« 星の広場例会&忘年会 2016/12/25 | トップページ | 木星 2016/12/28-29 »

木星 2016/12/27-28

 なかなか晴れそうで晴れない日々が続いていました。
 雨上がりの後、冷たい高気圧がやって来て、日本海からやって来る低い雲が空を覆っていました。
 午前4時ごろから低い雲が消えて、朝7時ごろまではほぼ快晴となりました。
 天気予報によっては雪マークが付いていたのですが、雲はやって来ませんでした。
 ただ、シーイングの方はかなり酷く、低層は北からそして高層になるほど西寄りに変わり、各階層で全て気流が激しく流れているのが見えました。
 全く模様の見えない瞬間もあり、撮影を諦めようかと思いましたが、せっかくですので記録として撮影。
Kmj2016122721h24mut

 さすがに詳細は全く無理でした。

 せっかくの悪気流ですので、GIFアニメでその一部をご覧ください。
Kmjup_20161228f

 ZWO ASI224MCで撮影した10フレームをアニメ化しています。

 なかなか強烈でした(笑)

|

« 星の広場例会&忘年会 2016/12/25 | トップページ | 木星 2016/12/28-29 »

惑星撮影」カテゴリの記事

コメント

RB星さんこんばんは、近内です。

極悪シーイングアニメ、思わず笑ってしまいました。(失礼)
大阪上空ぐっちゃぐちゃですね。
東北上空も負けず劣らず"Multi-directional streamed":
層別多方向気流で火星像が2倍半に膨潤しています。

おまけに最近ミード16インチSCTの赤道儀駆動に5秒間
毎、東方に12秒角振幅のシャックリが出て止まりません。
ディーラーの説明では赤経の下向きリミットを効かせる
ためのブレーキパッドの金属円盤がある位相で干渉す
る際に避けられないメカニカルな問題で、ハシカのような
もんで、ほっとけば治る、とのことで、なんのこっちゃよく
わかりません。

iwaLab方式の鏡筒閉鎖断熱+ケツを強引に冷やすとい
うRB星さんいうところの“えげつない世界”の筒内気流
対策は、手探りですがわたしのところでも、効果が星像
ナイフエッジ監視でも確認されつつあります。
開放してかき回しまくる、と閉鎖して引き籠もりに徹する、
の対極的なアプローチがそれぞれ顕著な効果をもたらす
というのは面白いですね。接点もありそうな気もします。

  また色々教えてください。

投稿: 近内令一 | 2016年12月28日 (水) 21時24分

近内さん こんばんわ
 酷いシーイングですね・・・
 近内さんと岩政さんのやり取りはロムさせていただいております・・・m(_ _;)m
 なかなか深みのあるやり取りで、ちょっと中には入れない雰囲気があります(笑)
 「えげつない世界」を含めて答えが出るのをとっても楽しみにしています。
 ミードの架台がしゃっくりをするというのはいけませんね。
 ばらばらにして改造するというのはどうでしょうか(笑2)
 今朝の木星は12秒角ぐらいは飛んでいましたから、それぐらいは大したことないのかも知れませんね(笑3)
 こちらこそ、今後ともよろしくお願いたします。
 

投稿: RB星 | 2016年12月28日 (水) 22時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 星の広場例会&忘年会 2016/12/25 | トップページ | 木星 2016/12/28-29 »