« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

月惑東京例会でクリストファー・ゴーさん 2016/08/28-29

 惑星撮影界での世界トップ2のお一人、フィリピン・セブ島のクリストファー・ゴーさんが月惑星研究会の東京例会で講演されるというので聴きに行ってきました。
 変則台風10号が再びに接近中でちょっと心配なんですが、大阪伊丹空港から羽田に向かいます。大阪は少し晴れ間もあったのですが、低空の雲を抜けても上空にも雲があり、雲だらけの日本列島で、富士山は全く見えませんでした。
Img_3235w800

 お茶の水の明治大学で例会は開かれました。
 ゴーさんが来られることもあって50人を超える人たちが集まり、まずは自己紹介です。
Img_3257w800

 通常例会と同じにHorikawaさんの木星面近況やShiotaさんの補償光学のお話もありましたが、このブログではゴーさんのお話だけでまとめさせていただきます・・・m(_ _;)m

 ゴーさんのお話は環境から惑星の画像処理テクニックまで網羅したお話でしたが、その一部を紹介させていただきます。
 まずは、ロケーション、ロケーション、ロケーション
 そして、シーイング、シーイング、シーイングに尽きると・・・
Img_3288cw800

 ゴーさんの使用されているC14には後部セルにファンが付いていますが、接眼部からスコープ・クーラーも合わせて使って、強制的に鏡筒の温度安定化をされています。
 また、主鏡移動によるピント変化を防ぐために、C14に付属の固定ネジを使って撮影中のピント移動を無くしているのだそうです。
Img_3295cw800

 撮影ソフトはFireCaptureを使って、ROIやフィルターホイールのコントロールなどの自動化に積極的に使われています。
 また、撮影時のヒストグラムは、80%~90%の光量たっぷりで撮影し、階調不足によるオニオンリングなどの発生を防いでいるのだそうです。
Img_3306w800

 熱心にお話を聞いているメンバーです。
Img_3326w800

 C14の光軸修正もFireCapture上で行っています。
Img_3316w800

 Registaxによるウエーブレット処理は、我々と大きな違いは無いようでした。
 どちらかと言うと、WinJUPOSのDerotationによる精細化に力を入れているとのことのようです。
Img_3322w800

 ゴーさんは、最終仕上げにノイズフィルターを使っているとのことでした。

 日本の悪シーイング下とは考え方が違うところも少しありますが、セブ島の好シーイングに甘えること無く、工夫された結果が、報告されている素晴らしい惑星像になっていると感じました。

 日本では確かにシーイングの悪いときが多くて、ゴーさんの画像に勝てないのですが、日本で写らないことを悪シーイングの所為にし、努力しないのでは、いつまで経っても追いつくことはできません。
 日本でも数少ない良シーイングに出会えたとき、望遠鏡の力を十分発揮できるだけの準備はしておかないといけないかと思います。

 例会が終わると記念写真です。
Img_3412w800

 で、懇親会で乾杯です。
 あぁ、ゴーさんはほとんど飲まれないので乾杯だけでした。
 私とはエライ違いです(笑)
Img_3413w800

 懇親会中に、私の今シーズンベストの動画を見ていただき、処理してくれました。
 遅いパソコンなんで処理は随分とかかりましたが、なんとか懇親会の時間中にできました。
 ウエーブレットのパラメーターがなんとか読み取れます。
Img_3424w800

 ゴーさんは懇親会中もあちこちでレクチャーし忙しい・・・
Img_3427w800

 私にとっては有意義な一日でした。
 ありがとうございました。

 その夜は、お茶の水のホテルに宿泊。
 翌朝は雨、雨の中秋葉原を回って羽田から帰ってきました。
 台風が心配でしたが、この日は昼から晴れ間も出て、飛行機から富士山もなんとか見えました。
Img_3461w800

 今シーズンの惑星はそろそろ終わりですが、このモチベーションを来シーズンまで、持ち続けたいと思います。

| | コメント (19)

日帰り伊吹山登山 2016/08/26

ここ2年ほど山登りをしている元同僚となかなか都合がつかず近場での日帰り登山をすることになりました。
 滋賀県と岐阜県の県境にある伊吹山(いぶきやま:1377m)です。いつも名神高速道路を走っているときには見ていたのですが、登るのは初めてです。
 JR近江長岡駅からバスで登山口に向かいます。
Img_2988w800

 これぐらい大した山ちゃうと登り始めて20分もすると、もうバテ気味です。
Img_3002w800

 伊吹山にはスキー場があってゴンドラとかもあったと思っていたのですが、もう何年か前に無くなったのだそうです。
 元ゲレンデの横を通り抜けてひたすら登ります。
 日陰も無く暑い!自販機もあります。ここは3合目。
Img_3045w800

 頂上までの最後の2kmは直登に近く、足が重たく汗びっしょりでした。
 やっとの思いで8合目を過ぎて記念写真です。Img_3089w800

 下界の見晴らしは良いのですが、山は雲が湧いて遠くの見晴らしは良くありません。
 山頂には売店などもあり、そこそこ賑やかです。
 まずは山頂の日本武尊像にご挨拶です。
Img_3132w800

 腹が減っては動けないので、山菜そばとビールで腹ごしらえです。
Img_3133w800

 伊吹山の山頂付近はお花畑でも有名ですが、私には猫に小判です。
 イブキトリカブトです。
Img_3187h800

 いっぱいのサラシナショウマです。
Img_3200w800

 登りは約3時間半でしたが、下山は同じ道を約2時間で降りました。
 駅に戻る前に、伊吹薬草の里で薬草温泉に浸かって疲れを取りました。
 伊吹山は薬草でも有名だそうです。

 で、JRに乗って大阪まで戻り、天王寺で打ち上げです。
Img_3211w800

 せっかくの登山ダイエットで1kgほど軽くなった体が、これで元の木阿弥です。

 思った以上に疲れました(笑)

| | コメント (2)

ファミリー暑気払い 2016/08/21

 今夕は、私の姉を含めた家族で暑気払い!
 大阪なんばに出かけました。
 イイ天気です。
Img_2903w800

 まあ、いつも行っているニューミュンヘンなんですけどね。
 なんやかやと理由は付けてますが、私の目的は大ジョッキです。
 おかげさまで3杯いただきました。
Img_2913w800

 あてはいつもの鶏唐揚げ
Img_2916w800

 蟹の爪
Img_2915w800

 ウインナー
Img_2918w800

 まあ、その他にもいっぱい食べましたけど、そこそこでお終いです。

 お店を出てもまだ夜になってない、空は明るいので、法善寺の水掛不動さんにちょっと寄り道。
Img_2930w800

 仕上げは、濃ぉーい珈琲の丸福さんでレギュラー珈琲を飲んでお開きです。
Img_2939w800

 いやー、宴会で無いのでそこそこでした。

 晴れているみたいですけど星はキラキラ瞬いていました(笑)

 本日、星見はお休みでした。

| | コメント (0)

台風一過? 2016/08/21

 朝から抜けるような青空!空も雲も綺麗!
Img_2899w800

 久しぶりの朝からテニスだ!
 メチャ暑い!午前中に35℃越え!
Img_2895w800

 お天気は、けったいな台風はどうなってるん?・・・

 ほんとに暑い!・・・

| | コメント (2)

今日も雲 2016/08/20

 こんなんばっかしです。
 日中は雲があるものの、青空も多く厳しい暑さでした。
 台風10号が近畿沖の太平洋を通過してるとは思えない晴れ方でした。
 日没ごろ、晴れ間も多いので、念のため筒内気流防止ファンをオンにしました。
 その直後から低い雲が広がってきました。
Img_2862w800

 40℃以上あった主鏡の温度も下がってきたのですが、これではどうしようもありません。
 アメダスを見ると、この大阪界隈では、堺だけが降水量ありになっています。
 新金岡は降っていないのですけどね・・・

 諦めてカバーをしました。

 その後、晴れ間が広がってきたのですが、時すでに遅しでした。
 厳しい天気が続いています。

| | コメント (0)

大雨 2016/08/19

 昼間はところどころに小さな入道雲が出ていましたが、夕方になって空は真っ黒。まだ、雨が降っていないのに大雨・洪水警報が出ました。
Img_2834w800

 その直後から、雷と大雨
 ストロボ一発での撮影です。
 雪ではありません(笑)
Img_2838bw800

 今年一番の暑さで、大阪は38℃越え・・・

 火星も土星もそろそろもう無理かも知れない・・・

| | コメント (0)

満月 2016/08/18

 今日も昼間はほどほどの天気でひたすら暑かったのですが、夕方は晴れずに雨も少し降りました。
 夜に入って雲間からベガなどが見えて、満月もちらり。
Dsc_4612w800

 しかし、暑いけど北からの雲がどんどんと南下し、あちこちで雲が湧いていて場所によっては大雨。
 なんで今ごろ北からやって来る・・・

 ほんとに天気が悪い・・・

| | コメント (0)

また夕焼け 2016/08/13

 天気予報はずーっと晴れなので今夕も火星を期待したのですが、朝方福井にあった雲が夕方に近畿に流れてやって来ました。
 他のところはほとんど晴れなんですけどね。
Img_2829w800

 いちおう冷やすだけは冷やしていたのですが。
Img_2828w800

 この後晴れてきたのですが、ベランダからの火星時間には間に合いませんでした。

 よそは晴れてるんでしょうね・・・

| | コメント (0)

ペルセ群 2016/08/12-13

 今日8月12日はペルセウス座流星群の極大日だそうで、予報では日本の昼の時間帯にトレイルによるピークもありそうです。
 惑星撮影の後、ベランダの手すりにニコンD600をくっつけて撮影してみました。
 空が明るいので、ISO1600で3秒露出、シグマの対角線フィッシュアイ f15mm F2.8で撮影しましたが、3時間、約3000コマで写った流星は1っこだけ!
Dsc_4630b2w800

 分かりにくいのでそこだけ強調、何とも寂しい・・・

 標準バッテリーを使ったので3時間で終わってしまいました。
 途中20分ほど眼視観測?もしましたが、全く見えませんでした。
Img_2804w800

 やっぱり空の暗いところへ行かないとだめですね。

| | コメント (0)

火星 2016/08/12-13

 ようやく北からの流れ込み気流が無くなったと思われた暑い晴れ空でした。
 昼間はほぼ晴れが続いたのですが、夕方から少し雲が広がってきましたが、薄雲でもあり月や火星は良く見えていました。
 ただ、シーイングは思ったより酷く、西からのメラメラ気流と低層のこれまた西からのぼやぼや気流でした。
 途中で、エアコン室外機の温風もあるので、撮影をやめようかと思うぐらいの情けない火星の姿でした。
 ところが画像処理をしてみると、そこそこ写っているではありませんか、とても不思議な感覚です。
Kmm2016081211h12mut

 いや~ほんとに不思議なシーイング結果です。

 これだけ写るならPCモニター上でも、もう少し見えて欲しかったですね。

| | コメント (0)

夕焼け 2016/08/10

 台風5号は遠ざかったものの、その隙間を狙ってたが如く北から勢いよく雲が流れてきて、大阪は綺麗な夕焼けになりました。
Img_2788w800

 月が明るく見えていて、どうやら月面Xも見えてるらしい。
 でも、今夜は望遠鏡を出す元気なし、薄曇りだよ~・・・

 太平洋高気圧はどこへ行ったのだ・・・

| | コメント (0)

火星 2016/08/09-10

 昨夜より少し良くなった気流ですが、相変わらず北西からの強い流れが覆っており、まともに火星が見えません。
 また、火星時間にちょうど雲が流れ、1セット撮影できませんでした。火星時間が終わるとまた快晴になったのですが、時すでに遅しでした。
Kmm2016080911h22mut

 ヘラスの雲が、ちょっとダストっぽい色をしているようです。
 相変わらず詳細は写りません。

 上空の北からの気流は台風5号がいなくなってもあるので、北からの高気圧?が送り込んでいるのかも知れませんね。

 今年の夏は太平洋高気圧がいないんですね。
 だのに暑いのはなんで???

| | コメント (0)

火星 2016/08/08-09

 良く晴れて暑い!
 でも、台風5号の影響でシーイングは最悪に近い。
 台風に巻き込まれるように大阪は北からの気流が中層から高層まで激しく流れていました。冬場の気流のように気流の筋々が激しく見え、火星の輪郭も模様もまともに見えません。
 それに低層では夏場の右往左往状態のぼやぼや気流が暴れて大ボケも繰り返します。
 諦めようかとも思ったのですが、せっかく準備したのでちょこっと撮影しました。
 ZWO ASI224MCだけの画像です。
Kmm2016080811h30mut

 とっても厳しい火星ですが、大シルチスやサバ人の湾が見えています。
 詳細は全くの無理でした。

 早めに台風に遠ざかってもらって、夏の気流になって欲しいですね

| | コメント (0)

名前がおかしい市 2016/08/03-05

 これは大昔、私が小学生のころ、とんちクイズで出ていた問題でした。
 正解は「 なが おかし 」→「長岡市」で、昔のことを思い出したのです・・・
 仲間に誘われて新潟県の長岡市の花火見物に出かけました。
 信濃川の両岸に、8月3日は50万人の花火見物客が集まったのだそうです。
 そのうちのひとりです。
 まあ、たくさんの花火で圧倒されましたが、その一部をご覧ください。
Dsc_2849w800

 今まで、ちょこっと花火を撮したことはありますが、こんなに真面目に撮影したのは初めてでは無いでしょうか。
Dsc_3074w800

 大輪の花火もいっぱいでしたが、色とりどりの花火もいっぱいでした。
Dsc_3171w800

 小型で色とりどりです。
Dsc_3206bw800

 凄くたくさんのみなさんが、素晴らしい花火に拍手を送っていました。
Dsc_3214w800

 花火撮影は思ったよりも難しいことが分かりました。
 花火によって輝度が大きく違うので、花火の種類を知って対応するしか無いのかも知れません。

 翌日はフェリーに乗って、佐渡観光に出かけました。
Dsc_3288w800

 まあたくさんのところを観光したのですが、切りが無いのでまずは記念写真です(笑)
尖閣湾揚島遊園で、「君の名は」のロケ地になったところです。ここではグラスボートにも乗りました。
Dsc_3376w800

 佐渡金山にも行きました。
 残念ながら金は落ちていませんでした。
Dsc_3397w800

 金の入った鉱石を細かく砕くハンマーです。
 ここは佐渡奉行所跡の展示ハンマーです。
Dsc_3529w800

 有名な、たらい船にも乗りました。
 漕がしてもらったのですが、へっぴり腰では前に進みませんでした。
Dsc_3595w800

 ここは古い町並みを残している、千石船と船大工の里「宿根木」で、立っているところは有名な舟形の三角家で、ここのシンボルであり、ポスターには吉永小百合さんが写っています。
Dsc_3664w800

 2泊3日の観光もあっという間に終わり。
 高速フェリーに乗って、直江津港にまいります。
Dsc_3714w800

 堺から往復の全距離は1380kmでした。
 出発時の天気予報はあまり良くなかった長岡市ですが、花火の始まるころには快晴になり、木星も火星も土星もアンタレスも見えていました。
 佐渡もほぼ快晴でした。

 ちょっと忙しかった、新潟の旅でありました。

| | コメント (0)

火星 2016/08/01-02

 夕方にはどこかで夕立を降らせたような低い鉛色の雲が空を覆っていましたが、その後ほぼ晴れに変わりました。堺では夕立は降らずでした。
 シーイングは日増しに悪くなっています。低空から上空まで右往左往のメラメラ気流です。メインは北からのメラメラ気流でした。
Kmm2016080111h28mut

 透明度も悪く、1セット撮影するのがやっとで、また曇ってしまいました。

 ディティールは出てませんが、北極の雲の極側が茶色っぽく写っています。

 ほんとに不安定な夏ですね。

| | コメント (0)

土星 2016/07/31-08/01

火星に引き続き土星ですが、若干、土星の方がシーイングは良い。とは言っても、土星の環は、相変わらずはためいていてうねっていました。
Kms2016073112h24mut_2

 不安定なシーイングからすると、まずまずの写りですが、相変わらずシャキッとしません。

 火星も土星もそろそろ終盤になってきました。

 もう一花咲かせてみたいですね(笑)

| | コメント (0)

エプソンEP-803AWプリンタの廃インクパッドの交換 2016/08/01

 1年ほど前、大量に印刷するお仕事をいただいたとき、「廃インクタンクがいっぱいです」メッセージが現れ、ネット検索により先輩諸氏の知恵を借りて、なんとか廃インクタンクのカウンターなるものをリセットでき、無事に大量印刷をこなすことができました。
 その時、廃インクパッドも交換しないといけないと警告を受けていたのですが、のど元過ぎれば何とやらで、暫くはだいじょうぶだろうとほったらかして1年が経ちました。

 ちょっと気になって重い腰を上げました。
 パッドの替わりはキッチンペーパータオルです。
Img_2733bw800
 真ん中のタンクっぽく見えるあたりは黒いインクでびちょびちょでした。
 タンク風に見えるのはタンクではなく飛散防止用カバーで、下側はなにもありません。
 ペーパータオルを適当に折りたたんで詰めていくだけの作業です。
Img_2734w800
 指が真っ黒けになりましたが、なんとか終了です。
 当分はこのプリンタで生きながらえることができるかと思います。

| | コメント (0)

火星 2016/07/31-08/01

 一日中良く晴れていたのですが、夕方は日本海から南下してきた雷雨が大阪市までやって来て、大阪市までは雷雨だったのですが堺はセーフ。黒い雲の登場だけで終わりました。

 その後、晴れてきたのですが、シーイングはメチャ悪い。強烈なメラメラ気流。
 昨夜とは違って、低空から高層まで全てが北からのメラメラ気流で、どうしようもできずでした。
Kmm2016073111h17mut
 AutoStakkert!2のアライメントポイントをいろいろ替えながら、なんとか画像になりました。
 地上は穏やかな東風でした。
 今年の夏はまともに太平洋高気圧が日本を覆うことが無いようですね。
 このシーイングのままだと、惑星撮影にとってかなり厳しい夏になりそうです。

| | コメント (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »