダイエットです。

 ちょっと進歩しました。

 まだまだ、ダイエットが足りません・・・

| | コメント (0)

ダイエット 600g 2017/08/02

 北アメリカ皆既日食へ、内部コロナを観望するために、20cmのドブソニアンを持っていこうと思っています。
 2009年の北硫黄島近海のふじ丸日食で持っていってものなのですが、全重量が、13kgぐらいあります。
 船ではほとんど制限が無かったのですが、飛行機に預けることができる制限が、1スーツケース 23kg まで、2個までは可能なんですが、ツアーの制限で、スーツケース1個までとなっているのです。
 カメラ、レンズ、パソコン関係は機内持ち込みに持っていく予定ですが、スーツケースには20cmドブソニアンとタカハシP型架台が入らないといけません。
 スーツケース本体だけで7kgもありますので、内部は16kg以内。
 とても無理・・・そこで20cmドブソニアンをできるだけダイエットしてみることにしました。
 で、まず最初にドブソニアン鏡筒の、前後枠の肉抜きをしてみました。
 で、で、ご近所さまに大きな音で迷惑かけながら、ジグソーを走らせた結果、軽くなったのが600g しかなかった訳です。
Img_2538w800

 とっても、いっぱいの作業量でした。
 汗臭いほど、汗もいっぱい!
Img_2533w800

 これぐらいのダイエットでは、とっても足りません。

 ちょっと無理かもしれませんが・・・もう少しがんばしてみることにいたします。
 

| | コメント (2)

« 2017年7月 | トップページ