« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

二度目 2016/03/31

 二度目の退職で、花束までいただきました。
Img_1194w800

 おさ公園の桜はまだ3部咲です。
Img_1171w800

 お別れしてきました。
2

 それだけです・・・ふ~ぅ・・・

 明日から、星見て暮らそう・・・

| | コメント (2)

反省会 2016/03/28

 先日?行われた琵琶湖のプラ研修会の反省会という名前の呑み会に参加しました。
 なにもしていない私は、昼間の反省会の会議には参加せず、夜の打ち上げだけに参加です。
 場所はおおさかの新福島です。
 ここです。
Img_1151w800

 入ってみると・・・誰も居ない・・・10分前だというのに・・・
Img_1153w800

 でも、ちゃんと始まりました・・・
 一気に賑やかになりました。
Img_1162w800

 こうやって呑み会だけにでも参加できるのは、そろそろ終わりでしょうかね・・・

 ちょっと寂しいね・・・

 おつかれさまでした。

| | コメント (0)

木星 2016/03/26-27

 陽射しは温いですが風は冷たい。日陰はメチャ寒い。
 シーイングは今日も良くありません。
 撮影用のパソコンも良くありません。なかなか起動しないし、起動してもキャプチャーが遅く、がたがたでした。
 何でだろうか・・・
Kmj2016032612h43mut

 100秒間で2600フレームしかキャプチャできず、辛うじて模様の写った1ショットの画像です。

 忍耐あるのみです(笑)

| | コメント (4)

おつかれ様です 2016/03/25

 自分で言うのも何ですが「おつかれ様です」。
 定年退職をしてから、少しの紆余曲折があって、延長モードで仕事をしておりました。
 それも、この3月末を持って終わることになりました。
 これは甥からいただいた「おつかれ様です」
Img_1115w800

 呑兵衛の叔父にお酒です。
Img_1116w800

 退職まであと数日ありますが、美味しくいただいています。
Img_1125w800

 後は・・・星見て暮らすしかないかな・・・(笑)

| | コメント (4)

木星 2016/03/25-26

 3月も終わりに近づいているのに冬のような寒さが続いています。
 桜はまだちらほらしか咲いていません。
 中層・低層の気流は北からの冷たい気流で右往左往、高層は南西からの強烈な気流で激しく揺れていました。
 モノクロPCカメラによる木星画像は繋ぎ目破綻がいっぱい現れ全滅。カラーPCカメラ側はなぜか繋ぎ目破綻が現れず、いちおう木星像ができました。
Kmj2016032512h49mut

 でも、詳細は写りません。

 気合いが入りませんね。

追記:
 モノクロPCカメラを諦めきれずに、アライメントポイントを中央の1箇所だけでスタックしてみました。
 ウェーブレット処理まで行いました。
 繋ぎ目破綻はありませんが、それだけですね(笑)
Kmjup_zwo_asi178mm_l_2016_03_25_ap1

| | コメント (0)

ちょっと火星 2016/03/23朝

 木星の写りが良かったので翌朝の土星を撮ろうと一寝入りしたのですが、眼が覚めるともう午前5時過ぎ。薄明が始まってます・・・
 ベランダへ出ると薄雲がいっぱいで土星がまともに見えません。
 ゲインを上げ、シャッター速度を落とし・・・シーイングも木星時とは気流が変わってムチャ悪い。いちおう撮影したものの全滅の土星。
 でも、青空の中でまだ火星が見えている・・・で、撮影してみました。
 ちゃんと撮影する準備もできていないので、モノクロ画像のみです。薄雲があっても火星は明るいので、思ったよりはまずまずの模様が出ました。
Kmm201603222034_5e187_2

 詳細データ不明です。
 C14とZWO ASI 178MMの組み合わせです。

 そろそろちゃんと撮影しないといけませんね・・・

 

| | コメント (0)

木星 -2016/03/22-23

 ようやく好シーイングがやって来ました。
 日本海と太平洋を行く雲に挟まれて、微妙なシーイングで始まったのですが、時間と共にシーイングが良くなって、ベランダからの木星時間の最後に詳細が写りました。
Kmj2016032213h05mut

 まだまだ、クリストファー・ゴーさんには届きませんが、C14の力を発揮です。

 色はなかなか安定しませんが、ZWO ASI224MCの色調整を考えた方が良いのかも知れません。

 ともかく良く写りました。

| | コメント (5)

朝日の白木蓮 2016/03/22

 ベランダの望遠鏡を片付けるのは、夜中でなく、翌朝、明るくなってからです。
 春分の日を過ぎても明け方の気温は一桁台で、まるで冬みたいです。
 それでもベランダの向かいの棟にある白木蓮が一気に花開きました。
Dsc_2310cut

 網戸越しで撮影したので紗がかかっています(笑)

 白木蓮が咲くと続いて桜の季節になるのですが、桜はまだまだのようです。

 朝はまだ寒い・・・

| | コメント (0)

木星 2016/03/21-22

 良く晴れているけれど寒い1日でした。前夜の冷たくて低い雲はほぼ消えたのですが、冷たい北風がけっこう強く吹き続けました。
 早めに撮影すれば大赤斑が見えていると思って準備しましたが、シーイングはメチャ悪く散々でした。
 200GBオーバーを撮影しましたが、前半はほとんど繋ぎ目破綻を起こして使い物にならずでした。もちろん模様もまともに写っていません。
 22時ごろ、ほんの少しだけまあしに写った木星像を作りました。
Kmj2016032113h00mut

 中層・低層は北からの気流で大きく揺れ、高層は南西から西の気流で超忙しく振動し、まともな木星像はえられませんでした。
 でも、そんな中でここまで木星像が出てくるのは、スタック技術と画像処理のおかげだと思います。

 でもでも、良いシーイングが欲しいですね。

| | コメント (0)

月面 2016/03/20-21

 天気予報は晴れマークが続いているのですが、北から冷たい気流と共に雲が押し寄せて来ていました。
 夜になって晴れ間が広がったので、木星撮影の前に月面で、ZWO ASI 178MMのテスト撮影を始めましたが暫くすると曇ってしまいました。
 シーイングも酷かったのですが、いちおう撮影した月面です。
C14直焦点で、№23フィルターを通しています。
 ガッセンディです。
Kmmoon_zwo_asi178mm_2016_03_20_ga_w

 ココログの制限内にするため縮小しています。
 ASI178MMは、3000x2000ピクセルも有って大変です。
 FireCapture2.5betaで、キャプチャーしていますが、USB3に繋がったSSDでも、16bit保存では、11fps ぐらいしかキャプチャーできません。
 また、AutoStakkert!2も 2.6 でないとフルサイズ処理ができませんでした。

 虹の入り江です。
Kmmoon_zwo_asi178mm_2016_03_20_niji

 余り写りは良くありませんが、酷いシーイングからするとまずまずでしょうか。

 AutoStakkert!2でスタックされた画像をウエーブレットを掛けると、部分的に格子状の模様が出てきました。
 上の画像では分かりにくいようにしていますが、原因は今のところ分かっていません。

 600万画素の画像処理を色々試すには、余りにも処理時間がかかるので、大変です(笑)

| | コメント (5)

木星 2016/03/19-20

 晴れそうで晴れない?雲間から撮影を始めましたが、雲に負けてやめました。
 カラーの2ショットだけですが、シーイングも透明度も悪く、画像処理するも力はいらずでした。
Kmj2016031913h00mut

 我慢の時でしょうか・・・

| | コメント (0)

木星 2016/03/17-18

 北から西から薄雲がやって来ているにで早めに撮影となりました。
 シーイングは相変わらず高層の南西からと西からの気流で悪く、この3日間で一番悪く、途中から薄雲がやって来るともう一段悪くなりました。
Kmj2016031711h51mut

 Derotationが20分もかかっているのですが、まともなコマが少ないので、時間の開いたものをしかたなく使ったためです。コマが少なく時間が空いているので右側のリムが少し不自然になっています。

 シーイングに文句ばかり言っていますが、その中でこれだけ写ればまだ良い方かも知れません。
 でも、もっと良いシーイングが欲しいですね。

| | コメント (0)

3惑星 2016/03/16-17

 木星撮影の後、望遠鏡はそのままにして一寝入りし、4時半ごろ何とか眼が覚めたので、明け方の火星と土星を撮影してみました。
 しかし、高度が低いためか、木星時よりもシーイングが悪く千切れそうな火星と土星でした。
 可変ウエッジプリズムもシーイングが悪すぎると調整が上手く行きません。ほどほどで諦めて撮影しました。
 木星も全てC14とZWO ASI224MC単独での撮影です。
Km20160316jupitermarssatun

 記念写真ではありますが、イマイチですね・・・

追記:
 LRGBでの画像も載せておきます。
 若干、解像度が上がりますが、ドングリの背比べですね(笑)
Km20160316jupitermarssatunlrgb

| | コメント (0)

木星 2016/03/16-17

  一日中曇りで、晴れるのは夜半近くになる予報だったのですが、早めに晴れてベランダからの木星時間に間に合いました。
 ただ、シーイングは今夜もイマイチです。南西や西からの気流が高層で強く、中層・低層は相変わらず右往左往で今日も大ボケ有りでした。
 それでも模様の見える時がありましたので、画像処理してみると撮影時の予想よりもそこそこの画像になりました。
Kmj2016031613h53mut

 永続白斑が中央に来ています。
 大赤斑が沈んだ直後に当たります。大赤斑を追いかけるようなSEBの白斑が目立っています。

 移動性の高気圧に覆われているのですが、シーイングは良くなりませんね。

| | コメント (0)

木星 2016/03/15-16

 寒さが続きます。
 北からの冷たく低い雲が流れてきていましたが、夕方ごろから晴れ渡るようになりました。
 透明度も良く、シーイングも良くなることを期待しましたが、も一つでした。
 中層・低層はメラメラの右往左往状態で、高層は西からの気流が強く流れていました。
 時折大ボケもあるし木星のリムがはっきりしません。地上は無風状態なんですがね。
 南中に向かって少し気流が良くなってきたところで撮影したものは、画像処理をすると何とかまずまずの木星になりました。
Kmj2016031513h37mut

 ベランダからのタイムリミットを過ぎて、上階のベランダにC14の口径の3分の1がけケラレるころ、ちょっと模様が見え始めたので、ZWO ASI224MC単独で最後に撮影してみました。
Kmj2016031514h15mut

 もうちょっと素直にシーイングが良くなって欲しいですね。

| | コメント (0)

木星 2016/03/12-13

 冬のようにちょっと寒いのですが、朝から綺麗な青空が広がり寒さ以外は絶好のコンディションかと思われたのですが、低層の気流は右往左往のムラムラ気流で、時折大ボケもあって、まともな木星像は得られませんでした。
Kmj2016031213h22mut

 12ショットの内の1ショットだけが何とか耐えられる木星画像になりました。

 しかし、画像処理する度に色が違いますね(笑)

| | コメント (0)

大泉緑地の春 2016/03/12

 朝から透明度の良い青空が広がっていました。
 ウチの庭の大泉緑地へ春を探しに行って来ました。
 ちょっとだけしかない菜の花です。
Img_1097w800

 紅が鮮やかな桃です。
Img_1094w800

 私は良く分からないですが、ミモザです。
Img_1101w800

 余り丁寧な撮影ではありませんが、ちょっぴり春を楽しんで来ました。

 思ったより日陰は寒い・・・

| | コメント (0)

ZWO ASI 178MM のゲインテスト

 撮影するのに忙しくてZWO ASI 178MM のテストをすることができていなかったので、いつものゲインテストをやってみました。
 ZWO ASI 178MMにCマウントレンズを付けて部屋内のブツを撮影しました。
178mg100g510

 赤線枠内を拡大トリミングして並べました。
178mg100g510c2x

 Gain=400以上はノイズが大きく多いですね。
 惑星撮影に使える実用ゲインは 300から350ぐらいでしょうか。

 ZWO ASI 178MMは ADCが14ビットの出力を持っていて、とっても期待しているのですが、ZWOが出しているZWO ASI 178MMの出力グラフを見てみると、なんと、ゲインを上げるとダイナミックレンジが下がると言うのです。赤枠です。
178gainrndrfwvsgain1drw800

 最近というか、惑星を高フレームレートで撮影して、高解像に仕上げる方向に動いています。
 私も、今までの30fpsこだわらず、C11からC14になって、光量が50%増えた分をゲインを下げる方向ではなく、フレームレートを上げる方向にシフトし、現在は50fpsで撮影するようになっています。
 しかし、高フレームレートにするためには、速いシャッター速度が必要で、それには高感度のPCカメラ、高いゲインの力が必要です。
 ところが、高いゲインにするとノイズにより解像度が落ちてしまいます。これはスタック数を増やしても戻らないことを経験しています。

 高速フレーム数とゲインとのノイズの関連は微妙だと思っています。

 感度が高くてダイナミックレンジが広いのが一番ですが、なかなか期待どおりにはならないようですね。

| | コメント (2)

木星 2016/03/11-12

 夕方ぐらいまで雲が多く、北からの冷たい風で、ちょっと寒い3月でした。
 夜になって晴れ渡りましたが、シーイングはイマイチでした。
Kmj2016031113h08mut

 衛星エウロパとその影が通過中です。
 エウロパの前に何かゴーストに見えるような模様があって、ちょっとどきりとしましたが、模様のようです(笑)

 木星は衝を過ぎてしまいましたが、やはり良いシーイングが欲しい。

| | コメント (0)

3TBHD 2016/03/10

 何のことはない3テラバイトのハードディスクを購入しました。
 最近木星を撮影すると、たった1時間余りの撮影で、200GBを越えているのです。
 カラーカメラが100秒で5GB、モノクロが100秒で10GB、12本ずつ撮影すると200GBオーバーなのです。
 保存用に3.5インチのハードディスクを使っているのですが、今年の1月に購入した3TBが残り、375GBしか残っていません。
 後、二晩、保ちません(笑)
 しかたなく3TBのハードディスクを購入。
 決算セールで¥8078のシーゲイトをゲットです。
Img_1086w800

 良く写るのはイイのですが、データー量は半端なくなってきました。

 でも、良いシーイングの木星に出会いたい・・・

| | コメント (2)

雨の部分日食 2016/03/09

 大阪では20%余り欠ける部分日食が見られるはずだったのですが、朝から雨で、カケラも見ることができませんでした。
 いちおう、部分日食を見るための望遠鏡は用意したのですが・・・外は雨・・・
Img_1060w800

 気象衛星ひまわりの雲画像を見て、インドネシアあたりはどうかな・・・仲間もいっぱいi行っているのですが・・・微妙な雲が発生していました。
 雲の上を月の影が通過していきました。
20160309himawari2

 気象庁のひまわりの映像をいただきました。ありがとうございます。

 インドネシアに行ってる仲間からは、曇りのメールがやって来ました。
 CNNのネットニュースなどを見ると晴れているので、地域によって、お天気は微妙だったようです。

 私も行きたかったなぁ・・・来年の北米皆既日食にがんばろう・・・(笑)

| | コメント (0)

木星 2016/03/07-08

 3月6日の夜に雨を降らせた低気圧が去った後、切れの悪い晴れ間がやって来ました。
 気温は暖かく、夜半でも14℃もあり、春になりました。
 PM 2.5 や黄砂、春霞も重なって透明度はイマイチですが、シーイングはまずまずです。
 北西の気流で忙しく揺れていて、時折大ボケもあるのですが、全体的には模様もそこそこ見えていました。
 画像処理をしてみると、予想よりも詳細が出てきました。
Kmj2016030714h04mut

 大赤斑がいないのがちと残念ですが、ディティールは良く出ていると思います。
 色合いが安定していないのは、私の眼力がついていかないだけです。

 予想よりもシーイングが良くなったのと、I M X 178 LLJ のおかげでしょうか。

追記:

 画像処理できた別の画像です。
Kmj2016030713h34mut

 ZWO ASI224MC単独で撮影した画像です。
Kmj2016030714h16mut




| | コメント (2)

ZWO ASI224MC vs Celestron Skyris132M vs ZWO ASI 178MM 2016/03/05

 3月3日に撮影した画像を、3台のPCカメラ比較のために、実サイズで載せておきます。と思ったのですが、ココログの制限で縦サイズも 1600ピクセルに制限縮小されてしまいました。
 残念ながら画像をクリックしても実サイズにはなりませんでした。元画像は 1040x3000ピクセルで作っています。「Km-Jup_2016-03-03-224MC-132M-178MM-8.jpg」をダウンロード
 ダウンロードしてご覧ください。
 かなりでかいサイズで撮影しています。
 3PCカメラともFireCapture2.4または2.5betaでキャプチャー、
 露出約 1/50sec 50fps x 100sec= 5000frames X 60% = 3000frames
 AutoStakkert!2でスタック、Registax6でウエーブレットしています。ウエーブレットのパラメーターは同じです。
 最大エントロピーやDerotationなどは行っていません。あくまでワンショット動画での結果です。
Kmjup_20160303224mc132m178mm8

 新しく購入した ZWO ASI 178MM が思った以上に活躍していますね。
 ただ、178MM はまだ撮影システムが構築されていないので、フリップミラーを外して Φ31.7mmアダプターで単独に取り付けています。

| | コメント (0)

木星 2016/03/03-04

 ようやくシーイングの良い日がやって来ました。シーイングが大きく乱れるとこもあるのですが、モニター上の木星には大赤斑以外の模様もそこそこ良く見えていました。
 新しいPCカメラ、 ZWO ASI 178MM のテスト撮影している時が一番良かったようで、LRGB合成のL画像は ZWO ASI 178MM にて撮影しています。
Kmj2016030314h47mut

 大赤斑の中にも模様が写ったので、拡大強調してしまいました(笑)

 これぐらいのシーイングが何時もあると嬉しいですね。

| | コメント (0)

木星 2016/03/02-03

 夕方から良く晴れ渡り、PM2.5の所為か少し透明度が落ちて、雰囲気は春霞みらしくなりました。
 ところがシーイングは思ったほど良くありません。木星のリムがいつもはっきりしません。
 ただ画像処理をするとそこそこの画像になりましたので、ふしぎです。
Kmj2016030213h34mut

 衛星ガニメデの本体と影が見えています。衝が近いので接近した本体と影です。

 ZWO ASI224MC 単独での画像も載せておきます。
Kmj2016030213h47mut

 ガニメデの見かけ速度が木星の自転速度と似ているので、Derotation処理をしてもあまりずれていません。

 もう少しシーイングが良くなって欲しいですね。

| | コメント (2)

温度差のある主鏡と外気温の時の星像テスト 2016/03/02

 星を見るために、C14の望遠鏡保存カバーを外して、主鏡と外気温の温度差があるまま、恒星の星像を見ると、あたかも光軸がずれているように見えるのでした。
 ところが、筒内気流防止ファンをONにすると、瞬く間に星像は円形に近づき、まともになるのでした。
 左画像は望遠鏡保存カバーを外して恒星を導入した直後の星像です。上側が平べったくなり、光軸がずれているように見ます。
 右画像は、筒内気流防止ファンをONした直後であり、左画像の1分後ぐらいです。
Onoff01w800

 右画像でも筒内気流はまだまだ残っていますが、光軸が合っているように星像は同心円に近づいています。

 筒内気流防止ファンの有用性をアピールするための画像です(笑)

 温度差が大きい5℃だから出ると思われるかも知れませんが、もっと温度差の小さい時でも傾向は同じです。

| | コメント (0)

木星 2015/03/01-02

 日本海の爆弾低気圧が北海道を通り抜け、昨夜強烈だった大阪にも吹いた風が止み、雲が多いものの、何とか木星は見えています。
 ただ、堺の北側、大阪市よりは晴れているのですが、ちょうど堺あたりから南側は西から湧いた低い雲が流れ、なかなかショットを撮影するほどの晴れ間がありません。
 しかたなく、雲間から辛うじて2ショット撮影できました。
Kmj2016030113h58mut

 雲間の割にはシーイングはまずまずで、低い雲ではあるのですが、冬の雲ではなさそうです。後半の晴れ間が広がり始めたころにはシーイングが悪くなっていました。

 3月に入って、間もなく衝です。
 この木星が明るい間にシーイングが良くなって欲しいものです。

| | コメント (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »