« WinJUPOSのDerotationの画像数 2017/02/15 | トップページ | 春を探しに大泉緑地へ 2017/02/19 »

木星 2017/02/15-16

 移動性の高気圧がやって来て、夕方から明け方までほぼ快晴状態でした。
 好シーイングを期待したのですが、望遠鏡を覗いた瞬間「なんやこれ」状態で、木星の理桃模様もはっきり見えません。
 中層・高層の気流は西からのどやどや気流で、低層は右往左往していました。地上はほぼ無風です。
 時折大ボケもするし、木星は忙しく旗めいていて、ピント合わせも難儀しました。
 しかし、本の短い時間ですが時折模様が見えるタイミングがあり、画像処理はこの短時間の模様をキャッチしたようで、画像処理した木星はボケたものもあるのですが、まずまずのものも出てきました。
 撮影しているときの印象とはだいぶ違った木星像です。
Kmj2017021518h30mut_2

 大赤斑の正面をようやく捉えることができました。

 こんな変則な気流は日本のどこかで良いところもあるのでしょうね。
 移動性高気圧がちょっと南寄りにやって来たのでこうなったのでしょうか?

 とりあえず良く晴れました(笑)

|

« WinJUPOSのDerotationの画像数 2017/02/15 | トップページ | 春を探しに大泉緑地へ 2017/02/19 »

惑星撮影」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« WinJUPOSのDerotationの画像数 2017/02/15 | トップページ | 春を探しに大泉緑地へ 2017/02/19 »