« 木星 2017/04/21-22 | トップページ | 木星 2017/04/22-23 »

LRGB合成の中央時刻 2017/04/22

 LRGB合成法で惑星撮影を続けているのですが、モノクロのL画像とカラーのRGB画像の位置合わせが、二つの画像の中央経度が違っているとうまく合わないことがあります。
 特に高解像になってくると、木星などは細かい模様で色が違うことがあるのである程度は正確に合わせたい。
 中央の模様で合わせることで概ねは解決されるのですが、この時はリムに色情報のない部分が現れたりもします。
 現在の私の撮影パターンは、WinJUPOSのDerotation(自転補正)を利用することを前提として下記のようになっています。
Lrgbtimetable1

 これは木星の場合ですが、全部で 10本のショット、100秒間動画×10本=1000秒間が1セットとなっています。もちろんロスタイムはありますので、実際はもう少し時間がかかります。
 順調に撮影が進めば、カラー(RGB)画像のDerotation画像の中央時刻 A と、モノクロ(L)画像のDerotation画像の中央時刻 B は、ほぼ同じになるはずで、LRGB合成に於いて色ズレ(模様ズレ)は起こしません。

 ところが、モノクロショットがシーイングの影響で6本揃わないことが良くあります。
 例えば最初の2ショットだけ良くて後の4本は写りが悪く採用できない場合など、L画像の中央時刻が B の時刻とずれてしまい、このままカラー画像の A 時刻と合成すると色ズレ(模様ズレ)を起こしてしまいます。

 そこで登場するのがWinJUPOSのDerotationなのです。
 Derotationの設定場面の中央付近に Reference time (UT) を入力できる枠があります。
 ここへ、モノクロ(L)画像の中央時刻を入力すれば、その時刻に合わせてDerotationカラー画像が形成されます。
 File name も変更され、各画像のアウトラインが描かれている図もそれに合わせてずれた子午線が表示されます。
Winjuposderotation1

 最初と最後のカラーショットの間の時間に、モノクロ画像が入っているとだいじょうぶですが、カラー画像の時間外は入力することができません。

 木星の場合撮影時刻が2~3分違うと模様の位置は明らかにずれてしまいます。
 どうしても高解像になってくると、気になってくるL画像とRGB画像のズレを押さえるのには、この WinJUPOS の Derotation はとても優れものです。

|

« 木星 2017/04/21-22 | トップページ | 木星 2017/04/22-23 »

画像処理」カテゴリの記事

コメント

熊森さん
おはようございます、柴田です。
WinJuposのその機能は知りませんでした。
今までの合成はどうなっていたんだろう?
早速試してみます。ありがとうございました。

投稿: 柴田 | 2017年4月23日 (日) 12時02分

柴田さん こんにちわ
 WinJUPOSはいろいろ機能がありすぎるのかもしれませんが、便利ですね。
 上手くお使いください。

投稿: RB星 | 2017年4月23日 (日) 17時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 木星 2017/04/21-22 | トップページ | 木星 2017/04/22-23 »