« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

木星 2017/02/27-28

 昼間からほぼ快晴が続き移動性の高気圧もやって来て良シーイングが期待されましたがだめでした。
 メラメラ気流の大合唱で、おおよそ北西から西の気流でしたが、中層の一部は南西からの気流とめためたでした。
 最初のショット以降どんどんとシーイングが悪くなり、楽しみにしていた大赤斑がやって来るころには大赤斑もまともに見えない状態になり諦めました。
Kmj2017022717h15mut

 LRGB合成のためのカラーデータをRGBフィルターと290MMによるRGB画像で試写してみました。
 フィルターワークはめんどくさくってとっても大変です。
 最近、224MCによるカラー画像データでは色のキレがない・・・と試してみました。

 明日はシーイングが良くなるかなぁ・・・・

| | コメント (0)

第7回「星なかまの集い」に参加してきました。 2017/02/25-26

 第7回 星なかまの集い~天文楽サミット~が兵庫県立こどもの館と星の子館で開催され参加し、ポスター発表もこなしてきました。
 初日はまず、福島県田村市星の村天文台台長の大野裕明さんによる講演「私の天文遍歴」でスタートです。
 ギャクありの笑いいっぱいの講演でした。
Dsc_4906w800

 講演が終わると宿舎の星の子館に移動です。
Dsc_4916w800

 夕食を食べ終わると、90cmの大望遠鏡を使っての観望会ですが、私の早めのグループ時では雲が多く、直ぐに望遠鏡観望会に変わりました。
 ここでは有名な全天候型のアイピースの紹介もありました。
 ちょっぴり雲の隙間からオリオン大星雲をちらっと見ることができました。
Dsc_4934w800

 天文台での観望会が終わるころから、晴れ間が少しずつ広がってきました。
 駐車場では参加者が持参した望遠鏡で臨時の観望会が開かれ、忍者40cmとフィルターワークで見たM42は壊れかけた私の眼でも思ったより良く見えていました。
Dsc_4974w800

 で、お待ちかねの交流会です。
 フライングでもって私は一足早く乾杯!(笑)
Dsc_4986w800

 大野さんは交流会中もずーっと参加で、みなさんの席を回ってサイン攻めでございました。
Dsc_5002w800

 深夜になると場所を替えて交流会2次会です。
 私は2時ごろで寝てしまいましたが、午前4時まで続いていたらしいです。
 あぁ、夜明け前に小惑星の恒星食があったので、それをちゃんと観測された方もおられました(凄)
Dsc_5014w800

 2日目(26日)です。
 こどもの館でポスター発表があり、私は「だんだん光学系でここまで写る~だい2だん~」を発表してきました。
Dsc_5023h800

 お昼前に記念写真です。
 100人ほどの参加ですから小さくしか写りません。
Dsc_5025w800

 昼からは大ビンゴ大会です。
 MCはブラック星博士で、私は最後の方で匂いの木星をゲットしました。
Dsc_5041w800

 最後に森本奨励賞の発表で、御三方が選ばれ大野さんより表彰状が授与されました。
Dsc_5046w800

 深夜飲みは体力が保たないようになってきましたが、楽しい二日間を過ごさせていただきました。

 大野さんはこの後、東京に戻り、ウエザーニュースのチリ金環日食中継生放送に出演されておられました。
 タフですね・・・

 見習わなくっちゃ(笑2)

| | コメント (2)

木星 2017/02/24-25

 晴れそうで雲が多く2時ごろからは雲間での撮影でした。
 3時ごろからはほぼ快晴になりましたが、シーイングは快晴になった方が悪くなりました。
 どちらにしても、もひとつシーイングは良くありませんでした。
Kmj2017022417h20mut

 も一つです(笑)

 でも、今日の雲は雪雲崩れとは違って少し良い方に変化していました。

 まだ我慢ですね。

| | コメント (0)

木星 2017/02/21-22

 移動性の高気圧がやって来てシーイングは期待できそうですが、今回の移動性高気圧は北寄りにやって来るので、どうでしょうか。
 大陸には次の雲がやって来ていて、先陣は夜半にやってきそうで、GPVの予報では半ば曇りでしたが、tenk.jpやウエザーニュースは晴れマークが並んでいました。
 1時過ぎに起きて、撮影を始めた2時ごろはシーイングが特に良くて、途中から淡い雲が通過し始めてシーイングが一段落ちていきました。
 それでも、今シーズン一番のシーイングでしょうか。

 最初のセットが一番の高解像度です。
Kmj2017022117h12mut

 1時間後で、シーイングが落ちてぼけることも多くなりました。
Kmj2017022118h14mut

 3セット目から雲が多くなりましたが、雲のそば以外はまずまずのシーイングでした。
Kmj2017022119h11mut

 この後、ベタ曇になったところで諦めました。

 最初のシーイングの良さだったら、もっと早い時間から撮影を始めて大赤斑を撮せたのにと思うと残念ですが、後の祭りでした。

 Windytyの気流で予測すると、後半の方がシーイングが良くなるのではないかと思った予断がいけなかったようです。
 大陸にある雲に伴う先陣たちとともに西からの強い気流がやって来たようでした。

 ともかく今シーズンのベストを得ることができたので、文句を言ってはいけませんね(笑)

| | コメント (0)

木星 2017/02/20-21

 昼間の寒冷前線通過前には台風並みの南風が吹き荒れ、望遠鏡カバーが旗めいていました。寒冷前線通過後は北風に変わり、強い風が吹いていました。
 天気予報では夜半から晴れると言っていたので、起きてみたのですが晴れ間はあるものの雲も多く、雲間からちょっとだけ撮影。
 シーイングはほぼ最悪で、北西からの気流が低層から高層までグチャグチャ。
 辛うじて大赤斑が時々見えるだけ・・・
Kmj2017022019h22mut

 ぼんやり広がった大赤斑ですが、あるだけでも良しとしましょう(笑)

 もうちょっとちゃんと晴れて欲しいところです。

| | コメント (0)

春を探しに大泉緑地へ 2017/02/19

 今朝の木星時間が晴れていたかどうか寝ていて分かりません(笑)
 夜明け近くには晴れていたようですが、それより前が定かではありません。
 今日は朝から青空が広がりとってもイイ天気です。
 お昼から散髪に出かけたついでに、大泉緑地へ春を探しに散歩です。
 風はまだ冷たいですが、陽射しはもう春で、日向ぼっこをすると暖かい。

 大泉緑地では数の少ない梅の花を春らしく撮影。
Img_0916w800

 こちらはピンク
Img_0919w800

 梅にメジロ、3倍ズームでは小さくて難しい・・・
Img_0967cw800

 ついでに黄色・・・
Img_1021w800

 そこそこの人たちの数がイイ天気に誘われ緑地に来られていました。
 BBQの匂いもそこそこ広がっていました。

 陽射しはほんとに春になっていますね。

 このお天気、今夜の木星時間まで保つのでしょうか・・・

追記:残念ながら夜半には曇ってしまい、木星はだめでした・・・

| | コメント (0)

木星 2017/02/15-16

 移動性の高気圧がやって来て、夕方から明け方までほぼ快晴状態でした。
 好シーイングを期待したのですが、望遠鏡を覗いた瞬間「なんやこれ」状態で、木星の理桃模様もはっきり見えません。
 中層・高層の気流は西からのどやどや気流で、低層は右往左往していました。地上はほぼ無風です。
 時折大ボケもするし、木星は忙しく旗めいていて、ピント合わせも難儀しました。
 しかし、本の短い時間ですが時折模様が見えるタイミングがあり、画像処理はこの短時間の模様をキャッチしたようで、画像処理した木星はボケたものもあるのですが、まずまずのものも出てきました。
 撮影しているときの印象とはだいぶ違った木星像です。
Kmj2017021518h30mut_2

 大赤斑の正面をようやく捉えることができました。

 こんな変則な気流は日本のどこかで良いところもあるのでしょうね。
 移動性高気圧がちょっと南寄りにやって来たのでこうなったのでしょうか?

 とりあえず良く晴れました(笑)

| | コメント (0)

WinJUPOSのDerotationの画像数 2017/02/15

 2月14日朝の木星で、Derotation 処理をやったのですが、元になる画像数と撮影時間を画にしてみました。
 1枚目の画像は11枚(ショット)撮影の中の最初の画像で一番良く写っていたものです。
 2枚目以降は1枚目より写りは良くありませんが、数で勝負です。
Derotation_images_1_c

 Derotation後に最大エントロピー復元処理をしていますので、干渉?によるリングが出ていますが、そのままにしています。

 やはり画像数が多いほどノイズが減り纏まっているように見えます。
 しかし、11枚画像では明らかにリムの合成がWinJUPOSのDerotationでは上手く行ってないので、最終的に使ったのは8枚画像のDerotationです。

 最大エントロピー処理のパラメーターは全て同じですが、最後に掛けるシャープの強度が、1画像は弱く、11画像は強くなっていまして、状況に合わせて加減しています。

 この載せた画像で判断できるかどうか微妙ですが、にらめっこしてみてください。

 あぁ、英語は機械翻訳ですので気にしないでください。

| | コメント (0)

HDR 2017/02/14

 巷で?Nik Collectionによる画像処理が流行っているらしいので、PhotoshopCS3になんとか組み込んで遊んでみました。
 HDR Efex Proを使ったハイダイナミックレンジ処理ですが、今朝の木星をやってみました。
 真剣さはありませんので、用意されているパターンの一つの処理です。
Kmpscs3nikhdr

 何とも言えませんが一つの処理です(笑)

 使う側の真剣さが足りませんね・・・

| | コメント (2)

木星 2017/02/13-14

 夜半から良く晴れてきて、C14で木星を覗いた瞬間は、久しぶりにリムがまともに見えると喜んで2時ごろから撮影を開始。
 ところが3セット目に入るころから雲がやって来て3セット目の終了まで保たず曇ってしましました。
 4時過ぎに少し晴れ間があったのですが、シーイングはぜんぜんだめになっていました。
 その後また曇ってしまい、諦めました。
Kmj2017021317h14mut_2

 これだけシーイングと天気が変わるのだったら、もう少し早めに撮影を開始していても良かったと思うのですが、後の祭りです。

 大赤斑直前のSEBsの境目がなんかぼやけていますね。なんかあるのかな?

 これぐらいのシーイングが何時も欲しい!

| | コメント (0)

木星 2017/02/12-13

 なかなかまともに晴れません。雲間からの撮影で、Derotationするほどの枚数も確保できずでした。
Kmj2017021218h11mut

 気流は、低層が北西で、中層・高層は西寄りの強烈な流れでした。
 日本海の雲をひまわりの画像で見ていると寒波は弱まっているように見えるのですが、晴れませんね。

 寒いだけでした。

| | コメント (0)

チョコ 2017/02/12

 娘からチョコをいただきました。
 ありがたいことでございます。
Km1w800

 背景がバッチィイので差し替えています(笑)

 惑星チョコですが、真ん中の地球が超でかい!
Km2w800

 チョコの固まりかと思えば、地球缶カン・・・
 中にはアーモンドチョコ・・・
 いただきました。
Km3w800

 来月はどうしましょうかね・・・

| | コメント (2)

世界のアマチュア惑星観測者91人による木星ムービー 2017/02/09

 木星探査機JUNOの活動の一環として、プロとアマチュアのコラボが行われました。
 世界のアマチュア91人が撮影した地球からの木星画像を使って、あたかも探査機が撮影したがの如く、素晴らしいムービーが作られました。

 しかし、良くできていますね。
Jupiterjuno01

 解像度に於いて完全でない部分もありますが、それは素晴らしい大作です。
Jupiterjuno02

 おかげさまで、その91人の中に私も入れていただいています。
 日本の観測者も多数、入っておられます。
Jupiterjuno03

 感動しますね!!!!!

| | コメント (13)

木星 2017/02/07-08

 天気予報は晴れマークだったのですが、雪雲崩れがやって来て雲間からの撮影となりました。4時ごろからは完全にベタ雲りになり諦めました。
 雲間ですが思っていたよりはシーイングはまずまずで、多少のブヨブヨやボケはありましたが、模様もそこそこ見えていました。
Kmj2017020718h07mut

 mid-SEB outbreakの先端部になるようです。

 気温は4℃で、結構寒く、曇ったので余計に寒いのかも知れません。

 シーイングがまずまずだったのに曇ってしまって残念でした。

| | コメント (0)

土星にご挨拶 2017/02/03-04

 木星撮影を諦めて片付けていたころ、南東の空低く土星が昇ってきていました。
 まだまだ低いのですが、C14を土星に向けて記念撮影です。
 まだ高度が30°に足りないので私のウエッジプリズムでは大気の色分散を補正しきれませんが、画像処理でRGBチャンネルを移動させて合わせています。
Kmsaturn_2017_02_03

 シーイングも悪く、ご挨拶画像です。
 C14+ZWO ASI224MCで撮影。

 まだまだこれからですね。

| | コメント (0)

木星 2017/02/03-04

 昼間から夕方までは相変わらず北からの雲が流れ続いていましたが、夜に入って良く晴れてきました。
 撮影に初めの午前3時ごろはまずまずのシーイングでしたが、3時半ごろから30分あまりは強烈な悪気流になり、模様も全く見えなくなる状態でした。
 その後じわじわと回復傾向ではあったのですが、完全には戻らず乱高下の激しいシーイングでした。
 mid-SEB outbreakの発生したあたりは良く写りました。これならもっと早く起きて、先端部も撮影した方が良かったかも知れませんが、徹夜状態になってしまうので辛いところです。
Kmj2017020318h04mut

 大赤斑から前方へと出ているヒゲ模様?が何だか曲がっていますね。

 全体的にはまずまずのシーイングですが、もうちょっと良くなって欲しい気はします。

 視直径も、ちょっとずつ大きくなって来ているので、シーイングが良ければ細部が写りそうな予感がします(笑)

| | コメント (0)

木星 2017/02/02-03

 天気予報は晴れマークだったのですが、北から雲が流れてきてまともに晴れませんでした。
 それでもなんとか雲間からの撮影ですが、シーイングは高層・中層・低層とも北西からの気流で、忙しくボケて揺れていました。
Kmj2017020220h13mut_2

 今日もmid-SEB outbreakの先端あたりですが、詳細は写らずでした。

 日本海からの雲は緩んでいるはずなのに雲が多い空でした。
 撮影の最後には完全に曇ってしまいました。

| | コメント (2)

木星 2017/01/31-02/01

 いつもと違って高層の雲が流れ、シーイングは中層・高層ともに西からの激しい気流でした。
 木星も高速で振動し、忙しくボケるのですが、本の時折模様がチラ見えしていました。
 いつか良くなると見ていたのですが、残念ながら2瞬だけでした。
Kmj2017013118h52mut

 でもまぁ、mid-SEB outbreakのほぼ全容が捉えられたので良しとしましょうか。

 何か非常に疲れるシーイングでした。

 気温は1℃台で、こちらも寒く疲れました。

追記
 2枚の画像でマップを作ってみました。
 mid-SEB outbreakの全長が良く分かるかと思います。
20170131_map0b

| | コメント (0)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »