« 木星 2017/04/27-28 | トップページ | 土星 2017/04/28-29 »

木星 2017/04/28-29

 ついにやって来ました今シーズンのベストシーイングです。
 揺れも僕も少なくて安定して撮影することができました。
 ただ、24時ごろからは中低層の南風の気流が強くなって普段のシーイングに戻ってしまいました。
Kmj2017042812h13mut

 良く写っているので画像処理がきつめに見えるかもしれません。
Kmj2017042813h17mut

 なんか、グチャグチャですね(笑)
Kmj2017042814h15mut

 この後も撮影はしたのですが、ぜんぜんだめでした。

 こんなシーイングが何回も欲しい・・・

|

« 木星 2017/04/27-28 | トップページ | 土星 2017/04/28-29 »

惑星撮影」カテゴリの記事

コメント

凄い!

投稿: ko-chinn | 2017年5月 1日 (月) 08時47分

ko-chinn さん ありがとうございます。

投稿: RB星 | 2017年5月 1日 (月) 10時48分

こんにちは、近内です。
この写りにはGoさんも魂消ているでしょう。

今、木星のSEB領域は、180度離れて二頭の大きな龍がグルグルと
巻き付いて成長巨大化しているような状態です:
post-GRS disturbanceと呼ばれる大赤斑後方の攪乱領域と、
昨年末発生して発達中のmid-SEB outbreakと呼ばれる攪乱現象。
二頭の巨龍の頭と尻尾はそれぞれすれ違い始めています。

RB星さんの13:17:24の画像は凄い眺め!
東(左)端近くのピカッと眩しい小輝点はpost-GRS disturbanceの中央
最活発活動部の後端の攪乱発生源の噴出し始め。
そして西(右)端の、北斎の富嶽三十六景の神奈川沖浪裏の大波チュ
ーブみたいな形の明部はpost-GRS disturbanceの中央活動部の最前
部噴出源の活動サイクルの半ばの状態です。

一頭の巨龍のぶっとい胴体の後端と、もう一頭の胴体の前端が、一つ
の画像に同時に見え始めたわけです。前代未聞!
両者の活動部が接近遭遇したら一体どんなことになってしまうのか!?
とても楽しみです。

投稿: 近内令一 | 2017年5月 1日 (月) 12時40分

近内さん こんにちわ
 今のSEBはほぼ全周に渡ってグチャグチャですね。
 最初はmid-SEB outbreakだけかと思っていましたが、mid-SEB outbreakの先端が大赤斑に近づいて刺激したのか、post-GRS disturbanceが活発になり両サイドで火花が上がっている感じがします。
 近内さんの表現には辿り着くことができませんが、両巨頭が共存できるのかを楽しみたいと思います。
 今、木星はNEBも含めて面白いですね!

投稿: RB星 | 2017年5月 1日 (月) 14時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 木星 2017/04/27-28 | トップページ | 土星 2017/04/28-29 »