« 2017年2月 | トップページ

2017年3月

赤い車 2017/03/24

 あぁ、車検期間中の代車です。
 こんな派手な車に普段乗ることは無いのですが、アクアが3年目の車検を受けるのに出ていった間の代車です。
 せっかくの赤い車なので記念写真です(笑)
Img_1080bc800

 それにしてもここのところ雲だらけで、天気予報が晴れ間マークでもなかなか晴れません。

 陽射しは春なんですけどね・・・

| | コメント (0)

木星 2017/03/21-22

 昼間はほぼ一日雨が降り、夜半になってようやく晴れてきました。
 シーイングは期待薄だったのですが、現実はもっと厳しく、あまりにも酷いシーイングにギブアップ!途中で止めてしまいました。
Kmj2017032115h42mut

 さすがに根性無しでした。

 次、がんばします・・・

| | コメント (2)

木星 2017/03/18-19

 日中は思ったより天気が悪く、夜遅くになってようやく晴れてきました。
 しかし、透明度は悪くシーイングも高層の気流でグチャグチャでした。
 10ショットのL画像で、唯一なんとか見られるショットです。
Kmj2017031815h43mut

 透明度が悪いのでカラー画像の色バランスもムチャ悪いです。
 元から色がグチャグチャなのに、もっとむちゃくちゃになっています。

 厳しい晴れでした。

| | コメント (0)

木星 2017/03/17-18

 昨夜のリベンジと思って、大赤斑中央時から撮影を始めたのですが、シーイングは変わらず、高層の気流が怒濤のように忙しく流れ、高速アメーバ状態でした。
 一瞬、そこそこの模様も見えるのですが一瞬だけで、AutoStakkert!2のスタックでは繋ぎ目破綻が頻発でした。
 せっかく大赤斑が中央にあると言うのにガックリです。
Kmj2017031714h47mut_2

 気流が悪い割にはそこそこ写っていますが、モヤモヤ感いっぱいです。

 大陸側からやって来ている高層の雲の高さの気流が悪いんでしょうね・・・たぶん

 次に期待しましょう。

| | コメント (2)

土星 2017/03/16-17

 木星撮影が終わって片付けているとなぜか土星が目に入りました。
 シーイングは良くないしと思いながらもせっかくですから撮影しました。
 土星の環は見事に旗めいていましたが、カッシーニの隙間はそこそこ見えていました。
Kms2017031619h56mut

 まぁ、そこそこですね。

 もう少し高度が上がるのを待ちたいと思います。

| | コメント (0)

木星 2017/03/16-17

 日中は日本海からの雪雲崩れがひっきりなしに流れてきて、天気予報と違ってほとんど曇り状態でした。
 夕方ぐらいから雪雲崩れが減り始めたのですが、高層には偏西風に乗ってやって来る高層の雲が覆い曇天でした。
 GPVの予報では午前6時ごろから晴れてくるようでしたが、ひまわりの雲画像を見ていると高層の雲は日本に近づきながら段々と消えていくように見えたので、夜半過ぎには晴れてくると見ました。
 0時半ごろはまだ雲が多く、雲がほぼ消え始めた1時半ごろから撮影準備に入りました。
 撮影の当初は、予想よりもシーイングが良く、そこそこの写りになりました。
Kmj2017031617h03mut

 このまま行けば、大赤斑をまともに撮せると思ったのですが、この後どんどんとシーイングが悪くなり、旗めく木星となりガックリでした。
 諦めずに撮した中で1ショットだけまずまずの写りだったので、あれこれ工夫してなんとかそれなりの木星になりました。
 Derotationできなかったので少しバッチィですが、大赤斑がほぼ中央です。
Kmj2017031618h48mut

 大赤斑が中央時にシーイングが悪かったのが惜しまれます。

 ずーっとシーイングが良いというのはなかなか無いですね。

| | コメント (2)

気象庁の気象衛星画像 2017/03/16

 気象庁のHPにある気象衛星ひまわりの画像表示が、今日からでかくなりました。
 年寄りの眼には優しい(笑)
http://www.jma.go.jp/jp/gms/large.html?area=0&element=0
20170316

 更新間隔も10分と短くなりました。
 これで夜の低い雲も少しは見やすくなるかしらん・・・

| | コメント (3)

コロコロくまさん 2017/03/15

 あぁ、ホワイトデーの残り物です。
 美味しくいただきました(笑)
Img_1052w800

 WBC野球を見ながら空も見ていたのですが、雲が多くなかなか晴れません。
 天気予報は晴れそうなので木星に向けてセッティングしました。
 雲間から木星とその下にスピカ、明るいのは月です。
Img_1057w800

 この記念写真の時が一番晴れ間が大きかったようです。
 この後、待てど暮らせど、まともに晴れないので片付けて寝てしまいました。

 雪雲崩れの雲はどうしてこんなに予測が難しいのでしょうね・・・

 明日は晴れるのかな・・・

| | コメント (0)

木星 2017/03/14-15

 また冬型になってしまいました。
 低気圧が日本海に一つ、太平洋側に2個と挟まれ、冷たい雪雲崩れの雲と冷気がやって来ました。
 ほぼ最悪に近いシーイングで、どんどん酷くなるので途中で諦めて止めてしまいました。
 辛うじて模様が分かる1ショットのみの処理です。
Kmj2017031414h57mut

 11日が良かっただけに落差は大きい(笑)

 我慢ですね・・・

| | コメント (0)

3月11日の木星マップ 2017/03/13

 良く写っていた3月11日-12日の木星をWinJUPOSでマップにしてみました。
 展開はWinJUPOSですが、周辺減光を修正するのはステライメージ7で、繋げたりするのはPhotoshopCS3で行っています。
 ほぼ、mid-SEB outbreakの全容が写っていますが、一番先端?が写っていませんです。
Kmj20170311_mapa

 やっぱりマップは難しいですね。
 

| | コメント (0)

木星 2017/03/11-12

 ようやくまともなシーイングになりました。
 途中で雲が流れたり、雲が湧いたりとそこそこありましたが平均的には良好なシーイングでした。
 高層は西より、中層・低層の気流が雲が流れる度に変化し、最初は北から北西よりだったのですが、後半は東寄りに変わりました。
Kmj2017031115h15mut

 ブラッシングしたような雲の流れをできるだけ表現するために、この画像はやや弱めの処理をしています。
 mid-SEB outbreakの暗部から垂れ下がるような雲の流れです。
Kmj2017031116h30mut

 逆にこちらはコントラストが下がってきたので、つい強めの処理となってしまいました。
 西から高層の雲が淡く流れて月が黄色っぽくなっていました。
Kmj2017031117h34mut

 高層の雲が少し濃くなってさらに透明度が下がりシーイングも一段落ちて来ました。
 大赤斑がやって来るのを待ち続けていたのですが、空の状況には勝てません。
 画像処理に一番時間が掛かっていますが、伸び切りませんでした。
Kmj2017031118h29mut

 大赤斑がまともに撮影できなかったのが残念ですが、良く写りました。

 こんなシーイングが何回も欲しい!・・・(笑)

| | コメント (8)

木星 2017/03/10-11

 日本海の寒い雲は筋状の寒波雲が緩んで不定形をしているのですが、なかなか消えなくて堺まで流れ込んできています。
 夕方までの天気予報では夜はずっと晴れだったのに夜に入っても雲が多く、大赤斑にお目に掛かる予定が晴れず、ウエザーニュースでは午前1時ごろまで曇りマーク。
 仕方なく撮影準備して待っていると、何と午前2時まで曇りマークが増えている・・・
 結局晴れたのは午前2時半を過ぎるころからでした。
 今回の寒波の中でなんとか撮影ができていて、今日で4日目になるのですが、一番酷い気流になりました。
Kmj2017031017h45mut

 この後、晴れていましたが、もっと酷い気流になったので、もう諦めました。

 今回の移動性高気圧は全く役立たずです(涙)

 今朝、コメントをいただいた、ぎんさんところのシーイングがどうだったのでしょうかね。

 明日は良い方に変化して欲しいものです。

| | コメント (2)

木星 2017/03/09-10

 今日も夜になると晴れていたのですが、天気予報では午前2時以降曇ってくると言っているので少し早めに撮影開始。
 望遠鏡を覗いた瞬間はそれほど悪くないと思ったのですが、撮影を始めるとどんどん悪くなってなっていきました。
 最初のセットは辛うじて絵になりました。
Kmj2017030915h12mut

 予報どおり2時ごろには曇ってきたので諦めて片付け始めるとまた晴れてきました。
 シーイングは若干持ち直したかと思って、ZWO ASI224MCで2ショット撮影するとまたシーイングが極端に悪くなり、モノクロ画像は全滅で諦めました。
 カラーPCカメラだけの木星像です。
Kmj2017030916h5mut

 悪気流の根源は中層で、高さ的には雪雲崩れの高度で冬型気流と言うことになりましょうか。

 夕方のテレビの天気予報では「少し緩む」と言っていたのですが、ここではなかったようです。

 厳しいですね。

| | コメント (2)

木星 2017/03/08-09

 昨日に引き続き寒波が来ていて、昼間は雲も流れ風も強く吹いていました。
 夜になって大体晴れてきましたが、ちぎれ雲が流れます。
 撮影開始の午前1時ごろはシーイングもまずまず良くてそこそこ良く写りましたが、午前2時ごろは雲の襲来が多くて、シーイングも極端に悪化し画像になりませんでした。
 午前3時ごろになり、ようやく回復し始めたのですが、最初のころのようには行かず、けっこう暴れていました。
Kmj2017030816h06mut

 2時ごろの分は完全にボツで、3時ごろのこの画像で睡魔がやって来たので後は無しです。
Kmj2017030818h12mut

 ちぎれ雲が流れてくるとシーイングが悪くなって大変です。
 雲と同じ高さの気流が酷いんでしょうね。
 日本のどこかにもっと良いシーイングの場所があるに違いないと思います・・・

 衝まであと一月になりました。
 良いシーイングを待ちたいと思います。

| | コメント (0)

木星 2017/03/07-08

 また冬に戻ったみたいに寒くなり、雪雲崩れがやって来て夜半過ぎまでは曇りでした。
 北の大阪方面は晴れているのですが、ちょうど堺から南は曇り状態で撮影準備するかどうか迷っていました。
 午前2時ごろには雲が南下し、ちぎれ雲が流れるくらいになり、やっと撮影開始。
 気流は低層から高層まで西寄りの流れが強く、高速アメーバー状態でもあり、時折望遠鏡も風で揺れていました。
 多くの画像はスタックしても繋ぎ目破綻が多く、ガックリ状態でしたが、2セットだけなんとか使える状態になりました。
Kmj2017030716h46mut_2

 見た目の酷い気流にしてはまずまずの結果です。

 もうちょっと気流が緩んで欲しいですね。

| | コメント (0)

大赤斑の経度 2017/03/07

 一部自作ソフトの木星の経度とガリレオ衛星位置表示のソフトを更新しました。
 2017年の大赤斑の基準経度を入れました。
 VB6で作っていますのでDLLとか必要ですが上手く行けば動くと思います。
 解凍して、exeをダブルクリックしてみてください。Windowsに許可を与えてください。
「Jupiter2RB2017.zip」をダウンロード
Jupiter2rb2017

 ここのところ毎年、大赤斑の経度は高速で後退(体系Ⅱの経度が増加する方向)しています。
 問いの初めを基準としていますので年の後半にはずれてくると思います。
 3倍の拡大モードで起動するようにしました。

| | コメント (2)

木星 2017/03/04-05

 穏やかに晴れて好シーイングを期待していました。
 低層・中層は北からの穏やかな気流だったのですが、高層の気流は西から淀みなく強く流れ、時折詳細が見える程度でした。
 ところが画像処理をしてみると思った以上に写っていたので、AutoStakkert!2のアライメントポイントのサイズを小さくし、ポイント数も増やして再度スタックしなおしました。
 見かけのシーイングとは違ってけっこう詳細が写りました。

 まぁ、それでも限界はありますが、mid-SEB outbreakがまだまだ活発に活動しています。
Kmj2017030416h34mut

 大赤斑が出てきて一番絵になるところです。
 今回一番良く写っています。
Kmj2017030417h36mut

 大赤斑が中央にある時はシーイングもも一つで、少し左に寄っていますがなんとか抑えられたようです。
Kmj2017030419h21mut

 思っていた以上に良く写ってはいるのですが、もう一歩伸び悩みというところでしょうか。

 欲を言えばきりがないのですが、もっと良いシーイングが欲しい(笑)

| | コメント (0)

間人(たいざ) 2017/03/03-04

 蟹で有名な間人へ蟹&温泉で行ってきました。
 星なかまの蟹旅行で、星ネタはありません。
 急に温かくなり、しばらく前に大雪だったところも、駐車場に雪が残るだけでした。
Dsc_5154w800

 何はともあれ乾杯です。
Dsc_5156w800

 蟹味噌もいっぱいで、たらふくいただきました。
Dsc_5164w800

 翌日、少し観光で経ヶ岬灯台です。
Dsc_5262w800

 帰りに伊根の船屋を見に行ったのですが、外で弁当を食べようとしていると後ろからトンビに箸をとられてしまいました。
 遊覧船ではカモメよりトンビが集まってかっぱえびせんの取り合いです。
Dsc_5389w800

 船屋の写真より、トンビの写真です(笑)
 睨まれてしまいました・・・
Dsc_5456w800

 ちょっと動くと汗をかくぐらい、暖かな京丹後でした。

 トンビのインパクトは凄かったですね・・・

| | コメント (0)

C14のバランスウエイト 2017/03/02

 今さらながらなんですが、C14が載っている架台は自作でオンボロふにゃふにゃで、C14の重さにぎりぎりです。
 できるだけガタを出さないように全体のバランスが西側を重くすることによってなんとか使える状態にしていました。
 最近、ZWO ASI 290MMでの撮影ではできるだけ高速フレームレートでキャプチャできるようにトリミングモードの ROI で撮影しています。
 ROIのサイズが 1024x900ピクセルで、16ビットSERファイルで 約 99fpsを確保しています。
 木星のサイズが、約 860ピクセルです。
 ここのところ衝が近づいて木星がじわりと大きくなってきているのですが、オンボロ望遠鏡はピリオディックエラーも大きいので、写野の中心近くに木星をとどめるのはガイドをしなくてはいけません。
 ところが架台のバランスが崩れているので思ったように動かなくなってきました。
 ROI は大きくするとフレームレートが下がってしまうので、できれば下げたくはありません。
 そこで、もう少しスムーズにガイドできるように鏡筒や架台のバランスをある程度とることにしました。
 早い話が、鏡筒とフォークに重りを付けただけです。

 一つは、C14の鏡筒の先にタカハシのP型のバランスウエイトを1個付けました。
Img_1036w800

 もう一つは、東側のフォークにもう一つのバランスウエイトをくっつけました。
Img_1042w800

 この時点では筒先が少し重たい状態ですが、撮影装置を付けるとほぼバランスが取れるのではないかと思っています。

 上手く行くと良いなーっと思っていますが、実際に撮影してみないと微妙なところは分かりません。

 工作と言うほどではありませんが、一歩前進でしょうか。

| | コメント (0)

木星 2017/02/28-03/01

 明石から終電近くで帰ってきて、良く晴れているので木星撮影です。
 睡魔に襲われながらもなんとか撮影できました。
 シーイングは昨夜よりは良くなっていますが、ディティールが見えそうで見えない疲れるシーイングでした。
 ちょうど大赤斑のあるころにはも一つで、残念でした。
Kmj2017022817h03mut

 しつこく撮影を続けていると、少し良くなったときがありました。
 大赤斑が無いののが残念ですが、そこそこ細部も写りました。
 こちらはRGBをフィルターワークで撮っています。
Kmj2017022818h36mut

 撮影中に一部記憶が飛んだときもありましたが、ナントかなりました(笑)

 衝を後一月に控えて視直径が大きくなって来たので、ROIサイズぎりぎりになると、オンボロ架台では写野の中にとどめておくのはなかなか難しい・・・

 良いシーイングが欲しいですね。

| | コメント (0)

プラ研修イン明石 2017/02/28

 プラネタリウム担当者の研修会が明石市立天文科学館であったので現役を離れて久しいのですが参加してきました。
Dsc_5052w800

 ここのプラネタリウムは、現役のツアイス製プラネタリウムとしてな日本最古です。
Dsc_5077w800

 今回の研修は主にプラネタリウムの歴史と言いましょうか、プラネタリウムの始まりなどの過去の流れを学びました。
 ちょうど、明石天文科学館では、明日3月1日から4月16日まで「特別展 日本のプラネタリウム『はじめの1歩』展」が開催されるので、その展示なども見学しました。
Dsc_5099w800

 西村製のプラネタリウムなど展示され、マニアックなプラネタリウムファンにはなかなか面白い展示がされています。
Dsc_5108w800

 ツアイスのプラネタリウムと言えば、大阪では電気科学館にありましたが、大阪市立科学館の嘉数さんの解説がありました。
Dsc_5118w800

 古いと言えば、東京渋谷の五島プラネタリウムについてコスモプラネタリウムの村松さんから涙のお別れ投影のお話を聞くことができました。
Dsc_5128w800

 解体されるツアイスプラネタリウムで・・・
Dsc_5130w800

 投影も大事ですが、プラネタリウムの歴史も・・・
 年寄りとしましては懐かしい・・・(笑)

 私の目的はみなさんとの懇親会です。
Dsc_5144w800

 若い人たちの中に入ってエキスを吸いたいところですが、残念ながら使い道がないので、気持ちだけプラネタリアンです。

 お疲れさまでした。

| | コメント (0)

« 2017年2月 | トップページ