« 木星 2016/02/25-26 | トップページ | 彗星研修会 2016/02/24 »

ZWO ASI 178MM 2016/02/25

 何かの気も迷いかポチってしまいました。
 Skyris132Mに替わるモノクロ版のPCカメラを探しているところではあったのですが、も一つ、これだ!と言うのがありませんでした。
 で、ネットを見ているとソニーのCMOSセンサーIMX178LLJを使ったカメラが出ているではありませんか。
 IMX178はカラーセンサーが出ていたのですが、確かモノクロ版はなかったのでした。
 で、これはと思ってついポチってしましました。
 ZWO ASI178MMです。
Img_0860w800

 IMX178は裏面照射型CMOSイメージセンサで高感度と宣伝しています。
 2.4µm角単位画素で小さく、最大3000×2000ピクセルの画像を得ることができます。
 こんなに多くの画素は惑星には要らないのですけどね。
Img_0874w800

 最新のドライバーのインストールが簡単にできないなど、色々苦労しましたが、何とか使えるようになりました。
 木星もちょっと試写してみましたが、現在の撮影システムでは拡大率が高過ぎてまともな画像を得られませんでした。
 そこで、木星を後から追いかけている月を撮影してみました。
 C14の直焦点です。
 ココログの制限で画像は小さくなっています。
Moon_170118_zwo_asi178mm_8

 ZWO ASI178MMはローリングシャッターなので、シーイングの悪い月面を見ていると、こんにゃく現象のおかげで月酔いをしそうです(笑)
 この時の撮影では、高速SSDが木星で満杯になったので、ハードディスクにキャプチャーしたのですが、何と6FPSしかキャプチャーできませんでした。上の月面は600フレームから300フレームをAutoStakkert!2で抽出した後、Registax6でウエーブレットしています。
 どちらにしても、全画素が表示されていないので、とってもやりにくいところです。

 惑星撮影に使えるかどうか微妙な気もしますが、せっかくの購入なので使えるようにがんばってみたいと思います。

|

« 木星 2016/02/25-26 | トップページ | 彗星研修会 2016/02/24 »

望遠鏡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 木星 2016/02/25-26 | トップページ | 彗星研修会 2016/02/24 »