« 若菜祭 2016/04/29-30 | トップページ | 火星 2016/05/01-02 »

木星 2016/04/30-05/01

 いよいよ木星シーズンの終わりが近づいて、ベランダからの撮影は空の明るい間に始めないといけませんでした。
 シーイングはまずまずで、画像処理をするとディティールが出てきました。
 シーズンの最後に、せっかく良く写ったのでピクセル等倍で掲げます。画像をクリックしてピクセル等倍まで拡大し、画面から1mぐらい離れてご覧ください(笑)
Kmj2016043010h19mut

 シーイングが良かったのはこの時間帯だけだったようで、この後大赤斑が出てくる時にはがっかりでした。ただ、ベランダのC14は大赤斑のころには上階のベランダに遮られて口径の半分ぐらいしか光は入ってきませんから、確認だけで終わりました。

 これだけ写るんだったら、やはり大赤斑は欲しいですね。

|

« 若菜祭 2016/04/29-30 | トップページ | 火星 2016/05/01-02 »

惑星撮影」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。初めてコメントします。
圧倒的な描写に感服しましたので、思わずコメント致しました。見とれてしまうほど素晴らしい木星像をありがとうございます。

投稿: hodo2 | 2016年5月 2日 (月) 19時35分

薄出です。
熊森さんの天ガ記事、拝読させて頂きました。
期待でワクワク!(^^)!
何回連載の予定なのですか?

投稿: | 2016年5月 2日 (月) 20時05分

hodo2さん ありがとうございます。
 いっぱい写ると楽しいですが、なかなかチャンスは少ないですね。

投稿: RB星 | 2016年5月 3日 (火) 07時24分

薄出さん おはようございます。
 期待されるほどのことはできないかと思いますが、4回程度と言われています。
 参考になれば良いのですが・・・

投稿: RB星 | 2016年5月 3日 (火) 07時27分

しっかりと勉強させて頂きます (^O^)/

投稿: | 2016年5月 3日 (火) 10時57分

初めてメールします。ここ2,3年惑星撮影(特に今はJUPITER)に凝っています。苦節10年星雲撮影には自信が持てるようになりましたが 惑星はさっぱりです。設備は出来るだけいいものをと惑星用にはMewlon250CRS+TCA-4(eypiece12.5~18mm程度)CCDカメラはQHY5L-Ⅱ、QHY5P-Ⅱ、Skyris274C,ASI185MC、ASI224Mと色々試してますが問題は気流、seeingそれに肝心の腕のようです。少しぐらい気流が悪くとも 慣れた方は 小生から見れば 「中々の出来栄えに仕上げていらっしゃる」ようですが 特に惑星撮影(まずは就中木星あたり)に関して 経験上参考となるポイントお教え願えないでしょうか?画像処理は もちろん Registax6 やAutostakkert2
などを何とかこなしていますが。。。。必要なら一度 過去の出来栄え写真をメールで添付させていただいてもいいのですが 、ご面倒ながらAny Help greatly appreciated!です。中井戸

投稿: nakaido | 2016年5月 8日 (日) 14時42分

中井戸さん おはようございます。
 なかなか優秀な機材をお持ちですね。
 惑星撮影のポイントは小さなものからいっぱいあるのですが、多くの方に言ってるのは「大きく撮しましょう」が一番でしょうか。
 良ければ撮影された惑星像をお見せいただいたら、色々考えてみたいと思います。
 登録いただいたメールアドレスの方に、のちほどこちらからメールを送りますので、画像を送付ください。

投稿: RB星 | 2016年5月 9日 (月) 09時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 若菜祭 2016/04/29-30 | トップページ | 火星 2016/05/01-02 »